フォトカノ2話
(C)ENTERBRAIN, INC. Developed by DINGO Inc./フォトカノ製作委員会

(概要)
写真部に入った前田一也。部長の九堂博道から突然、
「明日の放課後に緊急ミーティングがあるから集合するように」とのメールが来る。
不安な思いで、昼休みにプールへの渡り廊下を歩いていると、
忘れ物を取りに来たスクール水着姿の新見遙佳と出会う。
新見遙佳から突然、「前田くんの力になりたい」と撮影モデルの誘いが来る。
一也と新見遙佳の二人だけの秘密の撮影会のはずが、
そこには…。


第2話はまずはののかちゃんが一也のところへやってきます。
その目的は教科書を借りるため。
ののかちゃんの笑みは素敵で好きです♪

ののかちゃんがやってきたおかげで体育の授業に遅れそうな一也
階段を急ぎ降りていると生徒会長の室戸亜岐さんとぶつかりそうになってしまいます。
先日も同じような危険な目にあった亜岐さんは一也を厳しく注意してくる。

校則を全部暗記しているなんて
さすが生徒会長さんです。

生徒会長さんにお叱りを受けた一也は下駄箱のところで遥佳ちゃんと出会う。

遥佳ちゃんは授業で使うソフトボールの用具を運んでいる途中のようです。
そんな遥佳ちゃんは一也に笑顔で話しかけてきます。
遥佳ちゃんは果音ちゃんに聞いて一也は写真部に入ったことを知っており
一也は遥佳ちゃんにどんな活動をしているのか聞かれます。
本当の活動内容はとても言えないのでうまく誤魔化す一也。
そんなとき一也は遥佳ちゃんにカメラを向けるあのふたりの存在に気づく。

彼らから遥佳ちゃんを守るべく一也は
道具を一緒に運ぶことにします。

このとき遥佳ちゃんの手を握る形になり
そのことで遥佳ちゃんの頬が真っ赤になってしまいます。

運ぶのを手伝ってもらった遥佳ちゃんは
立ち去っていく一也を見送る。
そのときの表情がこれ。
遥佳ちゃんが見せたさっきの表情といい
一也に好意を抱いているのはまちがいなし。

さて体育の授業を終えた一也
今度は妹の果音ちゃんと遭遇であります。

果音ちゃんも可愛らしくていいよね♪
そんな妹から空腹を満たすためにゼリー飲料をもらいます。

が、これが生暖かい^^;

それもそのはず果音ちゃんのスカートのポケットに入ったままだったんだから
可愛い妹の生暖かさ。
とあるフェチをお持ちの人にとっては羨ましいことなのかな?

で、ここでまた小煩い生徒会長さんのお出ましとなるわけです。

昼休み時間以外の飲食は食堂を利用をしなくてはならないようです。
そんな校則について果音ちゃんももちろん知らない。
果音ちゃんも一緒に注意を受けちゃいます。

生徒会長さんが立ち去ったあとで果音ちゃんが携帯につけている鈴を見て
「それ。よくまだ持てるよな。」と感心します。

そのお兄さんの言葉に果音ちゃんは
「当たり前だよ...」

「小さい頃。。。にいやんがくれた大切な鈴だもん」

肌身離さず持ち歩いているとお兄ちゃんに向かって
この素敵な笑みを見せます。
果音ちゃんはお兄ちゃんのことを本当に慕っているようです。
そこに恋心に近い感情があるかどうかはわかりませんが。


放課後のシーンで新体操の練習に励む舞衣ちゃんが
素敵なシーンを見せてくれちゃいます♪



そんな舞衣ちゃんを撮影しようとする一也
そのカメラの気配に気づく舞衣ちゃん

その舞衣ちゃんから新体操部の練習中は写真部は立ち入り禁止
そうなった訳は言うまでもありません。

写真部は恥ずかしいアングルで撮影しようとするから^^;

その話しを聞いて一也は中川と東に対して怒りを感じる。
舞衣ちゃんを撮れなくなった訳だもんね。
でも、そこは一也のことを慕っている舞衣ちゃん。

わたしが先輩だけは締め出さないでほしいと
部長にお願いしてくれると言ってくれます。

第2話サービスショットvol.1



そのあとにご登場となるのが夕日が差し込む下駄箱付近を撮影している氷里さん

氷里さんが撮っていた写真は逆光。
一也は逆光の写真って暗く潰れてうまく撮れないんだけど
うまく撮影できるコツを彼女に聞いてみる。

そうすると氷里さんは
「潰れてもいいじゃないですか。雰囲気があれば...」
と答えます。
そしてしばらくしてから露出補正を使えばいいですよと
一也にちょっとしたアドバイスを。

その翌日
一也は水着姿の遥佳さんと出会います。

遥佳さんのスク水姿
とっても素敵♡

そんな遥佳さんはここでかなり大胆な発言をしちゃいます。

「モデルやろっか?」

その言葉に驚きの一也
そんな一也に遥佳さんは恥ずかしながら
「グラビアといえば水着よね。」

「わたし...恥ずかしいけれど頑張る。」

「前田くんの力になりたいもの。」

その遥佳さんのセリフに合わせての
遥佳ちゃんのスク水のアップ
下半身と胸元のスクロール
エロさを感じられてとっても良いですよ♪
スタッフのこだわりに感謝ですね。

さて一也は遥佳さんになぜ俺のためにここまでしてくれるのか聞きます。
その一也の言葉に遥佳さんは
「だって、もっと昔みたいに一緒にいたいから。」

「だめ?」
と甘い声で聞きます。

その問いに一也はそんなことはないと。
その一也の答えに遥佳さんは
「じゃぁ撮って!わたしを撮って!!」

「わたしでよければ前田くんに撮ってほしい」

「わたしを見てほしい!!」と。

遥佳さん
ソフトボールの道具を運ぶのを手伝ってもらったときから
一也に対する感情を抑えきれなくなってきているようですね。
スク水での撮影をお願いしちゃうなんて
かなりなものですよ。

こうしてはじまった遥佳さんのスク水撮影会♡




好きな人のためとはいえ
スク水でここまで大胆になれちゃうなんて遥佳ちゃんはすごいよ。
だってここ学校だよ^^;

そんな遥佳さんがたまに見せる恥じらいの表情
これがたまりません。

そんな表情を撮り損ねてしまう一也はまだまだですね。






撮影が終わったあと遥佳さんは一也にこの写真は誰にも見せないようにと念押し。

「こんなことするの前田くんだけなんだから♡」

そう一也に言い残し
恥ずかしそうにプールから走り去る遥佳さんであります。

そんなふたりっきりの撮影会をしっかりのぞき見ていたのが内田さん
彼女のステルスっぷりは怖いわ^^;

さてこの撮影会を気にして一也は遥佳さんのことを意識し始めてますね。
遠い存在になってしまったと思っていた彼女がまた近くに感じられ始めているようです。

そんなとき一也はその遥佳さんの机に座り涙を流していた深角さんの言葉を思い出す。

「内緒にしておいてくれる...?」

ここで明かされる深角さんが泣いていた理由

彼女は残念ながら遥佳さんに恋心を抱いているとかそういうものではありませんでした。

深角さんは遥佳さんになりたいとずっと思っていたようです。
綺麗で、明るくて、テニスが上手で
頭が良くて、みんなの人気者の遥佳さんに。。。

彼女の席で世界を見れば
わたしも変われるかもって思った。
でも、そんなの無理であって
逆に遥佳さんのことが妬ましくなって
涙が出てきてしまった。

いつも彼女に優しくしてもらっているのに
ひどいでしょう?と...

そんな深角さんの気持ちがわかる一也
綺麗になった遥佳さんに距離を感じている一也だもん。


さて今日の部活に議題は「ミスフォトジェニック」
「ミスフォトジェニック」とは写真部が毎年この学園で
もっとも美しく写真映えする女子を1名選出して
学園祭で大々的に展示するというもの。

選ばれた女の子にとっては大迷惑なお話ですが
展示を見に来る男達にとっては歓喜なものばかりなのでしょうね^^;

欲望のままに写真を撮りまくる写真部の餌食になる女の子がかわいそうすぎる。
そんな餌食に決まってしまったのが遥佳ちゃんであります。

そんな魔の手から遥佳ちゃんを守るのはあなた
一也しかいませんよ。
絶対に彼女を守りきるんですよ。

さてそんな一也はある朝。
壁を越えてくるひとりの女の子と遭遇

その女の子はあの口うるさい生徒会長さん。

そんな会長さんにこれはシャッターチャンスだとカメラを向ける一也
少しエロさがあっていいアングルなのは確かだよね。

そんな一也に気づいた室戸さんは一也に撮るのをやめるように言うも
一也はやめるつもり一切なし。
そんなとき室戸さんは柱から足を踏み外してしまい落下。

そんな彼女をからだを張って受け止める一也
室戸さんはスカートをおさえていたから
一也の位置でもパンツは見えなかったのかな?

でもこうやって室戸さんと密着できたんだから
からだを張った甲斐はあったよね♪

そんな一也はさらにおいしいものを得ることになります。
室戸さんが校舎裏の壁を乗り越えてきたのは遅刻を誤魔化すため。

不正登校を一也にツッコまれ困惑の室戸さん
そんな室戸さんは観念して不正登校を認める。

「ごめんなさい。不正登校よ。」

その室戸さんの反応に一也はある種の快感を感じてしまう。
いつも口うるさい室戸さんをやり込めるこの気持ちよさ。

これはもう室戸さんは一也に芽生えた悪の心から逃げることはできないでしょう^^;

「誰にも言わないで...」

「お願い。」

「わたしが不正登校だなんて知れたら生徒会長としての威厳が...」

第2話は遥佳さんが素敵なスク水姿をお披露目してくれて大満足であります
舞衣ちゃんも相変わらずの可愛さを見せてくれたし♪
そして次回は室戸さんがスク水で一也に激写されるようです。
口うるさい生徒会長さんがどこまで大胆になってしまうのか
とっても楽しみであります^^

次回
第3話「百花繚乱」



(C)ENTERBRAIN, INC. Developed by DINGO Inc./フォトカノ製作委員会