2005年11月09日

おこずかい制度の現実

 引っ越してからおこずかい制になり、ボクは銀行のカードを持ち歩けなくなりました。だから、財布に常にお金を入れておかないとまずいのです。今日も十円玉と一円玉しか入っていない財布を持ったまま、駅まで来てしまいました。おこずかいを財布に移すのを忘れていたのでした。「またやっちゃった。」早く慣れねば。いつでも引き出せたあの頃とはちがうんだよね・・。ATMとも、もう会えないのか。SUICAがあるのでとりあえず電車には乗れましたが、つーか早く定期買わないと。ああ昼飯どおしよう。電車の中で、会社の誰にお金を借りようかと悩んでいました。いままで、借したことのあるひとを思い浮かべてみたりして・・。○○君?・・○○さん?・・わーボクったらワビしいな。四谷に着いて、暗い気持ちで歩いていると・・前を歩いている我が社の経理M井さんが目に入りました。「あ、そうだ!!TAXIで帰った時の領収書があるじゃん!」ボクは、気づいて良かったと、一安心。会社に着くと早速、M井さんに何事も無い顔をして領収書を渡したのでした。あぁよかった。

ren111 at 23:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

「こまかいの、あるっスか?」

 昨日のお昼ご飯は、夜は居酒屋で昼は定食を出している、とあるお店で、「豚肉の味噌炒め」定食を食べました。マスターはリーゼントでキンキラの首飾りなどをしていてかなりロケンローな感じですが、今日はレジに小銭がないらしく、お会計のお客にしきりに、「こまかいの、あるっスか?」とたずねていました。ボクも食べ終わり、お会計になりました。財布をあけると、なんとお札が一枚もありませんでした。「・・、ヤバイっス。」と思いました。こまかいので払えるどころか、こまかいのしかありません。「750円っス。」「こまかいけど、足りないかも。」「まじっスか?」マスターがあたたかく見守る中、僕は一生懸命財布の中を探し、なんとか650円までこぎつけました。もうちょいなのに目につくのは一円玉の山。「あちゃー。」その時、一円玉の底から、百円玉が、キラリーン、と姿を現しました。「あ、ありましたぁ!」「あ、ありましたかぁ!よ、よかったっス!」僕はお店を出ました。冷や汗まみれの体に、秋風がここちよくふいてきました。

ren111 at 02:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年10月31日

抹茶キャラメルが・・・

 今日は、悲しいできごとがありました。仕事中に、隣の席ののO田さんからめぐんでもらった京都名物のおいしいおいしい抹茶キャラメルを、落としてしまったのです。3つもらって、1個食べているとちゅうで2つ落として、1つは見つかったのですが、1つがついに見あたりません。ボクの足元はゲラのはいった袋とかで埋めつくされているので、5分探して見つからなければもう絶望的です。ああ、抹茶キャラメルよ、いずこへー。こんな悲しいことってあるでしょうか・・。普段から机の下を片づけておかないからだ・・。深く、反省するボクでした。

ren111 at 22:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年10月29日

「愛国」タクシーがゆく

 JOBが長引き、タクシーで帰るはめに。会社の前でタクシーを拾い、ようやく帰路につけました。新宿のわきのコリアン街あたりを走っているときでした。前を走行している一台のタクシーに眼が釘付けに。車体の後部に貼られた日の丸と尊皇愛国の筆文字。リアのガラスには「北方領土返還」のステッカーが・・。勿論、個人タクシー。でもお客さんは若い女の人みたい・・?。後ろからだからよくわかんないけどうわー気になるー。深夜の繁華街をひた走る孤高の「愛国」タクシー。運転手さんはどんなひとだろう。それにしてもすさまじく客を選んでるタクシーだったなぁ。

ren111 at 05:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年10月27日

「玉子」の日

 昨夜の晩御飯はアビーロードにあるラーメン屋にいきました。メニューを広げるなり早速迷いました。迷った時は大体生姜焼き定食にするのですが、今回は少し冷静になって、豚肉ときくらげの卵炒め定食に決定。いい判断だと思いました。隣のテーブルでは若いカップルがラーメンをすすっていました。「きょー、なっちとあとカゴちゃんにも似てるっていわれてー、でも結局どっちにも似てないと思うんだよねー」「ほんと、そうだよなー」 そんな会話をききつつ、ボーと待ってたのですが、ふと、この店の定食には生卵がついているのを思い出しました。ボクは卵かけご飯と卵炒めを完食。家に帰って、妻が録画してくれたワンナイを流し見したのですが、いきなりゴリエがダチョウの生卵をがしがしかきまぜている映像が映り、ウっ・・、と思いました。全長25mの巻き寿司のネタを作っているのでした。

ren111 at 22:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年10月26日

アビーロードの園長さん

 池袋に引越してはや1月半。毎朝、駅までは、川越街道をわたって、池袋駅西口へと「劇場通り」を歩くこと20分。ボクはこの通りを「ブクロのアビーロード」と勝手によんでいます。この通りは、駅に近づくにつれて、ややいかがわしくなっていきますが、川越街道から入った近辺はわりとのどかな風情で、小学校や幼稚園もあります。幼稚園はキリスト教系で、門の前では毎朝、園長さんが、通ってくる親子をお出迎えしています。背が高くてメガネをかけて、白髪まじりのタワシ髭で、西洋人ぽい感じです。毎朝、慈悲深いほほえみを浮かべて、みんなに挨拶をしていらっしゃいます。そんな幼稚園っていいなと思います。多分、園長さんだと思うんだけど、もしかしたら、用務員のおじさんかもしれません。


ren111 at 23:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年10月24日

ダンディな管理人さん

 ボクが住んでいるマンションの管理人さんは、オールバックにヒゲ面で、結構ダンディなおじさんです。誰よりもバーテンの格好が似合いそうなのに、いつも薄緑いろの作業着にジーンズ姿で働いています。おまけにとっても優しい人で、ボクが、朝、ギリギリすべり込みでゴミを持っていっても、後ろで清掃車が「もーいくぞー」とエンジンをふかしているのに、さわやかな笑顔で、「はい、大丈夫ですよ。」と気持ちよくゴミをうけとってくれます。いい感じの、一日のはじまり。いい人なので、色々話してみたいのだけれど、ボクは帰りが遅くて、バー「管理人室」はいつも閉店しています。今度会えたら勇気を出して、好きなカクテルなど聞いてみようとおもいます。

ren111 at 21:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年10月21日

Blogスタート

みなさまお元気でしょうか。Blogはじめました。
これは記念すべき第一回目になります。
ボクのプライベートをあますところなく公開してゆきます。
みなさん、こうご期待。
はずかしいから、絶対に、読まないでね。




ren111 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)