(C)2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会

2月9日(金)から公開がスタートした「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」観てきました!!
公開館はTOHO系メインで30館とちょっと少なめなのが残念です。

(概要)
西暦2067年、人間が我を失い凶暴化する奇病「ヴァールシンドローム」が猛威を振るう銀河辺境の地。対抗手段として結成された戦術音楽ユニット「ワルキューレ」は、
「ヴァールシンドローム」の症状を歌で鎮めるため、星々を駆けめぐり、ライブ活動を展開していた。
一方、時を同じくして、「空中騎士団」と呼ばれる「風の王国」の可変戦闘機部隊が動き始め―。
プロトカルチャーの遺産の謎が絡み合い、星系を超える熱きチームワークと恋の物語が幕をあげる。

TV放送版の再構成ということで中弛みもなく最後まで楽しめましたよ。
わたしはTV放送時は途中で脱落してしまったので
脱落したあとの展開が劇場版として補完、楽しめたのでとっても満足です。
TV放送を見ていない初見の人でも十分楽しめる内容となってると思います。

恋模様、仲間の絆、ライブ、バトルどれも素晴らしかったです。
ライブシーンのCGも完成度が高かったと思います。
ただTV放送時の画を流用しているところのキャラは褒められるレベルではものもあるので
CGライブシーンに入ったときに違和感を感じてしまうかも^^;

あと気になったのはバトルシーンの音響の迫力の無さかな。
劇場版なのにこれは正直残念でした。
河森監督が「マクロス」は大画面・大音量に向く作品と言っているだけに...
TOHO新宿なので音は悪くないはずですが、
他の劇場でも観る予定でいるので、そのとき再度音響については確認しようと思ってます。

初日が金曜日ということもあり新宿でも販売状況を示すマークは出てません。
わたしが観た回は5割ぐらいの入りだったでしょうか。
前方と左右席は空席が目立ってました。

物語については公開がスタートしたばかりなので割愛します。
それにTV放送は途中で脱落してしまっているので比較話しなどもあまりできないし...^^;
ご了承ください。
そんなわけでパンフレットなどを軽くご紹介。

パンフレットは44P構成で1000円







ワルキューレメンバー紹介は各2P





見開きイラストもあります。





河森監督のページもちゃんとありますよ。
その他にはCGライブシーンについてやその他のキャラ紹介などなどが掲載されてます。

そして第1週目の来場者特典
「マクロスΔ」キャラクターデザイン原案の実田千聖氏(CAPCOM)イラストミニ色紙です。
フレイア、美雲、カナメ、レイナ、マキナの全5種類

わたしはマキナさんでした。

おっぱいがデカいよ〜♥
さすがマキナさんです。

(C)2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会