iPhone・iPad・iPod touch

2017年07月19日

iPhone 写真 シャッター

iPhone・iPod touch・iPadで写真やビデオを撮るときは、通常、ディスプレイに表示されているシャッターボタンを押して撮影しますよね。
そのやり方のほか、「音量ボタン」を押すことでも同様にシャッターを切ることができます。

なお、音量ボタンをシャッターボタンに切り替えるための設定は不要です(というより、設定項目が無い)。

iPhone 音量ボタン

私が持っているiPod touchは、端末の側面左上に音量ボタンが付いています。

音量ボタンでシャッターを切ることのメリット・デメリット

メリットは「片手での撮影が楽になる」ことです。
詳しく言うと、3つあります。

続きを読む

投稿日時: 2017年07月19日 03:09 | 記事URLコメント(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2017年07月17日

スマートフォンでの「縦撮り」は、あり?なし?

iPod touch

スマートフォンの普及により、撮影した写真やビデオをTwitterやFacebook、はたまたInstagramなどのSNSへ投稿することが一般的にすらなってきましたね。
そういった一般の方々の写真を見ていますと、写真を縦に撮る割合が結構多いことに気づきます。

そう気づくのは、私は縦写真を撮ることが滅多にないからです。
当ブログに載せている写真のほぼすべては横写真です。10年以上書き続けているのですが、その間に載せた縦写真の枚数はおそらく20枚程度でしょうか。
どうしても縦に撮らないと格好がつかない場合を除き、意図的に横写真を撮るようにしていおり、むしろ縦写真を極力撮らないよう努力すらしています。

縦写真を撮らないのはなぜか

というのも、縦写真を載せると画面に占める画像の割合が高くなり、次の文章を読むには下に大きくスクロールさせなければならないからです。

そして、縦写真は無駄な情報が多く入りがちである一方、横写真は周りがよく映っているからです。写真ならまだしも、ビデオを縦に撮るのは絶対にやってはいけないこととすら私は思っているんです。

例を見せましょう。
車からスマフォで(というか、iPod touchですが)風景を映してみました。

スマフォ 縦

そしてこう思うんですよ。
「空、こんなにいる?」って。

続きを読む

投稿日時: 2017年07月17日 18:22 | 記事URLコメント(4)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touchデジカメ
 
 

2016年05月07日

iPadのキーボードが反応しなくなったときは、充電する

iPad

昨日のこと。

携帯電話の機種変更やらなんやらでiPadをちょっと前に手に入れられたお客さんがやってこられました。
「iPadのキーボードが壊れた!」そうな。

お客さんはケースとBluetoothキーボードが一体になったものをiPadに付けられています。


↑ まさにこういったケース。

私もiPadを持っているのですが、キーボードを使ったことがありません。
「落としてしまったから壊れたのかも・・・」とおっしゃるお客さんのお話を聞きつつ、Bluetoothボタンを押したりケースを回転して色んな角度から眺めたりしました。

で、思いつきました。

「・・・まさか、充電?」って。

USB micro B ケーブル

Bluetoothキーボードの端子は「USB Micro B」でしたので、そのケーブルを引っ張ってきて接続してみました。

うん。当たりでした。
お客さんは大層喜ばれていましたとさ。

「あー、Bluetoothキーボードって省エネだからバッテリーが長持ちするんよね」と心の内につぶやき、「このキーボードは電気を消費します。だからたまーに充電してやってくださいね。月に1回くらいでいいですよ」とアドバイスをしました。
加えて、「あ、あと帰りにUSB Micro Bのケーブルを買って帰るといいですよ、こういったやつです。iPadの同梱物にあった家電コンセントに差し込むUSB充電器で充電してくださいね」と。


↑ こういったやつ

ところで、キーボードが一体になったケースって、使ってみたらなかなか便利でしたよ。
自分も買ってみようかな?



投稿日時: 2016年05月07日 00:00 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2016年05月03日

iPhone・iPad 音楽が表示されないときはこうする

iPad

ちょっと前にお電話にて、「福原くん(わし)、iPadの音楽が出てこんがや〜」とのご相談がありましたので、「こうじゃないすかね〜」とご案内しました。

ご相談主はiPadを使っています。
PCからiTunesで音楽を転送して、iPadの「ミュージック」から音楽を探そうとも一部の音楽名のみしか表示されておらず、転送できていないのか、端末の音楽データが削除されたか、と悩まれていました。
そして、前まで表示されていた音楽が突然見当たらなくなったそうな。で、私にヘルプと。

iPhone・iPad 音楽が表示されないときはこうする

iPadでの方法です。

  1. 「ミュージック」をタップ
  2. 「My Music」をタップ
  3. 「アーティスト」をタップ
  4. 「曲」をタップ
  5. 曲が一覧表示される
1. 「ミュージック」をタップ

iPad ミュージック

2. 「My Music」をタップ
3. 「アーティスト」をタップ

iPad ミュージック

iPhoneだと上図とはちょっと異なります。
「アーティスト」の場所は、ディスプレイの上側にある「プレイリスト」をタップし、その下にある「最近追加した項目」の下に表示されているはずです。

4. 「曲」をタップ

iPad ミュージック

5. 曲が一覧表示される

iPad ミュージック

 

以上でございます。
ご依頼主は大層喜ばれていましたので、ネットにて記してみました。
(本来ならiTunesでアーティスト名を入力したり編集したりするのが正当なやり方なのでしょうが、最も簡単なやり方をご案内しました。)

そのあと、「音楽の再生中にメールが入ると音楽に別の音声やらが入って困る」と加えてご相談がありました。
そういうときは「設定」アイコンをタップして「機内モード」をタップしてONにすればOKです。Wi-FiやらがOFFになってメールが一時入らなくなります。



投稿日時: 2016年05月03日 23:44 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2016年02月07日

ドラクエ5

きっかけは何もなく、ふと、ドラクエ5を無性にプレイしたくなりました。
このごろはとても便利なもので、携帯電話を何回かポチポチするだけですぐに遊べるわけですよ。iPhone・iPad版を1,800円で買いました。

 
(左|iOS版|右:DS版(3DSで遊べる))

久しぶりにプレイしましたが、いやー、やっぱり面白いんですよドラクエ5。
現在のゲームと違って派手なグラフィックや奇抜なシステムの無い、スーパーファミコン時代のオーソドックスなRPGなんだけどさ、複雑さがない分気軽に楽しく遊べるわけですよ。
私が小学生の頃にこのゲームをプレイし、二十歳くらいのころにNintendo DSでまたプレイし、そして今、そのころを思い出しながらiPadでちょこちょことストーリーを進めています。

 

このゲームは3人の花嫁候補のうち、1人を選ぶことができます。

ドラクエ5 結婚

フローラか ビアンカさんか 好きな方に プロポーズしてくれ。

左から、デボラ(毒舌ギャル)、フローラ(清楚な箱入り娘)、ビアンカ(田舎の宿娘)。
3人の美女のうち、好きな娘を1人を選べるんだ。俺は選ぶ側なのだ(ふふーん)。

1人を選び、しばらく進めたのち、俺は己を振り返りいたたまれずスリープボタンを押した
天を仰ぎ我が身を振り返る。腕を目に当て光を遮り、人知れず心の縁で泣いた。

続きを読む

投稿日時: 2016年02月07日 20:27 | 記事URLコメント(16)TrackBack(0)
カテゴリゲームiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2016年01月30日

Amazonベーシック MicroB → Lightningアダプタ

Amazonベーシックの「MicroB → Lightningアダプタ」を買いましたよ。色は黒です。

 

MicroB ケーブルMicroB ケーブル

「MicroB → Lightningアダプタ」は、スマートフォンによく用いられているMicroBコネクタをLightningコネクタに変換するアダプタです。
その用途は、おそらく多くの人はiPhone・iPadとAndroidの携帯電話・タブレットの充電・データ転送を1つのケーブルで兼用するために用いていると思います。

Amazonベーシック MicroB → Lightningアダプタ

ところでですね、この「amazon basics」のロゴ、いやー、ダサいですねぇ。
私はAmazonが大好きなんですけれども、ストアとして好きなのであってそのブランドが好きというわけではないんです。

なのに、なぜにこのアダプタを購入したのかと言いますと、「Apple認証(Made for iPhone)」かつ「黒色」のものをAmazonでいろいろと探しましたところ、コレしか無かったためです。
他はAppleが認証していないものばかりでした。それだといつの間にか充電・データ転送ができなくなるんです。

 
(左:2本セット|右:スマートフォンの外部バッテリー)

私はスマートフォン関係のアクセサリを購入するときは、だいたいAnkerのものを買っているんですよ。おそらくこの業界トップの信用があるメーカーです。
どの製品にも18ヶ月の保証がついており、価格は安く、デザインは悪くありません。
Ankerのものがあったらそれを買っていたのですが、色が黒である以前にアダプタそのものが見つかりませんでした。残念。

なぜ黒色が良いのか?

どこに置いたのかが分かりやすい

Amazonベーシック MicroB → Lightningアダプタ

MicroB → Lightningアダプタ

アダプタの色が白いと、机の上に置いたときにすっごい見つけにくかったんです。ちっちゃいアダプタのくせに結構価格が高いんですよ、無くしたら1,000円損します。
白い台に置くと、当然黒いほうが見やすいので、

MicroB → Lightningアダプタ

木目の台に置きました。
白いほうは周りの色に紛れてしまうんです。黒だと視認しやすいです。

ケーブルに付けているのか、いないのか、見分けやすい

MicroBケーブル

こちらはAnkerのMicroBケーブル。


(3m)

前に別記事で紹介しました、長さが3mのヤツです。
PS4のコントローラーとヘッドセットの充電に使っています。

MicroB → Lightningアダプタ

ケーブルの色が白いので、白いアダプタを付けていると、アダプタが付いているのか付いていないのかがひと目でわからないことがありました。

Amazonベーシック MicroB → Lightningアダプタ

反対の色だとよくわかりますよね。
(ケーブルが黒いと、白のアダプタのほうが分かりやすいですが)

そんなわけで黒いアダプタの購入に至ったんです。
Amazonベーシックの「MicroB → Lightningアダプタ」は、MicroBコネクタが接合部からちょっと見えてしまっているのですが、コードを引っ張ってiPadから取り外してもアダプタがMicroBコネクタから外れなかったので、まあいいんじゃないかな、妥協しよう、と思っています。

ちなみに、「MicroB → Lightningアダプタ」がケーブルに付いている「2 in 1」タイプのものもあるのですが・・・

当初はこのタイプのものを買おうとしていたんですよ。
ケーブルにくっついているのだったら、まず無くしませんからね。

しかしながら、どうも3mの長さのものは無いんです。せいぜい1mでした。
USB延長ケーブルを用いるとケーブルが重くなったり抜けたりします。だったらアダプタ自体を買ったほうが良いかな?見分けられるよう黒色を買おっと、といった流れで買ったわけです。



投稿日時: 2016年01月30日 21:00 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2016年01月22日

Ankerのケーブルを買いました談話

USB

当方がブログを書く際は、タイトルの通りにするよう内容を絞って仕上げるようにしておりましてですね、そうすることで内容をより濃くして投稿できる、のですが、いつもそうやっていると時間の関係で1日に1記事の投稿が限度です。
私は1日に2つくらい投稿したいんですよ。だったらもっとゆるやかに、話があっちこっち飛ぶような、あまりまとまっていないものも書くべきかなー、と思っとります。
というわけで2つ書けるよう、今後ゆるやかな日記を増やしていきますね。ゆるやかでも何か1つくらいは誰かのためになるだろう内容は欠かしませんよ。

で、だ。
1ヶ月くらい前に、USB micro Bケーブルを買いました。上図のヤツね。

USB micro B ケーブル


(3m)

Ankerのケーブルです。
この会社はスマートフォン関連に特化したケーブルアクセサリを作っていて、おそらくその業界トップの信用があると思います。
全てのAnker製品には18ヶ月の保証が付いていて、価格は安いです。

USB micro B ケーブル

マジックテープの結束バンドも付いてくるんですよ。地味に嬉しい点です。

USB micro B ケーブル

上図右はApple純正のLightningケーブルです。線の太さが違いますね。

ご存知の方は多いやもですが、Apple純正のケーブルは買わない方がいいケーブルです。価格が高い割には断線しやすく、コネクタ側のゴムが破れて電線がむき出てしまうこともままあります。
だから私は非純正かつ「Apple認証」のものを買っています。

Lightningケーブル

非純正の物だったら何でもいい、というわけではなく、私が前に購入したそれはゴムがちょっと破れてしまっています。
付け根部分の耐久性がありそうなものはどれかと、いろいろ見てきたんですよ。Ankerのものが良さそうだと買ったわけです。

 
(右:Lightning|右:Micro B)

この会社のものだと、なんだか安心できるんですよ。
保証期間は18ヶ月。耐久性があってデザインも良く、しかも価格が安いとくればそりゃ買いますよ。

USB micro B ケーブル

んでですね、私は3mの長いケーブルを買いました。
長いケーブルをなぜ使用するのかと言いますと、

USB充電器

USB充電器から、

USB micro B ケーブル

ケーブルを伸ばして、

Lightning アダプタ

コネクタ部分をMicroBからLightningにするアダプタを付けて、

iPad

iPadに接続して、

iPad

布団の中で充電しつつぬくぬくとあれこれするためです。

「わざわざ布団で充電しなくても?バッテリーがあるんだからさ」とおっしゃる方がおられると思いますが、iPadはあまりにも寒いと充電してくれないんですよ。
だから身体もiPadも暖めつつ充電させています。
その用途で長いケーブルを買いました。

ちなみにですが、数年前に「寒いとiPadが充電されないから胸やお腹であたためよう」といった内容の、上図URL先の記事を書きました。とっても好評でしたよ。
当時、どうしてもiPadが充電できないからいろいろと検索するも、解決に至るページは見つかりませんでした。私がその解決方法を見つけ出して投稿しましたところ、その後、なんかね、同じような内容であたかも自分で考えだしたかのような書き方の他ブログが散見し出したんですよ。もちろん該当記事へのリンクは無し。
生き馬の目を抜くというか、インターネッツってのは恐ろしいものなんじゃのう、って思いましたよまったくもう。

PS4 コントローラー

ほかに、PS4のコントローラーや、純正ヘッドセットの充電にも使えるようmicroBにしました。

 

長くゲームをプレイしているとバッテリーが切れて、一緒にオンラインゲームをプレイしている人に「ちょっと待ってください、バッテリーが・・・」と一時中断することがあり、申し訳ない気持ちになったことがありました。
これで万事解決ですよ、やったね。



投稿日時: 2016年01月22日 15:08 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリパソコン・インターネット関係iPhone・iPad・iPod touch
 
 

2015年09月18日

iTunes

昨日にリリースされた「iOS 9」をiPadにインストールし、ただいまPCにバックアップを取っています。
さっそく新しいOSを使ってみて、「写真をスライド表示するとき、選択した写真からスライドがスタートしない仕様は今回も同じか・・・、3つくらい前はできてたのになぁ・・・、はぁ」とため息をついたことはさておき、久しぶりにPCのiTunesを起動しています。

私ですね、前々からずーっと気になっていることがあるんですよ。
「同期が開始するのを待っています」の文言は、なんだか引っかかるなぁ、って。

 

iTunes 同期が開始するのを待っています

PCのiTunesとAppleの端末がつながると上図が表示され、太字の下には薄く「同期が開始するのを待っています」と書かれています。
それを読む都度、「開始するのをだと?んん?もっと良い言い回しがあるでしょうが」って小首を傾げているんです。「開始されるのを」だろ?って。
なんだか英語を直訳したような、日本語が上手な外人さんが考えたような、そんな気がするんです。
個人的には、「同期が開始するのを」の「のを」がすっごく気になるんですよ。「」に負担がかかり過ぎていて、略すあまりに言葉の表現が美しくないと感じます。
別の文言に変えてもらえないだろうかなぁ、とすら思っとるんです。

てなわけで、私、ちょいと考えてみました。
このようなのを考えてみました。(←変でしょ?変というより雑)

 

同期の開始を待っています
シンプルになって良いと思うんですよ。うんうん。

同期が開始されるのを待っています
マシになった。「開始するのを」じゃなくて「開始されるのを」に表現をあらためて欲しいなぁ。

同期が始まります
コレはダメかな?現在の状態を正確には表していない。

端末とペアリングしています
同期する前段階のことだから、間違ってはいないんじゃないかな。

 

いかがでしょう?
PCとiPadを同期する都度気になってしまうので、ちゃちゃっと記してみました。

 


(追記)後日、再度バックアップを取っていた間、ふとPCディスプレイを覗きましたらですね、

iTunes 項目がコピーされるのを待っています

「項目がコピーされるのを待っています」って、おいおいちょっと待て!
もー・・・、そこは空気を読んで「コピーするのを待っています」にしとこうよ・・・。
やればできる子アピールなんていらないですよまったくもう。
英文だとbe copiedとでも書いてあったのかな?

ともかく、ステップの最後は「されるのを」なんだから、ステップ1もそれでいいってことですよね。
だったらAppleさん、いっそのこと「同期が開始するのを待っています」じゃなくて「同期が開始されるのを待っています」に変えてくださいな。「同期の開始を待っています」でもいい。
英文直訳のミスのないチョイスやプログラマー視点の解説なんていらんのです。



投稿日時: 2015年09月18日 02:03 | 記事URLコメント(11)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touch
 
 

2015年02月14日

iPadをあたためてくれる充電スタンドって無いものですかね

iPad

現在2月14日の午後23時。とても寒いです。
調べたいことがあり、ちょいとiPadを充電スタンドから取り出そうとしたときのこと。

iPad

13%、か・・・
2時間置いていたのに充電されていない・・・。
充電する前の数値と変わっていない・・・。
はぁ・・・。

この原因は寒さにあります。
前に書いたiPad 充電できない時の対処法(冬)にあるように、寒いとiPadは充電してくれないんですよ。
ため息をつきましたよまったくもう。

ちなみにですが、「冬にiPadが充電されないときはあたためる」ことの情報源は、わしだと思うんですよ。
あの記事を書く前は、いくら検索してもそんなことが書かれてあるWEBページなんて見つからず、書いたあとにいろんなWEBサイトで散見するようになったんだもの。あたかも自分で考え出したかのような書き方もちらほら。無論、該当記事へのリンク無し。

じゃ、あたためようかな、と思ったところ、足元にとてもいいものを発見しました。
発見したというより、今まで気付かなかったと言ったほうが正確かな。

ホットマット ミニ

小型のホットマット。冬のデスクワークの必須アイテムです(前に別記事で紹介しました)。
我が家ではコレがないと足先が凍りつくように冷たくなるんですよ。

ホットマット iPad

ココにiPadを置いて、っと。
これでしばらくすれば満充電してくれます。やったね。

 

iPadをあたためる充電スタンドって無いものですかね

上記のように、足温器(や充電式湯たんぽ)でiPadをあたためながら充電するのは手間ですし、起床して端末のボタンを押すも充電されていなかった日には、お互いに目覚めが悪いです。
いくら部屋の温度が6度であろうと、充電台に置いたら必ず充電されるようにして欲しいわけですよ。

そういった充電台って無いものでしょうかね?
簡易なヒーターが付いていて、ボタンを押すと4時間くらいで自動OFFになるようなものがあれば便利だと思うんです。



投稿日時: 2015年02月14日 23:59 | 記事URLコメント(9)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touchコンサル的な
 
 

2015年01月22日

常用漢字筆順辞典

何年も前にiPadとiPod touchへインストールして、現在も消去せずに使い続けているアプリ「常用漢字筆順辞典」をご紹介しますね。

アプリ名に「筆順辞典」とありますが、このアプリは漢字の筆順を調べるために活用するのではなく、漢字の読み方がわからないときに使用するものだと思います。
とりわけ、書籍や書類や写真・画像に載っている難読漢字の読み方を調べるときに大活躍してくれるんですよコレ。

 
(左:無料・広告あり|右:600円・広告なし)
(iPhone・iPad 両対応)

インターネット上の文章にわからない漢字があったとしたら、PCの場合、その漢字をコピーしてブラウザの検索欄なりメモ帳なりに貼り付けて、キーボードの「変換」ボタンを押せば、すぐに読み方がわかります。またはそのまま検索したりと。
ですが、書籍や書類や画像に載っている文字は文字データとして扱われませんから、PCやスマートフォンで検索することができませんよね。

 

手書き文字入力

 

そこでPCのIMEパッドなどに手書き文字を入力して調べるものの、画数が多い非常用漢字は候補に上がりにくく、いかんせんマウスでは手書きしにくいんです。

常用漢字筆順辞典

その点、このアプリは指で漢字を書けますので速やかに調べることができます。
加えて、漢字を認識する精度はかなり高いです。
私が読み方のわからない漢字を入力すると、いつもその漢字が必ず候補の先頭に出てくるんですよ。
筆順が間違っていても、だいたいは正確に認識してくれます。

 

「常用漢字筆順辞典」の紹介

常用漢字筆順辞典

アプリを起動すると、はじめに真っ白なパレットが表示されます。
ココに調べたい漢字を書きます。
なお、無料版は下部に広告が表示されます。
これがなかなかうざったいものでしたので、私は広告の無い有料版を買いましたよ。

常用漢字筆順辞典

「戴」。
この漢字の読み方がわからなかったんです。

常用漢字筆順辞典

どうやら読み方は「いただ(く)」でした。
「あー、そういえばそういう読み方だったわー、頂戴のアレね」って思いましたよ。
私が読んだ書籍にはこの漢字のみあって、文脈も送り仮名も無く、読み方の予想が付かなかったんです。

他に、もちろんアプリ名のとおり筆順も1画1画赤字で教えてくれます。
(加えて「きれいな字ってのはこう書くんだよ」と言わんばかりの見本も。)

右上の「詳細」をタッチすると、

常用漢字筆順辞典

部首や部首名、音読みや訓読みなど、漢字の詳細が分かります。
汎用的な漢字だと、もっと詳細に記されます。

 

はい、そんなわけで「常用漢字筆順辞典」をご紹介しました。
書籍や写真に載っている漢字の読み方がわからないときいつも使っているだけに、アプリの名前は「筆順」辞典じゃないほうがいいんじゃないかな、とちょっと思っているんです。



投稿日時: 2015年01月22日 22:22 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリiPhone・iPad・iPod touch