2007年01月29日

坂下千里子さん「結婚はまだいいかな」

今日は、“坂下千里子さん「結婚はまだいいかな」”について、考察してみましょう。

このブログは、30代、40代、まじめに、恋愛・結婚、時に、離婚を考える女性に向けた、恋愛アドバイスのブログである事を、あらかじめ、ご理解ください。

あなたは、結婚はまだいいかなと考えたりしていますか?

タレントの坂下千里子さん(30)が1月27日、都内で、写真集「Cherry Drop」の発売を記念したサイン&握手会を行いました。

ファン500人を前に、上下紫色のショートパンツにジャケット姿で登場した坂下千里子さんは、自慢の美脚を披露しました。

適齢期?を迎え、結婚の可能性を問われると、

「正直、まだいいかなと思います」

「したいな、と思ったらしようかと…」

と笑みを見せた。

ただ、

“できちゃった結婚”

については、

「実家の両親が悲しむから避けようかなと思います」

と否定的だった。

そして、もうお一人、三十路のアイドルさんのご発言に、心理カウンセラーである僕は、“違和感”を感じます。

元祖・巨乳グラビア・アイドル。

90センチのFカップバストで90年代のグラビア界を席巻した細川ふみえさん(35)です。

ここに来て、現在、発売中の「アサヒ芸能」で婚約者との破局を告白している。

細川ふみえさんは、1999年に、アメリカ人の大道芸人ブライアン・ホルスさん(38)との婚約を発表し、翌年に挙式する予定だった。

しかし、延期に延期を重ね、さまざまな憶測が飛び交った。

そんなブライアン・ホルスさんとの関係について、細川ふみえさんは、

「ホントに別れたんですよ」

と言い切り、破局の理由について、次のように話している。

「私の中では、だんだん一緒にいることに無理を感じることが増えるようになってしまったのかもしれません」

「いつかは子供も欲しいと願わなくはありませんが、何をおいても仕事は大事」

「また、私は会社(個人事務所)を担う責任を負いますので、当然投げ出すわけにはいかない思いが私を支えています」

「それで、いろいろ考えた末、2005年の春に私から『別れてもらえませんか』と切り出しました」

とっくに破局していた相手について、改めて告白したというわけだ。

しかし、なぜ2年前に別れた男の話をこのタイミングで明かしたのか。

「細川ふみえさんは焦っているんですよ」

「ここ数年、細川ふみえさんは、仕事が激減していて、“婚約者との破局”しか話題になるネタがありません」

「もう一度スポットライトを浴びるためには、何でもいいから露出を増やすしかないのです」

とマスコミ関係者者は語る。

2006年、細川ふみえさんは、写真集と2本のイメージDVDを発売し、“手ブラ”ショットや過激なシースルー衣装でFカップボディーを披露した。

しかし、勢いなく失速状態の売れ行きだ。

テレビのレギュラーはなし。

NHK大河ドラマ「功名が辻」のチョイ役や旅番組のゲスト出演ばかりで、舞台やイベントの仕事が中心だった。

2007年も、これまでテレビ出演はわずか1本。

2月に五木ひろしさんの特別公演「石松初恋旅/ビッグショー2007」に出演する以外はスケジュールが決まっていない。

1995年から、ずっと出演していたアース製薬「バスロマン」のCMも、ついに2006年末で終了してしまった。

「以前、人気のピークを過ぎた細川ふみえさんがグラビア撮影をしたとき、写真を見て“こんなに露出があるとは聞いていない”とダメ出しを連発して、スタッフから“何さまのつもりか”という声が上がったことがある」

「こういう評判が立つと、仕事はますます減ってしまいます」

「ジリ貧状態を打破するために、なりふり構っていられないのでしょう」

と芸能記者は語る。

坂下千里子さんは、

「結婚はまだいいかな」

ではなく、本人の無意識の内に、結婚しない自分を選んでいる。

「何で、分かるのヽ(゚д゚)ノ?」

坂下千里子さんが、ご自身で、おっしゃっているのだが、

「恋愛で、3ヶ月以上続いた経験がない」

「ずっと、一人の男性を好きでいられない」

と語っている。

細川ふみえさんも、仕事が理由であるとは言え、

「結婚しない方が良い」

と婚約発表後、結婚はしない事が、自分にとって、一番良い方法だ!と無意識が、彼女に、教えていたのだ。

振り回された形のブライアン・ホルスさんは、異文化の摩訶不思議と思っているかも知れないが、そんな事はない。

異文化でもなく、摩訶不思議でもない。

こういう女性たちが、古今東西どこにでもいる。

“浮気症候群”

の女性たちだ。

体を伴った浮気もあるが、たちが悪いのは、

“気持ちの浮気者”

がいる。

潜在的な、浮気予備軍は、データが取れないが、非常に、多いのではないだろうか?

恋愛はする。

それはそうだ。

坂下千里子さんも細川ふみえさんも、まだ、写真集を出すくらい、自分の女としての価値を見出しているのだから。

(女としての魅力がある事を、理解していても、心が理解出来ていない女性は非常に多い)

(ひどい事を申し上げて、恐縮だが、仮に、あなたが、さほど、美しくなくても、良いのである)

(大チャンスだ!)

(なぜなら、多くの美しい女性が、心の構造を理解していないからだ)

僕は、心理カウンセリングを通して、多くの男性の多岐に渡る、恋愛の悩みを解決してきた。

その経緯から、断言出来る。

気持ちが、ブサイクだと、どんな美女でも、捨てられると。

“美人は3日で飽きる”

も、多くの男性の本心を聞くと、まんざら、迷信ではなさそうだ。

坂下千里子さんにも、細川ふみえさんにも、ある共通事項があります。

あなたは、どこだと思いますか?

「おっぱいがデカイ(゚∀゚)/?」

ん?

それは、細川ふみえさんのみ。

外見ではなく、内面。

「結婚しない事ヽ(゚д゚)ノ?」

そうですね。

そして、内面を更に、深く掘り下げて見ますね。

そうすると。

その理由の所在を、どこに置いているかが、ポイントとして見えてきます。

外。

外に、離婚しない理由を求めている。

結婚の理由を、自分ではなく、外に向けているんですね。

恋愛やSEXは、勝手だけど、結婚は別物という定義付けをしてしまっている。

結婚するのは誰ですか?

「本人(・∀・)?」

その通り。

あなたもどこかで聞いた事がある言葉。

“精神分裂病”

この言葉は、心の病をわずらった人のみに、使われています。

でも、僕は、どうして結婚できない症候群の女性が出来るのかは、原因と理由を、その女性自身が深層心理で、

“恋愛の精神分裂”

を起こしていると感じるんです。

そうした女性は、間違いなく、心が、二層構造化している。

心のロワイヤルです。

(↑僕は、酒・タバコ・ギャンブルをしないので、おいしいものを食べる事には、たけています)

(ロワイヤルは、もともと、フランス菓子のムースなどのお菓子の二層構造の意味です♪)

“罪なき犯罪を犯している”

事に、彼女達は気付いていない。

「犯罪ですかヽ(゚д゚)ノ?」

犯罪心理学では、犯罪者の深層心理は、間違いなく、二層構造をしています。

人間、生まれた赤ちゃんは、みな、かわいいですよね♪

(僕は、赤ちゃんや子供が大好きです♪)

小学校低学年ぐらいまでは、多少の個人差はありますが、みな、ほとんど、どんぐりの背比べです。

でも、物心が付き始めて、自己の利益が、芽生え始めると、人をあやめる事をします。

そして、あやまちから何かを、学べるか、学べないかで、

“犯罪”

を犯す、犯さない人間へと変化して行きます。

(恋愛犯罪も含みます)

(法律で、身体を傷付ける、財産の略奪は厳しく罰せられますが、恋愛で傷付けられる事に法は裁きをいたしません)

(でも、ひどい仕打ちをする恋愛犯罪者を、僕は、許せない!)

では、人間の、特に、女性の恋愛の成長での分岐点・ターニングポイントとは、どこでしょう?

「今( ゚Д゚)?」

僕のこの恋愛・結婚ブログに、遊びに来て下さったあなたには、ちょっとした変化は、ありますが、男と女の体の関係を理解した年齢時が、ターニングポイントです。

女性のみに、責任を押し付ける事は出来ません。

男性にも責任があります。

この部分は、男性である僕が、やりたい事ですが、今、あなたという女性に向けたアドバイスをしていますが、男性を啓発する心理を今後、解いて行きたいです。

話を戻しますと、人間の発達段階を、マズロー先生の発達5段階理論でも、マーンステイン(Murnstein)先生のSVR3段階理論でも、共通の部分があります。

(↑詳しく知りたい方は、僕のブログ内検索を掛けて下さい♪)

(分かりやすく、詳しく解説していますよ♪)

“エロの時期”

このエロの時期に、ちゃんと、人を愛する事の大切さを理解出来ないまま、ただただ、年齢だけが、大人になってしまう女性が、

「あたし、飽きっぽいかも┐(゚〜゚)┌」

と、男性を、とっかえひっかえするタイプの女性だ。

原因は、良いセックスをしていない事。

(だから、男性にも、責任はあります)

大脳生理学の側面から言えば、女性ホルモンが、ドッパドッパ出ていない女性である。

出ても、すぐ枯渇するタイプの女性が、坂下千里子さんと細川ふみえさんです。

彼女達は、キャピキャピする時と、まじめな時のギャップが激しいと思いませんか?

「うんうん」

躁鬱(そううつ)傾向がみられます。

平たく言うと、かなりテンション高い時とそうでない時の差があるという事です。

こうした女性は、恋愛ホルモンに忠実に生きています。

“恋愛ジャンキー”

別名:フェニルエチルアミン中毒です。

「好き!」

と思ったら、一直線。

でも、一旦、男と女の、そういう関係を、すると、

「飽きた(゚∀゚)/」

とすぐ、また、他の男探しをします。

今、を見詰めた時、必ず、そういう女性たちは、原因を、“外”に見出します。

坂下千里子さんと細川ふみえさんは、二人とも、どことなく、分かるようで分からない、つかみ所のないキャラクターの芸能人さんだと思いませんか?

「だね(・∀・)」

そうあなたが、感じるのは、坂下千里子さんと細川ふみえさんは、二人とも、心理学で言う、

“自己開示”

が足りないからなんです。

“自己開示”を多くすると、

“好意の互換性”

が、同性同士であろうが、異性間であろうが、勝手に現れます。

どうして、蛯原友里さんや、押切もえさん、黒田知永子さんが、圧倒的な支持を受けるのでしょう?

それは、彼女達が、あなたたちへ、沢山のメッセージを発信しているからです。

(僕は、女性誌を沢山読みますよ♪)

メッセンジャーの発信する情報に、

「あ!それ!あたし!理解できる!」

って、あなたが感じられたら、一体感を、無意識のあなたは、心に、プラスの要因を、蓄積します。

心理学で言う、

“親和欲求”

が、蓄積されるんですね。

ちょっと、あなたより、背は高いけど、等身大の発言や考え方を、あなたに、メッセージをしてくれる。

そういう人は、女性にもモテ、当然、男性にも、モテる。

おかしな発言をしても、生き方や考え方が、自然だから、無理がない。

悪い表現で説明させていただきますと、言い訳や、男性との仲直りをする場面を、思い出して欲しいのですが、その時は、気の効いた言葉が出なくなる。

人間って、そういう生き物。

でも、スジが通っていれば、ちゃんと、相手には伝わるんですよね。

言い訳には、いくかのパターンに、心理学的には、分けることが出来ます。

ただ、パターンで分けても、ある共通事項がございます。

それは、言い訳の根本に、人間の本来持っている、

“防御機能”

が、無意識に、反応するという事です。

無意識化のレベルで、電気信号が、バババババ!と流れますから、体に、反応が現れつつ、頭もフル回転するんです。

つまり、良い訳とは、知的なテクニックが必要とされる高等技術な訳です。

その人の生きてきた全てが現れます。

体の外に現れる事で、色彩心理学の側面で、 坂下千里子さんと細川ふみえさんのファッションについて、触れてみましょう。

モノトーンや、出切る女!風なファッションのイメージが、坂下千里子さんと細川ふみえさんには、ありますか?

「パステルカラーかな(・ω・)?」

モノトーンを、身にまとう女性は、出切る女、秘密を厳守する女性、マイペース、人に立ち入られるのが嫌と言う女性だ。

加えて、自信がある。

モノトーン以外のファッションの女性は、人情味にあふれ、憎めないタイプ。

ただ、他者依存の傾向がある。

行動心理学からの観点からも、坂下千里子さんと細川ふみえさんの共通事項について、触れておきましょう。

“しぐさ”

において。

坂下千里子さんと細川ふみえさんは、まばたきが多い女性だと分かりますか?

まばたきの回数で見ると、人間関係が下手で、気が弱いタイプの人だと、如実に、現しています。

また、視線が、泳ぎます。

相手を拒否しているんですね。

“怖れ”

の気持ちを、常に、心に、常駐させています。

そして、他人に、どう思われているかを、非常に、気にします。

蛯原友里さんと押切もえさんは、最近、よく、テレビに出ていますが、良い目をしています。

充実しているんじゃないのかな?

黒田知永子さんは、ご存知のように、ご結婚をし、家事と育児もこなす、ウルトラ・カリスマですね♪

(疲れなきゃいいけど♪)

風水や占いで、

「あなたは、何色を着なさい!」

とありますね。

もし、心理学と合っていたら、受け入れてみると、気持ちに変化は現れます。

だって、

“自分で変えた”

事実は、自分自身で作るんですから、変わらない訳はない。

もし、あなたが、

“不安や怖れ”

に、心を占有されていると、表情やしぐさ、ファッションに、反映されます。

「元気を出そう(゚∀゚)/!」

と、能天気なアドバイスをする人もいる。

でも、僕は、なによりも、

“気付く”

事が、重要だと、感じるんです。

心理カウンセリングで、どんなに、僕が、頑張って、クライアントさんの心を治そうとしても、治りません。

恋愛の悩みだったら、

「まあ、良いかなぁ〜」

「今は、無理・・・」

と言い訳をする人。

しかも、その言い訳を、外に向ける人は、まず、治らない。

じゃあ、どうやって、治すのかと言うと、気付いてもらう。

気付かないままが、負の進行が、急激に進む。

外ではなく、内を、見詰める力は、強力に、改善の方向に進むんです。

その時、もう、僕は、必要なくなります。

あなたは、自分に、気付いていますか?

あなたには、幸せになっていただきたい。

今日も、僕の恋愛・結婚ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

(離婚を検討中の読者さん!)

(あなたは、“言い訳”を外に向けていませんでしたか?)

(もちろん、旦那さんのひどい言葉攻撃、暴力があったかも知れません)

(ボクシングの上手な人は、ガードが上手でしょ)

(殴り合いは、お互い、ノーガード状態なんです)

(上級者になると、相手の力を利用する)

(相手のパンチをよけた時、その時こそ、カウンターが、効くんです)

(でも、自分のカウンターパンチが、ストレートなのか、フックなのか、はたまた、アッパーカットが有効なのかは、自分が分からないと繰り出せない)

(男女の恋愛も、喧嘩や考えの食い違いの時こそ、実は、相手を攻撃するより、自分が分かっている人は、幸せのチャンピオンベルトを巻けるんですね♪)

renailovelove at 15:47│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔