PCデスク周り快適化

2017年11月13日

アクリルスタンド ポストカード

以前に「デスク上の小さな棚を華やかに飾るための、なにか良いものはないですかねー」と、当ブログにてご意見を募りました(応答して下さった方、ホントありがとうです)。
そいたらですね、そのうちの1つ、「有名画家のポストカードを飾って文化人気取り!」といったコメントをいただきまして、「・・・うん、いいね。うん、うん、実にいい」と、じわりとコレいいんじゃないの感が妙に高まったんですよ。

となれば、いつものAmazonで探すわけですよ。
「有名画家と言えば、えっと、シャガール?モネ?他には、ダヴィンチ?ピカソ?、・・・えっと」、といった具合に。
そしてカードを飾るためにはスタンドが必要ですよね。これ、なんとなくですけれども買う前から「あれだっ」と決めていたんです。「アクリルの透明スタンドしかないだろ」って。

というわけで、そのポストカード用のスタンドと、探している間に見つけました100枚も入っているお買い得ポストカードセットをご紹介しますね。

続きを読む

投稿日時: 2017年11月13日 23:55 | 記事URLコメント(0)
カテゴリインテリア・ファッションPCデスク周り快適化
 
 

2017年10月27日

PC2台

私の部屋には私用と仕事用の、2台のPCがあります。
これにPCモニタ・キーボード・マウス・スピーカー等を接続して使用するものなら、通常は各PCにマウスらを1つずつ用意するか、USBの周辺機器を別のPCに付け替えることになります。
そうなると手間がかかって面倒だったり、デスク上が困ったことになったりしますよね。

キーボードとマウス

これを解決するのが「PC切替器」です。
複数のPCでも、1組のPCモニタ・キーボード・マウス・スピーカー等を切り替えることで共有して使用することができます。

このごろ私ですね、長い間使っていたPC切替器の動作が突然不安定になってしまいましてですね、それに代わるものをいろいろと探していたんですよ。
いつものAmazonをきょろきょろしていましたら、自分の用途に合う手頃な価格のものを見つけ、「これだな」と購入しました。

  そんなわけで、当記事にてそのPC切替器をご紹介しますね。
HDMI(映像+音声)・USB端子 2ポート」の切替器です。HDMI端子のあるPCモニタとPC本体に使えます。
購入前はちゃんと動作するか心配でしたが、これといった不具合はありませんでした。快適に使えています。

続きを読む

投稿日時: 2017年10月27日 23:59 | 記事URLコメント(0)
カテゴリPCデスク周り快適化パソコン・インターネット関係
 
 

2017年08月22日

「USB扇風機」は夏のデスクワーク時にそこそこ使える

USB扇風機

これってどうなんだろう?と買ってみた「USB扇風機」が思っていたより良く使えましたので、当記事にて紹介しますね。
ちっちゃいためにあまり場所を取りませんから、さほど机の邪魔にならず、夏のデスクワーク時にいつも電源ONにして風を浴びていました。

続きを読む

投稿日時: 2017年08月22日 08:19 | 記事URLコメント(2)
カテゴリPCデスク周り快適化生活
 
 

2016年04月13日

PCモニタの上に物を置く台「ディスプレイボード」の紹介

Display Board(ディスプレイボード)

PCモニタの上はデッドスペースになっています。そこを小物置きとして活用できるようにするボードをご紹介しますね。
たとえばペンやメモ帳やUSBメモリなどの細かなものを置けたり、いつも見る画面の上にお気に入りのフィギュアを飾れたりします。
私は普段、当然のようにそこに小物を置いたり取ったりしておりましてですね、あらためて思うとかなり便利なものなんだな、と実感しています。

以前にもこの類の製品を紹介しましたが、今回紹介するもののほうが幅も奥行きも広くて良かったですよ。

KING JIM
「Display Board(ディスプレイボード)」の紹介

Display Board(ディスプレイボード) 

  • 寸法(約): 横50cm × 奥16.8cm × 高さ3.8cm
  • 重さ: 400g
  • 耐荷重: 1kg(等分布)

事務用品を企画・販売されているキングジムの製品「Display Board(ディスプレイボード)」です。
この会社は、Twitterで楽しい話題をいつもつぶやいており、代表的な製品を1つ挙げるならば「ポメラ」でしょうか。

Display Board(ディスプレイボード)

私が使用しているPCモニタは24インチです。ボードの横幅は約50cmと、モニタのパネルより少しだけ短い程度でした。
軽く調べてみましたところ、19インチのPCモニタの横幅が47cmあたりでした。現在は21.5インチ以上の大きさが当たり前ですので、ボードの横幅が広すぎるということは無いでしょう。

「Display Board(ディスプレイボード)」の詳細

Display Board(ディスプレイボード)

箱の中には板が1枚が入っていました。

Display Board(ディスプレイボード)

1枚の板。その裏面には、

続きを読む

投稿日時: 2016年04月13日 00:48 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリPCデスク周り快適化パソコン・インターネット関係
 
 

2015年10月07日

フットスイッチ


(当記事はPCの主電源を切ることで省エネ化をおこなうことを目的にスイッチの紹介をしていますが、コメントによると、どうもPCの主電源は切らないほうが良いとのことです。加えて消費電力チェッカーで調べるに、そもそもPCの待機電力はあまりかかりませんでした。後に本文を訂正します)

毎月の高額な電気料金(8,000円くらい)をどうにか抑えようと、半年くらい前からその奮闘日記をシリーズとして連載しています。
原因の1つは、毎日稼働させているPCにあるだろうことはわかっています。
対策を施そうとしたとき、Amazonで良さそうなものを見つけましたので、この記事にてご紹介しますね。

んとですね、前に書きました記事PCモニタの消費電力と電気料金 〜我が家の電気代が異様に高いのはなぜだ? その12〜のコメントにて、モーやんさんという方が、

現在壊れたWindows Vistaと、新しく買った8.1を使っています。
両方使ったら電気代は「100円 / 日」、Vistaの電源を切ったら「25円 / 日」になりました。
おかしいなと気付いたのは、使っていないモニタのアダプターを触った時です。
数日稼働していないにも関わらずアダプターが熱を持っていました。
PCを使っていないのにアダプターが電力を消費しているので、即刻OFF回路行きにした結果が「100円 / 日」⇒「25円 / 日」です

PCの内部電池なんて安いんです。
使っていないで熱を持っているアダプターの電源を切りましょう。
寝ているときのPC+モニタ、交換器、電話などの必要のない待機電力が無意味な電力消費を導いています。

(ちょっとだけ編集させていただきました)

とおっしゃったんですよ。
だったら待機電力をゼロにするよう、PCのコンセントを抜けばよいわけですね。

しかしながら、コンセントを抜くのは結構面倒な作業です。
コンセントは床の近くにあり、PCをON・OFFにする都度腰を折り床に手と膝をついて抜き差ししなければならないのはあまりにも面倒です。
これをなんとかしようとAmazonで探したところ、良さそうなモノを見つけたんですよ。

PCの主電源を手元で切る「フットスイッチ」の紹介
「Panasonic まごの手式フットスイッチ」

フットスイッチ

 
(ケーブルの長さ・2.5m)

Panasonicの「まごの手フットスイッチ」です。
このスイッチがあれば、手元や足元で主電源を切ることができます。

 

追記
私が持っているデスクトップPCの待機電力を計ったところ、

  • Windows Vista4W = 約3円/日 = 約90円/月
  • Windows 70.5W = 約0.4円/日 = 約12円/月

でした。
古いPCや、W数の高い電源ユニットを使用されている場合、主電源を切ることが節電に有効やもしれません。

 

スイッチ コンセント

ほかにも上図のような、よく見かけるスイッチ付きのコンセントもあるのですが、これを付けても家電コンセントは床の近くにありますのでしゃがまないとなりません。

フットスイッチ

全体。
家電コンセントにフットスイッチのプラグを差し込み、PCのコンセントをフットスイッチに差し込みます。

フットスイッチ

ボタン部分の横側。
おまんじゅうのような形をしています。

フットスイッチ

裏。
ゴムは付いていません。

フットスイッチ

PCがONのときはスイッチのランプが消灯し、OFFのときは点灯します。
実際のランプの色は、上図よりもっと鮮やかなオレンジ色です。
ランプの消費電力は0.16Wです。電気料金はほぼかかりません。

フットスイッチ

ケーブルは固く、まず破れないと思いました。
スイッチを押すとカチャっと音がします。押しごたえは滑らかではありませんが、足で踏んでも壊れないよう頑丈に作られていますので致し方がないでしょう。

フットスイッチ

実際に使用してみました。
難なくPCの電源をON・OFFにすることができましたよー。やったね。

ああ、これでPCの待機電力が抑えられるわー、やったわー、と思った次に、「あ、コレ、踏まなきゃいけないってことはないんだ。手で押せばいいんだ」ということに気づきました。
足元にスイッチがあると間違って踏んでしまいそうな気がするんですよ。まるで突然の停電に遭って編集していたデータがお亡くなりになったかのような、残念な出来事が起こってしまいそうです。
スイッチはPCの上にでも置いておくことにしました。

もちろん、PC以外にも使える

フットスイッチ

ほかにもいろんな家電製品に使えます。

フットスイッチ

ただし、オイルヒーター、食器洗浄機、エアコンには使わないことが推奨されています。
LED照明に使うと、照明がぼんやり点灯・点滅することもあるそうですよ。

 

はい、そんなわけで、手元・足元のスイッチひとつで主電源を消す「フットスイッチ」をご紹介しました。
しゃがんでコンセントを抜かずに待機電力を0にすることができます。



投稿日時: 2015年10月07日 02:25 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリPCデスク周り快適化生活
 
 

2015年07月26日

キーボードのキーを引き抜く器具(とエアダスター)の紹介

キーボードのキーを引き抜く器具

キーボードのキーのうち使用頻度が低いようで高いような、でもよくよく考えるとやっぱり低いのかな?と思わせるキー、「〜」を入力しようとしたときのこと。
Shiftキーを押さえながらそのキーを押すも、PCモニタにはその記号文字が映っておらず、おかしいな?と何度もぽちぽち押しているとようやく表示されました。
このことが1度ならさほど気には留めなかったのでしょうが、そのときに書いていた文章は「〜」を多用していたため次第とイライラが積もり、いつものタッチの5倍の強さで10回押しても入力されなかったときは、ホントもうブチ切れてキーボードクラッシャーばりに床へ叩きつけた挙句1つ1つのキーを踏み潰して木っ端微塵に、してしまおうところでしたよまったくもう。

その原因はおそらく、数日前に食べていたおせんべいの食べかすがキーの奥に入り込み、キーの押し込みを邪魔していたためだと予想しました。おせんべい大好き。
予想は的中しました。キーを引っこ抜きエアダスターで粉塵を吹き飛ばしたら、なんら問題無く入力されるようになりましたよ。やったね。

とまあ、そんなことがありましたので、今回は「キーボードのキーを引き抜く器具」をご紹介しますね。
指で引き抜こうとしても、キーとキーの間は狭いので指は入り込みません。それ専用の器具やラジオペンチ(布を挟む)の使用が好ましいと思います。

紹介している器具は、ノートPCのキーボードのようなキーの高さが浅い「メンブレン」型には使用できないやもしれません。手持ちの小型ノートPC(11インチ)で試したらダメでした。

キーに高さがある「メンブレン」や「メカニカル」でしたら、ほとんどのキーボード製品に使用できると思います。

 

ダイヤテック KeyPuller

キーボードのキーを引き抜く器具

ダイヤテック社の「KeyPuller(FKP01)」という製品です。
先側の針金をキーとキーの間に挟むことで、楽にキートップを引き抜くことができます。

キーボードのキーを引き抜く器具

その部分は2股になっています。

キーボード

コレ、私が使用しているキーボード。

ちなみに、このキーボードは私のお気に入りです。なにせスペースキーが右に長いんですもの(当方、右手親指でスペースキーを押しておりましてですね)。

キーボードのキーを引き抜く器具

針金をキーに挟み、ちょっとだけ回して、キーの角に挟まるようにします。

キーボードのキーを引き抜く器具

簡単に上へ引き抜けました。

キーボードのキーを引き抜く器具

幅が広いShiftキーも挟めましたよ。
この際だからついでと、軽くキーボードの奥をお掃除することにしました。

キーボードのキーを引き抜く器具

いやはや、こんなにもゴミが溜まっていたとは。
キーボードの奥は掃除をしにくいですから仕方のないことじゃあります。

エアダスター

 

そのゴミを吹き飛ばすために、エアダスターを使用しました(上図をよく見るとホコリが舞っていることがわかりますでしょうか)。
息を吹きかけるだけでは風量が足らず、ゴミはあまり吹き飛んでくれません。
掃除機を使って吸い込むとホコリは舞わないので、そちらの方が良いのでしょう。が、私はキーを外してまでお掃除をすることがあまり無いために、いつもキーボードの上からブオーってテキトーに風を当てて吹き飛ばしています(そのためにキーボードの奥の端にゴミが溜まっていたわけです)。

キーボードにはスプレー缶のエアダスターが風量とサイズの面で調度よいのでしょうが、消耗品なのでケチな私は使いたがらないんです。
代わって上図の製品は電気で駆動しますので故障しない限りずっと使用できます。
私はコレをキーボードの他に、掃除機を使いにくい本棚や台とベッドの下や、机やテーブルの上のホコリを吹き飛ばす用途に使っておりましてですね、ホコリの塊がたくさん出てくるとすっごく嬉しくなるんですよ(小物も一緒に吹き飛んでしまうことと、サイズがデカいことが難点ですが)。

 

あとですね、「メンブレン」のキーボード(ノートPCによく採用されている、キーの高さが浅いもの)には、下の広告の製品が使えそうでしたよ。



投稿日時: 2015年07月26日 23:54 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリPCデスク周り快適化パソコン・インターネット関係
 
 

2015年03月07日

PCモニタ

冬でもエアコンをほぼ付けない私の家(独身・一軒家)の電気料金が明らかに高いのはなぜなのか、原因を突き止めて対策を講じるシリーズ、第12回目です。(11回目はこちら

今回は、PCモニタの消費電力と電気料金を計ってみましたよ。

PCモニタ

はじめに、私が使っているPCモニタをご紹介しますね。
メーカーはNEC、サイズは24.1型、解像度は1,920×1,200のものです。2年くらい前に買いました。
大抵のPCモニタは解像度がフルHDの1,920×1,080のものが多数なのですが、1,200のものはそれより120ドットほど下に長く表示されます。
わずかな差だと思われる方は多いでしょう、でも、大分違うものなんですよ。
ITに関わるお仕事をしている私にとって一度に表示される情報量は多いほうが都合がよく、とりわけ描画ソフトを使って編集したりするときにとても役立っています。
例えるなら、カメラの広角側の28mmと24mmの差とでもいいましょうか(わかりにくい例えですが)。

ちなみにですが、近年のPCモニタは24型や23型でも価格がとても安くなっていて、かつ動画鑑賞やゲームなどでも特に遅延は感じられず、サイズが小さいからむしろテレビより処理速度が早いものがほとんどです。
私はたまに「ゲームに適したPCモニタってどれ?」と聞かれることがあってですね、いつも「最近売れているものならどれでもいい」と答えています。例えば下のモニタだとか。

 
(解像度:1,920×1,080)

消費電力チェッカー

計測に使用した機器はコレです。消費電力チェッカーとコンセントの延長ケーブル。
消費電力チェッカーは中国電力の料金表を参考に、1kWhあたりの単価は「28円」に設定しています。

んでですね、今回、コンセントの延長ケーブルを使用したのは、

机の下側

机の下の電源タップにチェッカーを差し込むと見えにくく、チェッカー自体がACアダプタくらいの幅を取るからです。
それで小さなサイズのコンセントを用いたんですね。
加えて、身体をかがめなくても手元でチェックできるようになりましたよ。
別の機器の電気料金を計る次からも延長ケーブルを使うことにしよっと。

机の下側

ところで、PCデスクの下にあるケーブルって必ずこのように絡まったり雑になったりしますよね・・・。
机の下を覗かないとそれが見えないようにするため、友人に頼んでIKEAで上図のケーブルを机の下に収納するものを買ってもらいましたよ。

さてさて、前置きが長くなりました。
下記よりPCモニタの消費電力と電気料金の計測結果を報告しますね。

続きを読む

投稿日時: 2015年03月07日 22:36 | 記事URLコメント(10)TrackBack(0)
カテゴリ電気料金PCデスク周り快適化
 
 

2015年02月22日

電気ケトル

このところ、連日書いています電気料金シリーズの番外編です。

そのシリーズで電気ケトルの消費電力と電気料金を調べました。
私はPCデスクの隣に「お茶エリア」なるものを作っていて、そこには茶葉や急須や砂糖など、飲み物を作るために必要なものをたくさん置いているんですよ。
冬は寒いですから何かあたたかい物を飲みたくなるものです。いつでもお湯を沸かせる環境が近くにあることは、なかなか快適だと思っているんですね。

そんなわけで、たぶん誰かの何かの参考にはなるだろうと思いつつ、「お茶スペース」に置いているものをこの日記にてご紹介しますね。

続きを読む

投稿日時: 2015年02月22日 23:59 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリPCデスク周り快適化電気料金
 
 

2014年12月29日

滑り止めゴム・傷付き防止ゴムの紹介

スコッチ クッションゴム

私があらゆるものに貼り付けている「滑り止め・傷付き防止ゴム」を紹介しますね。
例えば、小物の容器やちょっと大きなものにコレを付けてテーブルに置きますと、テーブルに傷がつかず、また滑らなくなります。

滑り止めゴム

何かしらの置き台や容器を購入すると、そこそこの割合で上図のようにゴムが底面に貼られていますよね。もちろん滑り止め・傷付き防止のためです。
ですが、すべての製品にこういったゴムが貼られてはいないんです。
付いていて然るべきだろうものに付いていないことも結構あるんですよ。例えば携帯電話の充電台だとか。
そこで何年か前に滑り止めのゴムは無いだろうかと、いつものAmazonで調べたところ、あったんですよ。「あ、こういうの、買えるんだな」って。

そんな経緯がありましたので、この記事にてその製品を紹介します。
新しく購入した何かの容器に底面のゴムが付いていなくとも、ゴムは買えるものだということを小耳に挟んでいただきたく思っています。

 

3M スコッチ クッションゴム

スコッチ クッションゴム

 
(高さ 左:2mm|中:3.6mm|右:3.8mm)

付箋紙や接着テープなどのメーカー「3M」の製品です。
ゴムの片面には接着剤が付いており、シールのようにはがして使えます。

私が購入したものは、ゴムの高さが「3.6mm」のものです。
張ったものがちょっと高くなる程の高さでしたから、「2mm」ものが一般的に使えると思います。

それで、私がどんなものに使っているかといいますと、

灰皿

たとえば灰皿
陶器やステンレスの製品は、こういったゴムが付いていないことがままあるんですよ。

灰皿

3年くらい貼り付けました。
ゴムが取れる様子はありません。しっかりとくっついていました。

ヘッドホン置き

他にヘッドホン置きや、

鉢

観葉植物の鉢にも取り付けています。
もちろん、その下の水受けにも貼りましたよ。

ティッシュケース

ティッシュケース
こういったものこそゴムが付いて然るべきものなのですが、付いていないものも結構あるんですよまったくもう。

ティッシュケース

ティッシュケース

代わってこのティッシュケースは、運良く(?)あらかじめゴムが貼られていました。
私が求めていたものはこういうのですよこういうの。ポイント高し。

 

てなわけで、滑り止め・傷付き防止ゴムをご紹介しました。
こういうものが販売されていると、置き場所の台を傷つけずに済ませられるため、私なんかはとても嬉しいんですね。



投稿日時: 2014年12月29日 23:26 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ生活PCデスク周り快適化
 
 

2014年09月20日

単4電池→単3電池 電池スペーサー

Amazonで見つけた、ちょっと変わったものをご紹介しますね。

 

この器具は、単4電池を単3電池の大きさや形に変換する電池スペーサーです。

私はコレを見たときに「わざわざ単4電池を使う意図ってなんだろ?」と疑問に思いました。
前に単3電池を単1電池の形に変換するものを紹介したのですが、あれは使う頻度が少ない単1電池をわざわざ買うまでもなく、よく使っている単3電池を活用しようとしたためです。
「単4電池を持っている人って多くないんじゃ?」って思ったんですよ。

疑問に思っただけで考えることもせず、とりあえずAmazonのレビューを読んでみましたら、あーなるほどねー、と首を縦に振りました。

続きを読む

投稿日時: 2014年09月20日 11:38 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ生活PCデスク周り快適化