レンの森の秘密基地

みちのくの落葉広葉樹の森を拠点にした、いろんな活動の記録です。

冬の晴れ間と動物の足跡

先週は断続的にみっちりと降雪。
しかしお陰様で、大雪にはならず、助かりました。
昨日の朝は、朝から青空!!!
久々に雪かきの必要がなく、穏やかな朝でした。

さて、雪だらけの庭を見ると、何やら動物の足跡がたくさんあります。
雪が止んで、活動?再開したようです。
まずは、正体がすぐわかる画像から。
DSC04555

ウサギですね。
前足と後足に特徴がありますので、すぐわかります。
次はこれ。
DSC04554

我が家の庭で雪を掘って、餌さがし?
これは、キツネと思われます。
そして最後が謎の生き物です。
DSC04557

足跡をよく観察すると、
・まぁるい形 直径は約10cm
・4っつの指がはっきり

う~む? キツネじゃないなぁ・・・
熊さんは冬眠中ですしねぇ・・・
カモシカでもないし・・・
以前に住んでいたところでは、見たことがない足跡。

足跡がそれなりに大きいのが、謎なのです。
小型の動物ではないでしょう。
大型のタヌキかもしれません。

伊藤商店 古川店

次の温泉遠征記事に行く前に、しばらくぶりで、美味しい中華そばネタです。
鳴子温泉付近には、美味しい中華そばがありません。
周辺には、池月の菅原食堂、古川のマル寛、加美町の小沢食堂。
これらのお店は、普通に美味いお店ではありますが、鳴子の外側なんですね。
(岩出山のいろはは、我輩の好みでありませんので念のため)

そんななか、新しいお店が出来たようなので訪問しました。
「伊藤商店 古川店」
場所は、古川ICを出て、47号で鳴子方面へ向かい、ちょっとだけエスケープします。
DSC04443

宮城県では、伊藤商店ってメジャーなのでしょうか?
我輩はよくわかりません・・・
店内に入ると券売機で注文です。
最近、券売機での注文は、ややびびっていまして、何を注文してよいやら???
DSC04449

ちょうど前に並んでいたおばさんは、既に何回か来ている常連さんのよう。
そこで緊急リサーチ!!!
すると、「あっさり味がお勧めよ」と教えてくれました、感謝です!!!
券売機の左側にPOPが貼ってありましたので、
「喜多方系あっさりスープ 金の中華そば」を選択です。
DSC04450

店内はまだ新店の雰囲気が残っており、とても清潔感があります。
そんなこんなで、主役登場!!!
DSC04445

ほほう、透明感の強いスープです。
湯気と同時にスープの香りがぷ~んと・・・
これは期待度アップ!!!
んでは、スープをいただきますぞ。
DSC04446

アツアツスープは、しっかりとした味わいです。
あっさりスープとのことですが、かなりキレのある味わい。
和風ダシは、鰹節? 煮干し? 特定できません。
このスープの美味さは、かなり満足度が高いなぁ。
麺はどうでしょう?
DSC04448

喜多方ラーメンと似ている麺です。
もっちりとした、のど越しのよい麺。
ちなにみ、限定ですが細麺もセレクトできるようです。

食べ終えての感想は、専門店らしいソツの無い味わい。
完成度の高い中華そばと思います。

そしてこちらのお店、最大の特徴は「朝ラー」の提供があること。
鳴子連湯の前に、ここで朝ラーを食してからGo!
そんな企画が可能です。

訪問時期:2018年11月

黒滝温泉のぞみの湯

岩手南部探索企画、最後の湯です。
「黒滝温泉のぞみの湯」
ここはぽっかりと未湯で残ってしまっていた施設です。
今回ようやく訪問することができました。
正面玄関には赤いラーメンの幟。 むむむ・・・気になる・・・
この施設、休憩・食事処も併設しております。
DSC04351

静かなところにありますので、それほど混んでいないだろうと思ったら、地元の方々と思われる高齢の方々で賑わっています。
我輩はよそ者ですので、すみっこで静かに入浴しましょう。
DSC04352

お湯はちょっとだけ表面ツルリタイプの、あっさりした湯。
このタイプであれば、長湯してもへっちゃらです。
DSC04353

一応、湯口くんくん。
特徴ある香りは感知できません。
泉質は、ナトリウム塩化物硫酸塩泉。
循環・CLありですが、あまり気になりません。

これにて岩手南部探索企画は終了です。
やはりこのエリアには、メジャーな湯に隠れて、個性的な湯が点在していることを再確認しました。

訪問時期:2018年10月
プロフィール

ren_ys

ギャラリー
  • 冬の晴れ間と動物の足跡
  • 冬の晴れ間と動物の足跡
  • 冬の晴れ間と動物の足跡
  • 伊藤商店 古川店
  • 伊藤商店 古川店
  • 伊藤商店 古川店
  • 伊藤商店 古川店
  • 伊藤商店 古川店
  • 伊藤商店 古川店
最新コメント