2005年11月

2005年11月30日

記憶の人物スケッチ3 街角のロッド

 場所はアビーロード。夜になると、水商売系の人々がうようよしはじめます。「兄貴!どーです、キャバクラ!」よく声をかけられます。コワイおじさまたちもいます。スキンヘッドがネオンでテカってます。そんなチミモウリョウのうごめく中、でくわしたのはホストの集団。10人くらいの群で、これまた肩で風きって歩いていますが、こっちは見ていてもそんなに悪くなかったりします。むしろ女性なら是非でくわしたいくらいでしょう。みんなロッドスチュアートみたいな髪型をしていました。黒服、白シャツ、胸がはだけていて金髪もいますから、ロッド全開。今回はそんな彼らにスポットをあててみました。
ろっど

ren111 at 15:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月29日

幼稚園のイルミ

 夜、帰宅途中のアビーロードこと劇場通り。水商売系の人たちがうようよいる騒がしいエリアも半分くらい歩くと静かな風情になってくるのですが、夜は少し暗くてさびしい感じです。お店も大半閉まっているし。幼稚園も小学校にも勿論だれもいません。でも今日はなんか、幼稚園がすこしあかるいぞ・・と思って近づいていくと、ささやかなイルミネーションが点灯しているでは、あーりませんか。そしてよく見るとチャーリー浜の仮装をした園長さんがいるではあーりませんか。それはウソですが、そういえばもうすぐ12月だな、などと思いつつイルミの前を通りすぎました。

ren111 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月28日

みなさまお疲れさま

 第22回デザインフェスタが終了しました。MIXER CARとして、HAJIME、SOCHAN、YOSSAN(妻) PIROSAN、MUTOSANと5人で出展しました。おこしくださったみなさま。どうもありがとうございました。はじめての出展だったのでどうなることかと思いましたが、様々な反響がよせられ、とても刺激になりました。HAJIMEのアート傘は完売、SOCHAN のクレイGOODSとMUTOSANのぽち袋も飛ぶように売れ、ボクも強引に即席手描きカードを押し売りして、なんと4枚も買ってもらいました!とても実のある2日間となりました。ボクも、ボクの作品にも、色々な感想を言ってくださった方々の言葉を励みに、これからもしっかりやっていかねば、と思ったり、しております。次に出展するときは、必ず、イスを用意しよう、とか、そんなことから新たなNEXT STAGEへの思いをめぐらせています。HAJIME、SOCHAN、YOSSAN(妻) PIROSAN、MUTOSANそして、見に来てくれたみなみなさまがた、今回は本当にありがとうございました!
CAR

ren111 at 23:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年11月21日

エリンギ・ナイト

 日曜日の夜、青山のお店「MANDALA」にJ'z Crazeというグループの、セカンドアルバム「MOONFISH」発売記念LIVEにいってきました。なんとCDジャケットにボクのイラストを起用していただいたのです。デザインは我が社のS野さん。本当に、素晴らしい演奏でした。トランペット、アコースティックギター、ベースのトリオ。特別ゲストでトロンボーンが加わるなど、盛り沢山の内容で、トークも面白く、笑いあり感動ありの楽しい一時でした。途中、CDジャケットの話になりました。三人のイラストが結構似ているという話題から、ギターの安部さんが「あの、でも僕の頭にあるのは、髪の毛じゃないです。あれ、帽子なんです。エリンギみたいになってますけど、帽子ですから。みなさん間違えないで下さいね」場内爆笑。安部さんのトレードマークの帽子を描ききったつもりでしたが、まだまだ修行が足りないようです。見ればみるほどエリンギに見えてきました。CDにもバッチリサインしてもらいました。トランペットの佛坂さん、ベースの浅井さん、三人ともとてもいい方で、スバラシイ方々に出会えたいい夜でした。あらためて、イラスト製作で声をかけてくれたS野さんに感謝しました。CD、売れるといいな。J'z Craze みなさんもぜひ聴いてみて下さい。

J'z Craze















ren111 at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月18日

記憶の人物スケッチ2 通勤寝グセ男

 「記憶の人物スケッチ」第2回目です。今日、通勤電車の中で寝グセ男に遭遇しました。かなりの寝グセでした。はじめみたときは無造作ヘアかとおもったのですが、バランスがあまりにも無造作過ぎるので、寝グセと判断し、寝グセ男と名付けました。寝グセ男はずっと眠りこけていましたが、飯田橋の駅に着くとスイッチが入ったように目覚めて、電車をおりてゆきました。がんばれ寝グセ男。
ねぐせ

ren111 at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月16日

記憶の人物スケッチ1 朝のカフェ爺

 「記憶の人物スケッチ」第1回目です。今回は毎朝ブクロのアビーロードこと劇場通りにある喫茶店に佇むお爺さんをモチーフにしてみました。ほぼ毎朝見かけます。いつも一人で、同じ時刻に同じ席に座っています。そして毎朝同じ角度で窓の外を眺めています。ボクも必ずチェックします。そして目が合います。今日もいました。微動だにしませんでした。
かふぇ爺

ren111 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月14日

スゴ腕の指圧師

 今日は昨日からマッサージのもみかえしで、肩から首にかけてがずっとビリビリしています。といいますのも、土曜日に行ったブクロのマッサージ屋さんで指圧の集中攻撃を浴びせられたからです。あんなに痛いものとは知りませんでした。ボクはずっと痛がっていました。中国人のママさんに「イタイホウガキクヨ。オトコワ、ガマンシナキャダメダヨ」と言われました。ママさんはとってもいい人でした。ボクを揉んでくれたのは日本人の女性で、指圧の世界ではかなりキャリアを積んだようで、ママさんも面接の時、自分の肩を揉ませたところ痛すぎて飛び上がり、即採用したという、中国四千年も顔負けの凄腕指圧師です。ボクはお会計のとき、「指圧初めてだったんですけど、結構痛いもんなんですね」と告げると、彼女は少し気の毒そうな顔をして言いました。「すいません、慣れてると思ってガンガンにやっちゃいました。ゼッタイもみ返しくると思います」後ろでママさんが「ツギワ、アシウラヤロウネ」と、言って笑っていました。
指圧イラスト

ren111 at 22:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月11日

ソレ系CDをGET!!

 久方ぶりにタワレコに行ったのですが、最近情報収集をおこたっていたので、これといって注目してるCDもなく、行き場のない購買意欲をもてあましていました。ジャケ買いする程心も広くないし、もう行こうかなと諦めかけたとき、ふと思いたちました。2年程前、入社してきてすぐ辞めたAさん。彼がお勧めしていたあのバンドのCDを今日こそ買ってみよう。ボク達は好きなバンドについて話していました。まともな会話はその一回きりでした。「ソレ系好きなら、ゼッタイ、好きだと思います。」彼は静かにそう言って確信に満ちた顔でうなづいていました。(ソレ系?ソレ系がどれ系なのかよくわからんが、うっそ、期待しちゃってよいの?)そう思いつつ今まで素通りしてきたこのバンドを2年(3年?)目にしてGETだ。CDを購入しました。ちょっと期待しながら家に帰りました。PLAY ON!。小気味よいギターの音が鳴り始め…期待は高まりました…一1曲目、まあまあ…2曲目…んー、やや微妙。3曲目…あー、んー…、そっか……。台所から妻の声。「めずらしーこんな爽やかなの買ってくるなんて!どうしたの?」ボクはボリュームを少し落として言いました「期待してたのと違うけど…いいかもしんないコレ。」「きいてるうちによくなるのあるよね。」と妻が言いました。
ソレ系

ren111 at 14:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月09日

おこずかい制度の現実

 引っ越してからおこずかい制になり、ボクは銀行のカードを持ち歩けなくなりました。だから、財布に常にお金を入れておかないとまずいのです。今日も十円玉と一円玉しか入っていない財布を持ったまま、駅まで来てしまいました。おこずかいを財布に移すのを忘れていたのでした。「またやっちゃった。」早く慣れねば。いつでも引き出せたあの頃とはちがうんだよね・・。ATMとも、もう会えないのか。SUICAがあるのでとりあえず電車には乗れましたが、つーか早く定期買わないと。ああ昼飯どおしよう。電車の中で、会社の誰にお金を借りようかと悩んでいました。いままで、借したことのあるひとを思い浮かべてみたりして・・。○○君?・・○○さん?・・わーボクったらワビしいな。四谷に着いて、暗い気持ちで歩いていると・・前を歩いている我が社の経理M井さんが目に入りました。「あ、そうだ!!TAXIで帰った時の領収書があるじゃん!」ボクは、気づいて良かったと、一安心。会社に着くと早速、M井さんに何事も無い顔をして領収書を渡したのでした。あぁよかった。

ren111 at 23:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

「こまかいの、あるっスか?」

 昨日のお昼ご飯は、夜は居酒屋で昼は定食を出している、とあるお店で、「豚肉の味噌炒め」定食を食べました。マスターはリーゼントでキンキラの首飾りなどをしていてかなりロケンローな感じですが、今日はレジに小銭がないらしく、お会計のお客にしきりに、「こまかいの、あるっスか?」とたずねていました。ボクも食べ終わり、お会計になりました。財布をあけると、なんとお札が一枚もありませんでした。「・・、ヤバイっス。」と思いました。こまかいので払えるどころか、こまかいのしかありません。「750円っス。」「こまかいけど、足りないかも。」「まじっスか?」マスターがあたたかく見守る中、僕は一生懸命財布の中を探し、なんとか650円までこぎつけました。もうちょいなのに目につくのは一円玉の山。「あちゃー。」その時、一円玉の底から、百円玉が、キラリーン、と姿を現しました。「あ、ありましたぁ!」「あ、ありましたかぁ!よ、よかったっス!」僕はお店を出ました。冷や汗まみれの体に、秋風がここちよくふいてきました。

ren111 at 02:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)