ぷららが遅い

2017年05月16日

鳥取市において、込み合う時間帯に一時的にせよ0.03Mbpsという驚愕の数値をたたき出したプロバイダの「ぷらら」。(3回に分けて書きました
何度か計測しても0.5Mbpsやら0.3Mbpsやら、小数点以下の数値しか出ないことから、ぷららを切ってNTT関連会社以外のプロバイダと契約したところ、常時15Mbps〜25Mbpsの速度が出るようになりました。

その結果から、当然のように疑問が生じます。
なんでぷらら遅いん?」って。
私は大学生のころ、NTTのドットコムマスターのシングルスター(今は名称が違うみたい)に受かった程度で、ネットワーク管理関係はそこそこ程度の知識しかありません。つまり、原因がわからんのです。

というわけで、知人に聞いてみました。
私の知り合いに、どこに勤めているのかは聞きにくくて知らないのですが、ネットワーク関係にとても詳しい人がいるんです。たぶん「中の人」なんじゃないかな。
昨日にその人から、ぷららが遅い理由を中心としていろいろとちゃちゃっと聞いてみたんですよ。
「まささん、ぷららに消されますよ(笑)」「中の人さん、僕と一緒に消されましょう」てな具合に。
聞きかじり程度ですがここにて記してみますね。

 

ちなみにですが、私、というかこのブログはあるテーマに関して連投することは多くないんです。電気料金シリーズ空気嫁シリーズ以来なのかな。
ちょいとしつこくぷららの悪口を言うことで、島根・鳥取エリアにおいてぷららはもとよりNTT関連プロバイダの改善を訴えるべく書いてみたいと思います。

いやね、当ブログは意外と閲覧者数が多いんですよ。
よくわからないうちにブログが成長してて、前より面白いことを書けず少なくなりましたが、今でも1日に8.000や10.000の閲覧者さんがおられるんです。
意外な影響力があるみたいなんですよ。エビオス錠やらスマフォのアンチグレア保護フィルムやらチョコボールやらコーヒーやら、1ヶ月前なんかはワールドビジネスサテライトさんからなんやらと連絡が入ったりと、微妙な発言力があるように思いますから、山陰エリアのためにテキトーに頑張ってみたいと思います!いや、ほんとテキトーに。

 

マンションタイプと戸建てタイプ、実は速度に関係ない

インターネット回線のサービスは、一般だと「マンションタイプ」と「戸建てタイプ」の2つがあります。
戸建てタイプの方が速度が速いと思われがちですが、実は速度に関係ないんだそうな。

その理由は、そこらへんの家やらマンションやらからの光ファイバーが、そこらへんの電柱に束ねられて基地局に送られているからです。自分の家から直に基地局へ通じている光ファイバーはありません。
20年前ならまだしも、今では戸建てタイプが有利ではないんだそうな。

下り速度が10Mbpsを切ったら異常事態

当方の環境では驚愕の下り0.03Mbpsのスピードをたたき出したのですが、家庭内環境が原因ではない場合に10Mbpsを切ったら異常事態なんですって。
検証レベル・調査員派遣レベル、はたまた裁判に持っていけるレベルなんだそうな。虚偽のPRだとかで。

お〜い、ぷららさんよ〜。
早く山陰エリアの基地局増やさんと、訴えて雪印のように社名変更を余儀なくされるまで追い込んでやるぞ〜。とかなんとか。

データ転送量が多いと潰される

山陰のようなデータ転送量が少ない地域において、ちょっとでも転送量が多いとNTTプロバイダは意図的に転送速度を絞るんだそうな。
「あ、コイツ潰そ」って。

とはいえ、そんなの大手プロバイダはどこもやってることらしいです。
が、ぷららさん。たとえそうだとしてもさ、0.03Mbpsはあまりにもひどいんじゃないですかねぇ・・・。
たしかに私の家の周りはおじいちゃんおばあちゃんだらけだから、たぶん私がいちばん転送量が多いと思うんです。でも、1日に多くて3〜5GBくらいなんじゃないかな?
Amazonプライムビデオ見たり、ソフトのダウンロードしたり、えっちな動画・・・は最近見ないです。
それでこんなに絞るの?えー・・・。

P2Pソフトの使用はばれている

データ転送量はばれているんだそうな。
しかも、どのP2Pソフトを使っているのかすらも、わりと簡単に分かるんだそうな。

いやー、怖いですねぇ。
わしゃそんなの使っとらんのですが、調べればすぐに分かってしまうのか・・・。

わし、ぷららのブラックリスト入り?

「もしかしたらぷららの中で、まささんブラックリスト入り・・・、してるんじゃないでしょうか(笑)」
そういうのがあるっぽいことをおっしゃっていました。

・・・笑い事じゃないよ!そんなのヤダよ!
そりゃさ、えっちな動画だとか見たりすることもあるけどさ、それでブラックリスト入りの記録が残るだなんて末代までの恥ですよ・・・、もー・・・。

ま、真相はぷららのみぞ知るところでしょう。
にしてもさ、小数点以下のスピードしか出なかったのはあまりにも対応が悪すぎなんじゃないでしょうか、ぷららさん。
速度に困ってる人は結構いるんだからさ、山陰だけでもなんとか頑張って基地局増やしてくれませんですかね?



投稿日時: 2017年05月16日 20:17 | 記事URLコメント(5)TrackBack(0)
カテゴリぷららが遅いパソコン・インターネット関係
 
 

2017年05月12日

インターネット回線速度

昨日の午後9時30分ごろ。
うんうん。これぞ光インターネット回線といった通信速度ですねぇ。
USEN フレッツ光の回線・通信速度 測定結果にて計測)

インターネット回線速度

同じく昨日の午後11時時前。厳密にいえば午後10時52分。
回線が込み合う時間帯ですが、こちらもなかなかのスピードが出てますねぇ。
本日のさっき、午後10時30分にも何度か計測しましたら「16〜26Mbps」でした。

 

ぷらら

代わって、プロバイダが「ぷらら」の場合。

フレッツ光 回線速度

驚愕の「31Kbps」ですよ・・・。

3日前の午後10時ごろ、ブログの管理画面のロード時間があまりにも遅すぎることに苛立ち、簡易的ではありますが計測してみましたところ、1発でこの数値が出てきたんです。
何度か計測しても、たった「1Mbps」すら出ず、0.5だとか0.3だとか小数点以下の数字が並んでいました。
午後10時から12時あたりまでは、ずっとこうなんです。というか、こうだったんです。

 

前回の記事 ⇒

 

ここ10年くらいの間、メールアドレスが変わると困るという理由から、ずっと「ぷらら」と契約し続けていた私は、メールサーバ使用料300円 / 月の支払いを決心して、昨日ついにプロバイダを変更しました。

そいたらですね、インターネット回線速度がなんと500倍も跳ね上がりました
500倍はちょっと言い過ぎにせよ、回線の込み合う時間帯になると30倍や50倍くらいの差が出たんです。

いやね、プロバイダの変更により回線速度が改善される保証は無く、すぐに契約解除すると違約金を支払わなきゃなりませんから躊躇していたんですよ。
ですが、前々回にいただきましたコメントをきっかけに思い切って変えてみたら大正解でした。
いやー、皆さまホントありがとうございました。

 

ところでNTT西・東日本さん、ごめんね。
わし前々回のタイトルに「フレッツ光の回線速度があまりにも遅い」って書いちゃったよ。そのためでしょうか、なぜか閲覧数が多かったよ。
でもね、たぶんあなた方、私が「てーめーんとこ遅いんじゃー!」って言ってもさ、「近隣の方々が回線を使用して込み合っているため、致し方がありません」だとかテンプレを読み上げるのみで具体的な解決策を講じてくれないじゃないですか。
しかもぷららは「NTT」の看板を掲げているからさ、まったく関係がないというわけではありませんよね。
だからタイトルは変えないよ。少なくとも鳥取エリアのぷららが網終端装置を大幅増強・増設するまでは。

 

で、みなさん。もはや私があえて言わなくてもお分かりですよね。

俺はみんなに警告したい。

ぷらら

ぷららとは絶対に契約してはならぬ。
CMに惑わされるな。あれは罠だ。
黒い噂をよく耳にするぷららだが、あれは本当だったんだ。
というか、NTTグループ会社のプロバイダは、すべて帯域制限がかけられているぞ!
プロバイダを選ぶのであれば、ぷららやOCNやWAKWAKやドコモnet以外のところを選ぶんだ!

え?県や地域により回線速度は異なる、ですと?
だからどうした!俺は本来支払わなくてもいい月額300円を支払わなきゃならなくなったんだぞ!
そりゃもうNTT全方位に向けてDisりたくもなりますよ、もー・・・

(おわり)



投稿日時: 2017年05月12日 23:47 | 記事URLコメント(8)TrackBack(0)
カテゴリぷららが遅いパソコン・インターネット関係
 
 

2017年05月11日

ぷらら

 

ただ今、正午の0時。

インターネット回線スピードテスト

当方のインターネットの回線速度は「12Mbps」です。
USEN スピードテストより)

これが午後10時になりますと、

フレッツ光 回線速度

0.03Mbps」になってしまうのである。
俺が契約したのは光回線ではなく、実はISDNでしたと言わんばかりのスピードである。

 

前回の記事 ⇒

 

起業して成功するにはたゆまぬ努力と類稀な運が必要だと聞きますが、その運というのは経験上、なぜだかよくわからない偶然のヒットを差しており、そして努力量をはるかに上回る要因だと認識しております。
当ブログにもそういうことがたまにあってですね、前回書きました「フレッツ光の回線速度があまりにも遅い」の記事が、どこをどう回ったのか、久々の小ヒット記事になったんですよ。
その記事にかけた時間は1時間未満。ブログ管理画面の表示すら30秒もかかる上に画像のアップロードもしなくてはならず、でも大した内容ではないからちゃっちゃと書いて40分。そして小ヒットですよ。

このごろちょっと気合を入れて書いた記事に「宅配ボックスの作り方」ってのがありましてですね、これにかかった時間は執筆だけでだいたい6時間くらいだったんですよ。でも、閲覧数はさほど多くはありませんでした。
たかが40分の日記が小ヒットして、頑張って書いた6時間の記事がじきにネットの藻屑となり消滅してしまうだなんてさ、とかく人の世は住みにくいわけですよまったくもう。

 

当方のインターネット環境

はてさて、前回はフツーの日記の体でインターネットが遅いと書きましたが、その情報だけでは不明な点が多くよくわからないでしょうので、今回はちょっとだけ詳細に書いてみたいと思います。

  • 住所:鳥取市
  • 回線:NTT西日本・フレッツ光ネクスト
  • サービス名:ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
    (1Gbps・一戸建てタイプ・いちばん良いヤツ)
  • プロバイダ:ぷらら

当方のインターネット環境はこげな感じです。

・・・おや?

続きを読む

投稿日時: 2017年05月11日 14:37 | 記事URLコメント(8)
カテゴリぷららが遅いパソコン・インターネット関係
 
 

2017年05月09日

フレッツ光 回線速度

昨年よりNTT西日本関連からの度重なる電話、そして年賀状などで重い腰を上げ、今年の2月に「フレッツ光プレミアム」から「フレッツ光ネクスト」に変更しました。

そして現在。
今午後10時30分くらいです。いつもならブログ記事を書き終えているか、なかなか書けずに頭をひねっているか、といったところなのですが、このごろは「もう嫌だ、書きたくない!」と思うようになってしまいました。

それはなぜかと言いますと、

フレッツ光 回線速度

コイツですよ・・・。
え?30Kbpsってあなた、どこのISDNですか。
何度も計って最も遅い値を出したんじゃないんです、一発でこの数字が出たんですよもー。

ブログの管理画面が出てくるのがクソ遅く、画像のアップロードや画像の名前の変更に何分もかかるものだから、歯がゆくてイライライライラして「もう書かねーよバーカ!」と筆を下してしまうんです。
確かにそれは一時的ではあるにせよ、午後10時から12時の間は1Mbpsも出ないんです。加えて2月よりひどくなってる。
これだったらいっそのこと、Y mobileやUQ mobileのWi-Fiに変えたほうがよほど早いわけですよ。

しかも「フレッツ光ネクスト」に変える前の「フレッツ光プレミアム」の方が、ましな程度ではあるものの回線がまだ安定していたんです。
「フレッツ光ネクスト」は、たしかに速度が早いときは早いのですが、回線が込み合う時間帯になると一気に下がり、もちろん私もそのときはネットしていますからイライラが募って仕方がありません。もちろんプロバイダーの変更なし。
こういうことが起こるんだったら「フレッツ光プレミアム」の提供終了日まで粘っておくべきだったよ。もう遅いですが。

で、ちょっと前にUSENのスピードテストをおこなったら、つまり回線速度を計ったら、0.329Mbpsでした。
これって光インターネットって言えるものなんでしょうかねぇ。
ちゃちゃっと調べてみたら、真偽は確かじゃないけれども、ドコモ光の契約数が激増して設備が追い付いていないんだそうな。

ともかく、これじゃ困りますよNTT西日本さん。
わしゃもうモンペ並みのクレーマーになっちゃうよ。もー・・・。

次回につづく ⇒



投稿日時: 2017年05月09日 22:58 | 記事URLコメント(10)TrackBack(0)
カテゴリぷららが遅いパソコン・インターネット関係