岡村靖幸、大阪フェスティバルホール、ライブ、ファイヤーに行って来た。

ベジタブルから始り、
カルアミルク、彼氏になって優しくなって、などで最初飛ばして、
イケナイコトカイ、などの中盤
最後は、あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう、だいすき、
で本編最後。

アンコールでは、キーボード弾き語りの即興曲、大阪弁で呼ばれたい(みたいな曲)
からの、友人のふり、バンドでのライオンハート、
そして一番最後に、ギターの弾き語りからバンドに展開するアウトオブブルー


岡村靖幸は、乱暴に、エネルギッシュに、歌って、踊って、叫んで、語っていました。
この人を他の人と分ける物は、その内圧の高さなんだろうなと、
初めて見たライブで思いました。
その内圧はデビューの頃から、変わってないんだなと思いました。


レンタルレコード屋の壁にディスプレイしてあった、デビューアルバムのイエロー、
靖幸で、僕は一回聞くのをやめていますが、
岡村靖幸は、変わらず岡村靖幸なんだなと思いました。

個人的には、岡村靖幸で一番好きな曲、ライオンハートを歌ってくれたのが
嬉しかったです。まさか聞けるとは思わなかった。


IMAG3554_BURST013