銅の水切りカゴ

2015年03月12日

銅製水切りカゴ(台所排水口用)

銅は高い抗菌力を発揮すると言われています。
台所の排水口に銅製水切りカゴを用いるとどんな効果が表れるのか、現在、実際に使用することで調べているところです。

1月6日に銅製水切りカゴを設置し、それから2ヶ月(+6日)が経過しましたので、現況をレポートしますね。
上図は、その2ヶ月後のものです。
設置からずっと洗わずに放置していますが、写真を撮るためにカゴについた野菜の皮などを軽く指で拭ったり、蛇口の水圧で大まかな汚れを除いたりしました。

銅製水切りカゴ(台所排水口用)

こちらは使用前の新品です。
当初は自分の顔が映るほどきれいな光沢があったんですがねぇ。

銅製水切りカゴ(台所排水口用)

サビが進み光沢は損なわれ、青い錆がひと目でわかるほどあらわになりました。
たわしでこすれば除けるでしょうし、輝きも蘇るのでしょうが、少なくとも1年間はそうしないようにと決めています。

銅製水切りカゴ(台所排水口用)

側面。

銅製水切りカゴ(台所排水口用)

底面。おおう・・・。
最も水が残りやすいところですから、どの箇所よりも変色が激しくなっています。

銅製水切りカゴ(台所排水口用)

内側の底一面は色が白ばみ、鉄がサビたようなあとが薄っすらと見えます。
強烈なにおいではありませんが、鼻を近づけるとサビのにおいが漂い、使い始めてから1ヶ月後よりもっと強くなりました。銅は錆びるものですから仕方がありませんね。

また、水切りカゴにぬめりはありませんでした。

台所排水口

そしてまったく洗っていない排水口は、2ヶ月後にしてはきれいな方なのではないでしょうか。
鼻を近づけても、嫌なにおいはまったくしませんでしたよ。
まだまだ寒い時期なので菌が繁殖しにくいこともあり、水に溶けた銅の抗菌作用なのかは定かではありません。

暖かい季節が来るまであまり参考にはならないやもですが、以上が2ヶ月後のレポートです。
銅製水切りカゴはホントに効果があるのか、と問われるなら、たぶん、あるんじゃないかな、と答えます。



投稿日時: 2015年03月12日 21:57 | 記事URLコメント(2)TrackBack(0)
カテゴリ銅の水切りカゴ
 
 

2015年02月07日

先月の1月6日に我が家の台所の排水口に銅製水切りカゴを設置しました。
銅は高い抗菌力を発揮すると言われています。銅製水切りカゴを使うと、排水管のぬめりや黒ずみがどの程度抑えられるのかなどを、実際に使用することで調べております。

本日は2月7日。1ヶ月経過しましたので現況をレポートしますね。

水切りカゴ 銅製

上図は使用する前の新品です。
1ヶ月経過すると下図のようになりました。

1ヶ月後

銅 排水口 水切りカゴ

検証のためブラシやスポンジで洗わず、撮影時は指で生ゴミなどを軽く拭いながら蛇口の水でおおまかに流しました。

銅 排水口 水切りカゴ

新品時と比べると色がくすんでいます。
銅はサビますから黒ずんでしまうんですね。

 

銅製水切りカゴ

パンチ穴をつたって水が銅を溶かし、どこか泣いているように見えました。
溶けた銅には抗菌作用があるそうな。

銅 排水口 水切りカゴ

銅 排水口 水切りカゴ

鼻を近づけて嗅ぐとサビのにおいがしました。
そのにおいは周りに漂っていません。

銅 排水口 水切りカゴ

(色温度と照明の関係で実際の色とはちょっと異なります)
青サビも一部ありますね。

排水口

1ヶ月前から洗っていない排水口はちょっと黒ずんだ様子です。
銅が水に溶けることによる抗菌作用なのか、鼻を近づけても特に異臭はしませんでしたよ。

排水口

現在は2月7日。臭いやぬめりが発生しにくい寒い季節です。
その時期の調査は当てになりませんが、とりあえずご報告しました。

(続きはたぶん1ヶ月後)



投稿日時: 2015年02月07日 23:58 | 記事URLコメント(0)TrackBack(0)
カテゴリ銅の水切りカゴ
 
 

2015年01月06日

水切りカゴ 銅製

とある方とお話をしているときに「銅製の水切りカゴを使ったら、排水管のぬめりが無くなった」と聞きました。
脈絡もなくひとことそう言い始め、すぐに別の話題に移っただけに、どこか気になって強く印象に残ってしまいましたよ。
ただ、小耳に挟んだ程度では銅にどんな作用があるのかがわかりません。
帰宅したのちにいつものAmazonで銅製の水切りカゴ製品を調べ、聞きかじりの知識を補うべくレビューを軽く読みました。

  • 残飯が2〜3日は臭わなくなった
  • 排水口のぬめりや、生ゴミの嫌なにおいがほとんどしなくなった
  • 5年で買い替え

これは良さそう、と、ぽちっとお買い物をしましたよ。

ところで、私は自分で何かを買い、ブログでいろいろとレポートすることをおこなっておりましてですね、これもその1つにしようと考えました。放ったらかしにするだけで手間がかかりませんしね。

てなわけで、果たして銅製の水切りカゴを使うとどんな効果があるのか、またどのように作用するのか、長期間の実験をおこないます
現在は1月6日の冬です。寒いですからぬめりや生ゴミの臭いはほとんどしません。モノが腐りやすい夏まで実験をおこない、適時レポートしますね。

パール金属
アクアスプラッシュ 純銅 排水口 水切りカゴ

水切りカゴ 銅製

私が購入したものは、パール金属の純銅水切りカゴです。
コレを使って検証することにしました。

一般的な台所の排水口に合う13.5cm経口サイズです。

水切りカゴ 銅製

銅は水にわずかずつ溶けますのでいずれ穴が空いてしまうものですが、この製品、銅板を打ち抜いたものは、メッシュ(網)のものよりだいぶん耐久性があるそうですよ。厚いですしね。
「2〜3年は持った」、「5年で買い替えた」とのレビューがありました。

水切りカゴ 銅製

ところどころ穴が空いています。

現在、キッチンの排水口はこんな様子です

台所 排水口

ズボラが功を奏し(?)、調度よいサンプルがありました。
排水口を洗わないと、このように汚れてしまいます。
たしか、夏の中頃に排水口をブラシでごしごし洗ったのが最後だったかな?

続きを読む

投稿日時: 2015年01月06日 23:33 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリ銅の水切りカゴ