生活

2017年01月05日

mont-bell スペリオダウン ラウンドネックジャケット

秋・冬にかけて、私が好んで着ています「mont-bell(モンベル)」 の薄手のダウンジャケットをご紹介しますね。

これの用途は、長袖シャツだけではちょっと寒いかな、と思ったときに羽織ってあたたかく着られることと、コートなどのアウターだけでは寒いときにインナーとして着られることです。
便利なひと品ですよ。

私はこの製品を3年くらい前に「あ、こういうの探してたんだよ」と購入し、今でも秋になると寒さが和らぐ春までずっと愛着しているのですが、どうもこのジャケットはファッションに敏感な人が知っているほどの人気商品みたいなんです。
というのも、東京の某大手広告代理店の社員さんが「ちなみに、まささんが着てらっしゃるモンベルのインナーダウン最高ですよね。東京のセレクトショップの店員なんかはアウターとして結構着てますよ。だからそれをアウターとしてもイケてるとは思います!!」と、ちょっと前に書いた日記にコメントして下さったんですよ。
ああ、コレ人気があるんだ、と、少々調べてみましたところ、どうも3年前の私が購入した時期とおおよそ重なる時期に流行っていたそうです。しかも、現在もそうみたい。
流行りを知らなかった私はちょっと驚いたのですが、流行っているから着ているわけではないため、このジャケットがアウターやインナーとしてなかなか優れていると言えるんです。

mont-bell スペリオダウン ラウンドネックジャケット

mont-bell スペリオダウン ラウンドネックジャケット

(上図は3年前に私が購入したモデルです。現行モデルは首周りと手首のあたりの補強布が無くなり、デザインを重視した作りになっています。他はほとんど同じだと思います。)

 
(左:メンズ|右:レディース)

アウトドアのメーカーはモンベルの他にもいろいろありますよね。パタゴニア、ノースフェイス、コロンビアなどなど。
モンベルはそういったメーカーと比べて、デザインが少し劣るというか、やや垢抜けていないような感があるのですが、それに目をつぶれさえすればコストパフォーマンスが高いです。
一般の人が買えなくもない値段設定かつ、作りはしっかりしており、モンベルの衣服を買うと安物買いをした気になりません。

続きを読む

投稿日時: 2017年01月05日 23:58 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリインテリア・ファッション防寒・暖房
 
 

2017年01月04日

カレンダーを壁に貼り付ける粘着剤「ひっつき虫」の紹介

カレンダー

新年です。年が変わりました。
てなわけで、新しいカレンダーに張り替えました。

山川かずお

昨年の12月の中頃あたりに、山川賀壽雄さんという方からカレンダーと色紙をいただいたんですよ。毎年わざわざ私の家に足を運ばれて律儀に手渡ししてくださるんです。
いやー、本当に感謝です。本年も大事に使わさせていただきます。

ひっつき虫 ソフト粘着剤

そのカレンダーを壁に貼り付けるときに使用しました「ひっつき虫」というものをご紹介しますね。
コレですね、ちょっと大きなものから小さなものまで、固定したり貼り付けたりするときに便利なんですよ。

ひっつき虫

カレンダーを鋲で壁に掛けると穴が開いてしまいますよね。それは避けたいんです。
両面テープを使おうとも、ふつうの両面テープは厚さが薄くて壁紙のちょっとしたでこぼこに接着力が落ち、壁から落下してしまいがちです。
写真のカレンダーはなかなか上等な紙を使われていて大きく、ちょっと重めなのですが、引っ付き虫を使いましたところ、落下せずにずっと壁に張り付いてくれましたよ。
昨年に窓から強風が吹いてパサパサとカレンダーがめくれ揺れ、1度バシッと落ちたことがありましたが、それ以外では問題なく張り付いていました。

続きを読む

投稿日時: 2017年01月04日 23:59 | 記事URLコメント(3)TrackBack(0)
カテゴリ生活
 
 

2016年12月30日

柚子の実を盗られたよ

年末というものはなかなか忙しいもので、なんだかいろんなことが重なってしまい、ブログを書こうとする時間とやる気を奪うものだから嫌になっちゃいますよ。
ここ1週間はブログを更新しておりませんでしたが、ようやく時間にゆとりができましたので、ちょこちょこ書いていきたいと思います。

 

はい、それでですね、ちょいと間が空きますが10日前のことです。
出先から車で自宅の庭に入り、運転席からふと柚子の木を見ましたら、あっ、と気づいたんですよ。

柚子

柚子の実の黄色がごっそりと消えているんです。
昨日までは深緑色を鮮やかに彩っていたんですがねぇ・・・。

柚子

残っているのは小さな実と、

柚子

高いところに実っている実だけ。

柚子

自然落下したものや、たぶんそうじゃないものも落ちてる。

 

いやー・・・、またですよ。また盗られた。
毎年毎年、柚子が実ったら必ず誰かがごっそり盗っていくんです。
柚子ってのは実る年もあれば実らない年もあったりするんですよ。
でも、今年はここ10年くらいのうち最も多く実り、また4月くらいからずっとこの木を見守っていただけに愛着が湧いていたものだから、ふぅ、とひとつ溜息をついてしまいましたよ。

それにしても不思議に思うんです。
なんでわざわざ、毎年毎年わしん家の実ばかり盗っていくんだろ、って。
ご近所さんは農家が多く、その庭には柚子の木を植えられている方も結構おられましてですね、運転していると気を覆い尽くすほどの太った柚子が目につくんです。
その大きさは、わしん家の柚子の2倍から3倍くらい。
一ヶ月前に、「柚子は近所の人から袋いっぱいにたくさんもらっている」と、やや近くに住まわれている方から聞きました。有るところには有り余って仕方がないほど有るわけですよ。
だったらそういう人からもらえばいい気がするものの、それでもわしん家の実を持っていくのは、何かこだわりのような盗人の矜持を感じざるを得なくなるわけですよ。
「絶対にあそこの柚子をパクってやる!何が何でもだ!」って。そんなの大迷惑じゃないですか、もー。

柚子

わしゃ柚子を全部食べることは無く、毎年多くを腐らせたりすることがあったりと、つまり持て余しているんです。
だったらそうなる前に誰かの手に渡ればいいと考えられるものの、盗まれるのならば話は別。知らぬ間にごっそりと持っていかれるのは気を害します。

何年か前に、この対策としてWEBカメラを用意したことがあるんですよ。
使わないノートパソコンとWEBカメラを設置して、犯人の映像を撮ろうと思ったんです。安上がりな方法。

でもね、犯人は夜中に車でやってくるんです。
だいぶん前、夜半に庭の砂利がタイヤに踏まれて静かに音が鳴り、その音を家の中から聞いた翌朝に柚子の木を見ると、実がなくなっていたことがあったんです。
価格の安いWEBカメラだと暗視に難がありますから、たぶん証拠映像は残せないかな。

しかしながら、ここまでして犯人探しをしようとは思わないんです。
ただ、玄関から見える位置に柚子の木があるのに、わざわざ車で家の前に駐車してごっそり盗っていくだなんて、なんて大胆なんだろう、って思うわけですよ。
まさか、そのスリルを味わいたいだなんて言わないよな?って。

1つ、思い出話を。
私が子どものころ、住んでいた家の目の前の道路を挟んだところにたくさんの柿の木がありました。
柿もたくさん実っておりましてですね、私を含む悪童3人は悪意なく手を伸ばして柿を取って食べるわけですよ。でも、渋いからポイッと捨て、また別の柿に手を伸ばそうとしていました。
そのときに、角からおじいさんがふと現れました。「その柿、渋柿だから渋くないか?」の旨をおっしゃったと思います。
われわれ3人は無言となり、おじいさんがすぐに立ち去るまで気まずくうつむいていました。
それ以来、柿を取ることは2度とありませんでした。

私にはそういった注意された経験がありますから、他人の物は取っちゃいけない、いや、盗んではいけないって身に刻まれているんです。
代わって、わしん家の柚子を盗る人は、1つ2つだったら可愛いものの、車でごっそりと運んでいくんですよ。
たぶんその人は小さい頃、注意されなかっただとか、悪いことをしているとわかってるから気づかれないように工夫していただとか、そうやって生きてきたんだろうなぁ、と生い立ちを気にしてしまいます。
いい大人がそういうことをするだなんて、今は終戦後なのか、もったいない精神が根付いているというかなんというか。

いやはや、手癖の悪い人はどこにでもいるものなんですねぇ。わしゃ困ったよ。



投稿日時: 2016年12月30日 23:18 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリ植物監視カメラとばーさん対策
 
 

2016年12月24日

隅や角の汚れを落とす小型ブラシがお掃除になかなか便利

小型ブラシ

早いもので、いつの間にか年末が近づいております。お掃除の時期ですね。

そういうわけでですね、ちょっと前に私、iPadのお掃除をしたんですよ。物理的ではなくデジタル的なお掃除です。
iOSは困ったことにキャッシュを消去してくれる機能が無いから不要なデータがたくさんたまり、128GBもある容量が残り4GBくらいになっていたんですよ。
プチフリーズの多発に耐えかねて、面倒だけれどもバックアップを取って復元させることにしました。おおよそ唯一のキャッシュクリアの方法です。
数時間後に復元したのち、インターネット接続のためのWi-Fiは再び暗号キーを入力しなければなりませんでしたが、ほぼすべてのデータは以前の状態でした。
あーよかった、と思いきや、Kindleの電子書籍が端末上からごっそりと消えておりましてですね、再びDLし直さなきゃならなかったんです。たくさん買ってるからやや面倒でしたよ、もー。
でもまあ、もう読まない本もあるから、この際お掃除できて良かったのかな。
晴れて残り容量が90GB以上となり、フリーズすることもなく快適に使用できるようになりましたよー。

とまあ、そんな話はさておき、今度は逆に物理的なお掃除をするためのグッズを紹介しますね。

小型ブラシ

 

すみっこや角の汚れを落とすに適した形の小型ブラシです。
もしかしたら、こういったものを既に持っておられる方は、そこそこいらっしゃるんじゃないかな。
狭いところののお掃除をするときになかなか便利なんですよ。

小型ブラシ

小型のブラシなら何だって良いような気がするのですが、私が持っているものがコレですので、コレを紹介することにしますね。
良い点は毛の先側がV字型になっていることです。すみっこのお掃除がし易いです。

ゴミ受け 洗面台

場所は洗面台。
排水溝口のゴミ受けはずっとほったらかしにしていたため、黒カビが付いてしまいました。

ゴミ受け 洗面台

ブラシでざくざくと切るように穴へ強く押し当て、ときに縦横にブラッシングします。

ゴミ受け 洗面台

すると、ほら。
みるみるうちに汚れが落ちて、

ゴミ受け 洗面台

ざっくりときれいになりました。
お風呂に使うようなブラシや、たわしなんかだと、大きすぎてどうも使いづらいんですよ。
こういったもののお掃除は小型のブラシが適しているんです。

排水溝口

そして排水溝口のお掃除。

排水溝口

気持ちいいくらい汚れが取れるんです。

DSC00410

すっかりきれいになりました。

排水溝口

他に、洗面台のもう1つの排水口と、

洗面台

お湯沸かし?の機器の角。

洗面台

こちらもですね、小型のブラシを使えば、

洗面台

お掃除がしやすく、

洗面台

ほら。すっかりときれいになりました。

細かいところのお掃除は、その大きさに合わせたお掃除グッズが最も使いやすいと思います。
大きなブラシのみお持ちの方は、加えて小さなブラシでもおひとついかがでしょう。
狭いところの汚れ落としになかなか便利ですよ。



投稿日時: 2016年12月24日 03:14 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ台所・トイレ・掃除・収納
 
 

2016年11月27日

トイレットペーパー

トイレットペーパーには肌触りの良い物や、品質は良くないが価格の安いもの、香りが付いているものなど、いろんな種類があります。
上図は私が数カ月前に購入したものです。「特売」のPOP広告が目立つスーパーの縁側でたくさんのトイレットペーパーが並んでいたものだから、目玉を左右にどれを買うべきなのか迷いました。

じゃ、これにしよう、と決めた基準は「いちばん価格が安いもの」です。
何で基準をそこに置いたのかといいますと、メーカーと消費者(私)との「騙し・見破り合い」になんだか疲れたから、もうこれでいいや、とシンプルな指標を置きました。
品質と価格の割に価格が安い、と思いきや、ロール数が少なかったり、たちの悪いことに長さが通常より短かったりするものもあります。
大きくて軽い大袋を手に取り、裏を見てはつぶさに他と比較したりすること2回。「こんなことやってられるか!(バシッ!)」とばかりに、とっとと一番安いやつを手に取った次第です。

トイレットペーパー

それで我が家には、12ロールで230円くらいのトイレットペーパーがホルダーに収まっています。
いやー、あとになって後悔しましたよ。
「あー、安いヤツはダメだ・・・」って。

トイレットペーパー

安いだけあって、ちょっと固いんです。
3重になっているとはありましたが、やはり固いという感は否めません。

トイレットペーパー

たしかにラベンダーの良いにおいはするのですが、当然とでも言いましょうか、香りの持続期間は2日くらいでした。
1日目はトイレ中、良いにおいが充満していたんですがねぇ。

トイレットペーパー

1人暮らしの私ではその間にすべて使い切ることができるはずもなく、ただただその固さが気になりつつ、ついさっき残り半分を迎えることができました。
いやー、これがあと何ヶ月も続くのかー・・・、と思うと、ふふんと笑ってしまいましたよ。
そういったものを使い続けたら、なんだかお尻の穴が鍛えられて丈夫になってしまいそうですよ、もー。

 

はい、そんなわけでみなさん、トイレットペーパーは12ロールで300円以上のものをおすすめしたいと思います(たとえば下のようなヤツ)。
買う前は値段が気になるものですが、安いものちょっと高いものともども、1ロールの長さに対する価格には大きな差はありませんし、差はたかが十円程度です。何ロールもあって長く使うものですから、ちょっとくらいは高いものを買ったほうが不満は少ないはずですよ。

これはお米にも言えることです。5kgあたり1,180円のひどく不味い米を買うより、2,280円の米を買ったほうがいいですよ。なにせ5kgもあることですし。

トイレットペーパー

結局、新しいトイレットペーパーを買ってしまいましたよ。もー。

 

あ、ちなみにですが、私が通常トイレットペーパーを購入する基準は、「ダブルであること(シングルだと何重にも巻かざるを得ない)」「触った感じ、柔らかい」「長さや質がだいたい同じそうな商品のうち、いちばん安いもの」です。



投稿日時: 2016年11月27日 23:56 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ台所・トイレ・掃除・収納
 
 

2016年09月25日

納豆

ちょっと前に、ミルクフォーマ―を使うと卵がすっごい早く混ざるといった記事を書きました。

HARIO ミルクフォーマ―

 
(ミルクフォーマ―)

牛乳を泡立てるために使われるフォーマ―をふと卵に使ってみたら、あまりにも早く楽にかき混ざり、その様子を見た私は、これはすごい!、世紀の大発見だ!とすら思ったんですよ。
(ミルクフォーマーはパワーが弱いものがあり、弱いと卵は混ざりません。HARIOのものは強かったですよ。)
キッチンにちょこんと置いておける大きさで、ボタン1つ押し続けるだけでみるみる卵が溶けて、しかも洗い物は楽。こりゃぁ便利だわ、って。

でもね、反響がほぼ無い。残念なほど無い。
なかなか良い発見だと思い込んでいただけに、もっと注目されてもいいんじゃないですかねぇ、と枕を濡らしていたところ、またふと「あ、納豆にも使えるかも」と閃いたんですよ。

 

結果、無様にも失敗しました
その一部始終をご覧ください。

納豆

納豆

納豆

納豆

(ま、はじめは固まってるものだから仕方ないね!)

納豆

(ちょっと箸でかき混ぜてほぐしたらいけるだろう!うんうん)

納豆

(んーーー・・・)

納豆

(ダメだ!全体が混ざらん!箸の方が手っ取り早い!やめだやめだ!)

 

以上、この記事を投稿する30分ほど前の出来事でした。



投稿日時: 2016年09月25日 12:51 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリ生活
 
 

2016年09月22日

(中間報告)おすすめできるキッチンタイマーはどれか

キッチンタイマー

当方はコーヒーに凝っておりましてですね、サイフォン式コーヒーメーカーで淹れるときの正確な時間を計るためにキッチンタイマーを購入しました。
コーヒーってのはなかなか気まぐれなもので、抽出時間により味が変わったり、いつもと同じように淹れたとしても前と異なった味がしたりするんですよ。
正確な時間さえわかればいいや、とテキトーなものをAmazonで購入するも、機能面に若干の不満があって別のものに買い替え、またちょっとの不満があり、それを何回か繰り返していたら私の冷蔵庫はキッチンタイマーだらけになってしまいましたよ。

とまあ、そんなこんなで計8つもあるわけですよ。
各キッチンタイマーの特徴を把握できますので、長所や短所を軽く踏まえつつ、おすすめできるものはどれなのかを軽くお伝えしますね。

ボタンで時間設定するキッチンタイマー

キッチンタイマー

よく見かける、ボタンで時間を設定するキッチンタイマーです。

いろいろと購入し、比較しつつ使用するとどんな点が不満なのかがわかりました。
列挙しますと、

  • マグネットが弱い
  • マグネットが偏ったところに付いていて落ちそう。
  • 小粒のマグネットが付いているだけなものだから、ボタンを押すときに少し傾いて浮いて冷蔵庫から落ちそう。またはズレやすい
  • 音がうるさい
  • 設定した時間がカウントダウンして0になったとき、カウントアップしないから何秒経過したのかがわからない
  • ボタンを押す度に大きな音が鳴ったり、ボタンを押しても押したことになっていなかったこともあったりする

製品やメーカーによりそれは異なりますが、必ずどれか1つは当てはまるんです。

全般的に良い点ももちろんあるんです。
数字の画面が大きかったり、数字が0になった時にカウントアップしてくれたり、前回に設定した時間を記憶してくれたり、1秒単位で時間設定が可能だったり、と。
ですが、私が購入したAmazonで人気のあるキッチンタイマーには不満点が必ず1つはあるんです。
「惜しい!アレさえどうにかしてくれたら完ぺきなのになぁ」って。
裏のマグネットが小さいものはダメ

キッチンタイマー

たとえば、こんなマグネット2つじゃ、ボタンを押したら冷蔵庫から落ちそうで不安なんです。
実際はズレる程度なのですが、位置を直さなきゃならない手間がかかります。

音がうるさい

キッチンタイマー

こちらはTANITAのキッチンタイマー。
Amazonで一番人気ですよコレ。現時点で999ものレビューが付いてる。

不満点は音がすっごいうるさいことです。
加えて、ボタンを押すたびにその大きな音が鳴って耳障りです。
(裏面の音が出るところをセロテープで貼れば、音は小さくなりますが)

ボタンで時間設定するキッチンタイマーは、
時間設定を間違えたら0から設定し直さなければならない

キッチンタイマー

例えば、カップラーメンを作るときに3分に時間を設定し、ボタンを1回多く押し間違えた場合、リセットボタンを押して時間を0から設定し直さなければなりません。

時間を戻す機能があればより便利だと思うのですが、ボタンで時間設定するタイプのものでは限界があります。

というわけで、ダイヤル式のキッチンタイマーを買ってみました

キッチンタイマー

そして数日前、この2つを購入しました。

 

ダイヤル式のキッチンタイマーです。
側面を回すことで時間の設定が10秒ごとにでき、しかも時間を戻すこともできるんですよ。
こりゃーいいわー、と思いつつ購入したんです。

キッチンタイマー

ストップウォッチ風のデザイン。
2つ購入したうちの本命がこちら、だったのですが、

キッチンタイマー

いやー、一見、側面はゴムっぽかったのですがプラスチックでした。
ラバー加工はありません。人差し指で動かそうとしても、なぞる程度では回らないんです。

キッチンタイマー

2つの指で回せば回るのですが、カチッと1メモリ回す感覚がやや重くて、少し回しにくいと感じました。

キッチンタイマー

代わってこちらは良かった。

キッチンタイマー

ゴムの加工があるのか摩擦力があって、人差し指の軽い力で回ります。

ただし、デザインがなぁ・・・。

キッチンタイマー

両者とも裏面の磁石は申し分ない。強すぎず、弱すぎず。

この中で、おすすめできそうなキッチンタイマーは2つ

キッチンタイマー

 

ダイヤル式のキッチンタイマーは、TANITAのこの製品が良かったですよ。
(男の私では、このかわいいデザインには抵抗がありますが)

キッチンタイマー

ボタンで時間設定をするタイプのものは、これが一番でした。
もうちょっと音が小さかったり、もっとおとなしい色だったりしたらより良いと思いましたが。

キッチンタイマー

裏面の磁石の磁力は強力ではありませんが、充分です。冷蔵庫に張り付けてボタンを押しても動きません。

キッチンタイマー

惜しいと思ったのは、ストップとリセットが1つのボタンに納まっている点です。
ほとんどのキッチンタイマーはスタートとストップが1つのボタンに一緒なのですが、なぜかこの製品はストップとリセットが一緒になっています。

なぜにそれが惜しいのかと言うと、タイマーのカウントダウン中にストップを誤って2回押してしまうとリセットされてしまうからです。
スタートとストップを一緒にして、リセットを独立させてしまえばそんなことは無くなるのに、これはどういう意図があったのでしょうね?

しかしながら、この点は慣れたら問題無いはずです。

総評

どのキッチンタイマーも、ホントに惜しい。
あの1点だけ改良するだけでいいのになぁ、と思うものばかりでした。
いやー、なかなかベストなものは見つからないものですねぇ・・・。



投稿日時: 2016年09月22日 23:54 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリ台所・トイレ・掃除・収納コーヒー
 
 

2016年09月09日

キッチンフック

お玉などをかけるキッチンツールフックが重さに耐えきれず、月に1度くらいは落ちてしまうようになったので、かれこれ10年は使っていましたそれを買い換えました。

キッチン 5連フック
(前に使っていたキッチンフック)

お玉を吊るすだけなら問題は無かったのですが、トング(野菜や焼き肉などを挟むV字型のアレ)やターナー(へら)などのちょっと重たい物をかけ始めましたらそうなり、たまに「落ちないかな?大丈夫かな?」と気になっていたんですよ。

 
(左:トング|右:ターナー)

夜中にどんがらがっしゃんと金物の音が聞こえたときは、もはや驚きはしなくなりました。
「ああ、またか」と何事もなかったように目を閉じ眠り、翌朝にお玉を洗って吸盤をぺたりと貼り付けるんです。
そもそもこういったフックは、落ちることが気がかりになるべきものじゃありませんよね。
そんなわけで、新たに買い換えることにしました。

お玉などをかけるフックは、フック部分が動かないものがおすすめ

私がキッチンのフックを選ぶ際に最も重視した点は、フック部分が動かないことです。
フック部分が動く商品はたくさんありましてですね、もしかしたら動かないものより多いのかもしれません。

たとえば、

 

こういった製品。
コレですね、ダメなんです。私はおすすめしません。

何がダメなのかと言いますと、お玉の穴をフックにかけようとすると、フックが動くからかけにくくなるからです。フックがお玉から逃げちゃうんですよ。
たしかにフックとフックとの幅を変えられることで、吊るすものの幅を問わない利便性があるものの、逐一動くものだからなかなかかけられずに少し苛立ったことがありました。
これを10年くらい前に経験して、すぐさまフック部分が動かないものに買い換えたことを覚えています。

そんなわけで、皆さんがもしキッチンフックを買うことがあれば、私はフック部分が動かないものを選ぶことをおすすめします。

個人的におすすめの吸盤式キッチンフックの紹介
「大木製作所 五連フック」

キッチンフック

Amazonでフック部分が動かないことを条件にいろいろと探し、注文したものが「大木製作所 五連フック」です。吸盤でくっつくタイプのものです。
コレですね、Amazonのレビューを参考にして決めたところ、なかなか良いものでしたよ。
Amazonの写真では貧相な感じがしていたのですが、いざ手に取るとなかなか美しくて高級感があり、フレームが思いの外太かったんですよ。

キッチンフック

キッチンフック

サイズは「36×6×6cm」と、幅がやや広めなのかな?

キッチンフック

フックの先は玉が付いています。

キッチンフック

耐荷重は3kg。
これでしたらちょっと重いトングやヘラやハサミなどを吊るしても耐えられますね。

キッチンフック

その重さを耐えうるものにするのが、この吸盤です。

キッチンフック

他のものと比較すると分かりやすいです。
吸盤がお椀のように盛り上がっており、使用時により空気が入り込みにくく真空状態を保ってくれそうじゃないですか。
Amazonのレビューではフックが落ちない・落ちたとの両論があるのですが、少なくとも一般のものより落ちにくそうでしたし、私が使用したところでは強力に壁にくっついてくれていましたよ。

キッチンフック

壁を支えにしてぐらつきを抑えるための部分があることも良い点です。
先に傷つき防止の黒いゴムが付いています。

キッチンフック

ステンレスのフレームはやや太く、ちょっと高価なものである感じがします。

キッチンフック

前に使っていたものと比較すると、どこか上品さが感じられます。
ああ、これは良いモノだわ、と素直な感想が出ましたよ。わりとおススメですよコレ。

 

はい、そんなわけで、お玉などをかける台所のフックはフック部分が動かないものがおすすめであることと、大木製作所の五連フックをご紹介しました。
動くものは針の穴に糸を通すような、あのもどかしさがあって、私なんかはどうも気にくわないところがあるんです。

で、キッチンフックには吸盤タイプ以外にも強力テープで張り付けるものや、レンジフード(においを屋外に飛ばす)に取り付けるハンガーもあります。
当初私はレンジフードハンガーを買おうかな、と思っていたのですが、サイズが合わなかったらお金がもったいないと思い、吸盤タイプのものを購入しました。
いずれにせよ、フックが動かないものがおすすめです。



投稿日時: 2016年09月09日 23:59 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ台所・トイレ・掃除・収納
 
 

2016年09月01日

ミルククリマー

先日に溶き卵を早く作る「卵のかき混ぜ棒」を紹介しました。
そのあとに「あ。アレ使えばもっと早く作れるんじゃないかな?」と気づいたんです。
「どだろ?」と思いつつ、さっそくそのアレを使って卵を溶いてみましたところ、これがもうホント面白いように卵黄と卵白が混ざるんですよ。
あれよと言う間に溶けた卵は、まるでホットケーキのようにふわふわしてクリーミーに仕上がりました。

そんなわけで、そのアレ、「ミルククリマー」をご紹介しますね。
箸で卵を溶くよりも楽に、しかも何倍もの速さで溶くことができるんですよ。個人的にはなかなか良い発見をしたと思っています。

溶き卵を楽に早く作るミルクフローサー・クリマーの紹介
「HARIO ミルククリマー」

ミルククリマー

 

コーヒー関連製品の大手、HARIOのクリマーを持っていましたのでこれを使用しました。

ところで「ミルククリマー」とは何なのかといいますと、牛乳を泡立てる器具のことです。
主にラテやカフェオレを作る際に用いる、コーヒーに関わるグッズです。
クリマーは、フォーマー、フローサーとも言われており、わかりやすく言えば小型のハンドミキサーのことです。

で、「なぜにお前はそんなものを持っているんだ?」と問われると、私はあらゆるメーカーのペーパー式ハンドドリッパーを使ってコーヒーを淹れたりしていますので、コーヒーにはそこそこ詳しい方なんですよ。って答えるよ。

ミルクに使えるんだったら卵にも使えるんじゃないかな?と、ふと思いついて実際に試してみましたところ、

ミルククリマー

ほら、見てくださいよ!
すっごいかき混ざるんです。

ミルククリマー

箸でここまでかき混ぜるには、かなりの労力と時間がかかりますよね。
クリマーは電気(乾電池)で動いていますから、それより楽に、短時間でしっかりとかき混ぜてくれるんです。

最大の長所は、小型であること
キッチンの邪魔にならない

ミルククリマー

片手で握りしめられる程の大きさです。
一般的なハンドミキサーといえば、

ハンドミキサー

ケーキを作るような大きなものを連想されるでことと思います。
しかしながら、普段料理を作るときはたくさんの卵を溶くことは無いはずです。せいぜい2,3個くらいでしょうか。
大きなものはキッチンの邪魔になりますから、ミルクフローサーのような小型のものだとちょうど良く、手軽に使えるんです。
卵かけごはんや、納豆に卵を乗せて食べるときなど、ちょっと卵を溶きたいときに使えて便利ですよ。

回転

ミルククリマー

フローサーの先端にはリングが付けられています。

ミルククリマー

ボタンを押さえ続けますと、

ミルククリマー

このように回転します。
メーカーによって回転力は異なりますが、先端の形状はどれも似たようなものです。

ミルククリマー

電源は、単三電池2つ(別売り)です。

モーターのパワーが弱いフローサーは、
卵があまりかき混ざらない

私が週に1度の頻度で通っている喫茶店にフローサーがあり、尋ねてみますと100円均一で購入した250円のものだそうです(なんだか矛盾していますね!)。
マスターに頼んで卵をかき混ぜてもらいましたら、モーターのパワーが弱くてうまくかき混ざらりませんでした。
つまり、どのフローサーでも良いというわけではなく、パワーの強いものでないとダメみたいです。安い物じゃだめなのかな。

Amazonで他のフローサーのレビューを見てみますと、Kalitaのフローサーはパワーがちょっと弱いそうです。
こういったものは充分に卵を溶けないんじゃないかな、と思います。
私が使用しましたHARIOのものはパワーが強かったですよ。

ミルクフローサー・クリマーで卵をかき混ぜる様子

ミルククリマー

ピッチャーとフローサーがセットになったものを持っていますので、なんとなくピッチャーをお皿代わりに使ってみました。

ミルククリマー

卵を割りまして、

フローサー

ぽとん。

フローサー

いきますよ?

ミルククリマー

いやー、もうね、

ミルククリマー

早い。
すっごい早いんですよ。かき混ぜるのが。

ミルククリマー

箸で混ぜると、ここまで溶けるのに結構な時間がかかるんですよ。
でも、フローサーだとすぐなんです。早い早い。
しかもボタンを押すだけの簡単なお仕事。

ミルククリマー

充分にかき混ざったのですが、混ぜる様子が小気味良く、なんだか嬉しくなってさらにかき混ぜてみました。

ミルククリマー

おお・・・。

ミルククリマー

なんだこれは。
すっごいクリーミーになっとる。

ミルククリマー

見てくださいよ、小麦粉を入れたかのように仕上がっているじゃないですか。まるで焼く前のホットケーキですよ。
クリーミーになってさらに混ぜると、上図のようにちょっと卵が跳ねていました。
そうなる前は跳ねていませんでしたよ。

ミルククリマー

で、使った後は洗わないとなりませんが、

ミルククリマー

洗い物も楽でしたよ。

てなわけで、

ミルクフローサー・クリマーを使うと溶き卵が楽に早く作れました。
いやー、我ながら良い発見をしたと思いましたよ。2,3個くらいの卵を溶くには充分かつキッチンの邪魔にならないんですもの。
今度から箸じゃなくてコレ使うことにしよっと。

以前に私は乾電池式の除草剤散布機を初めて使いましてですね、「なんちゅー便利なものなんだ!ほえー・・・」と感動したことがあります。
それまでは手動のポンプ式散布機で汗だくになりながら何度も何度もしゅこしゅこしていただけにです。
電動ってのは本当に便利なんだなぁ、と今更ながらあらためて再確認しましたよ。もー。



投稿日時: 2016年09月01日 18:54 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ生活コーヒー
 
 

2016年08月30日

卵白が早く滑らかになる、かき混ぜ棒の紹介(まぜ卵)

卵のかき混ぜ棒 まぜ卵

とある日にふとテレビをつけましたら関西系の番組が放送されていて、番組の1コーナーでおねーちゃん2人が便利グッズとして「卵のかき混ぜ棒」を紹介されていました。
コレで卵をかき混ぜると卵黄と卵白が早く混ざるんですって。

私ですね、この商品がちょっと気になったんですよ。
というのも、たとえば卵かけご飯を食べるときに気になるのが、卵白のどろりとした口当たりです。あれってなんだか気持ちが悪いものですよね。
だから卵をかき混ぜてご飯の上に乗せるのですが、卵白はなかなか滑らかにはならないんです。
手早く食事を取りたいのに、念入りに時間をかけて卵をかき混ぜたくはないんです。ささっと作りたいんですよ。

そんなわけで、Amazonでささっと調べてみましたら案の定ありました。
価格は高くはなかったこともあり買ってみましたよ。

追記:紹介するものより、遥かに良いモノを見つけました!

サンクラフト まぜ卵(らん)

卵のかき混ぜ棒 まぜ卵

それがこちらの棒です。

卵のかき混ぜ棒 まぜ卵

特徴は、棒の先に刃が付いていることです。
卵をかき混ぜるときに、この刃が卵白を切ります。そのため早く卵白が卵黄と混ざってくれるそうな。

卵のかき混ぜ棒 まぜ卵

刃は、はさみよりちょっと切れ味が鋭い程度です。
試しに腕に少し強く当てて毛を切ってみましたら、ジョリッと切れましたよ。血は出ませんでした。
指に傷が付かないよう少し気をつける必要がありますが、まあ包丁を扱うところで使うんだからさほど問題ではないかな、と思いました。
ただ、スポンジで洗うときはスポンジを包む網が切れないように気をつけるべきでしょう。

実際に使ってみました。
箸でかき混ぜるのと、かき混ぜ棒の使用との比較

卵のかき混ぜ棒 まぜ卵

卵、買ってきましたよ。

続きを読む

投稿日時: 2016年08月30日 23:58 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ食べ物台所・トイレ・掃除・収納