東日本大震災

2011年07月02日

Amazonギフト券 残り

いやさ、分かってたよ?分かってたさ。
でもね、こんなに乞食が増えてたなんて思いもしなかったさ。
ちょっと上2つのリンク開けて、いろいろ見てくださいよ、macの20万円のパソコン(釜石観光物産協会、ゴミ協会)とか10万円のパソコンとかインクとか純正のPDFソフトとかさ、バカなことに楽天のリンクとか貼りつけてあったりだとかさ、もうね、何も分かっとらんというかマジ乞食。

わし、アフィリエイトの紹介料2月分を(32万円分・Amazonのギフト券)全額寄付するつもりだし、先月分もちゃんと残しといたんよ(ひと月に10万円分、残りの5万円はとあるNPOに寄付用)。
既に12万円分の商品をAmazonほしい物リストの真面目にやってそうな団体に送ったんだけどさ、やっぱ乞食が大量に湧いてきているから辞めます、信用していいやら分かんなくなった。
Amazonのほしい物リストはもう使わん。

さてさて、わしは寄付するって公約したからそれを遂行したいと思うんだけど、問題はどのように支援して良いのかということ。
政府は対応がクソ遅いし、赤十字も集まった義援金の使い道が間違っとることもあるしさ、ピンポイントで支援したほうが早い。
わしはAmazonのギフト券というかポイントでしか支援できないし、震災から4ヶ月は経過した今、甘やかしはしちゃならんと思うし、支援は次の段階へ入っている。

これからのわしからの支援は、Amazonで販売されてる東北圏のなにがしを買ったらよいかな?、買うことにより少しでも雇用が増えたらいいなぁということと、例えば食品をわしが買ったらわしも相手も満足できるしね。
もし代替の案があれば是非コメントにてアドバイス下さい、優れた案であれば即採用します。

ところでさ、放射能漏れによる「風評被害」が福島だとかで起こってるって報道があるじゃないですか。
頭悪いよね、実際に被災してんのに風評被害とはコレ如何に。



投稿日時: 2011年07月02日 12:30 | 記事URLコメント(9)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

2011年05月29日

東日本大震災 わしが支援した物資リスト

支援した都度、ココにまとめて書きます。
証拠画像は発送済みになってから追加です。

明細表

日付支払金額残高
5/290320,000
5/2979,465240,535
6/317,231223,304

6月4日

  • 【被災地】牡鹿総合支所
    • 注文合計: ¥ 17,231

なんとなく支援。
すべての欲しい物の優先度が「最高」で、理由が「避難所で必要としています。」の一言のみ。
非常に気がかり。
このリスト作ったヤツ気に入らんわ、とか思いつつ、なんとなく支援。
貰って当然的なアレ?

リストの「フェアトレード東北」のような、団体の情報が公開されていて、ほしい理由がしっかり明記されているところだったらしっかり支援したい。
今月の紹介料、もう使い切ってしまったから、来月支援する。

【被災地】牡鹿総合支所へ救援物資

5月29日

被災地域Amazonほしい物リストを全部見て、欲しい商品があるところのうち、わしの条件に当てはまる物資を支援しました。わりとめいいっぱい。
リストはあるんだけど、既に支援されてて欲しい商品がないってところが多かった印象。
業務用掃除機は2003年ってあったけど、まぁゴミ吸い込むだけだし2万だったし、いいか、と。
ボディソープを20個づつ注文しようとしたけど、10個までだった。
なので注文確定後、再度10個づつ注文しようとしたが、ダメ。
で、価格は400円くらいとちと高いけど、Amazonは200円くらいのを置いてないからしゃーなし。
29日の時点で、まともそうなリストにあるまともな商品はすべて送ったつもり。
次回の支援は6月15日くらいかな?

  • お届け先: 石巻市災対本部災対産業
    • 注文合計: ¥ 57,508
  • お届け先: 山田町災対本部(物資センター)
    • 注文合計: ¥ 6,798
  • お届け先: 東松島市災害対策本部災対総務部 
    • 注文合計: ¥ 15,159

お届け先: 石巻市災対本部災対産業

お届け先: 山田町災対本部(物資センター)

お届け先: 東松島市災害対策本部災対総務部



投稿日時: 2011年05月29日 14:19 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

 Amazonギフト券

今月入ってきたアフィリエイトの紹介料をいろいろ合算してAmazonギフト券としました。
コレ、全額東日本大震災の義援金として寄付します。

で、私にとって問題なのがこの金額をどのように寄付するのかなんです。
赤十字はやや予想通り贅沢品に集まった義援金を費やすし、ネット上では被災者くれくれ詐欺がまま見られるし、お役所は公平な分配だとか言って判断が遅いし、こういった所はあてにしないほうがよいと思っておりまして。
かといって在宅の被災者へは助成金が打ち切られるみたいだし、わし自身判断を急がないといけないかな?と思っておりまして。

みんな、おそらく、「義援金の寄付」とまでは考えつくんだけど、「それをどのように使うのか?」まではあまり考えず、というかまったく考えず、他人任せにしているはずなんですよ。
他人任せにすると、例えば赤十字に寄付した義援金は32型液晶テレビを含めた「家電6点セット」となるわけです。
わしゃそんな使われ方は望んでいないし、おそらく寄付された方も常識のある被災者もそう思ってるはず。
だから、「本当に被災者が必要とされている支援ってなに?」って考えるわけですわ。
しかも、震災からはや3ヶ月だし、望まれている物資も当初とは異なってきています。

これまでに、その「どのように寄付すればいいのか?」をいろいろと考えたり、コメントでご意見をいただいたりしたのですが、わし、だいたい大まかに大雑把に決めました。
その支援方法がBESTだとは思わないけれども、まぁたかが30万円程度だしね、全体から見ればわずかな金額だしね、とりあえずはわしが決めた方法で支援していきたいと思っています。

わしの支援方法・条件

Amazonのアフィリエイトの紹介料の比率が多いので、都合上、Amazonを活用します。
支払いはわしのAmazonギフト券で。

  • 被災地域が公開しているAmazonほしい物リストより物資を送る
    • 条件
      • 分をわきまえたリストを作成していること
        (価格比較されていて、安値のものをチョイスしている等)
      • 欲しい理由にある程度の説得力があること
      • 販売・発送がAmazonである物品を優先(送料無料)
        (マーケットプレイスの商品はちと高く、送料有料の場合が多い)
        もちろん例外もあり
  • 一気に全額費やすのではなく、細やかに、継続的に物資を送る
    (季節によって必要とされる支援物資が変わるため)
    その都度、送った証拠を記事にて紹介し、32万円に到達した地点で終了
  • 軽度の放射能汚染地域の物品をできるだけ優先的に購入すること
    軽度ということを強調、農作物・海産物は見送り
    (政府・東電の公開情報が信用ならんというか、うやむやにしようとしていることが分かるので、正確な情報を待つ)

結局はAmazonを活用することになるけれど、被災地域がどんなものが欲しい物が分かったり、決済の手間が省けて楽なんです。

 

でですね、このやり方以外に物申すだとか、アドバイスとか、別のご意見等がありましたらコメントにて教えてくださいまし。
わし個人ができる適切な方法とはなにか、わし自身もよう分からんのです。

ついでにだけど、
わしが支援したくない被災地域のAmazonほしい物リスト

メモがてら。

大船渡市立赤崎中学校のAmazonほしい物リスト20110528

ビデオカメラって・・・。
ペンとかノートとかの消耗品だったら分かるんだけどさ、学校がこーゆーの欲しいって言って恥ずかしくない?
以前と同じ状態にしたいってどうよ?

石巻市遊楽館のAmazonほしい物リスト20110528

1万5千円のゴミ箱が欲しいんですかそうですか。
既にコレ数点支援されてるみたいだけどさ、支援する側もおかしいと思わんかった?

山田町など三陸沿岸自宅避難者のAmazonほしい物リスト20110528

紀州の梅干し500円、干物8点セット5,250円ですか。
えー・・・。



投稿日時: 2011年05月29日 12:56 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

2011年05月28日

被災地域が公開しているAmazonほしい物リストをいろいろ非難してるわしですこんにちは。
いやね、パソコンが欲しいだの、52型のテレビが欲しいだの、修学旅行行くからビデオカメラ欲しいだの、クソみたいな乞食が多いAmazonほしい物リストに嫌気がさしていましてですね。

で、この記事を投稿予約した18時くらいにわし、Amazonほしい物リストをなんとなく覗いてたんですよ。
来週の頭くらいにアフィリエイトの紹介料が入ってきて、その紹介料は全額義援にまわす予定なんだけど(都合上、Amazon経由で)、被災から3ヶ月経ち適切な支援ってなんだろ?って考えてましてですね、ずっとわかんないままでしたから、とりあえずささっとチェックしたわけなんです。
そいたらですね、「あー、こういう所だったら是非支援したいなぁ」って思ったリストがあったんですよ。
こんなに分をわきまえてる欲しい物リスト見たの、わし初めてですわ。

山田町災害対策本部の「Amazonほしい物リスト」

山田町災害対策本部の「Amazonほしい物リスト」
(5/27 18:30くらいのスクリーンショット)

 

いやあ、ココいいね。
山田町中央公民館でいろいろされてる方々は、よくできた方々だと思いますわ。

で、このリストの何がすばらしいのかと言いますとですね、

  • 欲しい商品の価格は安い物ばかりで、身の程を知ってること
  • しかも、結構値引きされている商品をチョイスしていること
  • 欲しい理由にそこそこの説得力があること
  • 出品者がAmazonであること(送料無料)
    (マーケットプレイスの商品はちと高く、送料有料の場合が多い)

からなんですよ。

こーゆーリストだらけだったら、わしはなんの躊躇もなく物品を送るんだけどさ、他のリストはマーケットプレイスの送料有料かつちょっと高い商品だとか、温湿度カレンダー付き掛け時計だとか、デジタル一眼カメラだとか、支援物資として一線を画す物が多いからホント嫌なんですわ。



投稿日時: 2011年05月28日 00:00 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

2011年05月18日

義援金寄付するわ―そんな俺超すごくないー?とかなんとか書いてるわしですこんばんはみなさま。
このブログにおけるアフィリエイト紹介料3月分を5月末に全額寄付するにあたり、じゃあどういう手段で支援すりゃいいんだろ?と考えたとき、すごいAmazonマニアであるわたくしは「被災地のAmazon欲しいものリスト」があるってことを発見し、それを活用しようって考えました。
被災者に近い現場の方々なら、適切にわしの義援金だとかを費やしてくれるだろうと判断しましてですね。

ところが。

前回、「宮古市立赤前小学校避難所」のAmazon欲しいものリストの中にデジタル一眼カメラが入っててまじクズって書いたんだけど、それから再度被災地欲しいものリストをチェックするにあたって、5月17日に追加された「大槌町災害対策本部(物資担当)」のリストをクリックしてみました。

 欲しいものリスト

さーて、どこから突っ込もうかな?

52インチの液晶テレビ?
おじいちゃんおばあちゃん子どもたち、みんなでいっぱい楽しめそうだね!みんなの笑顔を20万円で買えるのは安いよね!32型のテレビはAmazonで3,4万円で売ってるけどマジ話にならんよね!あとワンセグじゃ画質荒いし!

 
(左:欲しいものリストの52型液晶TV|右:3,4万円の32型液晶TV)

入浴剤?
いろんな種類のお湯を楽しめるね!やったね!
(追記: たくさんの人が入浴されるために、お湯だけではすぐに汚れが目立っててしまうので、入浴剤を使って少しでも汚れや匂いを目立たなくしているそうです。)
掛け時計?
やっぱり色違いじゃないといけないよね!カレンダー・温湿度機能付き電波時計じゃないと今どきの若い子にウケないよね!
じょうろ?
わしの近所のホームセンターだったら500円程度かそれ以下で買えるけど、1,500円くらいじゃないと安物買いの銭失いになっちゃうよね!
ホース?
ホースって長いからさ、巻き取り式じゃないと邪魔だよね!同じホースを何個も用意するより、別の種類のホースも用意した方がマジお得!

・・・えとね、わしら庶民にとって買えないことはないけれど、商品を前にして10分はにらめっこするようなブツを、このリストを作った人、なぜにいちいちチョイスしたんかな?

前回のコメントで「アマゾンのリストは身の程をわきまえない乞食の欲しいものリスト」というご意見をいただいたのですが、わしもその通りだと思います。
Amazonの掲示板や上のリストを見る限りでは、本当に必要とされるものが欲しいんじゃなくて嗜好品が欲しいのね。
そしてAmazonの欲しいものリストを作った人の中には、支援団体っぽい名前を用い物資を募る詐欺行為をはたらく輩もいるってことも分かった。
この記事で紹介した「大槌町災害対策本部(物資担当)」てさ、そのリスト内容からしておそらくその類じゃないだろうかな。
「対策本部」とか「物資担当」とか書いてあるけどさ、なんだか嘘くさく感じてしまうようになってしまったよ。

・・・てなわけで、被災地域のAmazonの欲しいものリスト、わしゃもう信用しません。

んでわしね、例えばコレだとか見てたらですね、被災者の悲しみがあたかも自分の身から沸き起こったかのように同情したんですよ、だからわしにとってはかなりの大金だけどあぶく銭っちゃそうだから、思い切ってアフィリエイト紹介料30万円分寄付しようって考えたんです。

被災者の方々へ、適切に有効に迅速に物資が届くようにしたい想いがわしにはあり、そして赤十字や役所だったら遅いからダメかなって思ったり、それでそれに関するアドバイスを前回いただいたものの、情報をいただく都度、わしが「これだ!」って思っていた支援のやり方を改めるべきって考えたりと、今わし、どうすりゃいいんか困ってます。
あと10日くらいで紹介料が入ってくるんだけど、それまでに決められるか。

もし「自分はこう支援した」だとか、この地域は被災がすごくて収容人数が多いからココに支援したら?、などの、何か情報の持ってる方がいらっしゃったら、ぜひコメントでご意見ご提案を聞かせてくださいまし、参考にさせていただたく思います。



投稿日時: 2011年05月18日 04:23 | 記事URLコメント(16)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

2011年05月11日

今月末に義援金送るわーってこのブログにおいて散々書いて、「俺って超すごいぜアピール」してるわしですこんにちは。
震災地の各団体が公開しているAmazonのほしい物リストページのいずれかの団体に30万円分のAmazonギフト券を送る次第でして。

それでね、わし「じゃあどこの団体に贈ろうかな?」って思ってまして、とりあえず震災地欲しい物リストページを眺めてたんですよ。
そして「宮古市立赤前小学校避難所」が公開しているリスト」を覗いてみました。

ほしい物リスト

 

ココ見てたら、わしね、ホントに「えー」って声出してしまいましたわ。
だってさ、「Panasonic GF2」って一眼デジカメがほしい物リストに入ってたんだもの。
てかね、デジイチ欲しいって、なんで?

かなり疑問に思いつつ、それ欲しい理由が製品の隣に書いてあったので見てみました。

集合写真などを撮る際はコンパク​トカメラではうまく写りません。​
是非ご支援ください。

 

・・・は?

なにいってんの?

「コンパクトカメラではうまく映らない」 ⇒ 「じゃあ一眼デジカメで」 ってどゆこと?

 

このリスト作ったヤツ多分さ、自分がPanasonicのGF2ってカメラが欲しいだけだと思うよ。
騒動が落ち着いたら私物化するだとかなのかな。
てかね、突っ込むのもなんだけどコンデジでうまく映らないわけないじゃん、一体何を撮りたいん?

しかもさ、なんで欲しい物のほとんどがPanasonic純正なんよ・・・。
あんなん高いに決まっとるじゃん、自分の趣味でリスト作っちゃだめじゃん。
いや、もしかしたらPanasonicしか知らない人がリスト作ったとか?
例えば他のデジカメメーカーであるペンタックスは三流メーカーで品質が良くないからダメ、パナなら一流メーカーだから安心できる、とか思い込んでるおばちゃんがリスト作ったん? 
それにしても一眼デジカメはひどい。

   
 
(宮古市立赤前小学校避難所が欲しがってる、カメラアクセサリ)

 

わしさ、今月末にホントに義援金送るって書いたし、ホントにそのつもりなんだけど、こーゆーのみるとどうしても他のところでも無駄に使われとるって推測できるじゃないですか。
なんかホントに送るべきかどうか、考えてしまったよ。
人はパンのみで生きるにあらずってのはわかるんだけどさ、んー・・・。
やっぱり金を送るのはダメってことかね、飲み物だとかの物品がいいのかな?

あー、どーしよ?
わし、義援金を送るべきなん?やめるべきなん?
これ見られてる方、ぜひコメントでご意見聞かせてください。



投稿日時: 2011年05月11日 11:53 | 記事URLコメント(27)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

2011年05月01日

東日本大震災 義援信用詐欺

前にわし、「(5月末日に受け取る)3月分のアフィリエイト紹介料を震災に遭われた方々のために全額寄付するわー、そんな俺カッコイイー」って書きました。
そして、Amazonにある被災地域団体が公開している「ほしい物リスト」にあった「Amazonギフト券」を30万円分送るってことも書きました。
赤十字経由だと支払いが遅いし、どう使われるのかが不明だったりと、迅速さや寄付する側の意志が消滅したりするしね。
被災者から最も近い人たちにだったらいろいろ信用に置けると考え、そこに送る次第でございまして。

そいでですね、わし思うんですよ。
いろんな会社のウェブサイトで「心よりお見舞い申し上げます〜」だとか、CMで泣きながら「がんばろうニッポン」とかあるじゃないですか。
コレ読まれてる方なら当然お分かりだと思うので端折りますが、あんなん被災者無視だよね。
本当に悲しまれている方々に向けたものじゃなく、その他一般に向けたアピールでしかない、届かないと分かってやってるエールです。
こーゆーのを、「義援信用詐欺」ってわしが勝手に名づけました。

わしはそーゆーの嫌いなので、かと言って例えばわしが福島だとかへ赴いても邪魔になるだけだから、単純に金を送って少しでもお役に立ちたいって考えました。
アフィリエイトの紹介料は、わしにとって「存在しない金」として扱っていましてですね、もらった紹介料は検証記事らのためにすべて使ってましてですね。

 

んでですね、わしが送る義援金に関してなのですが、閲覧者の皆さんにぜひともチェックしてもらいたいことがあるんですよ。
それは、「お前は本当に義援金を送ったのか?」ということです。

わしね、ずーっと疑問に思ってるんですよ、「集まった義援金って、ホントに被災者のために使われたん?膨大な金を無駄なことに使っとらん?違う連中に搾取されてない?」って。

義援金を謳って直接的に間接的に儲けようとする会社や個人、結構多いと思うんですよ。
個人においては、例えばこのブログのように「寄付するわー」とか言ってアフィリエイトの広告をクリックさせようとしたりだとか。
会社においては「売上の一部は赤十字社を通じて復興支援金として寄付します」だとか言ってネコババするとか。

・・・そういう疑問、持たれません?

なぜに疑問に思うのかというと、どれだけの金額を寄付したのかを公開しないからです。
そして、寄付した証拠を公開しないからです。
その「売上の一部」って一体いくらなのさ?わしらはそれを知りたいんよ、もしかして詐欺ってない?

だからわし、そんな「義援信用詐欺」だとか言われないよう、今月末にソース付きでホントに義援金として送ったってことを必ず書くよ。

でさ、その際には自分がどれだけ義援金を送るのか、つまりどのくらいアフィリエイトの紹介料を受け取っているのかということを公開しないといけないですよね。
わし実は、というか当然じゃありますが、それ公開するのとても嫌なんですよ。
乞食が湧いて出るし、てか実際に湧いたし、アフィリエイトのアカウントが消されかねないですし。

じゃあなんでそんな知られたくないことを公開したん?、ということを上で説明しました。
危機的な状況だから仕方ないとか思いつつ、説明責任はちゃんと果たすよ。

 

余談じゃありますが、PCでこのブログ読まれてる方なら見えると思うのですが、左側に「Amazon義援金」ってバナー広告あるじゃないですか、わしコレずっと付けとります。
でもですねアフィリエイトやってる他所のブログにおいて、あの広告付けてるところ、少なくともわしは見たことないんですよ。
これ何でだと思います?
紹介料が自分に一切入ってこないからです。


↑ コレや、コレに似たヤツ

Amazonアフィリエイトの管理画面のTOPには3月20日あたりから、「義援金のバナーを作りました〜、紹介料は入ってこないよ〜」ってなことが書いてあるんです。
アフィブログってAmazonのアフィリエイト広告を必ずと言っていいほど付けてるじゃないですか、これはつまりアフィブログの管理者は義援金のバナーがあることを知りりつつも、紹介料が自分に入ってこないからその広告を付けないわけなんですね。

ま、アフィリエイトなんてやってる連中なんざそんなもんさ、って思ったよ。



投稿日時: 2011年05月01日 06:15 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

2011年04月24日

追記: この記事自体間違えたて。ギフト券欲しいわけじゃなかった。




さっきの記事の最後、誤解してた。

各被災地の避難所等の「ほしい物リスト」を見ると、実は「Amazonギフト券」が欲しかったんだ。
わしは当初、そのリストに書籍とか家電とか映画とかが並んでるから、そんなもん必要なん?って疑問に思っちゃったよ。

わかった、ひと月後、ギフト券をどこか1箇所に30万円分贈りますわ。
災害地で活動されてる方なら、たぶん間違いなく実情に即した適切な物資を購入されるだろうしさ。



投稿日時: 2011年04月24日 06:12 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

3月分のアフィリエイトの紹介料30万円、震災からの復興のため募金するよって前にわし書きました。
3月分は5月末に入ってくるので、あと一ヶ月後になります。

震災から結構経ち、その間に義援金はかなりの額が集まってるかと思うんだけど、わし疑問に思うところがあるんですよ。
それは、集まった義援金を「どう」使うのか、「どう」使ったのか、です。
ホントにようわからんのです。どこで公開してるの?

金って引換券じゃないですか。
だから、「どう」使うのかが重要じゃないですか。
そして日本人って金の使い方が下手じゃないですか(わしもそうかもだけど)。
義援金がコレに使われたかわからんのだけどさ、あろうことか一軒家550万円で建てて被災者に2年貸すだとかさ、もうね、ホント馬鹿じゃん?長屋でとにかくたくさんの人が住めるようにすればいいじゃん?共同トイレ・お風呂でいいじゃん?

もっと言うとね、募金で集まった金ってさ、募金した時点で募金した人の意志が消滅してさ、ある意味募金を使う側の所有物になるよね。
また、募金した人の多くが「なにかの役に立つだろう」くらいしか思ってなくて、また、それを使う人は「善良であるはずだ、有効に効率的に使ってくれるはずだ」って、何気に信じているじゃないですか。
でもね、世の中そうでないじゃないですか。
例えば助成金って変な使われ方されてること多いじゃないですか。
金があればあるほどくだらないことに使ったりされるじゃないですか。
また、いつもより多くの見積もりとか、政治家との癒着とか、ってなこともあるよね。

だからわし思いましたわ。
「わしの意思が直接反映されるよう、中間マージン取られないよう、ゴミに使われぬよう、赤十字に募金せず直接被災者などに物資を届けよう」って。
より有効活用されるよう、電話かメールで役所に「何が欲しいん?何が足りんの?」って聞いてから、Amazonで買って送ることにしよっと。
赤十字経由だとかなりの日数がかかるけど、わしが送ると2日程度で届くしね。

ちなみに、Amazonで各被災地の「ほしい物リスト」てのがあるんだけど、いろんな人が買ってあげたようなので、要望している商品はなかったよ。

追記

誤解してた。
各被災地の避難所等の「ほしい物リスト」を見ると、実は「Amazonギフト券」が欲しかったんだ。
わしは当初、そのリストに書籍とか家電とか映画とかが並んでるから、そんなもん必要なん?って疑問に思っちゃったよ。

わかった、ひと月後、ギフト券をどこか1箇所に30万円分贈りますわ。
災害地で活動されてる方なら、たぶん間違いなく実情に即した適切な物資を購入されるだろうしさ。



投稿日時: 2011年04月24日 05:39 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災
 
 

2011年03月28日

わしが書くこのブログの記事は、大きく分けて2種類ありましてですね、1つは検証・まとめ記事、もう1つは日々の雑感やネタ記事です(みんなだいすきTENGAとか!)。

試行錯誤して考えたり、あれこれ調べ時間をかけて書いたり、実際に購入し検証したりした記事においては、大抵アフィリエイトのリンクを張っておりまして、そこでいただいたお金というかポイントは、検証記事に必要な物や商品知識を高めるために欲しくはないけどあれば便利かな?と思った物の購入代金として費やしており、生活費等には充てていません。
役立つ情報とその報酬を循環させ、商品知識を得ることと自分も楽しみながら記事を書けることに結構充実しているんですね。
(ただ、書く内容が多すぎて処理できていない検証記事もありますし、明らかに無駄金だった商品も多々ありますが)

そしてこの度の震災で、3月分のアフィリエイト紹介料はすべて東北関東大震災の義援金として寄付するって前にわし書きました。
くだらないことに紹介料を費やすより、こっちのほうが良いだろうしね。
震災があってからこのブログの閲覧者数が3月11日より激減しましたので、紹介料がかなり落ち込むだろうなぁ、と予想していたのですが、思いのほか伸びたので驚いたよ。
その金額は約んー万円の見込みですので、これを全額義援金として寄付します。
3月分の紹介料は数ヵ月後にわしに支払われますから、その時に振り込みます。
ちゃんと振り込んだことを証明する記事を、今度ソース付きで書くよ!

で、どういう方法で寄付するかと言いますと、(毎度おなじみの)Amazonで義援金キャンペーンが行われていますので、それを活用しようと思います。

上の商品?(送料無料)を購入すると、Amazon代理で全額震災への義援金として赤十字社に送金されます。
価格は「500円、1,000円、3,000円、5,000円、1万円、3万円、5万円、10万円」から選べ、おまけじゃありますがAmazon印の壁紙がたくさんダウンロードできます

わしの場合、(多分世界一価格が高い)10万円の壁紙を3つ買えばいいわけでありまして。
ところでね、「Amazonの中の人、やっぱりこのブログを見とるわぁ、しかもかなり頭のキレる人だわぁ」ってますます確信した!
やはりAmazonは、わしの人生のパートナーですけんね!いっぱい買いますけんね!

 

んでですね、わしは鳥取在住ですので震災被害の現状がどうなっているのかよう分からんのですよ。
テレビはお涙頂戴ストーリーを作ってるし、新聞などの活字や数字じゃ想像し難いので、どうもリアリティーに欠けるんです。
なのでちょこっと調べてみました。

いかに凄まじい状況だったのかがある程度分かり、被災者の悲しみが心に染みました。

30万円って大金じゃないですか、わしも生活が楽な方じゃないので正直なところ寄付なんてしたくはなかったんだけど、こういうのを見るとやはり心が揺さぶられるんですよ。
てなわけで、「どーせこの金はあぶく銭なんだしさ、社長らしくポンと出しますわ、好きに使っとくれ」、な感じで自分を納得させました。

で、寄付するわしが言うのもなんだけどさ、別に金を寄付する必要もないと思うよ。
金ってのはあらゆるところで循環してましてですね、足りなかったら借りたり値上げしたりできます。
それも国や一流企業レベルで行われるから、寄付があってもなくても結局は変わらんはずです。
なので、善意を表に出し義援金キャンペーンを将来的な信用と顧客獲得のために行う企業や個人が、最も賢いとわしゃ思うよ。

 

ところでさ、わし「絶対そうなるわー」って予想してて、急いで義援金を寄付しようと思わなかったんだけど、義援金の配分は明確に決まっておらず、未だに使われていない様子です。

初動が肝心なのにね、マジ無能。



投稿日時: 2011年03月28日 14:11 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ東日本大震災