ゆるゆり4話
(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部



第4話のアッカリ〜ン♪
ロボットあかりちゃんのご登場です。

このアバンお決まりのアッカリ〜ン♪
ですがちょっとマンネリ気味かな?
無理に引っ張るよりも何か新しいものをやった方がいいのかもって思い始めてます。
そうするとあかりちゃんの出番がさらに減ってしまう可能性がありますけれどね^^;


第4話のお話しはまず花粉症の綾乃ちゃんからであります。
花粉症で苦しんでいる綾乃ちゃんには悪いのですが
可愛いくしゃみをする綾乃ちゃんが可愛くてたまりません♪
もっとしてって言いたくなっちゃいます^^

そんな綾乃ちゃんに悲劇が襲う。
ティッシュを使いはたしてしまい大慌て^^;

このまま鼻水を垂らしたままにしておくわけにもいかず
思わず使用済みのティッシュに手が伸びそうになるもここは思いとどまる。

でも、このままでは・・・
と思っているとき後ろの席の女の子が声をかけてくる。
京子ちゃんからティッシュが回ってきました!!

気が利く京子ちゃんですが
ティッシュにそんな落書きをしなくても^^;
まぁ、そんな落書きがあっても綾乃ちゃんにとってはとっても嬉しいことだよね。
ティッシュがなくなって困っていたので助かったことと
そのティッシュが京子ちゃんからのものであること。

そんなわけで綾乃ちゃんは心から「ありがとう」と^^

で、そんなふたりのやり取りを見ていた千歳ちゃんは
鼻血が垂れ流し状態^^;

こちらは違う意味でティッシュが必要であります。

そのあとは生徒会室のお掃除の話しがあったりします。
そのなかで櫻子ちゃんがちょっと可愛いコスをしてくれたりします^^


そのあとは下校しようするも雨が降っていて帰れなくなってしまったあかりちゃんたちのお話し

この状況に京子ちゃんはてるてる坊主がまったく役に立ってないことに文句。
そのてるてる坊主がどこにあるかというと
それはもちろんあかりちゃんのお団子^^;

これでは帰れないので教室に戻り
京子ちゃんお手製のすごろくで時間をつぶすことにします。
で、そのすごろくがなんとも
京子ちゃんお手製だけあって京子ちゃんの欲望ができってます^^;

ちなつちゃんに好きといってもらうために
「京子ちゃん大好き
って言わなくちゃならないマスがあるし^^;

そのマスにまず止まったのが結衣ちゃん
そんな結ちゃんはまったく感情を込めずにあっさり「京子ちゃん大好き」と^^;
その次に止まったのがあかりちゃん

あかりちゃんは感情を込めて「京子ちゃん大好き」というも
京子ちゃんは何も感じず。
「面白くもなんともない」と^^;
京子ちゃんその反応は酷すぎ。

で、その次に止まったのが京子ちゃん自身^^;

京子ちゃんは自分がそのマスに止まることは想定していなかったようで
このすごろくを欠陥品と回収しすごろくはここまでとなります。

さてそのあとちなつちゃんが職員室にいったときに
貸し出し用の傘を持ってきてくれます。
これでやっと帰れます。

2本しかないのでペア組はこうなります。
結衣ちゃんとちなつちゃん
このふたりだとこうなるのは必然だよね。
ちなつちゃんこの幸福のときをおもいっきり満喫します。

そしてもう1本はあかりちゃんと京子ちゃん
あかりちゃんは肩が濡れちゃってるので京子ちゃんに
もうちょっと詰めてとお願いする。

そのお願いに京子ちゃんはなぜか縦に並んで入るようにします。
これではあかりちゃんが見えないんですが・・・

で、これは京子ちゃんがわざとやったようです。
あかりちゃんが画面から見えなくなるように。

そんな小悪さをするものですから京子ちゃんに天罰が下る。
走ってきた車におもいっきり水をはねられ全身びしょ濡れ^^;
もちろんアツアツだったこのふたりも全身びしょ濡れ状態

ですが、唯一濡れなかったのはあかりちゃん
京子ちゃんによって画面から見切れた状態にあったもんね^^;
そんなあかりちゃんをみて京子ちゃんは
あかりちゃんのことを恐ろしい子と痛感する。



次回
第5話「日本の夏 ゆるめの夏」

次回予告でりせさんがいっぱい喋ってますよ^^
ということは次回はりせさん回になるのか?
それともならないのか?
是非りせさん回であってほしいです!!


(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部

※お詫び※
第3話のレビューは時間の都合上お休みとさせていただきます。
何卒ご了承ください。