防寒・暖房

2016年02月22日

気温2度の差を侮ることなかれ

自動販売機

大学へ通うため鳥取に移り住み、そのまま10年以上が経過します。
冬に気をつけるべきことの1つはタイヤの交換時期。2月の半ば、すっかりあたたかくなったと油断して交換してしまうと、ある日突然の降雪に唯一と言っていいだろう移動手段が奪われてしまいます。
鳥取では4月に差し掛かるころに交換するのが無難だと実感しました。

温湿度計

例年はどれだけ寒くても部屋の気温が6度を下回ることはなかったのですが、今年は違いました。
大寒波に襲われた日の深夜は気温4度。凍てつく冷気にキーボードを押す指はなまじにも動かず、水道管は当然のように凍って熱いお風呂にも入れませんでした。

 
(温湿度計)

ちなみにですが、温度計はどのメーカーのものでもだいたい正確な値を指すのですが、湿度計はパーセンテージが実際より20以上も異なったりします。
上図のような精密機器メーカーのものが良いですよ。

着る寝袋

「セーター&ダウンジャケット&ダウンパンツ&ルームシューズ」の上から着る寝袋を着た、ぼくのかんがえた最強装備をしても、悪寒が身を震わせ居ても立ってもいられず、すぐさま布団の中に潜りましたよ。私は貝になりたい。
どんなに寒くても、例年だったらこの格好で冬を暖かく越せたんですがねぇ・・・。

寒さには慣れたつもりが、たった2度の差でこれほどまでに変わるものなんだと身を持って知る年になりました。
となれば、道端にぽつりと輝く光へ吸い寄せられるわけですよ。

自動販売機

増税により自動販売機の飲み物の価格が130円となり、たけーよばーかばーかとばかりにずっと買わなかったのですが、このごろはやや頻繁に購入しています。
というのも、

自動販売機

「すべてのホット製品を+2℃で提供しています。」
今年からのキャンペーンですね。来年に続くのかな?

自動販売機

もうね、背に腹は代えられないわけですよ。
寒い。寒い。死んじゃう。じゃあ買うよ・・・、って。
この冬に気温2度の差の侮れなさを痛感した私だからこそ、「+2℃」の文字に敏感に反応してしまうんです。

自動販売機 ラテ

くぁ〜、胃が燃えるぜ!
たしかに+2℃は、「あたたか〜い」じゃなくて「あたたかい!」と背筋をシャキっと伸ばしていました。 やや熱めながらも、こくこくと飲み干しましたよ。

コーラ

ついでに、コカ・コーラも買いました。
ここ2ヶ月くらいでしょうか、私ですね、よくコーラを飲むようになったんですよ。
20歳あたりのころは、癌になりやすいだとか糖分の過剰摂取だとか、じじくさい考えをして避けていたのですが、このごろはなんだかとても美味しく感じて、どういうわけか年齢の逆転現象が起こってしまいました。

コーラ

んでですね、コーラはそのまま飲むんじゃ通とはいえません(?)。
温度の差は味覚に影響します。食べ物・飲み物は、端的に熱いか冷たいかでないと美味しくなりません。中途半端が一番ダメです。

真空断熱タンブラーに、

氷 トレー

氷 トレー

ぶっとい氷を入れましてですね、

コーラ

キンキンに冷やします。(上図はぶっとい氷を入れていません)
これがいちばん美味しいコーラの飲み方ですよ。うんうん。間違いない。

  

コーラは自販機で買うと高いですから、さっきAmazonで2L入りのものを注文しましたよ。待ち遠しいですわ。

氷を入れるとマイナス2度どころではないのですが、こういったちょっとの差、ちょっとの手間をかけるとだいぶん違うものです。

自動販売機

ところでみなさん、「いろはす」のトマト味をご存知でしょうか。
あれね、私、超大好きだったんです。
でもね、Amazonのレビューでもネット上でも実際に人に聞いてみても評判が悪いんです。いろんな自販機を探しても、もうどこにも売ってないんですよ。

頼みの綱であるAmazonでも「この商品は現在お取り扱いできません。」だってさ。

・・・ったくよ〜。
お前たちがバカ舌のせいで俺の楽しみが減ったじゃんかよ〜!どうしてくれるんだ!
お前たちのような庶民には、あの美味しさがわからないのか!これだから庶民は困る。

あれ美味しいじゃんかよう・・・。わしね、実はトマト味を自販機で買うことが夏の深夜の楽しみだったんですよ・・・。買いに行こうと車で移動する間は億劫な時間じゃなくてすっごいウキウキしてたんよ・・・。でももう買えないじゃんかよう・・・。



投稿日時: 2016年02月22日 23:57 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ防寒・暖房飲み物
 
 

2016年02月01日

雪

冬でもエアコンをほぼ付けない私の家(独身・一軒家)の電気代が明らかに高いのはなぜなのか、原因を突き止めて対策を講じるシリーズ、久々の更新です。いつの間にか第24回目になりましたよ。(23回目はこちら

さて、毎年冬が訪れますと、私に関するちょっとした風物詩がインターネット越しにささやかれております。
まささんエアコンつけなよ〜」って。
その声は東京から、埼玉から、大阪から、はたまた仙台から遠い遠い鳥取へと届き、鼻水をすすっては飲み込む私への手向けとなり雪の底に沈んでゆきます。

エアコンのスイッチ

こちらは部屋にあるエアコン。業務用です。

エアコンのスイッチ

そのスイッチです。

エアコンのスイッチ

ポチ。

エアコンのスイッチ

冷房の文字が浮き上がりました。

 

閲覧者である君たちに問おう。
これがいったい何を意味するのか分かるか。
この冬、俺は1度たりともエアコンを付けなかったのである。

君たちに問う。
夏以来、なぜに俺がエアコンを付けなかったのか。君たちに分かるか。

温湿度計

これを見ろ。
4度だ。部屋の気温は4度だ。
「最強寒波」という、中学生ですら言いはばかる幼稚な言葉の冠をつけた寒波がやってきた深夜の気温だ。
もちろん屋外で計測したのではない。部屋の壁に断熱材が入っていないのだ。 
俺はその日、両腕を肩身に寄せてガクガクブルブルと震えていたんだ。

余談を言う。温度計はどのメーカーのものでもだいたい正確だが、湿度計は当てにならない。
俺は精密センサー機器メーカーの温湿度計を買った。

「まささん、大丈夫ですか?!」
「まささん、死んじゃいますよ!」
「まささん、窓を開けたら寒いですよ!(たばこプカプカ)」
「まささんの言う「寒い・・・」は冬になるといつも聞く」

遠い国に住むフレンドさんが、インターネット越しのボイスチャットで我が身を案じてくれているにも関わらず、俺は決まって断りを入れ、「寒い・・・」と「ズズズ・・・(鼻水)」を繰り返しているのである。

それはなぜなのか、答えを言おうではないか。
お気づきの方もおられるだろう。そう、電気料金である。

続きを読む

投稿日時: 2016年02月01日 20:26 | 記事URLコメント(28)TrackBack(0)
カテゴリ電気料金防寒・暖房
 
 

2016年01月04日

ダウンジャケット

こちらは私が毎日部屋で着ているダウンジャケット。
2年くらい前に買ったのかな?

ダウンジャケット

価格は結構高かったんですよ。
エアコンをできるだけ付けないで生活するにはあたたかい衣服が必要だということと、手首のあたりがマジックテープで閉じられるため縮めたり広くできたりすることが気に入って、ちょっと痛い出費ながらも購入しました。

しかしながら、

ダウンジャケット

洗濯をして羽毛が1箇所に偏ったり、これを着て布団の中に潜ることがあったりと、確かにあたたかいんだけれども購入当初より防寒効果が薄れていると感じました。
大きな原因は何かと考えると、湿気です。
ダウンは通気性が良いぶん湿気も吸収しやすく、汗や雨などの湿気がこもるとその優れた保温性が損なわれてしまいます。

そんなわけで、しっかりと放湿させるべく布団乾燥機を使いました。

布団乾燥機

いつぞや購入した布団乾燥機。
布団乾燥機の最下位機種だったと思います。

価格は5,000円くらいだったっけな?

布団乾燥機

ハンガーにダウンジャケットを吊るし、その下に布団乾燥機を置いてあたためます。
その際に、

ダウンジャケット

腕の部分がしっかりとあたたまるよう内側に入れて、

ダウンジャケット

熱がすぐに抜けないよう、でも空気と湿気の通り道は作ってあげるよう、洗濯バサミで首をやや締めました。

あたためる時間は15〜20分くらいがちょうどいいと思います。

ダウンジャケット

20分後。
見てくださいよー、羽毛が生き返りフカフカになりましたよ。

ダウンジャケット

こぶしの大きさとダウンジャケットの厚みを比較。
ダウンが膨らんでこぶしの2倍以上の大きさになりました。

 

はい、そんなわけで、布団乾燥機をお持ちの方はダウンジャケットにも使われたらいかがでしょう。フカフカが蘇りますよ。
私はこのごろ、3日に1度、お風呂に入る前に布団乾燥機のスイッチを入れてダウンの湿気を飛ばすようになりました(毎日部屋で着ているんです)。ジャケットがいつも以上に膨らんでいることがわかり、着るとすっごいあたたかいんですよ。



投稿日時: 2016年01月04日 13:33 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ防寒・暖房生活
 
 

2016年01月01日

私おすすめ 毛布型の掛け布団カバーはとてもあたたかい

毛布型の掛け布団カバー

12月の終わり頃から急に冷え込み、呼吸の度に澄んだもやを食べているような鋭い冷気が口と喉元を白く潤しています。
私は布団の中で靴下を履き、足早にジャケットをハンガーからむしり取り身支度を済ませました。寒い日が続きます。
電気代がかかるという理由で夏も冬もエアコンをできるだけ付けずに生活している私にとって、冬はとても過ごしにくい季節です。
過去に雪で車を動かせず食料を調達できなくて自宅軟禁状態になったこともあったりと、とにかく冬の寒さには良い思い出が浮かびません。

ダウンパンツ小型電気マット

その鋭い寒さを防ぐため、これまでにダウンパンツを履いたり足元をあたためる電気マットを敷いてデスクワークをおこなったりしました。これらに加えて、ちょっと前にとても良いものを見つけたんですよ。
「毛布型の掛け布団カバー」です。これを掛け布団に包み布団に入るとすぐに身体がぽかぽかとあたたかくなり、気持ちが良くてすぐに眠れるようになりました。他の毛布は不要なほど身体がすぐにあたたかくなるんです。使い始めは体温からなる蒸れが気になったのですが、不思議と身体は慣れるもので気にならなくなりました。

これはなかなか良いものだと思いましたので、この記事にて毛布型の掛け布団カバーをご紹介しますね。冬に欠かせないものになりました。

毛布型の掛け布団カバーはフリース素材、蒸れが生じる

先日に布団乾燥機で羽毛布団をあたためていたときに、ふと「掛け布団カバーが毛布だったらあたたかいのになー、カバーが毛布だったら布団からずれ落ちないしさ」と思ったんですよ。
さっそくいつものAmazonで調べてみましたところ、なんと、あったんですよ。喜々して注文しました。

私がざっと探しましたら、毛布型の掛け布団カバーはその素材のほぼすべてがフリースでした。
フリースは空気を多く蓄えるために暖かく、軽くて肌触りが良いのですが、通気性が悪いためにしばらく身にまとうと汗をかいたあとのような蒸れが生じます。
初めて使用したときはその蒸れが気になり、ブログで紹介するのはやめようかなとも思ったのですが、不思議なことに身体は慣れてくるもので、2日目からは蒸れがほとんど気にならなくなりました。
綿の薄い掛け布団カバーと比べると格段にあたたかく、触ってもひやっとしません。冷たい布団に入って身を丸くしてあたたかくなるまで待つことがなくなりました。
すぐにあたたかくなり、他の毛布を重ねずとも1枚の掛け布団だけで冬の寝床を過ごせます。

毛布型の掛け布団カバーの紹介

毛布型の掛け布団カバー

私が購入したものは上図の製品です。

とりわけこの商品でないとならない理由は無いのですが、試したいことがあってこの商品を選びました。
他にもフリース素材(マイクロファイバー)の製品はいろいろとあります。

  

ちなみにですが、私が掛け布団カバーを購入するときは、必ずベージュかアイボリーの寒色系を選んでいます。
というのも、ブラウンやブラックだと部屋の色合いががらりと変わってしまうんです。普通の毛布ならその色でも問題はないのですが、掛け布団は広い面積を取るから部屋が暗くなります。落ち着いた色のものが良いと思います。

毛布型の掛け布団カバー

毛布型の掛け布団カバー毛布型の掛け布団カバー

起毛面と、衣服によく用いられている肌触りのフリース面に分かれています。
フリース面が肌に当たる面です。
どちらがあたたかいのか試しましたところ、どちらもだいたい同じでした(違いを感じられませんでした)。薄いかったり湿気ているたりする掛け布団ですと、起毛面のほうがあたたかく感じるはずです。
異なる点は肌触りの良さです。もちろん起毛面のほうが肌触りが滑らかで良いのですが、フリース面の肌触りが悪いというわけではありません。
またフリース面の厚さは、衣服で用いられている厚さより少し薄く、柔らかいです。

毛布型の掛け布団カバー

羽毛布団の上に毛布型の掛け布団カバーを乗せて、一晩を過ごしました。
羽毛は吸湿性と断熱性(保温性)に優れており(羽毛を包むカバーがそれを邪魔していますが)、身体はあまり蒸れなかったのですが、布団に入るとひやっとして、あたたまるまでに20分くらいかかり、それまでは身を丸くしていました。
30分経つと、羽毛布団は肌に当たる面はあたたまっているのですが、当たっていないところはひやっとしたままです。

毛布型の掛け布団カバー

たしかにフリース素材の掛け布団カバーは蒸れますが、綿の掛け布団カバーと比べるとあたたかさがまったく違います。
2つを試して、私は考えること無くフリース素材の掛け布団を使うことにしました。

はい、そんなわけで毛布型の掛け布団カバーをご紹介しました。
掛け布団にこれ1枚を包むだけで気温5度(私の部屋)の冬の寝床を過ごせ、他に毛布は要らず、肌に触れて数秒であたたかくなります。
デスクワーク時はひざ掛けにしたり、テレビを前にその掛け布団をかまくら状にして見たりと、あたたかくてとっても役立っています。
なかなかおすすめな1品ですよコレ。

追記:掛け布団を縛るひもが、8箇所か10箇所に付いているカバーが良い

掛け布団カバー


(新たにコレのベージュ色を買いました)

1つ上で紹介した、私が購入したカバーは6か所にひもが付いていました。
6箇所ですと首に当たるところにはひもが付いていません。これだとカバーが通常のものより厚いこともあって、掛け布団からズレやすく位置直しをしなくてはならないため不満が募りました。
そんなわけで、新たに上図の毛布型掛け布団カバーを購入しました。

間違いなくこちらのほうが良かったです。
8箇所にヒモが付いているためです。首に当たるところにヒモが付いているとズレが少なくなり、不満が解消されました。以前より生地にちょっと厚みが増しました。



投稿日時: 2016年01月01日 21:35 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ寝具防寒・暖房
 
 

2015年02月19日

電気ケトル

冬でもエアコンをほぼ付けない私の家(独身・一軒家)の電気料金が明らかに高いのはなぜなのか、原因を突き止めて対策を講じるシリーズ、第8回目です。(7回目はこちら

今回は、電気ケトルの電力と電気料金を計ってみました。

電気ケトル

冬は温かい飲み物が恋しくなるもので、私はPCデスクの隣にある引き出しの上に「お茶エリア」なるものを作っているんですよ。
そこには茶葉やスプーンや電気ケトルなどを置いており、水以外にお茶を作る必要なものがだいたい揃っています。

電気ケトル

私が使っている電気ケトルはタイガー製のものです。ティファールより、こっちかなぁ、って。
内側がステンレスで衛生面に安心がおけることと、プラスチックのものと比べてちょっとくらいは熱が逃げにくいだろうと思い、冬場を中心にもう4年くらい愛用しています。

電気ケトル

電気ケトル

やかんの中はこういった構造です。

電気ケトル

ケトルを台に置き、水を入れて、取っ手のスイッチを押すだけでお湯を沸かせます。
台所でお湯を沸かすと、沸くまで目を離せないから待たないとなりませんよね。その点、電気ケトルは部屋でも沸かせますし、火を使わないから安全です。

電気ケトルの電力と電気料金を計測

電気ケトル

この電気ケトルの最大容量、800mlの水を入れて沸かしました。

消費電力チェッカー

いつもの消費電力チェッカーを使います。

消費電力チェッカー

今回は逆向きに差し込んで、

電子ケトル

スイッチON。

消費電力チェッカー

おおう・・・。
1,260Wも使っとる。

消費電力チェッカー

数分後もだいたい同じW数でした。

電気ケトル

蒸気が上がり、スイッチは自動OFF。

消費電力チェッカー

消費電力チェッカー

沸騰するまでの時間は約7分。
800mlのお湯を沸かすための電気料金は「2.8円」でした。
ほほう。1度の使用で3円かかるわけか。知らなかったよ。

電気ケトル

次は400ml。
先ほど沸かしたお湯を捨てて、水で数分冷やしたのちに、その量の水を入れました。

消費電力チェッカー

1,230Wと表示されています。
その辺りを上下していましたから、水の量に関わらず大体同じ電力を使っているのでしょうね。

消費電力チェッカー

約3分後に電気ケトルのスイッチが切れました。

消費電力チェッカー

400mlのお湯が沸くまでの電気料金は「1.4円」
ということは、200mlあたり0.7円の電気料金がかかるということですね。

感想と対策

水を急騰させるには結構な電力を消費するものなんですね。
せいぜい600Wくらいかな?と思っていたのですが、実は1,250Wもかかっていたとは知りませんでしたよ。
しかしながら1度につき3円程度だから、まあ大した金額じゃありませんね。

省エネを心がけるとしたら、1度に入れる水の量を減らすべきでしょう。
私は2階の部屋から1階の台所へ頻繁に水を汲みに行くことが面倒なので、いつもこの電気ケトルの最大容量の800mlの水を入れています。
しかしながら一度にそんなにも飲みませんから、余計に電気料金がかかってしまうんですね。
今度から入れる水の量を一度に飲める分に減らすことにしよっと。
ペットボトルに水を貯めて部屋に置いておくのも良いかな。

つづく



投稿日時: 2015年02月19日 23:59 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ電気料金防寒・暖房
 
 

2014年12月28日

足

足は体温があまり伝わらず、とても冷えやすい箇所です。
厚手の靴下を履こうとも、ルームシューズを履こうとも、冬場の寒い屋外から部屋に戻ったときは足が冷え切きっています。
こういうときって、お風呂が恋しくなりますよね。
デスクワーク時にも冷えるものですから、小型のホットカーペット・足温器を敷かざるを得なくなりましたよ。

足

足が冷えたまま布団に潜ると、上半身はあたたかくなるのですが、下半身は冷たく、なかなかあたたまりません。
じきにあたたかくなるだろうと30分が経過しても、下半身だけはすっごく寒いです。
こういった経験をされた方は多いと思います。

てなわけで、私がおこなっている足を温める方法を紹介しますね。

 

胡座(あぐら)をかく

あぐらをかく

足が底冷えして布団がなかなかあたたまらないとき、私はあぐらをかいて横になることにしています。

あぐらをかきますと、

あぐらをかく

このように足の裏が太ももの裏に当たって体温が伝わるんですね。
そのまま5分や10分くらい組んで太ももに包んでいますと、氷が溶けるように足がぬくもります。
こうすると太ももがヒヤッとしますが、10分くらいの我慢です。
私は布団に入ったとき、こうやって足をあたためています。お金を使わない方法です、お試しあれ。

 

その他、あんかを使う(電気式湯たんぽなど)

電気式湯たんぽ

上の方法の他に、私は電気式の湯たんぽをもっておりましてですね、充電が完了する10分くらいの時間を惜しまないときに使っています(ズボラなもので)。

電気式湯たんぽ

こんなふうに充電してあたためます。
時間が経つと温度は低くなりますが、布団に入れると起きるまである程度のあたたかさが感じられます。
この種の湯たんぽはコードが無いため、足がコードに当たってヒヤッとすることがありません。



投稿日時: 2014年12月28日 23:59 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ防寒・暖房寝具
 
 

2014年12月14日

雪

起き上がってブラインドを開けると一面が鈍い白銀色に染まっており、現在もぱらぱらと雪が降り続いています。
こういった日は屋外に出たくないものですが、今日は選挙の投票日です。重い腰を上げて長靴を履き雪に沈む靴底を踏みしめ、野ざらしにしている車の前まで歩きました。
投票所に行って帰るだけですからフロントガラスを除雪するだけでいいでしょう。素手で雪をかき下ろしました。

・・・なかなか落とせないんですよ。
ご経験のある方はたくさんおられるでしょう。雪に指を突っ込んでもガラスまで届かずに高さ半分ほどしか落とせず、その上、手では一度に落とせる範囲が狭いために効率が悪いんです。
腕全体を使って雪かきをしようとも衣服が濡れてしまいます。冷たくなった手が吐息の暖を求めたころに道具を頼ることにしました。

てなわけで、今回はその道具をご紹介しますね。
車に常備しておくと、降雪時にかなり役立つんですよコレ。

車用 小型雪かき(スノーブラシ)の紹介

車 雪かき(スノーブラシ)

 

小型の車用雪かき(スノーブラシ)です。
降雪地域に住まわれている方のほとんどは伸縮する長い棒の雪かきを持っていると思いますが、こちらはハンディサイズです。


(車用の長い雪かき。この類のものは雪が降りだすとすぐに売り切れます)

長く大きいサイズの雪かきは、ルーフ(天井)やフロントガラスに積もった雪の多くを車の向こう側に落とせ、衣服に雪が付きにくくなる利点があるものの、そのサイズゆえに腕に入れた力が伝わりにくく、フロントガラスにはやや扱いにくいと感じました。

車 雪かき(スノーブラシ)

その点、小型のものは力が伝わりやすく、小回りの効く使い方ができます。
一度に多くの除雪はできませんが、手でフロントガラスの雪を払うより何倍も効率が良く、手が雪で冷たくなりません。車の中に置いて邪魔にならないことも良い点です。
そのため、私は長い雪かきではなく、ハンディサイズの雪かきをもっぱら使っています。

雪かき 車

このくらいの積雪時が最も使いやすいですよ。

雪かき 車

閉じたワイパー部分のくぼみに詰まった雪も、あらかたかき出せます。

続きを読む

投稿日時: 2014年12月14日 17:38 | 記事URLコメント(9)TrackBack(0)
カテゴリ車・バイク防寒・暖房
 
 

2014年11月18日

羽毛布団はやっぱりあたたかい

羽毛布団

ちょっと前に「毛布の上に羽毛布団をかけるのではなく、羽毛布団の上に毛布をかけると、よりあたたかくなる」といった旨のTweetが話題になりました。
毛布を使わず羽毛布団1枚のみでぽかぽかと安眠しているわしは、真冬には温度計が4度を指す室内でぼんやりとしながら「羽毛布団があれば毛布をかけなくてもいんじゃないかな?」と感想をもらしました。
何であれ、毛布の上に羽毛布団をかけることが普通だと思っていましたよ。

ところでですね、わしは上図のように平らにピンと張った布団って実に美しいと感じるんです。

羽毛布団

掛け布団に隠れた枕がわずかに見えるくらいの幅を取ることが、美しさの重要なポイントです。
これをわかる人はいるかなぁ。いないかなぁ。

羽毛布団

タイトルに羽毛布団はやっぱりあたたかいと書いたのは、エアコンを付けないわしは寒いと感じるとよく布団の中に入り、そのまま熟睡することがよくあるからなんですよ。
羽毛布団は羽毛が空気の層を作り、外気を遮断することで身体の熱を外にもらしません。
身体から発散される熱であたたまるわけですから、暖房のように身体の外側からあたたまるのではなく、身体の内側からあたたかくなるんですね。
それはまるで温泉に入ったあとの火照りのように気持ちよく、ぐっすりと眠れるんですよ。
起きたあともそのあたたかさが気持よく、長く浸りたいからそのまま目をつぶると、うっかり2度寝してしまうことが度々あります。

わしですね、羽毛布団には4つのポイントがあると思うんですよ。
ポイントというか、購入する際の基準かな。

  1. 羽毛の量は1kgもあれば十分にあたたかい
  2. ループ(カバーをくくりつける輪っか)が8つあること
  3. 羽毛を包む布がガサガサしないこと
  4. 獣臭がしないこと

羽毛布団が欲しい方は、別記事羽毛布団の選び方・注意する点(私の経験を踏まえて)をご参照くださいまし。1年くらい前に書きました。

羽毛布団

この頃はすっかりと寒くなってしまい、ソファベッドにマットレスが乗っている時間が増えてきました。
ルームシューズを履いても足は冷えます。足温器(小型の電気マット)を取り出して仕事場の机の下に敷きました


(この50×50cmのサイズのものがおすすめですよ)

来たる冬に向けて、これ以上の防寒対策をしないとならないのは、なんだか気が重くなるものですわ。
いつまでも布団の中でぬくぬくしているわけにもいかないのですが、羽毛布団の心地よいあたたかさは、さながら温泉に入っているかのようです。目を閉じて、しばらくこの夢に浸かっていたい。

・・・ダメ人間になっちゃいますね。いかんいかん。



投稿日時: 2014年11月18日 23:19 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ寝具防寒・暖房
 
 

2014年10月12日

ダメージ1に嘆く

ダウンジャケット

夏が過ぎて秋がだんだんと深まっていき、半袖で過ごされる方はもうおられないのではないでしょうか。
未だに8月の気分が抜けきっていない私でも、10月に入ると肌寒さを感じ、部屋の奥からダウンジャケットを取り出しました。
夜はちょっと寒いですからね、屋内にいる間はこれを長袖1枚の上に羽織って過ごしています。

ダウンジャケット

コレ、いつぞやこのブログで紹介したことのあるヤツです。
ダウンジャケットといっても薄手のものなので温かさが程よく、ちょっと寒さを感じたらいつも着るようになりました。
襟がないので冬にコートの中で目立たずに着れたり、ちょっと温かくしたいときに使えたりと、なかなか重宝しているんです。

ところで、ダウンジャケットの天敵といえば、火でしょう。
ナイロンはちょっとでも火を当てると溶けてしまいますよね。
タバコを吸うときは、口へ近づけるとき以外に必ず身体から遠くへ離したり、火の混じった吸い殻が飛ばないように気をつけたりしていて、この2年ほどはなんら損傷なく使用できました。

だがしかし。

続きを読む

投稿日時: 2014年10月12日 23:50 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ防寒・暖房生活
 
 

2014年02月06日

羽毛布団の選び方・注意する点(私の経験を踏まえて)

羽毛布団

冬の冷え込む寒さに、朝、布団からなかなか離れられない日が続いています。
覗いた窓の外は少し雪が積もり、遠くまで一直線に続いたタイヤ跡へさらに雪がゆっくりと舞い落ちていました。
布団の中から手を伸ばしダウンジャケットを着て台所へ向かい、お湯を沸かす間にベッドの布団を畳み、コーヒーを1杯淹れて暖を取りつつ冬の朝を迎えています。

さてさて、今日は羽毛布団の選び方や注意する点を、私の購入経験を踏まえて書いてみたいと思います。
普段エアコンを付けない私はいつもダウンジャケットとダウンパンツを着用しておりましてですね、ならばもちろん布団もダウンやフェザーの入った羽毛布団を使用しているんですよ。

ダウンが温かい理由

ところで、ダウンって温かいですよね。
その理由は、空気を取り込んだダウンやフェザーのふわふわが内外気を断熱する層を作るためです。
身体から発散される熱が外気へ逃げにくくなるんですね。

羽毛布団を購入する際に注意する点

羽毛布団

  • シングルサイズ(150 x 210cm)だと、詰め物のダウンやフェザーが1kgあれば充分に温かい(本体重量ではない)
  • 獣臭がしないもの(抗菌防臭加工されてあるもの)
  • 側地の布が柔らかくガサガサと音を立てないもの
  • ループ(シーツの紐を通す穴)が8つあるもの
  • 「エクセルゴールドラベル(日本羽毛製品協同組合)」や「G・Fマーク(全日本寝具寝装品協会)」を購入の基準にしない

経験談

2年くらい前に私、このくらいの値段のものだったら充分に温かいだろうと思いつつ、下図の羽毛布団を購入しました。

しかしながら、この製品が届き開封すると部屋中に獣臭が漂ったんです。
おそらくは詰め物のダウンやフェザーがよく洗浄されていなかったためでしょうね。
初めて使用した直後はその臭いに耐え切れず、別の掛け布団を使いました。
その後、天日干しをしたり羽毛布団を畳み何度も押して空気を抜いたりしたら、3日くらいで臭いはさほどしなくなりました。
あらためて使用してみると、確かに温かく眠れはするのですが、いかんせん側地の布が固くガサガサと耳障りな音を立てるんですよ。
すぐに慣れるだろうと思い何日か使用したのですが堪えられず、「やっぱりコレはダメだ」と判断し別の羽毛布団を探しました。

ところで、この布団には「エクセルゴールドラベル(日本羽毛製品協同組合)」や「G・Fマーク(全日本寝具寝装品協会)」が付いていました。
それにも関わらず、獣臭がしたり側地が固くてガサガサ音を立てるということはつまり、あまり信用できない認定マークなのでしょうね。

羽毛布団

そして次に購入した羽毛布団は、今も私が愛用しているモノです。
現在はAmazonで販売されていないみたいなのですが、価格が1万円未満にも関わらずとても良かったんですよコレ。
詰め物は1kgとやや羽毛の量が控えめなのですが、この羽毛布団1枚あるだけで、屋外に雪が積もっている現在でも体が芯まで温まり眠れています。
臭いはせず、ほとんどカサカサと音を立てない点も気に入りましたし、ループは8つありました。
送られてきたダンボールには、寝具メーカーである「西川」の文字がありましたので、やっぱりどこぞのメーカーが作った物より有名なメーカーの物のほうが間違いがないのでしょうね。

ちなみにですが、詰め物の割合は、ダウンが85%、フェザーが15%。
側はポリエステルが80%、綿が20%と書いてありました。

シングルサイズだと、詰め物が1kgあれば充分に温かい

羽毛布団
(左:1kg|右:1.2kg)

詰め物はシングルサイズだと1kgあれば充分に温かいですよ(本体重量ではない)。
5,000円程度の羽毛布団は、詰め物の容量が400g前後と、厚さが薄いものです。
20,000円程度の羽毛布団は、1,2kgあたりが多いと思います。
1kgのものと1,2kgのものを比べますと、厚さは結構違いますよ。

獣臭がしないもの

詰め物のダウン・フェザーがよく洗浄されていないものは、獣臭がします。
その獣臭は部屋中にほんのり香るくらいの臭いですから、購入前に購入者レビューを読んだりして検討する必要があります。

私の場合、天日干しや手で圧縮を繰り返せば3日程度で臭いはだいぶん抜けましたが、鼻を近づけて嗅ぐとちょっと臭ったんですよ。
1ヶ月くらい経過すると臭いはしなくなりました。が、出荷前に充分に取り除いてほしいものです。
この点でも、しっかりした設備を持つ有名メーカーの物の方が安心して買えることと思います。

ガサガサと音を立てないもの

ダウンを包む側生地が固いとガサガサと音を立てます。
この音は結構うるさいんですよ、私なんかはその耳障りさに人のいない実家に放置したほどです。
逆に側生地が柔らかいと、あまり音が立ちません。

ループが8つあるもの

羽毛布団

ループ(シーツの紐を結ぶ穴)は、8つあるものが良いですよ。

羽毛布団

ほとんどの掛け布団の4隅にはループがあるのですが、

羽毛布団

端と端の間にループがない布団がたまにあるんですよ。
この部分が無いとシーツと布団が離れてしまいます。
とりわけ首に当たるところにループがないと、シーツの薄い布のみ首周りに当たって胸が寒くなります。
そしてもちろん、シーツも紐が8つあるものが良いですよ。

羽毛布団

 
(シングルサイズ)

私が使用している、紐が8つあるシーツです。
柄のある布団だと、シーツ背面の白い面からその柄が薄っすら透けて見えますが、まあまあすべすべしており特に不満はなく使用しています。

「エクセルゴールドラベル」や「G・Fマーク」を購入の基準にしない

「エクセルゴールドラベル(日本羽毛製品協同組合)」や「G・Fマーク(全日本寝具寝装品協会)」があった羽毛布団を購入しましたら、獣臭はするわガサガサするわで使わなくなりました。
たとえ組合や協会が定めた基準を満たしているものであろうと、そういったものを手にした以上、そのマークを購入の指標にすべきではないと学びましたよまったくもう。

ちなみに私が現在使用している羽毛布団には、そのようなマークはありませんでした。

ついでに、羽毛布団1枚で温かく眠れる掛け方

羽毛布団

羽毛布団をベッドのサイドに吊り下げないよう身体を包みますと、1枚でもポカポカ温かく眠れましたよ。

 

以上でございました。
羽毛布団の購入を検討されている方は、ぜひご参考くださいまし。



投稿日時: 2014年02月06日 23:58 | 記事URLコメント(7)TrackBack(0)
カテゴリ防寒・暖房