(C)MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会

メルヘン・メドヘン「第4話いるべき場所、帰る場所」の放送がありました。
第4話は温泉回♥
「ヘクセンナハト」に参加する各国のメンバーが温泉に大集結(#^.^#)
裸の対決を繰り広げてくれちゃいます^^

そんな大事な温泉回なのにアバンから不安なことをしてくれました。
カレンダーは1週目がないよ〜^^;
1日から6日はどこへ行った?
こちら側の世界は1日から6日は存在しないのかな?

静ちゃんの大きさに対してイスやベットの大きさがおかしなことになってるしさ...
こういうのいきなり見せられちゃうと第5話以降が不安になってしまいますよ。
大変だと思いますがスタッフさんには頑張ってもらいたいものです。


さて話しに本編に戻し、有子ちゃんにブーフ・ヒュレの見本を見せてもらい
ブーフ・ヒュレを試みる葉月ちゃんですがあっさり失敗してくれます^^;

有子ちゃんの一寸法師
ミニスカの巫女さんって感じで可愛いです♪

そんな葉月ちゃんの特訓の場にカザンさんのチームメイトである
シャルルちゃんとモリーちゃんがやってきます。
ちょっとおバカさんで方向音痴なふたり
そんなふたりを束ねるカザンさんはちょっと大変かも^^



そんな場にアメリカ校のリンさんもやってきます。

可愛らしい女の子ですがその可愛さ、笑顔は表の顔って感じ。
かなり黒そうな女の子であります。


さてここからはお楽しみの温泉シーン。

葉月ちゃんが温泉にやってくると先客ありです。
まずは静ちゃんとロシア校のマリアさん

マリアさん
お尻とおっぱいをお披露目してくれている構図なんですが湯気が邪魔して見えません^^;
BDでの解禁に期待しましょう。
BD&DVDの法人別特典の布ポスターや収納BOXのイラストでは湯気はないので
きっと大丈夫なはず。
乳首の解禁は他の作品の流れからするとないと思われますが^^;



インド校のマーハーカリーさん

李雪梅さんと李雪蘭さん
ふたりとも可愛いです

さてみんながくつろいでいる温泉にリンさんが乱入

ここから一気に物騒な展開へ突入。

その目的はシンデレラの原書

そして自分との相性が悪い李雪梅さんの芭蕉扇を本線が始まる前に消し去るため

リンさんの原書は「マッチ売りの少女」
マッチにはいろんな使い方がありそうです。
今回の痺れの効能とか...



この騒動から静ちゃんの命により離脱した葉月ちゃん
アーサーさんにノミ取りをしてもらいます^^;

ここでのアーサーさんの言葉が葉月ちゃんの心に突き刺さっていきます。
「あなたはなぜここにいるの?」

「だから逃げた。 
そうあなたは頑張っている。変わろうとしている。
だけど、変わるのは怖い。」

「あなたは逃げ続けてる。
現実から、自分から、嫌なもの全てから。。。」

「あなたはどこまで逃げるの?」



さて第4話でリンさんとカザンさんが裏で繋がっていることが明らかになります。
リンさんはカザンさんに各校メンバーの情報収集をするよう命じているようです。
その報酬はカザンさんの居場所。

リンさんはカザンさんに課題を追加します。
それはシンデレラの原書を確保するために葉月ちゃんを排除してほしいと。

その命のまま葉月ちゃんを襲うカザンさん。
そんな葉月ちゃんのピンチを救ったのは静ちゃん。

「龍の顎」がカザンさんを襲う。

葉月ちゃんの危機を救った静ちゃんは葉月ちゃんに向かって
彼女が予想もしていなかった言葉を、心に突き刺さる言葉を感情を押し殺して言う。
「あちらのせかいにお帰りなさい。」
「そして、もう二度と来ないでください。ここはあなたのいるべきところではありません。」

「わたくしはあなたの友達ではありません。」

静ちゃんの苦渋の決断。
自分の夢のためにこれ以上葉月ちゃんを巻き込む訳にはいかない。
友達がこれ以上傷つくのはみたくない。
静ちゃんにとっての思いやりなのかもしれませんが
その言葉が葉月ちゃんにどれだけダメージを負わせるのか
静ちゃんはわかってないんだよね^^;

次回
第5話「さよなら、わたしの魔法」


エンドカード(むちまろ先生)
リンさんのヤバさをいい感じに現しているエンドカードであります^^

(C)MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会