オーディオ

2016年02月25日

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

「ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック」という本を購入しましたよ。

おそらく中級者程度はオーディオの知識や経験があるはずの私がこの本を手に取ったのは、帯の文句に惹かれたためです。

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

“電力会社で音が変わる”は本当なの!?

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

オーオタ(オーディオおたく)は正気の沙汰ではないことの実例として、批判となると声を大にして揶揄する連中が決まり文句のように引き合いに出すアレですね。ほかにHDDによっても音質が異なるだとか目にしたことがあります。
私が初めてこれを見たときは「んなことねーだろ」と鼻で笑ってしまいましたよ。
このことが取り沙汰されてから何年も経過し、もはや手垢のついたネタになって久しいのですが、今でもネット上でたまに見かけることがあります。

しかしながら、本当に電力会社によって音質が異なるのかどうなかは、実のところよく分かりません。
何年も前からずっと記憶にしがみついているものの、私では手が終えません。それでより詳しいプロの見解を知ろうと、いつものAmazonでポチッと購入したわけです。

都市伝説”オーディオに適した電力会社がある”は本当だった(かも)

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

著者は「音質と人口の関係」をグラフ化されていました。

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

九州は別として、都市部へ向かうに連れて音質が悪くなっています。
見事な相関を示したために「すごいじゃないですか!」と著者は賛辞を送る、ものの、やはり違う見解を示されていました。

人口密度が高い所で音質が悪くなることはよくあります

職業柄自社のアンプをデモで持ち出すことがあるのですが、市街地(特に都市中心部)に持って行くと音が悪くなるという経験は結構あります。山手線沿いオフィスビルに行くとはっきり劣化がわかることもしばしばです。一般に低音が痩せて、高音がきつくなる感じになります。それと都市部のオーディオショップなどでも音質が悪い状態になる事もある様です。

人口密度が高いところでは音質が悪くなることがよくあるそうです。

都市部で音質が悪くなるわけ

パソコン、家電製品、事務機器などほとんどの電子機器は電源にスイッチングレギュレーターを使用しています。本当のところは人口密度の大きいところでは電源に含まれる高周波ノイズが多く、音質劣化を招く原因になっていたといったところでしょう

最初の話に戻ると「電力会社によって音が変わる」と解釈してしまったので、「そんなことあるかボケ」という反響を読んだのですが、実は都市部ではデジタル機器のノイズが音質に影響を与えているという、至極まっとうな話だったのかもしれません。

結論:人口密度が高いと電子機器のノイズが多く乗るから、音質劣化が起こりやすい

どうも電力会社によって音質が異なるのではなく、人口密度が高いと電子機器のノイズが多く乗るために音質劣化が起こりやすいことが本当のところみたいです。

いやー、そうだったんですねぇ。ほほー。
ネット史に刻まれる重大事案の1つとして数えられそうな、あの発言がずっと記憶に残っていましたから、なんだか胸のつっかえが取れたような気がしましたよ。



投稿日時: 2016年02月25日 23:59 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリオーディオ
 
 

2015年11月04日

私おすすめのヘッドホンスタンド(バナナツリー)の紹介

ヘッドホンスタンド バナナツリー

私おすすめのヘッドホンスタンドをご紹介しますね。
価格は安く、見た目は悪くなく、土台が広く傾かずに安定して置けます。なかなか良いものでしたよ。

私おすすめのヘッドホンスタンドの紹介
「不二貿易 ワイヤー&木製 バナナツリー」

バナナツリー ヘッドホンスタンド

製品名は「バナナツリー」です。意外と大きなサイズでした。
バナナツリーは本来、バナナを傷めないよう吊るして保管する用途に使用されるのですが、バナナツリーをヘッドホンのスタンドにすることはオーディオ愛好者にとってわりと一般的だと思います。
というのも、オーディオメーカーのヘッドホンスタンドは結構値が張るためです。4,000円や5,000円くらいするんですよ。

バナナツリー ヘッドホンスタンド

代わってこちらの製品の良い点を挙げますと、

  • 価格が安い(私が購入した時は702円でした)
  • 見た目は悪くない
  • スタンドにヘッドホンを掛けても、ケーブルの付け根が下に当たらない高さがある
  • 両方の耳パッドの間に板を挟まない構造
  • 土台が広くて充分な重さがあり、安定して置ける
  • 土台の底に傷つき防止のフェルトが貼られている

です。

追って解説しますね。

バナナツリー ヘッドホンスタンド

商品を注文しましたら、木製の土台とステンレスの吊り下げフックの2つがビニール袋に包まれていました。

バナナツリー ヘッドホンスタンド

高さがありますので、ヘッドホンを吊り下げてもコードの付け根はテーブルに当たりません。
また、多くのヘッドホンスタンドは両方の耳パッドの間に板を挟む構造になっており、その板にホコリが付いたり、耳パッドに付いた顔脂が当たってしまうのですが、こちらは吊るすだけなので耳パッドの間は何もありません。

バナナツリー ヘッドホンスタンド

木製の土台は広く作られており、ヘッドホンを掛けても不安定になりません。

ヘッドホンスタンド バナナツリー

厚みがある分重く、より安定します。

バナナツリー ヘッドホンスタンド

この製品に限りませんが、私はですね、底面に傷付き防止のフェルトが貼られてあることをすごく評価したいんです。
困ったことに、いろんなメーカーのあらゆるスタンドは、こういったフェルトやゴムが貼られていないことが結構あるんですよ。コスト削減というか気が利かないというか。

ただし、もうちょっとフェルトが縁寄りで、4枚貼ってあればよかったなぁ、という感があります。3枚だと少々傾きます。

滑り止めゴム

フェルトは傷つきを防止してくれるものの、滑り止めの効果はありません。
滑り止めをおこなうには、別途「滑り止めゴム」を用いられてはいかがでしょう。
また、スタンドを一定の場所に固定して置かれたいのでしたら、「ソフト粘着剤」を使用されたら良いかと思います。

 

フックをU字からL字にペンチで曲げる

バナナツリー ヘッドホンスタンド

本来はバナナのふさを掛けるためのものですので、フックはUの字に曲がっています。

バナナツリー ヘッドホンスタンド

コレをL字状に曲げて、ヘッドホンのヘッドバンドを掛けやすくします。
また、ヘッドバンドにフックの先端が当たって傷が付いてしまうことの無いようにします。
 
バナナツリー ヘッドホンスタンド

フックかペンチに布を挟んだのち、L字になるよう曲げます。
布を挟まないとステンレスに傷が付いて、わずかに浮き出た突起がヘッドバンドを傷つけてしまうかもしれません。

バナナツリー ヘッドホンスタンド

L字に曲げました。

ヘッドホンスタンド バナナツリー

そうすることによって、

ヘッドホンスタンド バナナツリー

  先端がヘッドバンドに当たらずに掛けられます。

ついでに、フックにシリコンチューブを付ける(付けなくてもいい)

シリコンチューブ


(3mm × 5mm × 1m)

ヘッドバンドへの緩衝として、おまけ程度にシリコンチューブを付けました。
フックの直径は約3mmでしたから、3mm×5mm(穴の直径が3mm、全体の直径が5mm)のものを買いました。

シリコンチューブ

フック全体を包まなくても良いのでしょうが、長さが1mもありますから贅沢に使いました。

シリコンチューブ

フックの先が合皮製ヘッドバンドに当たって傷が付かないよう、少々余分を残しました。

ヘッドバンド

ヘッドホンを置きましたら滑らせて取りにくくなりましたので、ちょっと持ち上げて取るようにしたら良いでしょう。
とりわけ必要なパーツではありません。


  
バナナツリー ヘッドホンスタンド

はい、以上でございました。
ヘッドホンを持っているけれどもスタンドは持っていない方や、何かテキトーなスタンドが欲しいと思われている方は、このバナナツリーなんていかがでしょう。
価格は安く、見た目は悪くなく、土台は安定しており、なかなか良いものでしたよ。



投稿日時: 2015年11月04日 19:28 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリオーディオ
 
 

2015年08月23日

サザエさん シングルCD

「サザエさん」のシングルCDを探していたときのこと。

・・・あ、えっとね、「のっけからお前は何を言っているんだ」だとか「お前は20世紀に生きているのか」だとか、そんな声が聞こえる気がしますが、いえいえ、ちょっとね、部屋にある収納カゴを整理していたんですよ。
そいたら、サザエさんのシングルCDがあったんです。

「いやいや、なんでそんなものがお前ん家にあるんだ?」と、さらに疑問の声が聞こえる気がするのでお答えしますと、前にCDシングル8cmをアルバムの12cmにするアダプタを紹介する記事を書いたときにコレ買ったんですよ。

サザエさん シングルCD

あの記事を書いたのは2年前だっけな?懐かしいわー、と思いつつ袋から取り出しジャケットを開いてみますと、肝心のCDがありませんでした。
これだと収まりが悪く妙に気にかかってしまい、どこだどこだとさらにカゴを漁りましたら、

シングルCDアダプタ

・・・あった。こんなところにありました。

あーそっか、あのときPCに音楽データを取り込んだあとそのままだったんだ。

シングルCDアダプタ

2年ぶりに晴れてシングルCDを、

サザエさん シングルCD

元の鞘に収めましたとさ。
めでたしめでたし。

・・・と、していたのですが、

サザエさん シングルCD

ふと視線を下ろすと、網目の向こうに解説文と図が書かれてある事に気づきました。

それを読みましたらですね、はああ・・・、こんな秘密があったのか・・・、ほほー・・・、と、納得したような驚いたような、でも知らなくても困らないような、よくわからない衝撃の事実を突きつけられました。

続きを読む

投稿日時: 2015年08月23日 22:11 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリオーディオ
 
 

2015年04月12日

AVアンプ

冬でもエアコンをほぼ付けない私の家(独身・一軒家)の電気料金が明らかに高いのはなぜなのか、原因を突き止めて対策を講じるシリーズでございます。(前回の18回目はこちら

19回目の今回、ついに俺は決めたんだ。奴らとの聖戦に挑む

我が家には3体の悪魔がいる。
本来、奴らは闇の底に出でる人の目に届かぬ陰の存在であった。
だが決して人類と無縁ではない。
奴らは稲妻を貪り食う。肥大した身体はより糧を欲し、枯渇した大地を引きちぎり地上へ這い降りた。
地上の権力者は奴らに魂を売った。悪魔と結託し糧を差し出す代わりに巨万の富を得たのは、悪の中枢組織・トーデンである。
トーデンは私腹を肥やした。悪魔が食らう巨大な税が次第と忌々しくなり結託を破った。
討ち滅ぼそうとするも失敗に終わる。
悪魔の逆鱗に触れ、地上に天変地異が引き起こされた。
代表者は海外へ逃亡した。トーデンは解体寸前に追い込まれ、はじめて事の重大に気いた。かしづき悪魔の許しを請う。
その代償はあまりにも高かった。富の多くを没収された。
しかしトーデンは浅ましくも富と権力の再構を企てる。秘密裏に工作員を各家庭へ送り込み、法外な額を請求し再び私腹を肥やそうとした。
工作員の名はマツモトという。
マツモトは電気メーターを不正操作し、我が家の消費電力を過剰に引き上げるにとどまらず、悪魔を言葉巧みに誘導し知らぬ間に我が家へ押し付けたのである。

3体の悪魔はテレビ・AVアンプ・PCと名乗る。
奴らは今、俺の部屋に居り電気を思うがままに貪り食っている。
俺は恐怖のあまり真冬でもエアコンすら付けられず、吐息の白く濁る部屋に縮こまっていた。
だが19回目の今回、ついに俺は決めたんだ。奴らとの聖戦に挑む
今回に至るまで、俺は奴らのねちゃりと響く口音にずっと耳を塞いでいたのではない。
奴らを討伐する準備を整え機を待っていたのだ。

俺は今ここに、奴らとの聖戦を宣告する。
今回の標的はAVアンプである。

それはともかく、AVアンプってなに?

テレビ・スピーカー

・・・とまあ、そんなことはさておき、たぶん多くの閲覧者さんは「AVアンプってなに?」と思われているでしょう。
ざっくりと解説しますね。

そもそもアンプとは「音声信号の増幅器」のことです。
これがあることで音量を上げたり下げたり、電源が無いスピーカーやヘッドホンへ音声を出力させたりすることができます。

AVアンプはその音声機能に添えてテレビなどの映像を不便なく観賞できるよう、いろんな機能を1台に盛り込んだものです。
テレビを接続できたり、テレビをつけたらAVアンプの電源が入るよう連動したり、PCやスマートフォンやCDデッキなどの複数のオーディオビジュアル機器を接続できたり、どのオーディオ機器の音楽を出力させるのかを切り替えて選べたり、多数のスピーカーを接続できたり、Dolby Digitalなどのデジタル信号を音声として聞こえるようアナログ信号に変換したりします。

私はテレビに備わっているスピーカーに不満を感じ、別の大きなスピーカーを購入しました。
そのスピーカーは「パッシブスピーカー」と呼ばれています。
パッシブスピーカーには電源がありません。コーン状のスピーカーユニットはあるものの内側は空洞になっており、そのままではテレビに接続できません。音の質を決めるだけの重い箱でしかありません。
音を鳴り響かせるためにはアンプを経由させる必要があります。
テレビやゲーム機やCDデッキなどから音声信号をアンプに入力し、パッシブスピーカーへ出力させることではじめて音を鳴らすことができます。

ゲーム機棚

私は5つのスピーカーをAVアンプにつないで音楽を聞いています。

AVアンプ

AVアンプ。Pioneerの「SC-LX85」です。
2年くらい前でしょうか、相当悩みつつ20万円くらいで買いましたよ。

センタースピーカー

センタースピーカー。
「KEF」というオーディオメーカーの製品です。
スピーカーを複数設置した場合、それぞれのメーカーや型番が異なったりすると音に違和が生じますから、できるだけ同種のものをそろえました。

フロントスピーカー

フロントスピーカー×2。

サラウンドスピーカー 左右サラウンドスピーカー 左右

サラウンドスピーカー×2。
昔はこれをフロントスピーカーに使っていました。

この5chのユニットで、いつもテレビや映画やゲームの音楽を聞いています。

サブウーファー

ついでにサブウーファー。
ズーン・ドーンといった重低音を響かせるためのものです。
サブウーファーはあるものの、フロントスピーカーだけで充分な重低音が響くから現在は使用していません。
いつしかゲームコントローラーの置き場になってしまいましたよまったくもう。

とまあ、こんな環境でAVアンプの消費電力と電気料金を計測しました。

計測に使用した機器

消費電力チェッカー

計測に使用した機器は、消費電力チェッカーとコンセントの延長ケーブルです。

 

消費電力チェッカーは全国の電力会社の料金表を参考に、1kWhあたりの単価は「28円」に設定しています。
電気料金単価は各電力会社との契約プランによって異なります。
一般的な契約ですと、だいたい「27円」か「29円」です。

続きを読む

投稿日時: 2015年04月12日 11:39 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリ電気料金オーディオ
 
 

2015年01月10日

テレビ スピーカー

本当は別のことを書く予定でしたが、やむにやまれぬ事情があって話題を変更しました。
その事情ってのは、なんかね、テレビから音が鳴らなくなったんですよ。

昨晩の10時ごろのこと。
日付が変わる前にブログを更新しようとして、とPCデスクの前にとりあえず座りました。
何を書こうかと少し考えたところ、昨年に投稿したパズドラ&カグツチくん その2、その続きは年をまたいでも未だに書いていなかったので、いい加減書き上げようとブラウザを起動しました。
その矢先、ふと思い出したんですよ。
「あ、今日はコインおじさんが来る日だ」って。

PS3、PS4に「DESTINY」というゲームソフトがありましてですね、金曜日の午後6時になるとシュールという名前の、通称「コインおじさん」がやってくるんですよ。
このおじさんは毎週、レアアイテムを売ってくれるんですね。
気になるからささっとチェックしてからブログを書き始めようと、PS4の電源を入れました。

そいたらですね、テレビの画面が真っ暗なんですよ。
暗いのはビデオモードだったからなのですが、PS4はHDMIで連動するため本体を起動させると勝手にゲーム画面に移るんですね。でも、いくら待とうがずっと真っ暗なんです。
「はてさて、これは一体どうした?」。
映像はおろか音すら鳴らない現象に出くわして困りました。
原因を探ろうとすぐに思い付いたことは、「AVアンプの調子が悪いんかな?」です。

続きを読む

投稿日時: 2015年01月10日 13:41 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリオーディオPS4・PS3・VITA
 
 

2014年11月26日

ディスクスタンド おく蔵

映画を見ようとしたときのこと。
プレイステーション4に挿入していたゲームディスクを映画のBlu-rayディスクに入れ替えた折、「そういえば上図のコレ、なかなか役立つものなんだな」と、ふと気づきました。

そんなわけで、そのコレをご紹介しますね。
あったらあったで結構便利なヤツなんですよ。

サンワサプライ ディスクスタンド おく蔵

ディスクスタンド おく蔵

 

この小さな突起は一体何なのかと言いますと、

ディスクスタンド おく蔵

ディスクを置くための台です。
CDやDVD・BD、またはゲームディスクをプレイヤーから入れ替える際、一時的にディスクを置くときに活用できます。

それがどう役立つのかと言いますと、

続きを読む

投稿日時: 2014年11月26日 15:55 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリオーディオPS4・PS3・VITA
 
 

2014年06月03日

SHURE 「シュア掛け」を行う手順

SHURE SE535

2014年 世界フィギュアスケート選手権で優勝した羽生結弦さんがイヤホンを「シュア掛け」されていた影響で、一般の方にもその名称が知れ渡りました。

「シュア掛け」とは、イヤホンのケーブルを耳裏に半周ほど巻く掛け方のことです。
そのメリットは、ケーブルが衣服や手に当たって擦れたときの音量と回数を減らせることと、ケーブルを自分の背面に回して正面から見せないようにできることです。
(詳細は、別記事イヤホン「SHURE SE535」のレビューと「シュア掛け」を行う手順をご参照ください。)

 

ところで、上図の形をしたイヤホンを用いて「シュア掛け」をするのは、実は結構面倒なんですよ。
初見だとうまくいかず、装着するまでに5分くらい時間がかかると思います。
慣れている私でも、計ってみましたら20秒ちょっとかかりました。

そんなわけで、「シュア掛け」の手順をこの記事でご紹介しますね。
装着に手こずられている方はご参考くださいまし。

「シュア掛け」を行う手順

手順 1

SHURE SE535

まず、イヤホンの片方がどちらの耳用なのか、表記されている「L」か「R」で確認します。
英数字が順方向に読める状態のまま、ケーブルを下向きにして耳に入れます。

手順 2

シュア掛け

片方のイヤホンを耳に入れたら、同じくもう片方にも入れます。

手順 3

シュア掛け

両耳にイヤホンを取り付けたら、ケーブルを持ち上げて耳裏の上に乗せます。

手順 4

SHURE SE535

最後にスライダーを首元まで引っ張り、耳の上からケーブルが外れないようにします。
引っ張りすぎると、ケーブルが張ってタッチノイズが入りやすくなったり(糸電話のイメージ)、顎や耳が窮屈になったりします。

 

以上、「シュア掛け」のご紹介でした。



投稿日時: 2014年06月03日 21:46 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリオーディオiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2014年04月14日

SHURE SE535

2014年 世界フィギュアスケート選手権で優勝した羽生結弦さんが、イヤホンを「シュア掛け」されていたことがTwitterやブログで話題となり、のちにテレビでも紹介されました。
それを見て思ったんですよ、「あ、そういえばわしもSHUREのイヤホンを持ってるじゃないか。じゃあ便乗してコレ書こ」って。

そんなわけで、私が持っている「SHURE SE535」と「シュア掛け」の特徴を、この記事でご紹介したく思います。

まず、「シュア掛け」とは?

「シュア掛け」の「シュア」とは何かと言いますと、有線・無線マイクやヘッドホン・イヤホンなどのオーディオ機器を開発している「SHURE社」を指します。
一般には知られていない会社名ですが、オーディオ・S.E(サウンドエフェクト)界隈では有名ですよ。

SHURE SE535

そのSHUREのイヤホンは、ケーブルが付いている位置が下ではなく上にあり、ケーブルを耳に半周ほど巻く掛け方をします。
これが「シュア掛け」です。

シュア掛け

シュア掛けをする最大のメリットは、ケーブルが衣服や手に当たって擦れたときに発する音の量と回数を減らすことにあると思います。
耳の奥にイヤホンを突っ込んで使用する「カナル型」のイヤホンは、音楽を外部に漏らさないようイヤーパッド(耳栓のようなヤツ)が耳穴に密着する作りになっているために、ケーブルが擦れたときの音(タッチノイズ)がよく聞こえるんですね。
耳にケーブルを巻いて軽く固定させることで擦れの回数が減り、肌にケーブルが常に当たることで音の振動が分散され、タッチノイズ特有の重低音が軽減されます。

SHURE SE535

だらんと垂れたイヤホンのケーブルを隠すよう、自分の背中側にケーブルを回して音楽を聞く方もいらっしゃると思います。
そのときに、ケーブルが正面から見えにくいこともメリットの1つに挙げられます。

一般的なイヤホンは、イヤホンの下にケーブルが付いていますよね。
そのため背中側に回しても正面からケーブルが見えてしまいます。
普通のイヤホンでシュア掛けをすると、ケーブルの根本に角度が付き負荷がかかって断線しやすくなります。

また、「シュア掛けをしたら音質が良くなった」だとか言っている人もいましたが、そんなことはありません(笑)。

「SHURE SE535」の特徴

SHURE SE535

私はSHUREのヘッドホンとイヤホンをそれぞれ2つ持っています(前に「SHURE SRH840」のレビュー記事を書きました)。
私が抱くSHUREの音作りの印象を言いますと、「モニターヘッドホンをリスニングに適すよう加工した音の作り」です。
モニターヘッドホン(イヤホン)は、低中高音域の差が少なく平坦で音楽を聞いていてもどこか味気なく、楽器やボーカルなど音楽を構成する要素の1つ1つがはっきりと聞こえます。そのため、レコーディングスタジオでよく用いられています。
音の1つ1つを鮮明に表現するモニターヘッドホン(イヤホン)の特徴をそのままにし、音楽を聞いて楽しくなるよう味付けをしたものが、SHUREの製品の特徴だと私は考えています。

(ちなみに、モニターヘッドホンの代表格と言えば、SONYの「MDR-CD900ST」でしょうか。これも前にレビュー記事を書きました。)

音の傾向

SHURE SE535

このイヤホンも各音が鮮明です。
他の音に埋もれて聞こえなくなりがちな微細な楽器音もはっきりと聞こえます。
とりわけ中音域(ボーカル)と高音域(ギター、シンバル等)がしっかりと聞こえ、両者の音は分離して鳴ります。
ボーカルは他の音よりやや強調されており、クラッシュシンバル等の金打楽器音は耳をつんざくように高く鳴ります。
低音域の音量は他の音域と比べてやや控えめですが、重低音がズンと響き十分に迫力や臨場感が感じられます。
全体的に少し低音がかかっています。

SHURE SE535

耳にかける部分のケーブルは、他の箇所より厚い樹脂で保護されています。

SHURE SE535

純度の高い金属を使って固く太く作られているためか、一般的なイヤホンより音圧が高く大きな音が鳴ります。

SHURE SE535

左右のケーブルは、ひねって1本に収束されています。
ひねること(ツイスト型)で、外部から入る電気的なノイズの影響を減らせ、かつ音がマイルドになるそうですよ。

付属品

SHURE SE535

付属品を紹介しますね。

SHURE SE535

自分の耳の形に合うようにと、たくさんのイヤーピースが入っていました。
お掃除の棒と、航空機内用のアダプターもありましたよ。

SHURE SE535

ボリュームメーター。
音量は下げることしかできないので、私は使わないです。

SHURE SE535 ケース

キャリングケース。
形が崩れにくいハードケースですよ。

フォーンプラグ

ミニプラグに取り付けるフォーンプラグアダプタも付属しています(もしかしたら、この画像のものじゃないかもです)。

 

SHUREのイヤホンで「シュア掛け」を行う手順

羽生結弦さんの影響で一般の方にも「シュア掛け」という名称が知れ渡ったのですが、この装着方法をSHUREのイヤホンで行うとすると、実は結構面倒なんですよ。
初見だと装着の仕方が分からず5分くらいかかると思います。
慣れている私でも、さっき計ってみましたら20秒ちょっとかかりました。

SHURE SE535

まず、イヤホンの片方がどちらの耳用なのか、表記されている「L」か「R」で確認します。
英数字が順方向に読める状態のまま、ケーブルを下向きにして耳に入れます。

シュア掛け

片方のイヤホンを耳に入れたら、同じくもう片方にも入れます。

シュア掛け

両耳にイヤホンを取り付けたら、ケーブルを持ち上げて耳裏の上に乗せます。

SHURE SE535

最後にスライダーを首元まで引っ張り、耳の上からケーブルが外れないようにします。
引っ張りすぎると、ケーブルが張ってタッチノイズが入りやすくなったり(糸電話のイメージ)、顎や耳が窮屈になったりします。

 

SHURE SE535

以上、「SHURE SE535」と「シュア掛け」のご紹介でした。
私がWalkmanやiPod touchで音楽を聞く際はいつもコレを使っています。
かなり高価ですが、とても良いイヤホンですよ。

他に同社の1万円を切るモデル「SE215」もありましてですね、実はコレちょっと気になっているんですよ。
Amazonのレビューによるとすごくコストパフォーマンスが良いらしく、ダイナミック型のイヤホンにしては音の解像度が高く、そして低音に厚みがあり、この価格でこの音質は驚異的だとのことなので、いつか試してみたく思っています。
あとですね、SHUREの現フラッグシップ機「SE846」も使ってみたいと思うのですが、10万円くらいするので私には手が出せません(笑)。

 



投稿日時: 2014年04月14日 17:57 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリオーディオiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2014年03月27日

Music Unlimited

PS4を購入し起動した当初からインストールされていた、SONYのオンライン音楽配信サービス「Music Unlimited」。
加入すれば、SONYの手に及ぶ範囲のヒット曲や過去の名曲など、2,000万曲以上をストリーミング配信で聞けます。
料金は980円/月の定額サービスなのですが、30日間は無料で利用できるとあったので加入してみました。

私が曲を聞いてはじめに抱いた感想を言いますと、「えっらい音が悪いなぁ」です。
聞いた感じ、「MP3やAACの128kbpsくらいかな?」と思いました。
これまでに私がオーディオ機器に費やした金額は100万円は超えていると思います、つまりより良い音源の音楽を求めており、ビットレートの低い曲はあまり聞きたくないんですね。
ふつうの人は、128kbpsの圧縮音源とCD音源に大した違いを感じないと思うのですが、私なんかは高価なスピーカーで音楽を聞いているので次第と耳が鍛えられ、「あれ?」と微細ながら違いが分かってしまうんです。

何曲か聞いた後、その理由でしばらくはMusic Unlimitedを使わなかったのですが、仕事中になんとなくBGMが欲しくなったときに、ふとコレを思い出しました。
自分好みの曲を勝手にチョイスしてくれるコレは適当なんじゃないか、と思い、音質はこの際目をつぶるとしてあらためて使い始めました。

「高音質モード」に設定すると、
「HE-AAC 48kbps」が「AAC 320kbps」になる

Music Unlimited

で、ようやく気づきましたよ。
設定の項目に「高音質モード」があったということを。

  • 標準音質HE-AAC 48kbps
    (MP3・AAC 128kbpsくらいの音質)
  • 高音質モードAAC 320kbps

Music Unlimitedの設定にて「高音質モード」にチェックを入れると、音源が「AAC 320kbps」になります(ソース)。
このビットレートだと、CD音源と比べて違いが分からないくらいに聞けましたよ。

もうね、サーバの負担を軽減するためか、あらかじめこの「高音質モード」に設定しなかったSONYのケチさを感じないでもないですよまったくもう。
もー、あるんだったら初めからあるって言ってくださいよー、かなり嬉しくなってしまったじゃないですか試用期間後も引き続き利用しようと思ってしまったじゃないですか。

Music Unlimited
PS4で「高音質モード」に設定する手順

Music Unlimited

設定のアイコンを選択します(当初、コレを何かのマークだとしか思っていませんでした)。

Music Unlimited

「高音質モード」の項目にチェックを入れます。

Music Unlimited

△ボタンを押してプレイヤーを表示させますと、曲目の数字の隣に「HQ」マークが現れます。
チェックを入れないと、そのマークは現れません。

Music Unlimited

これで「AAC 320kbps」の高音質の曲が聞けるようになります。
また、古い曲は高音質モードに対応していないものが多いように思います。

ちなみにですが、PC版でも「高音質モード」はオフになっていました。
利用される方はオンにされると良いでしょう。

Music Unlimited

投稿日時: 2014年03月27日 10:00 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリPS4・PS3・VITAオーディオ
 
 

2014年03月16日

Bluetooth発信機 Walkman

iPhoneやAndroidのスマートフォンやタブレット機にはBluetooth(発信側)が標準的に搭載されており、その機器からBluetoothヘッドホンやスピーカー(受信側)へ、無線で音楽の出力ができます。

しかし、古かったり廉価だったりするオーディオプレイヤーにはBluetoothが搭載されていません。例えば、カセット・CD・MDなどのWalkman、MP3プレイヤー、iPod Shuffleが挙げられます。
こういった機器から音楽をBluetoothで出力させるためには、「Bluetooth発信機」を取り付ける必要となります。

そんなわけで、この記事にて「Bluetooth発信機」をご紹介しますね。
「Bluetooth発信機」から出力された音楽は、別の「Bluetooth受信機(レシーバー)」が受け取り、ミニコンポなりBluetoothスピーカーなりへ出力されます。

 

Bluetooth発信機の紹介

Bluetooth発信機

Bluetooth送信機

Amazonで最も売れているBluetooth発信機ということで、「BUFFALO Bluetoothオーディオ送信機」を買ってみました
この発信機は「A2DP」というプロファイルに対応しています(「A2DP」は、ほとんどの受信機に備わっています)。

Bluetooth送信機
(カセットテープのWalkmanですよコレ。15年ぶりに使ってもちゃんと動いてました)

この機器のミニプラグを音楽プレイヤーのヘッドホン端子に取り付けると、Bluetoothで音楽の発信が可能になります。
他のBluetooth発信機も大体同様の製品ばかりでしたよ。

 

充電

Bluetooth送信機
(同梱品)

Bluetooth発信機を動作させるには、電気の供給が必要です。
内蔵バッテリーを充電させることで使用できます。
この機器の連続使用時間は、最大で約11時間と書いてありました。

 

「Bluetooth発信機」と
「Bluetooth受信機(レシーバー)」は対になる

「Bluetooth発信機」があっても、「Bluetooth受信機(レシーバー)」が無ければ、音楽はスピーカーやヘッドホンから出力されません。
この2つは対になっており、例えば、ミニコンポやPCスピーカーやヘッドホンにBluetooth受信機を取り付けたりしないと、Bluetooth発信機から発信された音楽はスピーカーから鳴りません。

「Bluetooth受信機(レシーバー)」
ミニコンポやAVアンプやPCスピーカーなどへ

Bluetooth受信機

 
(AAC・apt-X 対応)

Bluetoothが搭載されていないミニコンポやAVアンプやPCスピーカーの場合、上図のようなBluetoothレシーバーを取り付ければ音楽の出力ができます。
ミニコンポ等のAUX端子(外部入力端子)に、ミニプラグやRCAケーブル(プラグが赤白色)、または光オーディオケーブルを接続します。

1つのPCスピーカー(アクティブスピーカー)をPC用とBluetooth用に兼用されたい場合は、PCスピーカーにAUX端子が2つあるものを使用されると良いでしょう(価格は1万円くらいかそれ以上)。
他に、あらかじめBluetoothが搭載されているPCスピーカーもあります。

詳細は、別記事iPhone・iPod Bluetoothレシーバーと接続手順の紹介(アンプやアクティブスピーカーで音楽をワイヤレスで再生)をご参照下さい。

Bluetoothヘッドセット

Bluetoothヘッドセット

 

Bluetoothヘッドセットの製品には、Bluetooth受信機とイヤホン・ヘッドホンが同梱されているものや、ヘッドホン自体にBluetooth受信機が搭載されているものがあります。

詳細は、別記事iPhone・iPad Bluetooth接続設定方法をご参照下さい。

 

Bluetoothの接続方法

ミニコンポやAVアンプやPCスピーカーへの接続例を書いてみますね。

1. Bluetooth発信機をプレイヤーに接続する

Bluetooth発信機

プレイヤーのヘッドホン端子に、Bluetooth発信機のミニプラグを接続します。

2. Bluetoothレシーバー(受信機)を
ミニコンポやAVアンプやPCスピーカー等に接続する

Bluetoothレシーバー

ミニコンポやAVアンプやPCスピーカー等のAUX端子(外部入力)へ、ミニプラグケーブルやRCAケーブル(プラグが赤白)または光オーディオケーブルを用い、Bluetooth受信機を接続します。
受信機の電源は家電のコンセントからです。
Bluetooth内臓のPCスピーカー等の場合は、別途Bluetooth受信機を用意する必要はありません。

3. Bluetooth発信機と受信機をペアリングさせる

Bluetooth発信機と受信機のボタンを長押したりすることで、両機器をペアリングさせます。
機器によってペアリングの方法は若干異なりますが、多くの製品はボタンを長押しすることでペアリングさせることができます。

4. 音楽の出力

プレイヤーの再生ボタンを押すと、スピーカーから音楽が出力されます。

 

以上でございました。
ちなみにですが、この記事は以前に私が書きましたiPhone・iPod Bluetoothレシーバーと接続手順の紹介の記事のコメントで、「SONYのウォークマン(10年前に購入したかと)MP3に入っている音楽も、コンポで再生させたいと思っておりまして」との質問がありましたので、その返答の詳細を書いてみた次第のものでございます。



投稿日時: 2014年03月16日 20:41 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touchオーディオ