ゆるゆり8話93
(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部


第8話の「アッカリ〜ン」はちなつちゃんも一緒に参加♪
でも、これがちなつちゃんの運の尽きでした
あかりちゃんと一緒に透明化^^;

第8話のふたりの出番はこれで終了
可哀想すぎます^^;
ちなつちゃんはあかりちゃんの巻き沿いを喰らって可哀想だし
あかりちゃんは主人公なのにこの扱いだしね^^;

さて季節はもう春
4月1日のエイプリルフールです。

そんな日なので千歳ちゃんは
これから嘘をつくから綾乃ちゃんに嘘を見抜いてなと言い出します。
ただ生徒会室を整理しているだけだと退屈だからと
綾乃ちゃんも楽しそうだからとその話しに乗ります。

そして始まった千歳ちゃんの嘘の数々。
まずは今日の下着がセクシーなのと打ち明ける千歳ちゃん♪

そのあとも京子ちゃんが綾乃ちゃんの靴のにおいを嗅いでいたとか
宝くじで100万円当たったとか
あかりちゃんが机のなかでアリを飼っているとか
実は双子とか・・・

で、生徒会の整理も終わり
答え合わせの時間です。
綾乃ちゃんは千歳ちゃんの数々の嘘をメモして
答えはバッチリで自信満々^^

ですが、それらはなんとすべて真実
千歳ちゃんの嘘は「うちいまから嘘つくから」が嘘でした^^;
これは誰もが騙されちゃいますよね。
千歳ちゃん策士すぎます^^;

そんなわけで千歳ちゃんは双子ということが確定です♪

そんな双子ちゃんのもうひとりは図書室で読書に夢中

双子なので当然瓜二つなおふたり
図書室にやってきた京子ちゃんたちも
そのにいるのが千歳ちゃんではないことに全く気付きません。

そんな訳で京子ちゃんは読書に夢中な彼女にちょっかいを出し始める。
千歳ちゃんではないのにね^^;

まったく相手にされないので
ちょっと強引なことにでる京子ちゃん
耳元で息を「ふ〜♪」
これにはさすがに反応をするも
京子ちゃんはすごい形相で彼女に睨まれてしまう^^;

と、そんなところに綾乃ちゃんとともに
千歳ちゃんが登場

ここで双子の真実を知る面々
驚きを隠しきれません^^;

彼女は妹の千鶴ちゃん

姉妹だけあって似たもの同士
千鶴ちゃんもメガネを外して百合妄想を繰り広げるようです^^

そして千鶴ちゃんは鼻血ではなくて
涎をダラダラと垂らしちゃうようです^^;

こんな姉妹が一緒に百合妄想の世界に入ったらそれはもう大変です。
千歳ちゃんは鼻血を垂らし
千鶴ちゃんは涎をダラダラですから^^;


さて、そんな千鶴ちゃんとどうしても仲良くなりたいのが京子ちゃん
千歳ちゃんも仲良くしなと千鶴ちゃんに言うも効果なし^^;

京子ちゃんは京子ちゃんでせっかくのチャンスなのにひと言多いし
千鶴ちゃんも京子ちゃんの「もしかしてツンデレ?」の言葉に
思いっきり手を握り締めちゃうし^^;
そのおかげで京子ちゃんの手は
本当に痛々しいありさまに・・・

さて千歳ちゃんと千鶴ちゃんは本当に仲の良い双子の姉妹です♪

心が和んじゃいますよ〜♪

で、スタッフさん
どうしてふたりの「あ〜ん」のシーンを見せてくれないんですか?
酷すぎますよ〜
こんな背景に切り替えなくてもいいじゃないですか〜
意地悪。

さて、ここまででもいろいろと嘘つきゲームの真実が出てきてるわけですが
宝くじで100万円当たったのも本当で
壁に当たりくじを飾ってありますよ♪

そして千歳ちゃんのセクシー下着
これもここで明らかになっちゃいます。

千鶴ちゃんがいつものようにお姉ちゃんが入っているお風呂に一緒に入ろうとすると
とあるエッチな下着を発見

紫色のセクシーな下着に千鶴ちゃんは驚き固まっちゃいます♪
こんな下着を本当に千歳ちゃんが着用していたとは・・・
わからないものですね^^;

お姉ちゃんの背中を洗ってあげる千鶴ちゃん
微笑ましすぎます♪

お風呂からあがったら
今度はお姉ちゃんが妹の髪をブローしてあげます♪

そして夜は仲良く一緒のベットで就寝です♪

千歳ちゃんと千鶴ちゃん
本当に心が和んじゃいます♪

そしてこちらも仲良く布団に入ってます♪

が、ここでやっと結衣さんの言葉で千鶴ちゃんに嫌われていることに気づく京子ちゃん
天然というか鈍すぎます!!
嫌われているなんて全く考えない
それが京子ちゃんなんでしょけど・・・^^;

そんな京子ちゃんは
かなりの凹みよう^^;

だったんですが、翌日にはもう復活
昨日まで同様に千鶴ちゃんにちょっかいを出す京子ちゃんでした^^;


今回は千歳ちゃんと千鶴ちゃんが
とっても仲の良い姉妹っぷりをたくさん見せてくれて大満足^^
あかりちゃんがいなくても大丈夫です^^;
(嘘ですよ〜。)

あとスタッフさんの遊び心をみれる箇所が数か所ありました。

漢字テストの問題に名前が隠れていたり
背景にメッセージが書き込まれていたりしてましたよ^^
そんな遊び心を捜しながら見るのも面白いですよね♪
そして問題集で第11問が欠番になっているのには
なにか意味合いがあるんでしょうか?

さて、次回はいよいよ生徒会長さんがご登場のようです。
が、なんでしょう?
負のオーラが漂っているような・・・^^;

次回
第9話「今年の夏はこわくない」



(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部