2016年02月25日

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

「ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック」という本を購入しましたよ。

おそらく中級者程度はオーディオの知識や経験があるはずの私がこの本を手に取ったのは、帯の文句に惹かれたためです。

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

“電力会社で音が変わる”は本当なの!?

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

オーオタ(オーディオおたく)は正気の沙汰ではないことの実例として、批判となると声を大にして揶揄する連中が決まり文句のように引き合いに出すアレですね。ほかにHDDによっても音質が異なるだとか目にしたことがあります。
私が初めてこれを見たときは「んなことねーだろ」と鼻で笑ってしまいましたよ。
このことが取り沙汰されてから何年も経過し、もはや手垢のついたネタになって久しいのですが、今でもネット上でたまに見かけることがあります。

しかしながら、本当に電力会社によって音質が異なるのかどうなかは、実のところよく分かりません。
何年も前からずっと記憶にしがみついているものの、私では手が終えません。それでより詳しいプロの見解を知ろうと、いつものAmazonでポチッと購入したわけです。

都市伝説”オーディオに適した電力会社がある”は本当だった(かも)

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

著者は「音質と人口の関係」をグラフ化されていました。

ケーブルを変える前に知りたい50のオーディオテクニック

九州は別として、都市部へ向かうに連れて音質が悪くなっています。
見事な相関を示したために「すごいじゃないですか!」と著者は賛辞を送る、ものの、やはり違う見解を示されていました。

人口密度が高い所で音質が悪くなることはよくあります

職業柄自社のアンプをデモで持ち出すことがあるのですが、市街地(特に都市中心部)に持って行くと音が悪くなるという経験は結構あります。山手線沿いオフィスビルに行くとはっきり劣化がわかることもしばしばです。一般に低音が痩せて、高音がきつくなる感じになります。それと都市部のオーディオショップなどでも音質が悪い状態になる事もある様です。

人口密度が高いところでは音質が悪くなることがよくあるそうです。

都市部で音質が悪くなるわけ

パソコン、家電製品、事務機器などほとんどの電子機器は電源にスイッチングレギュレーターを使用しています。本当のところは人口密度の大きいところでは電源に含まれる高周波ノイズが多く、音質劣化を招く原因になっていたといったところでしょう

最初の話に戻ると「電力会社によって音が変わる」と解釈してしまったので、「そんなことあるかボケ」という反響を読んだのですが、実は都市部ではデジタル機器のノイズが音質に影響を与えているという、至極まっとうな話だったのかもしれません。

結論:人口密度が高いと電子機器のノイズが多く乗るから、音質劣化が起こりやすい

どうも電力会社によって音質が異なるのではなく、人口密度が高いと電子機器のノイズが多く乗るために音質劣化が起こりやすいことが本当のところみたいです。

いやー、そうだったんですねぇ。ほほー。
ネット史に刻まれる重大事案の1つとして数えられそうな、あの発言がずっと記憶に残っていましたから、なんだか胸のつっかえが取れたような気がしましたよ。



投稿日時: 2016年02月25日 23:59 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリオーディオ
 
 

2016年02月10日

珈琲 完全バイブル

細口のポットを片手にコーヒー粉へゆっくりと湯を注ぐとき、私はいつも「どうしたら美味しいコーヒーを淹れられるんだろう」と湧き上がる泡を見つめています。

上手に淹れるとおいしくなる、ということはわかっているものの、何をどうしたら上手に淹れられるのかがよく分からず、できあがったものはテイスティングするかのような飲み方で飲んでいたことが長らくありました。
淹れ方もさながら、どういうコーヒー豆がおいしいのか、ペーパードリップ以外にも抽出器具はたくさんあって一体何が違うのか分かりません。
そういったときはネットで検索するものですが、断片的な情報くらいしか見つからない上に「味の好みは人それぞれ」といった言葉が理解を鈍らせます。

知識を得ようとしても求める情報がなく、何から手を付けていいのかがわからず、教科書や参考書のようなものはないだろうかと、今度は本で学ぼうとしました。
あれこれと買ってみたところ、とても良くまとまっているコーヒーの本を見つけたんですよ。

「珈琲 完全バイブル」という本です。
コーヒー豆を買う際のポイントなどの基礎的な知識から、煎り方による特徴、各種ドリッパーやサイフォンなどによる淹れ方などの中級者的な解説、さらには自分で焙煎したり豆を自分でブレンドしたりする上級者的な見本など、コーヒーに関するあらゆる情報が網羅されています。私自身、この本でお勉強させてもらいました。
この1冊があれば、コーヒーを淹れる側にとっておそらくほとんどのことがわかり、他の本は必要ないくらいのボリュームがあります。
コーヒーの淹れ方や味の違いがよく分からない方や、コーヒーの初心者さんや中級者さんにとって、とても参考になる1冊だと思いました。

そんなわけで「珈琲 完全バイブル」という本をご紹介しますね。

「深煎りコーヒー」って、
どんな特徴があるのか分かりますか?

缶コーヒーやペットボトルのアイスコーヒーに「深煎り」と表記されているものがあります。
この「深煎り」は、焙煎時間が長く黒い色をしたコーヒー豆を指します。
その豆で淹れたコーヒーの味にどんな特徴があるのか、分かりますでしょうか?

珈琲 完全バイブル

多くの方は、「色や味が濃い感じ?わざわざ深煎りって書いてあるんだから他とは違うんだろうな」と、なんとなくこうだろうという憶測で購入されていると思います。
私なんかは自分でよくコーヒーを淹れていますので、「ああ、たぶんちょっと苦くて酸っぱくないコーヒーなんだろうな」ということが予想できます。

珈琲 完全バイブル

深煎りは苦味が強くて酸味が弱く、浅煎りは苦味が弱くて酸味が強い煎り方です。
また、味わいは使うコーヒー粉の量やお湯に浸す時間によっても異なります。

この本には「深煎り」や「浅煎り」、または「中煎り」などの特徴がわかりやすく書かれていました。上図のとおり、その一覧を1ページを使ってまとめており、図でひと目でチェックできます。

珈琲 完全バイブル

また、「ブラジル産コーヒー豆使用」など、豆の産地を前面にしたコーヒー製品もあります。
他にも、コロンビア、コスタリカ、グアテマラなどの生産国があるのですが、味わいがどう違うのか、わかりますでしょうか?
(と、偉そうに言えども、私自身、何が違うのかよくわかりませんでした。)
この本によると、ブラジルのコーヒー豆は「クセがないために飲みやすく、酸味は控えめ」だそうです。

「粗挽き」はあっさり、「細挽き」はヘビーな味わい

珈琲 完全バイブル

コーヒー豆は粉にしたときの粒の大きさにより、味わいが異なります。
「粗挽き」や「中挽き」や「細挽き」などがありますよね。スーパーに陳列されているコーヒー粉の多くは細挽きです。
粗挽きにすると、どこか味が強そうな印象があるように思いますが、逆です。
細引きのほうが表面積が大きい分、粗挽きより成分が抽出されやすいです。
粗挽きはあっさり、細引きは濃厚な味わいがあります。

こういった、どう違うのかということが分かるようになると、「コーヒーはどれも同じ」から「種類によって味の異なるコーヒー」に変わるはずですよ。

ペーパードリップ、各種抽出器具

珈琲 完全バイブル

私たちにとってもっとも馴染みのある抽出方法は、「ペーパードリップ」でしょう。
その抽出器具であるドリッパーは「カリタ」や「ハリオ」や「メリタ」など各社製品があって、淹れ方はそれぞれちょっと異なります。よって、味わいも異なります。

珈琲 完全バイブル

この本には主要なドリッパーの淹れ方がそれそれ書いてあります。
お湯とコーヒー粉の分量、淹れ方が載っています。
「コーノ式」という、淹れ方が難しいと言われているドリッパーの解説もありました。

珈琲 完全バイブル

他にもフレンチプレスの淹れ方や、

珈琲 完全バイブル

サイフォンでの淹れ方も紹介されています。

その他

珈琲 完全バイブル

他に、コーヒーのグレードによる区分や、

珈琲 完全バイブル

ラテアートの仕方や、

珈琲 完全バイブル

コーヒー豆のブレンドのレシピや、

珈琲 完全バイブル

コーヒーに合う付け合せや、

珈琲 完全バイブル

コーヒーの生豆を自宅で煎るホームロストの方法などが紹介されています。

 

はい、そんなわけで「珈琲 完全バイブル」の内容をかいつまんでご紹介しました。
私がこれまでに購入したコーヒーの本の中で最も良くまとまっており、私自身、とても参考にさせてもらいました。なかなかの良本でしたよ。



投稿日時: 2016年02月10日 23:58 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリコーヒー
 
 

2016年01月30日

 
(Kindle版 左:全15巻完全版|右:お試し版・各巻序章のみ)

「こういった売り方もあるのか・・・」と思いましたKindle本を見つけましたので、少々ご紹介しますね。

Kindle版「角川インターネット講座 全15巻合本版」が実質2,700円(21,600円 + ポイント19,008付き)で販売されていました。たぶん、期間限定の価格だと思います。
執筆者がとても豪華です。レビューには「平均読了時間 75時間」とありました。

執筆者・代表監修者

  • 【1巻】「インターネットの基礎」 村井純(慶應義塾大学環境情報学部長)
  • 【2巻】「ネットを支えるオープンソース」 まつもとゆきひろ(プログラマー、Ruby設計者)
  • 【3巻】「デジタル時代の知識創造」 長尾真(元京都大学総長、京都大学名誉教授)
  • 【4巻】「ネットが生んだ文化」 川上量生(カドカワ株式会社代表取締役社長、角川アスキー総合研究所主席研究員)
  • 【5巻】「ネットコミュニティの設計と力」 近藤淳也(株式会社はてな代表取締役会長)
  • 【6巻】「ユーザーがつくる知のかたち」 西垣 通(東京経済大学コミュニケーション学部教授、東京大学名誉教授)
  • 【7巻】「ビッグデータを開拓せよ」 坂内正夫(国立研究開発法人情報通信研究機構理事長、東京大学名誉教授)
  • 【8巻】「検索の新地平」 高野明彦(国立情報学研究所教授、東京大学大学院コンピュータ科学専攻教授)
  • 【9巻】「ヒューマン・コマース」 三木谷浩史(楽天株式会社代表取締役会長兼社長)
  • 【10巻】「第三の産業革命」 山形浩生(野村総合研究所研究員)
  • 【11巻】「進化するプラットフォーム」 出井伸之(クオンタムリープ株式会社CEO)
  • 【12巻】「開かれる国家」 東浩紀(思想家、ゲンロン代表)
  • 【13巻】「仮想戦争の終わり」 土屋大洋(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)
  • 【14巻】「コンピューターがネットと出会ったら」 坂村 健(東京大学大学院情報学環教授)
  • 【15巻】「ネットで進化する人類」 伊藤穰一(MITメディアラボ所長)

15巻で2,700円はお買い得なのですが、はじめに21,600円を支払ってAmazonでのみ使えるポイント19008ptがもらえる仕組みです。これは受講する覚悟があるのか無いのかを試しているように見えます。また、Amazonで高額のお買い物をする前に買うもの、やもしれません。
もし欲しいと思われた方は「無料お試し版」を読んでから決めるべきでしょう。

ちなみに、この記事の1週間前はレビューによると「21,600円 → 2,700円(87%OFF + 20%還元)」だったそうです。


(紙の本)

この本の1巻の通常価格は2,700円です。Kindle版だと1,944円。
これは大変お買い得、というか、こういった売り方もあるのね、と思いましたので軽くご紹介しました。



投稿日時: 2016年01月30日 16:11 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ
 
 

2016年01月28日

なぜ原稿用紙は400字詰めなのか

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室

文庫本「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」に、誰がどうして原稿用紙を400字に決めたのかが書いてありました。
引用しますね。

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室

〜原稿用紙の使い方にも長い間かかって出来上がった規則があるんですね。

だれが、どうして四百字に決めたのか?

はっきりしませんが、明治の中頃ぐらいに、なんとなく決まってしまった。東京・日本橋に丸善があって、あそこの原稿用紙は紙の質がよく、万年筆で書いてもすぐインクを吸い込んでくれる。吸い取り紙ではないけれど、インクの吸い込みがいい。そういう原稿用紙を丸善が日本でいちばん最初に売り出しました。二十六字詰め三十行とか、何種類かあったそうですが、なんとなく、みんなが二十字二十行というのを使いはじめて、習慣が一種の規則になっていったらしい。

こうして原稿用紙は四百字に決まったわけですが、そうしたなかで作家と編集者、印刷所が長い間、一緒に仕事をしていくうえで、いちばんわかりやすい、確実な書き方の規則が出来てきました。〜

39ページ目

みんながなんとなく20字20行の原稿用紙を使っていたから、だそうな。
なんとなくそうなっちゃたのかー。

しかしながら、物事ってそんなふうになんとなく決まっていくものですよね。私も歯切れのよい数字のほうを選びます。



投稿日時: 2016年01月28日 00:36 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ
 
 

2015年10月30日

「ボンタンアメ」を食べてみました(だがしかし 第25話)

ボンタンアメ

AmazonのKindle本(電子書籍)を探していたときに「だがしかし」(駄菓子菓子)というマンガが目に付き、レビュー数の多さからなんとなく購入してみました。
読んでみましたところなかなか面白くてですね、私が子どもだった頃に食べたお菓子の思い出を振り返りながら読みふけっていました。
そのマンガに登場している駄菓子をつい食べたくなり、Amazonでいろいろと買い込んでみましたよ。

ボンタンアメ

前回書きましたヤンヤンつけボーを食べたときは、メーカーである明治さんの隠そうとも隠し切れない優等生っぷりに「こんなの駄菓子じゃないやい!ばーかばーか!」と、つい暴言を吐いてしまいましたが、今回はお茶を飲みながら心を落ち着かせて「だがしかし」2巻・25話の「ボンタンアメ」をご紹介しますね。
そのマンガを読まれたことのある方は、実物はこういうものだと原作の補完程度にお読みくださいまし。

だがしかし

ところで、「だがしかし」はどういうマンガなのか、ひとことで言いますと、主人公が主人公してない女の子メインのマンガです(あってる)。

 
(左:Kindle版・電子書籍|右:コミック版・紙)

セイカ食品「ボンタンアメ」を食べてみました

ボンタンアメ

もうね、ボンタンアメは私の大本命ですよ。
「たけまる」のレジから2番目の棚の上に置いてあってですね、小銭を握りしめておやつを買おうといろいろ選んでいると、その中の1つに必ずボンタンアメが入っているんです。
あ、たけまるは、小さいころに住んでいた平屋から駅を挟んだところにある最寄りの商店です。

だがしかし

Amazonから商品が届いて久しぶりにパッケージを見ると、

ボンタンアメ

「南国特産 文旦飴 登録商標」
ああ、変わってないなぁ。

ところでボンタンって、そういう名の柑橘類が沖縄あたりにあるんでしょうかね?
ポンカンならスーパーに置いてあるのですが、ボンタンはたぶん見たことがありません。

ボンタンアメ

箱から引き抜きますと、

ボンタンアメ

綺麗に並べられた10粒のボンタンアメが出てきました。
アメというよりお餅に近いお菓子です。
これは駄菓子か?と問われると、たぶん違うと思うよ、と答えるのですが、おいしいからそんなことはもはやどーでもいいんですよ。

ところで、よく覚えてないんだけどさ、昔はもっとぎゅうぎゅうに詰められていませんでしたっけ?
もしかしたら2個減ってる?記憶違い?

ボンタンアメ

ボンタンアメはオブラートに包まれています。

ボンタンアメ

だがしかし

もちろんオブラートは食べられることはわかっているのですが、私も作中のグラサンの子のように三角に畳まれたところのてっぺんからペリっと引き剥がそうとしていました。
でも、指で剥がそうともアメにくっついて取れず、今度は歯で引き剥がそうとするも唾液で溶け、そのうち諦めてもぐもぐと食べていましたよ。

ボンタンアメ

では実食。
実物は写真よりもっと濃いオレンジ色です。みかんの色。

初めはオブラートの味がします。
オブラートは唾液ですぐに溶けて、アメというにはちょっと異なるお餅のような柔らかさに何度か噛むと、大きくて皮の厚い柑橘系のみかん?の味が、その香りと甘さとともに広がりました。
ああ、あの味だ。昔と変わっていない。
噛み続けると味がまろやかになっていきます。
ボンタンアメが溶けて小さくなり、噛みごたえが無くなると、最後はごくんと飲みました。
うん。おいしい。やっぱりおいしいですわ。
続けて何粒も食べ、気づいたら1箱を食べ切っていました。

んでですね、1粒を食べ終わって気づいたんですよ。
「・・・ん?渋い?」って。
後味が少々渋いんです。ずっと口に残ってる。
あれー?、昔はそんなことなかった気がするんだがなぁ。

おそらくは皮の汁が入っていると思うんですよ。果汁を絞るときに皮まで一緒に絞ったにかな。
子どものころはそんな渋さを感じたことが無いと記憶しています。子どもだから渋かったらたぶん買い続けていなかったんじゃないかな。ううむ。
いやー、どういうことでしょう?製法が変わったのか、不況の煽りなのか。

 

ま、それはともかく、とても懐かしい味を堪能しましたよ。
無邪気だった自分自身は空き地の広場や薄暗い堀の中やこたつの中にいて、未来にいる私がそれを眺めていました。



投稿日時: 2015年10月30日 11:56 | 記事URLコメント(4)TrackBack(0)
カテゴリ駄菓子
 
 

2015年10月27日

ヤンヤンつけボー

AmazonのKindle本(電子書籍)を探していたときに「だがしかし」(駄菓子菓子)というマンガが目に付き、レビュー数の多さからなんとなく購入してみました。
読んでみましたところなかなか面白くてですね、私が子どもだった頃に食べたお菓子の思い出を振り返りながら読みふけっていました。
そのマンガに登場している駄菓子をつい食べたくなり、Amazonでいろいろと買い込んでみましたよ。

ヤンヤンつけボー

前回のキャベツ太郎に引き続き、今回は「だがしかし」2巻・23話の「やんやんつけボー」をご紹介しますね。
そのマンガを読まれたことのある方は、実物はこういうものだと原作の補完程度にお読みくださいまし。

だがしかし

ところで、「だがしかし」はどういうマンガなのか、ひとことで言いますと、駄菓子メーカーの令嬢がなんかエロいマンガです(間違いなくあってる)。

 
(左:Kindle版・電子書籍|右:コミック版・紙)

 

本題の前に、そもそも「ヤンヤンつけボー」は駄菓子なのか?

さてさて、今回はこのマンガのストーリーを軽く追うことにしましょうか。

だがしかし

「ヤンヤンつけボー」は駄菓子か否か。

だがしかしだがしかし

その問答から始まり、

だがしかし

「たぶん駄菓子かな?」との曖昧な結論に至って1話が終わります。

んとですね、現在私は箱買いした10個のヤンヤンつけボーを食べ切っています。
1つ1つ咀嚼しながらぽりぽりと食べている間に私が抱いた感想は、今回のストーリーの結論とは異なっているんですよ。
いや、コレ駄菓子じゃねーだろ」って。

 

明治「ヤンヤンつけボー」を食べてみました

ヤンヤンつけボー

さてさて、なぜにヤンヤンつけボーは駄菓子では無いのかはひとまず棚に上げて、このお菓子はどんなものなのかをご紹介しますね。

ヤンヤンつけボー

フタ。
棒のクラッカーをチョコレートクリームにつけて食べるお菓子です。

続きを読む

投稿日時: 2015年10月27日 13:04 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリ駄菓子
 
 

2015年10月18日

「キャベツ太郎」を食べてみました(だがしかし 第30話)

キャベツ太郎

AmazonのKindle本(電子書籍)を探していたときに「だがしかし」(駄菓子菓子)というコミックを見つけ、レビュー数の多さからなんとなく購入し読んでみましたら、これがまた思いのほか面白かったんですよ。
そのマンガに登場している駄菓子をつい食べたくなりましてですね、Amazonでいろいろと買い込んでみました。

前回のさくら大根に引き続き、今回は菓道の「キャベツ太郎」をご紹介しますね。
そのマンガを読まれたことのある方は、実物はこういうものだと原作の補完程度にお読みくださいまし。

だがしかし

ところで、「だがしかし」はどういうマンガなのか、ひとことで言いますと、コスプレおっぱい美少女のエロいポーズを楽しむマンガです。(だいたい合ってるかな)

 
(左:Kindle版・電子書籍|右:コミック版・紙)

菓道の「キャベツ太郎」を食べてみました

キャベツ太郎

いやー、デカいですね・・・
クロネコさんから荷物が届いて、段ボール箱を開けたらでんと入っててちょっと驚きましたよ。

キャベツ太郎

それもそのはず、だって30袋入りのものを買ったんだもの。
だがしかし、こんなに入ってお値段はなんと、1袋たったの20円(税抜き)ですよ?
合計で648円(送料無料)ですよ?、そりゃもう買うよ。超買うよ。

だがしかし

これまでに、ポテトフライフエラムネモロッコフルーツヨーグルさくら大根と箱買いして紹介してきましたが、キャベツ太郎はその中で唯一、箱買する前に食べたことのある駄菓子です。
といえども、子どもの頃に食べたのではなく、たしかゲームセンターのクレーンゲームで落として食べたことが初めてなのかな?
ともかく、100円玉を湯水に流すが如くつぎ込める歳になってから食べたことは間違いないと思います。
近所の商店に売ってなかったんだから仕方がないね。

キャベツ太郎

前に食べたのはいつだろ?10年くらい前?大学生の頃?と思い出しながら、袋を横に破き鼻を近づけてにおいを嗅ぎました。
ソースのにおいがしました。ああ、ソース味なのね、・・・って、あれ?もしかして食べたことが無いのかな?どうなのかな、と思っている間に、ソース特有の酸味のにおいに軽くむせてしまいました。

キャベツ太郎

ふんわり膨らんだとうもろこしのスナックを舌に乗せると、ソースの甘辛くちょっと酸味のある味が粉とともに広がりました。
味は濃すぎずくどくなく、かといって薄すぎることもなく、ソースにしてはやや控えめのちょうどよい塩梅でした。おいしいです。
おいしいのですが、何かこう、どこか整っていないような、完成されていないような味のお菓子だと思うんです。
この、どこか物足りない感が駄菓子たる所以なのでしょうね。良いですよコレ。

キャベツ太郎

袋は他の駄菓子と比べてちょっと大きめですが、コーンの1つ1つを唾液に濡らすとすぐにしぼみます。ボリュームのあるものを食べている感がありません。ま、20円ですし。
おいしいから1袋がすぐになくなり、もう1袋を開けてサクサクと食べ、まだ足りないからもう1袋と、次々と新しい袋に手を伸ばしましたよ。

キャベツ太郎

ソースがよく染み込んでいるコーンが1袋に3つくらいありました。
これはそうするようにしたのか、はたまたミスなのかは分かりませんが、こういうところが駄菓子っぽくて良いですねぇ。

キャベツ太郎

この子がキャベツ太郎くんなのかな?

だがしかし

もちろんのこと、キャベツは高価なので使っていません。とうもろこしです。

キャベツ太郎

で、キャベツ太郎くんは言葉を扱うことができるんですよ。
「もりもり食べてもりもり勉強しよう。」のあとに、「通信簿に関係なくおいしいヨ!!」と、前後が背反しているところがカエルっぽい、というか、駄菓子っぽくていいですねぇ。

キャベツ太郎

メーカーの華道さんは「太郎シリーズ」を作られており、カエル以外にもたくさんの太郎がいます。
マンガでは「ラーメン屋さん太郎」「焼肉さん太郎」「いか太郎」「もろこし輪太郎」「蒲焼さん太郎」「わさびのり太郎」が軽く紹介されていました。

だがしかし

  

  

思い出しましたよ。私がこの中で子どもの頃に食べたとはっきりと言える駄菓子は「焼肉さん太郎」と「蒲焼さん太郎」です。
あれ、おいしいですよね。昔、3つくらいまとめて買って食べてたよ。

 

キャベツ太郎

はい、そんなわけで華道の「キャベツ太郎をご紹介しました。
ソースは濃すぎず薄すぎない良い塩梅の味がして、だけれどもどこか量や味に物足りなさを感じつつ、でもおいしいから一度に何袋も開けてサクサクと食べていましたよ。
やっぱり駄菓子というものは整ってちゃいかんのですよ。うんうん。



投稿日時: 2015年10月18日 21:34 | 記事URLコメント(3)TrackBack(0)
カテゴリ駄菓子
 
 

2015年10月15日

「さくら大根」を食べてみました(だがしかし 第21話)

さくら大根

AmazonのKindle本(電子書籍)を探していたとき、「だがしかし」(駄菓子菓子)というコミックを見つけ、レビュー数の多さからなんとなく購入し読んでみましたら思いのほか面白かったんですよ。
そのマンガに登場している駄菓子をつい食べたくなり、Amazonでいろいろと買い込んでみました。

前回のモロッコフルーツヨーグルに引き続き、今回はだがしかし・21話の「さくら大根」をご紹介しますね。
そのマンガを読まれたことのある方は、実物はこういうものだと原作の補完程度にお読みくださいまし、と言いたいところですが、

だがしかし

作中のさくら大根と私が紹介するさくら大根は、メーカーが異なっているんです。
Amazonで調べてみやま食品工業村岡食品工業のものがあることを初めて知り、ああ、同じ名前の駄菓子があるんだなぁ、・・・どっちがパクりなんだろ?って思いましたよ。

 

みやま食品の方がパッケージが駄菓子っぽい雰囲気でした。
「だったらそっちを買えよ、てか、マンガと同じもの買えよ」って話なのですが、だってさ、村岡食品のさくら大根はAmazonが販売・発送するから送料無料なんだもの・・・。みやま食品は送料がかかる・・・。
つまるところ、みやまのさくら大根を取り扱わないAmazonが全部悪いのである。うんうん。

だがしかし

ところで、「だがしかし」はどういうマンガなのか、ひとことで言いますと、ぐるぐる目の美少女が1話ごとの扉絵で見せるエロい脚を楽しむマンガです。駄菓子はおまけです。(だいたい合ってる)。

 
(左:Kindle版|右:コミック版・紙)

ムラオカ「さくら大根」を食べてみました

さくら大根

とまあ、そんなわけでムラオカのさくら大根をご紹介します。
両社の商品の特徴はよく知らない、というか、私はさくら大根自体を今回初めて食べます。
いくら思い出そうとも私が子どもの頃にさくら大根を見た記憶が無く、もしお店で見かけたとしても、たぶん買わなかったと思うんです。

・・・だってさ、さくら大根って漬物だよ?
甘いものが大好きな子どもが、なぜにどうして100円玉を握りしめて漬物を買いにいかんとならんのか、って話ですよまったくもう。
外箱からそこはかとなく漂ってくる酸っぱいにおいと漬物臭さに手が止まりつつも、俺が食べようとしているものはお菓子じゃないんだ、漬物なんだと封を切りました。

さくら大根


(10袋入り)

おー、初っ端からビニールがくるりと曲がってて見た目に美しくないところが、逆に駄菓子っぽい。

さくら大根

ムラオカのさくら大根。
最近の駄菓子はURLを表記してるのね・・・。

続きを読む

投稿日時: 2015年10月15日 21:14 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ駄菓子
 
 

2015年10月05日

モロッコフルーツヨーグル

AmazonのKindle本(電子書籍)を探していたとき、「だがしかし」(駄菓子菓子)というコミックを見つけ、レビュー数の多さからなんとなく購入し読んでみましたら思いのほか面白かったんですよ。
そのマンガに登場している駄菓子をつい食べたくなり、Amazonでいろいろと買い込んでみました。

だがしかし

前回のフエラムネに引き続き、今回はサンヨー製菓の「モロッコフルーツヨーグル」をご紹介しますね。
そのマンガを読まれたことのある方は、実物はこういうものだと原作の補完程度にお読みくださいまし。

だがしかし

ところで、「だがしかし」はどういうマンガなのか、ひとことで言いますと、おっぱい美少女が駄菓子を美味しそうに食べるマンガです(だいたい合ってるはず)。

 
(左:Kindle版|右:コミック版・紙)

 

サンヨー製菓の「モロッコフルーツヨーグル」

モロッコフルーツヨーグル

私はモロッコフルーツヨーグルを食べたことがないこともあってか、Amazonから商品が届き段ボール箱を開けてパッケージを見たらいなや、これはもう期待せざるを得ない気持ちでいっぱいになったんですよ。

モロッコフルーツヨーグル

ほら、見てくださいよ。
こーゆーのですよこーゆーの。見るからにまさに「駄菓子」じゃないですか。
他の駄菓子はコスト削減のためか、外箱が簡素すぎて味気ないと思っていたんです。

モロッコフルーツヨーグル

この紐もレトロな雰囲気を出してる。

モロッコフルーツヨーグル

しかも当たり付きですよ。
最近じゃ珍しいのではないでしょうか。

モロッコフルーツヨーグル

賞味期限の読み方まで書かれてある丁寧っぷりはさておき、フタと容器のボール紙はホッチキスでとめられて箱になっているんですよ(写真には映っていませんが)。
糊付けじゃないところがいいですねぇ。

モロッコフルーツヨーグル

ワクワクしながら開封しました。
どんなものが入っているんだろ?


(ちなみにですが、このハサミを使ってる)

続きを読む

投稿日時: 2015年10月05日 23:24 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ駄菓子
 
 

2015年09月29日

コリス「フエラムネ」

AmazonのKindle本(電子書籍)カテゴリで本を探しているときに、レビュー数が多いなぁ、買ってみるか、と、ついでに購入した「だがしかし」(駄菓子菓子)というコミックが思いのほか面白くてですね、そのマンガに登場している駄菓子がつい食べたくなり、Amazonが販売・発送しているものに限りいろいろと買ってみました。

「だがしかし」はどういう漫画かといいますと、おっぱいと駄菓子をテーマにしたマンガです(だいたい合ってると思う)。

だがしかし

前回のポテトフライに続き、今回は11話目のタイトル「フエラムネ」をご紹介しますね。
そのマンガを読まれたことのある方は、実物はこういうものだと原作の補完程度にお読みくださいまし。

 
(左:Kindle版|右:紙のコミック)

コリス「フエラムネ」

コリス「フエラムネ」

  

Amazonで見て初めて知ったのですが、フエラムネっていろんな味の種類があるんですねぇ。
いちご味やぶどう味やコーラ味など、見たところ6種類ありましたよ(Amazonへのリンク)。

コリス「フエラムネ」

1箱20袋入り。

コリス「フエラムネ」

だがしかし

8個のラムネとおもちゃ箱が1袋に入っています。
コレ、私、ちっちゃいころに食べたことがありますよ。ちゃんと覚えてる。

コリス「フエラムネ」

袋の下の端にビニールを引っ張るために糊付けされていない箇所があり、そこからシートを引っ張ると、まず出てくるものが「おもちゃばこ」です。

コリス「フエラムネ」

何が入っているのかな?

続きを読む

投稿日時: 2015年09月29日 16:56 | 記事URLコメント(6)TrackBack(0)
カテゴリ駄菓子