2007年01月12日

亀井京子アナウンサーと巨人・林昌範投手との熱愛

今日は、“亀井京子アナウンサーと巨人・林昌範投手との熱愛”について、考察してみましょう。

このブログは、30代、40代、まじめに、恋愛・結婚、時に、離婚を考える女性に向けた、恋愛アドバイスのブログである事を、あらかじめ、ご理解ください。

あなたは、煙たがられた事はありますか?

テレビ東京の亀井京子アナウンサー(24)と巨人の林昌範投手(23)の親密デートが、1月11日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)に報じられています。

亀井京子アナウンサーと林昌範投手は、2006年12月24日のクリスマスイブ、茨城県大洗町での、1泊旅行も、フライデーされています。

手をつなぎ、定食店に入ったり、土産物店のお買い物をする、仲むつまじい様子が掲載されています。

亀井京子アナウンサーは、スポーツニュースの「スポーツ魂」や経済ニュースの「WBS」などに出演しています。

キュートな笑顔で人気急上昇中のホープで、テレビ東京報道局広報部を通じて、

「結婚はまだ想定していませんが、楽しく、真剣にお付き合いさせていただいています」

と交際を認めています。

テレビ東京の報道局側も、

「独身同士の男女ですので、良いお付き合いならばいいと思います」

「それぞれの、大人の判断に、任せています」

と広報部も、後押ししている。

ところで、みなさん、ちょっと、この報道、おかしいと思いませんか?

「え!何がヽ(゚д゚)ノ?」

普通、女子アナウンサーさんって、結婚なら分かるのですが、交際が、広報部を通して、

「ええことや♪」

と、お墨付きで、交際OKって、通常は、考えられないんです。

「ホウホウ(* ゚ー゚)」

例えば、日本テレビアナウンサーで、亀井京子アナウンサーのように、スポーツキャスターも、ビジネス系の報道もする、女子アナウンサーさんで、広告代理店の方と、お付き合いしている女子アナウンサーがいます。

フジテレビでも、同様に男性とお付き合いしている女子アナウンサーや、スポーツ選手とお付き合いしている女子アナウンサーもいます。

しかし、全て、テレビ局側は、その事実を、ひた隠しにします。

ひたすら、隠しに入ります。

そりゃあ、そうですよね。

入社の倍率は、何千倍、何万倍の超難関です。

せっかく、その難関を突破してくれた女子アナウンサーに、すぐに、寿退社をされては、経済用語で言う、人的資源開発の観点からも、テレビ局側は、大きな損失です。

ましてや、付き合っているレベルで、その事実を認めるとは、おかしい。

しかも、亀井京子アナウンサーは、2005年入社の、まだ、1、2年の、社会人デビュー間も無い人材です。

個人のブログで、亀井京子アナウンサーに、天誅を加えるブログが、ありました。

このブログの運営者さんは、正義の何たるかを、世に、訴えかけています。

亀井京子アナウンサーは、聖心女子大生の時代、悪の枢軸の広告塔をしていたんですね。

テレビ東京としては、辞めてもらった方が、良い人材。

でも、あからさまに、辞めせるのではなく、棚ぼた式に(ピンチをチャンスに?)辞めて頂ければとの思惑があるようです。

その辞めて頂くスピードが、早ければ早いだけ、ありがあいと。

直接ではなくても、広告とは、人の信頼に関する、一番の肝です。

亀井京子アナウンサーを、信じた多くの女性が、レイプされてしまった。

スーパーフリーのレイプは、報道以上に、女性に過酷を強いるレイプだったそうです。

集団の男性に、代わる代わるSEXをさせられ、その一部始終を、画像で記録。

訴えるに訴えられない女性達が、たくさんいます。

僕は、レイプされてしまった女性のカウンセリングもします。

僕は、男ですが、女性だったら、もう、悔しくって、悔しくって、いても立ってもいられないほど、悔しい。

ちょうど、20歳前後は、人を愛する本当の意味を理解する成長段階が、心理的にも、肉体的にも、満たされる年頃です。

その時に、アダルトビデオ張りの、過酷なレイプが、あなたに待っているとしたら・・・。

今も、スーパーフリーの被害にあったけれども、その苦しみに、悩み続け、誰にも打ち明けられない、かわいそうな女性たちが、沢山います。

性的なトラウマは、理解あるカウンセラーさんに、心の治療をしてもらわないと、一生残ります。

負の遺産は、人間には、いらないのです。

僕たちは、テレビや雑誌、インターネットから、多くの情報を仕入れます。

しかし、嘘の情報もある。

だから、信頼の置ける情報機関って、必要なんです。

よりによって、テレビのアナウンサーさんが、悪の枢軸の広告塔って、許せますか?

願って、集団乱交や風俗嬢さんになる女性は、今日の僕の恋愛・結婚ブログを読まないで下さい。

(僕の悲しみ、女性の苦しみの分からない女性は、いなくなりましたか?)

では、続けます。

人間の心理とは、

“確証バイアスの繰り返しだ”

と言われています。

“バイアス”

とは、“間違い”という意味です。

つまり、

「あたしって、間違ってないよねヽ(・。・#)ノ!」

って、常に、自己弁護をする生物が、人間なんです。

「あたしは、この美貌を使って、幸せを掴むんだ(*゚Д゚)つミ匚!」

と、心理学で言う、

“スクリプト”

を、美しい女性はします。

亀井京子アナウンサーであれば、聖心女子大生時代、

「アナウンサーになる(,,゚Д゚)∩!」

と、スクリプトした。

“目標”

とは、少々違います。

“シナリオや台本”が、スクリプトの意味です。

ですから、容赦ないんです。

スクリプトの実現のためには。

確証バイアスの反対が、反証バイアスです。

この反証が、出来る人が、非常に、少ない。

少ないからこそ、この、反証が出来る人が、魅力的です。

「仮に、あたしが、間違ってるとしたら・・・」

「あ!こうだから、そりゃあ、他人様に、迷惑を、掛けちゃうな」

と、冷静な判断が出来るのが反証。

「アタシさえ幸せなら、他人は、知ったこっちゃ無い( ̄ー ̄)ニヤリ!」

って、無意識で考える人が、多いんです。

これ、確証。

日本の法律も、事件や事故に、直接、関わっていない人は、無罪放免。

でもね。

僕は、加害者が、大手を振って、世の中で、高笑いを上げ、一方で、被害者や、その家族が、肩身の狭く、そして、一生、心に、傷を背負って生きる世の中って、どうなのよ!って思っています。

人は過ちを犯します。

その過ちは、自分自身の成長の為の、痛い、勉強代の過ちなら、それは、資産になる過ちです。

素晴らしい失敗や、過ちも、あるんです。

しかし、人を、直接的・間接的に、不幸に陥れる過ちは、許されるべきではないのです。

2006年、12月31日。

京セラドーム大阪「Dynamite!!」

秋山成勲選手vs桜庭和志選手の試合。

“オイル疑惑”

ワセリン、タイオイル等の塗布は、「Dynamite!!」では、禁止しています。

命を掛けた試合です。

秋山成勲選手は、全身にスキンクリームを塗っていた。

「ワセリン、タイオイルは認められないが、クリームはOKだと思っていた」

秋山成勲選手は、そう、おっしゃいます。

でも、いくらなんでも、全身に塗る必要は、無いじゃないですか!

悪意ではなく過失。

と判断されましたが、桜庭和志選手は、ボコボコです。

死んじゃうくらい、ぼこられちゃった。

抵抗、反抗、反撃しようにも、そのすべがありませんでした。

(パンチやキックをしても、すべる)

審判に、再三のチェックを要請しようにも、審判も、聞く耳を持たなかった。

つまり、公正なジャッジをする、最後の拠り所も、失ったまま、ただ、桜庭和志選手は、殴られ続けた。

つらかったと思う。

悲しかったと思う。

悔しかったと思う。

「格闘技だから。しょうがないじゃなーい┐(゚〜゚)┌」

そうかも知れない。

でも、女性が、レイプされてしまう心理も、桜庭和志選手が、一方的に、殴り続けられ、死んじゃうかなって、思った心境って、相通じるモノがあると思うんです。

恋愛をして、合意の下で、SEXするんだったら、お互い気持ち良いじゃないですか。

正々堂々と格闘技をすれば、勝っても負けても、相手を、恨んだり、憎んだり、しないじゃないですか。

HERO’S(「Dynamite!!」の主催団体)の審判団は、以下の処分を決定しました。

秋山成勲選手vs桜庭和志選手の戦いは、ノーコンテストとする。

反則行為を犯した秋山成勲選手を「失格」とし、ファイトマネーを全額没収する。

また、プロモーターサイドからは、グローブチェック、ボディチェックを、見過ごした審判員、桜庭和志選手のアピールに対応しなかった審判員(サブレフェリー)に、それぞれギャランティの50%を没収。

そして、グローブ、ボディチェック両面でミスがあった審判員1名は、6ヵ月間の職務停止処分。

さらにHERO’S審判団全員に、厳重注意。

という処分が下された。

なお、試合ストップのタイミングに関して梅木良則レフェリーに過失はないことが検討の結果、判断された(←梅木良則レフェリーが、TKOを下した事ね)。

(でも、梅木良則レフェリーの審判は、史上最悪と言われています)

梅木良則レフェリーのブログは、炎上状態です)

(ぜひ、ご覧下さい)

秋山成勲選手は、

「何の弁明の余地もありません」

「桜庭和志選手、申し訳ありませんでした」

「どんな処分も受けるつもりでいました」

と頭を下げた。

また、桜庭和志選手に対しては、謝罪の意を表明した上で、

「笑って、また、リング上で向かい合うことができたら」

と話した。

桜庭和志選手からのコメントも発表された。

裁定に関しては、

「こちらは、正々堂々と、試合に臨んでいるのに、このような結果になったことに対しての、今回の処分内容に関しては納得しておりません」

秋山成勲選手に対しては、

「イベント関係者、 清原和博選手、一緒に入場した子どもたち、ファンの方に対して、謝って済む問題ではないけれど、謝ってほしい」

「ボクは、リングに立つときは、正々堂々とやりたい」

「ただそれだけです」

というものだった。

あなたは、何を感じるだろうか?

死をも受け入れた人の言葉とは、いつも、僕の心を打つ。

まじめに、こつこつ、やってきて、裏切られた人を、カウンセリングする時は、

「この人は、絶対、幸せになる資格がある!」

そう、僕は、ひとり、心に強く念じるのです。

自称愛され女、自称モテ女、元ナンバーワンキャバ嬢等々の、人をだますテクニックで、男をゲットする事も、あなたは、出来るかも知れない。

でも、騙された側の、気持ちは?

秋山成勲選手は、あんな事を、しなくても、実力のある名格闘家です。

「どうして、あんな事、しちゃったんだろう(;´Д`)?」

試合を、観ていた僕の方が、悲しくなりました。

あなたは、女性だから、レイプ魔になることは、無いと思います。

でも、僕は、レイプされた女性をカウンセリングするプロですから、言いますね。

あなたの恋愛は自由。

自由だからこそ、多くが学べる。

だから、恋愛って、素晴らしい。

ただ、男の子の“心”は、レイプしないで!

あなたが、反証バイアスの精神を持てると、スゴイ、良い女になれます。

そして、良い男性と付き合えます。

なぜなら、驚くほど、人は、確証バイアスでしか、生きていないから。

自分しか見えていないから。

あなたには、幸せになっていただきたい。

今日も、僕の恋愛・結婚ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

(離婚を検討中の読者さん、そして、バツイチの読者さんは、今まで、きっと、反証バイアスを、して来なかったかも知れませんね)

(次の、あなたを愛してくれる人が現れても、すぐ飛びつく前に、自分自身への反証バイアスをしてみて下さいね♪)

(きっと、幸せが、つかめますよ(・∀・))

renailovelove at 16:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔