植物

2018年04月17日

アイビー

部屋に小さな明るさを灯したくて、自室のテーブルに小さな観葉植物を置いています。
造花を置いていたこともありますがどこか物足りず、やはり根を張って成長する本物の植物が良いと決めて、これまでにいろいろと小さな緑を添えてきました。

それで、現在は「アイビー(ヘデラ)」を置いています。
これを置いた理由は、背が低く横に伸びることに加え、「耐寒性」が高いからです。
冬になると部屋は5℃だとか、最も寒い日には2℃になりますので、耐寒性が重要になってくるんですね。
そこそこの耐寒性がある観葉植物は山ほどあるのですが、そこそこではなくかなり強いことを条件とすると数が限られてきます。

アイビー

そしてそのアイビーは今、冬を越し暖かくなった春に成長期を迎え、今の私の髪のようにぼわぼわしているんですよ。
背も高くなり、テレビを見るときの邪魔になってちょっと困っています。

そこで、ちょいとみなさまにお願いがあるんですよ。聞いてもらえませんですかね?
ちゃぶ台程度のテーブルに置いて邪魔にならず、かつ寒さに強い観葉植物をご存知ありませんか?

私ですね、有名どころの観葉植物はいろいろと試したんですよ。
例えば、ポトス、サンセベリア、モンステラ、パキラ、コーヒーの木など。みんな冬に枯れてしまいましたよ・・・。
育て方はたぶん問題は無く、単に寒いから枯れていくんです。
だから植物の耐寒性は、選ぶ際の最重要ポイントなんです。となると、どうも見つからないんです。

下の条件に当てはまる観葉植物をご存知ありませんですかね?

アイビー

  • 耐寒性が高い(3℃くらいでもOK)
  • ちゃぶ台程度の大きさのテーブルに置いても邪魔にならない
  • 葉が大きいか、まあまあ大きいのがベストかな
  • 背が低め(10cmあたりまで)
  • 可愛くて小さいものより、1鉢でどーんとしている
  • パキラやポトスみたいな植物が理想?
  • 上図のところに置いています。
  • 日の当たりは、朝から昼下がりにかけて薄く当たる程度です。
  • できればAmazonで買えるヤツ
  • Amazonの観葉植物カテゴリ

こういったものをご存知ありませんですかね?
ご存知の方は、ぜひコメントいただきとうございます。


(シェフレラ)

で、これにまあまあそこそこ当てはまったのが、過去に育てていた「シェフレラ」です。背が低いヤツを買いました。
残念なことに、ハエが発生したときに撒いた殺虫剤でお亡くなりになってしまいました。あーあー。

造花はダメ

ポトス 造花

 

私のPCモニタの上に置いていますのはパキラの造花。日が当たらない場所だから仕方なく。
これねー、写真では伝わらないと思いますが、すごく良いんだわ。水やり不要で枯れず成長せず形が変わらない。
造花であろうと殺風景なデスクに植物があると自然を感じさせられるもので、とっても良いんですよ。

でも、できればやっぱり生の植物を育てたんです。ご存知の方、どうか教えてやってくださいまし。気長に待ちます。



投稿日時: 2018年04月17日 23:29 | 記事URLコメント(6)
カテゴリ植物
 
 

2018年03月05日

観葉植物

3月に入り、だんだんと暖かくなってきましたね。
冬のはもはや過ぎ去った様子です。私は重ね着を1枚もう1枚と減らし、身が軽くなるとともに心も軽くなったと感じています。
部屋のエアコンやストーブなどの暖房機器を滅多に付けずに過ごしたものだから、まだかまだかと心待ちにしていた春の訪れに安堵しています。

しかしながら、風が吹こうとも雪が降ろうとも意固地なまでにエアコンを付けずにいた部屋の傍で凍えていたのは7鉢の観葉植物。
壁は断熱材が入っておらず、つまり夏暑く冬寒く、冬の室内の気温はおおよそ3℃〜5℃程度。
そして朝しか部屋に陽が差し込まない上にブラインドの羽はいつも奥が上向き斜めで、日光浴のわずかな時間さえも薄く遮られます。
このような悪環境に置かれてなお、3,4ヶ月に渡る寒い寒い冬を乗り切った彼ら観葉植物は、それはもう大したものですよ
もうね、凄い。思いっきり褒めてやりたい。私でさえあんな重装備にもかかわらずブルブルと震えていたというのに、お前たちは裸のまま過ごしていただなんて、ホント頑張ったなぁ、って。

私に付き合わされた観葉植物はたまったものではないのですが、それでも健気に冬を耐え抜いた彼らの耐寒性は本物と言えます。
そんなわけでですね、高い耐寒性の観葉植物を中心に、それぞれの耐寒性の度合いを当記事にてご紹介しますね。
私の部屋でさえ春を迎えられた観葉植物が、みなさんの家や部屋で寒くて枯れてしまうわけがありません。もし枯れるのであれば、光不足か水のやり過ぎが原因でしょう。

冬の室内の温度は「2℃〜7℃」

時計

たしか、12月から3月にかけてエアコンを付けた回数は「3回」です。
平均温度は、年明けから数えてだいたい「5℃」くらいでしょうか。私が温度計を見た中で最も低い気温は1.8℃でした。
日中平均8℃の日は「今日は暖かいな」と思ったほどです。

観葉植物に当たる陽は薄いが、日中は常に当てている

観葉植物

上図の通り、窓辺に観葉植物を置きました。
私の部屋は朝に光が差し込む程度で日当たりは良くありません。
不十分ではありますが、日中は一応のこと常に光が当たっています。
ブラインドの羽は、人が外から窓を覗いても部屋は見えず、かつできるだけ陽が差し込む45度の角度です。常にそうしていますから部屋は薄暗いです。

こういった環境下で育てました。

続きを読む

投稿日時: 2018年03月05日 09:58 | 記事URLコメント(0)
カテゴリ植物
 
 

2018年02月10日

冬。部屋に置いた観葉植物の現在

温度計

書き終えるまで15分のお話でも。

昨朝の部屋の気温は1.8度。
目覚めたら身体が布団の中からやけに蒸れていた理由はたぶんコレ。 

2度を下回る日は今年は昨日が初めてだったと思うのですが、それにしても外が寒く体はあたたかいと、どうも新陳代謝による体温調節は狂ってしまう様子です。

で、部屋で育てている昨年の11月に買った観葉植物の新陳代謝はどうなっているのかを言いますと、

フランスゴムの木

新陳代謝どころじゃなかった・・・。
葉の模様が痛々しい・・・。

続きを読む

投稿日時: 2018年02月10日 23:59 | 記事URLコメント(0)
カテゴリ植物
 
 

2018年01月11日

冬 庭

昨晩から冷え込んだ今朝の屋外の様子。

続きを読む

投稿日時: 2018年01月11日 23:59 | 記事URLコメント(0)
カテゴリ植物
 
 

2017年12月21日

フランスゴムの木の葉が黒ずみ、1枚ひらりと落ちていく

フランスゴムの木

先月11月初めに購入しました、観葉植物「フランスゴムの木」。
幹がうねるように曲がっているのを見て、あ、いいねこれ、とすぐに注文したヤツです。

今日のお昼前に窓をちらりと見たあと、何かに気づいたかのようにもう一度見直しましたら、

フランスゴムの木

葉っぱが1枚落ちていました。

続きを読む

投稿日時: 2017年12月21日 22:59 | 記事URLコメント(0)
カテゴリ植物
 
 

2017年12月06日

一段と冷え込む日、気になるのは体調ではなく観葉植物

観葉植物

・・・寒い。
洒落にならないほど寒い。

温度計

本日23時30分ごろの部屋の温度はなんと「7.3度」。  
私ですね、このごろ時計を見るついでに必ず温度計をチェックしているんですよ。昨日か一昨日まではだいたい10度くらいでした。
それがですね、今日は一段と冷え込みあまりにも寒いので反射的に温度計を見たら、なんと7度でした。朝も昼も夜もあまり変わりません。

こう寒いと、一般の方々なら風邪をひかないようあたたかくしようと考えるのでしょうが、私はそれよりも気になることがあるんですよ。

続きを読む

投稿日時: 2017年12月06日 23:59 | 記事URLコメント(2)
カテゴリ植物
 
 

2017年10月30日

わしのシェフレラ君が息していない

シェフレラ 枯れそう

しんと静まり返った一晩が開けると白銀化粧におめかしする極寒の地・鳥取において、生き生きと葉を広げて冬を通り越した寒さに強い観葉植物。その1つが「シェフレラ」です。
あまり日の当たらないところに鉢を置いているのですが、夏になると必ず芽が生えて若い葉を広げましてですね、かれこれ3,4年くらい育てているんですよ。

でもね、そのシェフレラ君が今、息していないんです。

続きを読む

投稿日時: 2017年10月30日 23:45 | 記事URLコメント(4)
カテゴリ植物日々の雑感
 
 

2017年07月02日

ハツユキカズラを屋外で約4年育てました

ハツユキカズラ

おおよそ4年前のこと。
屋外に置いている洗濯機を新しいものに買い替えたときに、給水・排水ホースが白くて目立ってしまうことから、そのホースを隠すための適当な植物は何かないかと当ブログにてご意見を募りました。

ハツユキカズラ

結構目立ってしまっていますね。

いただきましたご意見を参考にして苗屋さんに行きましたところ、そのご意見に該当する植物がことごとくありませんでした。
ああ、この店じゃダメなんかなぁ、と諦めかけたそのとき、従業員のおばちゃんがやってこられてですね、「これなんていいと思いますよ、私もこれを植えていて、ピンク色が綺麗になってね〜」とかなんとかおっしゃるんです。
「あー、いいですね〜。じゃコレください」と、その場でさくっと決めました。

それで購入した植物が「ハツユキカズラ」です。

 

ハツユキカズラ

この子を15個ほど購入し、

ハツユキカズラ

ホースの前に植えました。

そして4年が経った現在、ハツユキカズラはこのように成長しました。

続きを読む

投稿日時: 2017年07月02日 17:25 | 記事URLコメント(0)
カテゴリMSY四季図鑑(写真)植物
 
 

2017年05月24日

サボテンを種から5年ほど育てました

サボテンと鉢

約5年前に「育てるたまご サボテン」という商品を購入し、現在に至るまで育てています。
育てると言うより、放置している、に近いのかな。1ヶ月に1回、おちょこ1杯程度の水を与えるだけでいいんですもの。
観葉植物をすぐに枯らしてしまう私でも育てられるだろう、と、なんとなく買ってみたら、卵の容器にサボテンの種が入っていました。で、そのまま5年が過ぎました。

 

んでですね、さっきAmazonで見て気づいたのですが、「育てるたまご サボテン」が「エッグリング エコフレンドリー カクタス」とか言う、なんだかよくわからない名前に、なんだかおしゃれーなパッケージに変わっていました。
入っているものは大体同じだと思うのですが、前の方がわかりやすくとっつきやすいよなぁ、なんて思ったり。

サボテン

発芽した2つの種は現在、このように大きくなりました。

サボテン

も少し拡大。

サボテン

小指を突き立てて比較。

ところでですね、いろんな人から「もっと大きくなるだろ、日当たりが悪いんじゃない?」だとか言われているんです。
まさにその通りなんですよ。

サボテンの置き場所

日当たりが良くはない窓の、光がブラインドの隙間から入るところに鉢を置いています。
いやね、自室で観賞するに、最も適切だろう場所がココしかなかったんですよ。
いっそのこと屋外に、それも地面に植えたら今の十倍くらいは育ってくれるとは思うのですが、いかんせん鳥取は大雪が降るものでして・・・。

サボテン

ちっちゃくて可愛らしく、ちょっとずつですが成長してくれているので、まーこれでいいかな、なんて思っとるんです。

サボテン 大きい方

いちばん大きいサボテン。

サボテン 大きい方

拡大。
つんつんしとる。

サボテン 小さい方

隣の一回り小さいサボテンも拡大。
こちらもぼこぼこつんつんしとります。

まだまだ小さいと言えばそうなのでしょうが、昨年と比べて背が約2倍も伸びたんですよ。
土替えもせず、肥料は昨年のままで、気づいたら水をやる程度の、ホント何もやっていなかったのですが、ずいぶんと背が伸びたのにはちょいと驚きました。
このペースでいくと、来年にはこの4倍になるのかな。そしたらようやく観賞用植物の名に足る、観賞できるサボテンになるよ。

 

あ。
あとですね、このステンレス製のじょうろはおしゃれで良いですよ。

ステンレス じょうろ

部屋で育てている観賞用植物は、サボテンのほかにトックリランとシェフレラがありましてですね、いつもコレで水を差しています。
こちらも5年くらい使ってる。



投稿日時: 2017年05月24日 11:23 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリサボテン植物
 
 

2016年12月30日

柚子の実を盗られたよ

年末というものはなかなか忙しいもので、なんだかいろんなことが重なってしまい、ブログを書こうとする時間とやる気を奪うものだから嫌になっちゃいますよ。
ここ1週間はブログを更新しておりませんでしたが、ようやく時間にゆとりができましたので、ちょこちょこ書いていきたいと思います。

 

はい、それでですね、ちょいと間が空きますが10日前のことです。
出先から車で自宅の庭に入り、運転席からふと柚子の木を見ましたら、あっ、と気づいたんですよ。

柚子

柚子の実の黄色がごっそりと消えているんです。
昨日までは深緑色を鮮やかに彩っていたんですがねぇ・・・。

柚子

残っているのは小さな実と、

柚子

高いところに実っている実だけ。

柚子

自然落下したものや、たぶんそうじゃないものも落ちてる。

 

いやー・・・、またですよ。また盗られた。
毎年毎年、柚子が実ったら必ず誰かがごっそり盗っていくんです。
柚子ってのは実る年もあれば実らない年もあったりするんですよ。
でも、今年はここ10年くらいのうち最も多く実り、また4月くらいからずっとこの木を見守っていただけに愛着が湧いていたものだから、ふぅ、とひとつ溜息をついてしまいましたよ。

それにしても不思議に思うんです。
なんでわざわざ、毎年毎年わしん家の実ばかり盗っていくんだろ、って。
ご近所さんは農家が多く、その庭には柚子の木を植えられている方も結構おられましてですね、運転していると気を覆い尽くすほどの太った柚子が目につくんです。
その大きさは、わしん家の柚子の2倍から3倍くらい。
一ヶ月前に、「柚子は近所の人から袋いっぱいにたくさんもらっている」と、やや近くに住まわれている方から聞きました。有るところには有り余って仕方がないほど有るわけですよ。
だったらそういう人からもらえばいい気がするものの、それでもわしん家の実を持っていくのは、何かこだわりのような盗人の矜持を感じざるを得なくなるわけですよ。
「絶対にあそこの柚子をパクってやる!何が何でもだ!」って。そんなの大迷惑じゃないですか、もー。

柚子

わしゃ柚子を全部食べることは無く、毎年多くを腐らせたりすることがあったりと、つまり持て余しているんです。
だったらそうなる前に誰かの手に渡ればいいと考えられるものの、盗まれるのならば話は別。知らぬ間にごっそりと持っていかれるのは気を害します。

何年か前に、この対策としてWEBカメラを用意したことがあるんですよ。
使わないノートパソコンとWEBカメラを設置して、犯人の映像を撮ろうと思ったんです。安上がりな方法。

でもね、犯人は夜中に車でやってくるんです。
だいぶん前、夜半に庭の砂利がタイヤに踏まれて静かに音が鳴り、その音を家の中から聞いた翌朝に柚子の木を見ると、実がなくなっていたことがあったんです。
価格の安いWEBカメラだと暗視に難がありますから、たぶん証拠映像は残せないかな。

しかしながら、ここまでして犯人探しをしようとは思わないんです。
ただ、玄関から見える位置に柚子の木があるのに、わざわざ車で家の前に駐車してごっそり盗っていくだなんて、なんて大胆なんだろう、って思うわけですよ。
まさか、そのスリルを味わいたいだなんて言わないよな?って。

1つ、思い出話を。
私が子どものころ、住んでいた家の目の前の道路を挟んだところにたくさんの柿の木がありました。
柿もたくさん実っておりましてですね、私を含む悪童3人は悪意なく手を伸ばして柿を取って食べるわけですよ。でも、渋いからポイッと捨て、また別の柿に手を伸ばそうとしていました。
そのときに、角からおじいさんがふと現れました。「その柿、渋柿だから渋くないか?」の旨をおっしゃったと思います。
われわれ3人は無言となり、おじいさんがすぐに立ち去るまで気まずくうつむいていました。
それ以来、柿を取ることは2度とありませんでした。

私にはそういった注意された経験がありますから、他人の物は取っちゃいけない、いや、盗んではいけないって身に刻まれているんです。
代わって、わしん家の柚子を盗る人は、1つ2つだったら可愛いものの、車でごっそりと運んでいくんですよ。
たぶんその人は小さい頃、注意されなかっただとか、悪いことをしているとわかってるから気づかれないように工夫していただとか、そうやって生きてきたんだろうなぁ、と生い立ちを気にしてしまいます。
いい大人がそういうことをするだなんて、今は終戦後なのか、もったいない精神が根付いているというかなんというか。

いやはや、手癖の悪い人はどこにでもいるものなんですねぇ。わしゃ困ったよ。



投稿日時: 2016年12月30日 23:18 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリ植物監視カメラとばーさん対策