最近見た映画だと
「六月燈の三姉妹」
が良かったな。

吹石一恵を鑑賞に行く映画だと友達には話したけど、
美人さんと付き合うのも大変だなぁ、とか思いながら見てた。

「僕の彼女はサイボーグ」
は綾瀬はるかを鑑賞する映画だと思うけど、
あの映画は、そんな現実的な事は考えさせる映画じゃなかったかな。

六月燈の三姉妹はもうちょっと現実的で、
でもやっぱり感想は「美人さんは見てていいもんだな」と、思いました。
そう思えただけで、僕にとってはいい映画でした。

映画『六月燈の三姉妹』 全国公開版劇場予告編
https://www.youtube.com/watch?v=qmn-Si4lMY8

この予告編の最初のセリフは、最後の最後で出てくるセリフなので、
予告に入れていいんだろうかと今初めて見て思いました。
何の予備知識もなく、バイキングで吹石一恵が宣伝してただけで見に行った映画です。