写真と雑記

写真と日々の雑記

ポンコツ、GODZILLA怪獣惑星。

ゴジラ怪獣惑星を見てきました。
シドニアの騎士を作ったところのCGアニメが見たかったので、それは堪能できました。

この映画の感想は、お話があまりにもポンコツ。せっかくの絵の仕事をすべて無駄にするポンコツ振りです。すごいです。

最初の宇宙船のシーンで窓に乗って、下の地上を眺めるシーンがありました。このシーンで無重力の描写がおかしいと気付きました。無重力状態の描写はゼロです。ひとつもありません。この時点で、シドニアの騎士のようなSFではないなと思いました。

観ているあいだ、ほぼセリフで時間が埋め尽くされます。意味がないなぁと思うような中身のセリフです。全員がそんなヤツです。戦闘シーンでやっとセリフが少なくなりました。

まぁ、金持ってるところが、企画してやらせた感満載のダメっぷりですね。気づく人はいるけど、誰にも直せない的な匂いを感じまくりましたね。久しぶりに、何年かぶりにパンフレットを買わなかった。

火花の映画も今週見てるけど、普通にいい映画でした。
ただ僕は感動したけど普通だなぁ、という感触はありますね。
だから感想を書いていなかった。

その意味で、ゴジラ怪獣惑星は衝撃的な映画です。
予想をはるかに超えるダメっぷり。そりゃスゴイわ。

こまかくなるから書いてなかったけど、ストーリーもヒドイ。

地球に降り立って、ゴジラっぽい生物に襲われて撤退が決まりますが、空飛ぶ船が壊れたので、無事である別の地点の船まで、ゴジラのいる地帯を通って、向かうという事をします。まずアホ?って感じですね。無事な船があるならちょっと来てもらって、人間回収して、母船に戻れば撤退できますよね。
連絡付かないなら、だれか一人行って連絡すればリスクは小さい。

まぁゴジラと戦うという事はお話として決まってるから、こうなんだよ的な、結論が先にあるなー、なお話です。
絵はリアルな感じで良いのに、こんな話は釣り合わない。もっとアニメ絵でやる話じゃないかな。もっとおバカな話に似合いの絵があるだろう。

絵がいくら頑張っても、全然いい絵だったとかおもわんわ、こんな話じゃ。

マクドナルドまで歩いて行って帰った来たら、また思い出したので書く。
主人公のいる移民宇宙船は鯨座タウ星の惑星の衛星軌道上に居るところから話が始まります。10年だったか20年だったかかけてやってきたという話です。
そしてその惑星が移民には無理だという事になり、地球に戻ることになります。そこで問題の展開ですが、ちょっと無理すれば安全じゃないかもしれないが、一瞬で地球に戻れます。そして一瞬で戻ります。
ここの部分はいくら何でもオカシイと思いましたが、お話があまりにもポンコツなので、それさえ気にならないほどです。

僕が一番もういいやと思ったのは、登場する人間が全員ちっさいなーって思っちゃうような人しか居ないって事です。会話を聞く気が起きない。どうでも良い事いっぱい喋るし。ダメ人間の映画ならそれもありだけど、この映画は人類の移民団なんだろう?こんなヤツしかいないなら、もう滅んでよいと僕は思うなぁ。そんな感じの映画です。

こんなに悪口かくのも珍しいけど、それだけ衝撃の映画だったです。三部作なのであと二つ上映するらしいけど、こんなので続けるのかー、って思うな。


もういいと思うけど、また思いだした。
主人公だったかが、地球に降り立つ事になり、降下部隊がどのくらいいるかについて質問されて即答します。この移民船団の人は10年以上この船の中だけで暮らしていて、少なくとも10年以上戦闘経験はないはずです。初めてだろう?なんで即答できるの?
地球に降りてゴジラと戦う前に主人公がテキパキ指示を出す場面もそうです。初めてだろう?それオカシクナイか?この指示を出す場面は、どこかの映画の場面っぽいので、そのまま持ってきた感じですね。
宇宙戦艦ヤマトの艦橋から見下ろすみたいな絵も、持ってきた感があったなぁ。
すこし考えれば、そうはならない的な事が多すぎます。ひとことで言えば雑です。


もうひとつ。
主人公の乗る宇宙移民船は、全人類の中で選ばれて人々が乗って、という文章を映画を見る前にどこかで読んだけど、選ばれてっていう部分を描写した部分は映画にはなく、まぁ他の人を見捨てたわけですが、その考察も一切ありません。主人公の親が亡くなるシーンでは、ただ救命艇に乗るような感覚で描かれています。そうじゃないんじゃないのかな?
ここはここだけで普通に一本映画が作れるようなテーマですが、まったく触れません。まぁ次回人類の生き残りが出てくるみたいな描写が最後にあるけど、都合よく助けてくれるみたいですね。バカっぽいなぁ。

こうSF設定があるけど、それについて考えて、その設定ならこうなるだろうとかいう考察を感じられないな。普通の感覚の描写をしたいなら、こんな設定はおかしいだけ。絵がもうちょっと非現実的なアニメ絵だったらそれでも良かったのかなとか思うけど。まぁSFとしてはマッタクやる気がない映画です。

ブレードランナー2049の感想。

ブレードランナー2049の感想。

映画館を出たとき、思っていたのは、アナログシンセの音だなぁ、って事。今、他の場所で、そんなに聞かないけど、その音が分厚く使われてる、いっぱい聞ける。

内容について、よくわからないけど、反芻したい感じだ。忘れるなら忘れるだろうし、それでいいし、こうだ!って、一言で終わるなら、この映画の価値はないんだろうと思う。

そういう意味では、ちょっと前の攻殻機動隊には、そこまでの深さはなかった。

この映画では主人公は、あまりしゃべらない。無口なわけではないが、表情で演技するタイプかな。だから何を考えてるのかよくわからない描写が続く。

雄弁なのは悪役といえる社長の役だが、いっぱい喋るけど、その言葉には意味が無いように感じた。

普通に主人公に対する敵役な役も、何なのかよくわからないなぁ。彼女なりの行動原理はわかるようで、わからなくて、切って捨てられない。

僕が好きなのは主人公の恋人役だな。ちょっとアジア系(?)か(調べたらキューバ、スペインて書いてあった。)、欧米じゃない系の顔で、佐々木希っぽい感じもあるなぁと思った。たぶん人気が出るでしょう。単なるソフトウエアであるという役だが、この役がディックで言うところの人間らしさを、わかりやすく表現してるように思う。

元々の原作者、ディックの言う人間性とは、親切であること、ただそれだけなんだよね。本物の人間であるかどうかは、どうでもいいんだ。初めて読んだ時は、わからないなーと思ったし、そうじゃない物があるように感じていたが、今は結局それしか残らないのかもしれない、と僕は思っている。

やっぱり主人公がよくわからないから、ぼんやりしてるように思うんだな。
でもさ、普通に暮らしてて、何考えてるのかわからない人って普通にいるし、今回の主人公はそういうタイプって事だな。

今、感じるのはこのくらいかな。

そういえば退屈はしなかった。
一般的に退屈だという評判が多いのは見たが、僕はそう思うところは一つもなかった。緊張感を持続して最後まで見た。
そういう意味では疲れる映画だと思う。

レイトショーだったけど、観客が僕ともう一人の二人しか居なかったので、不入りだと思う。劇場公開を見たいなら、終わらないうちに、早めに行ったほうが良いです。
IMAG6905

マンションの高い小さい窓でエアコン

長らく、小さな窓にエアコンを付けていたのだが、あまり涼しくならないし音もデカいので機種を交換した。
窓用エアコンを使うには窓の高さが足りないので、スポットエアコンになる。
小さい窓パネルセットも追加で購入したが、コレを買ってもノコギリで切ってサイズを合わすのは一緒です。
最初の4万の奴に全部セットで入ってて、これは短い窓用パネルってだけです。

さすがに20年くらい前の機種よりは涼しいし音も静か。
でも、室外機のあるエアコンのパワーはないし、外に半分出てる窓用エアコンよりうるさいと思うな。
でも、あるとないとでは全然違う。文明の利器エアコン。

以前のは冷房のみだが、これは暖房もあるけど、冬はまだなので試せない。
マンションの高い小さい窓でエアコン。


トヨトミ スポット冷暖エアコン ホワイト TAD-22HW(W)
TOYOTOMI (トヨトミ)
価格: ¥ 42,780 & 関東への配送料 無料





トヨトミ スポットエアコン取付用品 窓パネルセットTOYOTOMI TAD-PS1
TOYOTOMI (トヨトミ)
価格: ¥ 10,852 & 関東への配送料 無料





IMAG5528


IMAG5551
こんな感じに設置。


IMAG5527
下のキャスターを外さないと、この棚には置けない。


IMAG5530
家の外側はこんな感じ。マンションの廊下です。


IMAG5549
エアコンの裏側、なぜ棚の上に置くかというと、排水のためです。この高さだと外に排水されます。
低いとバケツなどに排水かな?
冷房の効きを良くするには、かなり高温になる排気ダクトを、なるべく短くすることが必要です。


IMAG5526
排水のパイプは付いてたけど、どちらに付いてたか忘れた。
防水テープでホースとパイプを巻いています。

安物チックな音のS power君

また散財した。
ギターを買った。それは今日は書かないのだが、えー弦とか、スタンドとか発注した。

それで、さすがにJUNKで買ってきたやつは、ハードオフで処分しようと思って、いじってたんだけど、結局気に入ってまだある、というお話。

S power君は、弦高がおかしいほど高いので、スラストロッドを回してみたが、限界まで回してもダメだった。ので、根本的にオカシイのだなと思い、フェンダーのようにネックがネジ付けなんだけど、そこを金属のワッシャーと、紙のテープを重ね合わせたもので、段差を調整して、弦高を調整した。トラストロッドは、全部戻した。

紙の厚さで調整するってなんだよ、って思ったが、弾いてみると問題ない。プラスチックな音。このオモチャのような音が特長だ。特徴があって結構好きだな。

弦高は、最初低めに出来たのだが、僕は高めが好きなので、わざわざ紙を追加して、弦高を上げた。紙は黒くマジックで塗ってる。隙間から白いものが見えるから黒くした。なんという家内工業。

ちなみにスラストロッドは初めて回してみたのだが、ハードオフ出身の個体はことごとく回されました。マーチンとかギブソンとか回す気ないけど、それは回せる。他のギターはそれだけでほぼ調整OK。安物の本物のオベーションのみが、弦高が低くて変えられなかったけど、それは音がソコソコいいので、諦めた。イジッてあると思う。

あの安物ストラトのオクターブ調整用のネジをネジ屋のHPで発注したりとか、いろいろイジッた。

何だかんだで、さわってると楽しいので捨てられないのだが、本当に困ったら、処分だな。

普通、ギターって、木が鳴ってるのがわかるのだが、S powerはプラスチックが鳴ってる音だよ。オベーションでもそんな音出ないよ。という事で、非常に個性的な、安物チックな音のS power君です。


IMAG3314
写真はS powerの普通の写真


IMAG3319
弦高、


IMAG3320
弦高、


IMAG3321
ネックの継ぎ目の隙間、そこにワッシャーと紙が挟まってる。


IMAG3322
そしてボルト部分、


IMAG3323
トラストロッドの所。

まぁ最初が2100円なので、これだけ遊んだらもとは取ってる気はする。

なんだかんだで、 S power結構弾いてる。高いギターはあるから別にいいよ。これは個性的だ。弾いてると楽しい。僕だけかな?


買ってきた当初、弾いてYouTubeにわざわざ上げたので S power ギターで検索すれば見れる。

自分の音楽の話を書くとして

音楽ね、自分の音楽の話を書くとして、

今読んでるのはミックジャガーのソロの話、ジャケットは記憶にあるけど聴いた覚えがないな、ローリングストーンズを初めてちゃんと聞いたのはダーティーワークからだった。
自分の音楽の話として、ミックジャガーと忌野清志郎は同じような意味があった。よくわからないメロディーで歌ってる変なボーカル、これだね。ビートルズは小学校から聞いてた、ストーンズは大学からか、RCは中学かな。謎だった、忌野清志郎のあのフレーズが、それが、これもわからんと思ったのがミックジャガーだったな。

いわゆる日本のフォークとして、アコースティックギターで歌われる曲の特徴として、1小節で次のコードに移り、また1小節で移る、という基本的な動きがあるけど、そうじゃないんだな、この辺の音楽は。気づかなかったけどビートルズもやはりそうだった。

ロックンロールから程遠い曲、例えばWhen Im Sixty Four / The Beatlesで歌われる、When I get older losing my hair,Many years from now,ここまでがC#でWill you still be sending me a valentine Birthday greetings がG# bottle of wine? がC#だ。コード動かないんだよね、やっぱりブルース進行の1コードでどれだけメロディを乗っけるかってやってる音楽なんだ、これは。

載せ方が違うからオカシナ音楽に聞こえるけど、基本は1コードでメロディを延々と乗っける、それの実践なんだなぁと思う。そう思って聞くと、例えばチューリップの魔法の黄色い靴とか良く出来てると思うし、井上陽水にもそんな曲かなりある。

あると判ると、また判らなくなるのだが、ミックジャガーと忌野清志郎がことさらロックだと言われるのは、メロディの載せ方にあると思う。他の要素を全部捨てても、誰だかわかると思う。

そうね、フォークの音という物を嫌悪してる部分は自分にはある。別に普通に好きだけど、アコースティックギターだからと言って、風だとか、長渕剛の音楽は僕はやる気がないので、同じにまとめて欲しくないなとは思ってる。楽器の奏法の話ね。いわゆるフォークのテクニックに興味がないなぁ。一言で言うと、やる前から飽きているその音は、と思ってる。ビートルズのイエスタデイのギターの音には興味があるが、風の22歳の別れを弾かれても、上手いですね、って言うだけで、僕自身の興味はない。ギターに関してはそんな感じかな。

そんなコピーする上での奏法の話より、どんなメロディで、どんなリズムで、どんな音楽を作ってるかに興味があるな。

やっぱりプロの作曲家はすごいと思うし、プロの演奏家もすごいと思う。どうでもいい人も当然いるけど、同じ様な目線で全部聞いて自分の好き嫌いを言う、それが僕の方針だな。フォークが嫌いって書いたけど、そんなに嫌いではないし、聞いてるのはすごく聴いてるし、ロックがロックがって発言もバカに見えるとも思ってる。ジャンル分けたから偉くなるわけでもないだろ、ていうのが基本姿勢。

そうね、自分のルーツはこれだって言うのならば、最初に買ってもらったレコードは幼稚園の頃の初代仮面ライダーの藤岡弘が歌う(!)レッツゴーライダキックだったな。あとウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ミラーマンとか、その辺のレコードを買ってもらって、小さなプレイヤーで兄弟で鑑賞会をしたな。その辺がルーツなんだろうなぁ。

その辺の曲は歌った事が無いけど、テレビの商業音楽、映画音楽なんていうのが好きだったかな、どちらかというと、テレビの音が一番最初だね。あとからレコードを聴くという文化に入った。ここ3年ぐらい前からテレビを録画以外見なくなって、テレビから音が入ってくることがなくなったな、個人的には。パソコンでプレイヤーで圧縮音源をかけながらギターをいじってる時間が一番長いかな。個人的には変化して、そこに行きついたと思います。
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ