ゆるゆり5話
(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部



第5話の「アッカリ〜ン♪」は京子ちゃんに言われて
結衣ちゃんが担当しますが恥ずかしくて最後までやり通せません^^;



さてサブタイトルにあるようにゆるゆりも夏へ突入です!!
ついこないだバレンタインのお話しがあったような気がしますが
そういう細かいことを気にしてはいけません。

京子ちゃんは暑さに耐えしのぐも限界を迎え
今年の夏、初めてクーラーのスイッチを入れます。

が、クーラーは無反応。
その訳はこれ。

電池が入ってなかったらそりゃ動きませんよ^^;

この状況に京子ちゃんは1階へダッシュ!!
冷蔵庫の扉を開けて顔を冷やします。

でも京子ちゃん
いくら暑くても冷蔵庫全開はダメですよ。

その後、仕方なく電池を買いに行くことにする京子ちゃん
でも彼女がすんなり電池を買いに行って帰ってくるわけがありません。

まず結衣ちゃんの家に立ち寄って涼みます。
で、一緒にカレーを食べます。
肉の代わりにソーセージ
わたしもよくやります。
暑い夏はチョリソーがベストかな^^



そして結衣ちゃんのあとに立ち寄ったのはちなつちゃんの家。
本来の目的地であるコンビニを通り越してるし^^;



そしてそのあとはあかりちゃんの家にお立ち寄りです^^

こんな感じでみんなの家に立ち寄って
いろいろとご馳走になり涼んだ結果がこれ。

乾電池のサイズを間違えてしまい終了です^^;

そんな京子ちゃんはみんなをプールにお誘い。
ということでみんなでプールに行くことになりますが
その待ち合わせに遅れてしまったのがあかりちゃん

普通ならドアを開けてもらえるところですが
乗り遅れたのがあかりちゃんなので電車はそのまま出発^^;

この京子ちゃんはメーテルネタなのかな?

さて電車に乗り遅れてあかりちゃんは
ひとり次の電車まで待合室で待つことに。

そんなわけでここからはあかりちゃんの独壇場。
ほかのキャラのセリフは一切なしです。
電車に乗り遅れたとによって得ることができた一種の高待遇。

でもその反動、お返しは必ずあるもの。
次の電車が到着しているのにあかりちゃんは
メールのやりとりに気を取られてまったく気づいていません^^;

そしてこのあとプールのお話しになってくれなかったのは
ちょっと残念だったです。

その次に来たのは結衣ちゃんのお話し
風邪でダウンの結衣ちゃんはとある夢を見ます。

それはみんなと冒険をする夢。

モンスターにみねうちをする京子ちゃんはなんとも^^;

あかりちゃんは「アッカリ〜ン♪」で攻撃をかわす。

そんなモンスターに止めをさしたのは
黒魔術師のちなつちゃん

でもここであかりちゃんはやられてしまたったモンスターに対して
復活の呪文を唱えてしまう。

せっかく倒したモンスターに何やってるんですか!!


そんな次に見た夢はまたゲームの夢。
ゲーム好きな結衣ちゃんだけのことはあります。
でもその夢が恐ろしいこと。
京子ちゃんがまったく消えてくれません^^;

京子ちゃんが溜まる溜まる^^;
そんな恐ろしい状況に結衣ちゃんは魘されてしまってます^^;



さて夕方目を覚ます結衣ちゃん
熱も下がったようです。
魘されて冷や汗をかいたおかげなのかな^^;

そんなところに魘された原因の京子ちゃんがやってきます。
結衣ちゃんが風邪でダウンしたと聞いてお見舞いに来てくれたようです。

そんな心優しき京子ちゃんに結衣ちゃんは
「ありがとな♪」とお礼を言い
冷蔵庫にラムレーズンが入っていることを教えてあげます。


そしてその次は櫻子ちゃんと向日葵ちゃんの妹の楓ちゃんのやり取りのお話し
楓ちゃんにおっぱいのことをこれでもかというぐらいに責められまくる櫻子ちゃん

これはさすがにキツイよね^^;
でも相手は幼き楓ちゃん。
湧き上がる怒りを必死に堪えます。

そんな櫻子ちゃんの気持ちを知ってか知らずか
その後も笑顔で櫻子ちゃんの心をえぐり続ける楓ちゃん。
そんな小悪魔っぷりが最高です^^

「櫻子お姉ちゃんのお姉ちゃんもおっぱいないから櫻子お姉ちゃんもきっとそのまま。」

「楓が大きくなったらおっぱい分けてあげるね。」

「櫻子お姉ちゃんには牛乳持ってきたの。
あのね。おっぱいが大きくなるかもって思ったの
櫻子お姉ちゃんおっぱい大きくなるたいんだよね♪」


次回はこの時期に合わせてコミケのお話しのようです。
第1期のときもコミケのお話しあり楽しめた記憶があります。
第2期もそんな面白い展開を期待したいものです。


次回
第6話「【速報】ゆるゆり完売」


【アイキャッチ】

千歳ちゃんver.


綾乃ちゃんver.


(C)なもり/一迅社・七森中ごらく部