「おとなの恋愛小説」倶楽部

エッセイスト長住哲雄の自作恋愛小説置き場。ブログ内のおすすめ小説も紹介します。

はじめまして。このブログについて

動く犬木の芽とともに、
ムズムズ増量中!


                      お知らせ                    

男の子アイコン1「Kindle」から新刊を発売しました!
「生涯未婚」の危機を乗り切る《シェアの法則》


 3人に1人が結婚できないと言われる
 「格差社会」の片隅で出会った男女3人が、
 明るく前向きな女性の声に導かれて
 築き上げていくシェアハウスでの共同生活。
 やがてそこには、新しい仲間も加わって、
 そこには、新しい「地縁家族」の可能性が
 芽生えていきます。長住哲雄渾身の
 社会派恋愛小説。ぜひ、ご覧ください。

 『妻は、おふたり様にひとりずつ』
 発行・虹BOOKS 定価・342円


 アマゾンからダウンロードしてご覧ください。
 左の写真または下記タイトルをクリックしてください。

 妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)


                今週のNew Entry             

指矢印ロマン派《H》短編集~第24話・初夜盗り物語〈3〉 湯屋のつとめ
指矢印ロマン派《H》短編集~第24話・初夜盗り物語〈2〉 娘十七。初の奉公


ランキングに参加しています。よろしければ、応援ポチ、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  dog


              当ブログの内容一覧           

ピアノ
管理人・長住哲雄の小説

《短編集》マリアたちへ →目次ページへ →最新記事へ
管理人がこれまで出会った「マリアのような」女性たちに捧げる「ありがとう」の短編集です。

ロマン派 《H》 短編集 →目次ページへ →最新記事へ
管理人が妄想力を働かせて書いた、Hだけどロマン派な、官能短編小説集です。

《長編》鬼子母神→目次ページへ →最新記事へ
大事な者を守るために、男たちの「愛」を食う女と、その「愛」に揺れ動く男たち。デリバリーの世界を舞台に繰り広げられる、男と女の物語です。愛し合うことは、こんなにも苦しく、そして、切ない――。

《長編》 急行「霧島」~あの頃の、ボクたちの愛し方
 ※この小説は改訂版を制作中です。

60年代末から70年代にかけての激動の時代を駆け抜けたふたりの愛。急行「霧島」で出会ったふたりは、京都と横浜でそれぞれの学園生活を送りながら、やがて、時代の嵐に巻き込まれていきます。その愛の行き着く先は……。お読みになりたい方は、⇒こちら からどうぞ。

《長編》ハウ・アバウト・ユー →目次ページへ
 ※この小説は連載完結しました。

ジャズクラブに集まるジャズ好きのオヤジたちと、ジャズ・ボーカリストとして成長していく歌姫たちとの交流を通して、歌とは何? 愛とは何? そして人生とは何? を追求するおとなのラブ・ストーリーです。

ダンス同人の小説

《AKIの小説》天使の手袋 →目次ページへ
 ※この小説は連載完結しました。

借金漬けの同居のカレのために出張エステ嬢としてガンバるアキと、出張先で出会った初老の客・ヒデオ。三者の揺れ動く関係は、波乱の中で、主人公を「真実の愛」に目覚めさせていく――。



             姉妹サイトの最新記事一覧        

ふくろう不純愛講座 by 長住哲雄
管理人・長住哲雄が、「愛とは何か?」を、エロ面白く、しかし、大真面目に語る《恋愛論》ブログです。以下は、最新1週間のテーマ。タイトルをクリックすると、記事が別ウインドウで開きます。

【最新記事】
★不純愛トーク~「大きな政府」と「小さな政府」。どっちが国民を幸せにする?
★性的な人々~「ワケありマニア」U氏の華麗な恋〈1〉 イヌ型の客
★愛の会話力レッスン~ホメられてうれしいのは、「素質」よりも「労力」
★AKIの宅配日誌~日本の安全は私たちが守る?~議員先生の夜の顔
★接客英語的恋愛または恋愛的接客英語〈4〉~お嬢さん、小籠包にご用心!
★不細工&不器用事典~あと一歩、その人に近づく勇気が持てないあなたに
★若者たちへ。24の手紙~「敗北」しても「挫折」はしない、「思想」の力とは?

王冠投票! デート&Hの常識
こんなとき、みんなはどうしてる? 恋愛の各ステージで気になるちょっとした問題の常識を、みんなの投票で決めちゃおう――というサイトです。以下は、最新1か月のテーマ。タイトルをクリックすると、記事が別ウインドウで開きます。

【最新記事】
★ふたりが「つき合っている」と言える条件は?
★「メイワクかも…」と思うカレからのプレゼントは?
★男の「薄毛」って、気にしますか?
★ふたりで街を歩くとき、パートナーにしてほしいことは?

このブログはリンクフリーです。よろしければ、下記バナーをお持ち帰りください。

恋愛小説バナー88 恋愛小説バナ-大


初夜盗り物語〈3〉 湯屋のつとめ

女イメージ4嫁入りを前に、初は代官所に召し出された。
娘の「初夜」を、神主・宮部に取られる前に、
ものにするためだ。奉公の作法を豊に仕込まれた初が、
又衛門の湯屋のつとめを果たす日がやってきた――


 R18   ロマン派 《H》 短編集 
 第24話  初夜盗り物語〈3〉

このシリーズは、管理人が妄想力を働かせて書いた、
Hだけどちょっぴりロマン派な、官能短編小説集です。
性的表現を含みますので、18歳未満の方はご退出ください。



 ここまでのあらすじ  孫兵衛の娘・お初が嫁入りすると言う。「お召し出しになりますか? グズグズしておられますと、また、宮部のやつばらが……」と、手付・彦一朗が耳打ちする。その村では、嫁入りする娘は初夜を土地の代官や神主などに捧げる風習があった。代官・野上又衛門と神主・宮部竹之介は、その「初夜権」を奪い合う関係にあった。宮部に横取りされないうちにと、又衛門は初を召し出し、奉公させることにした。養育係をつとめたのは、下女・豊。そのしつけを受けた初が、初めて又衛門の湯屋のつとめを果たす日がやってきた――
⇒この話は、連載3回目です。この話を最初から読みたい方は、こちらから、
  前回から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 湯屋の脱衣室へ入ると、床に敷かれた簀子の上に襦袢姿の初が正座して、三つ指をついていた。
 襦袢の薄い生地を通して、ほんのりと肌の色が浮き上がって見える。叉衛門の目は、その胸元に注がれた。
 きっちりと合わせられた襟の合わせ目からは、胸のふくらみを垣間見ることはできない。しかし、その下で薄い布を押し上げている肉の存在は、襦袢の上からでも確認することができた。
 そのふくらみの中央で、ぷっくりと飛び出て見えるものがあった。その部分だけ、布地を通して透けて見える色が黒ずんでいる。
 「ホホゥ」と叉衛門は、目を細めた。

 こいつ、なかなか形のよい乳をしておるわい。
 十二か十三の折、近所の子どもたちと水遊びに興じていた、
 顔はかわいいが、まだ薄っぺらい胸をしておったあの娘が、
 もう、こんなに乳をふくらませおったか――。

 叉衛門の目が、自分の胸元に注がれていることに気づいて、初は、襦袢の合わせ目をクイと引き締めた。
 しかし、その行為には意味がなかった。引き締めたたために、襦袢はいっそう肌に吸いつく格好になり、乳の形をより鮮明に浮き上がらせることになった。

 「よい、よい。そうかしこまらずともよいぞ。では、頼もうかの、初」

 渡された脇差を両手で壁の刀掛けに置くと、初は、叉衛門の足元に膝立ちになって、帯に手をかけた。結び目を解こうとする手が、ブルブルと震えている。

 「なんじゃ、初、震えておるのか? 男の帯を解くのは初めてか?」
 「は、はい。初めて……にございます」
 「あせらずともよい。腰に手を回して、ゆるりと解いてくれればよいのじゃ」
 「は……はい……」

 腰の後ろまで腕を回して帯を解こうとするのだが、小柄な初の体では、背中まで手を回すと、まるで叉衛門の腰に抱きつくような格好になる。
 その頬が腹に吸いつくような形になり、口から吐き出される息が叉衛門の腹部をくすぐった。気のせいか、その息が、少し荒いように感じられた。

 こいつ、緊張しておるのか?
 それとも、はや、男を感じておるのか?
 その息の荒さまでもが、叉衛門には愛しく感じられた。
 愛しさは、叉衛門の腹の下に伝わり、褌の中に収まっていた棹をむっくりと持ち上げた。
続きを読む

初夜盗り物語〈2〉 娘十七。初の奉公

女イメージ4神官・竹之介に押さえられる前に――と、
又右衛門はお初を奉行所に召し出した。
奉公させ、初夜権を行使するためだ。その世話を
命じられたのは、下女の豊だった――


 R18   ロマン派 《H》 短編集 
 第24話  初夜盗り物語〈2〉

このシリーズは、管理人が妄想力を働かせて書いた、
Hだけどちょっぴりロマン派な、官能短編小説集です。
性的表現を含みますので、18歳未満の方はご退出ください。



 ここまでのあらすじ  孫兵衛の娘・お初が嫁入りすると言う。「お召し出しになりますか? グズグズしておられますと、また、宮部のやつばらが……」と、手付・彦一朗が耳打ちする。その村では、嫁入りする娘は初夜を土地の代官や神主などに捧げる風習があった。代官・野上又兵衛と神主・宮部竹之介は、その「初夜権」を奪い合う関係にあった――
⇒この話は、連載2回目です。この話を最初から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 孫兵衛が娘・お初を伴い、彦一朗に先導されて代官所の門をくぐったのは、それから三日後のことだった。
 幸いにも、宮部の手は、まだ孫兵衛のところにまでは届いてないようだった。

 「お代官さま、これが、娘の初にごぜぇます」

 代官所の庭に正座した孫兵衛の横で、絣の小袖に身を包んだ娘が、地面に頭を擦り付けるようにひれ伏していた。

 「お初と申すか。苦しゅうない。面(おもて)を上げよ」

 それでも顔を上げようとしない娘に、孫兵衛が、「ほれ。お代官様が顔を上げよ、と仰せじゃ」と声をかけた。
 初は、恐る恐る顔を上げ、まるで鬼の顔でも窺い見るように、上目遣いに叉衛門の顔をのぞき見た。見たか……と思うと、また顔を伏せようとするので、叉衛門は、「これ」と声をかけた。

 「案ずるでない。代官は、別にそなたを取って食おうなぞとは思うておらぬぞ。もそっと面を上げてみよ」

 少し安心したのか、今度はゆっくりと顔を上げ、叉衛門の顔に正面から視線を向ける。
 野良にでも出ているのか、その顔は少し日に焼けて、しかし、その分、引き締まったようにも見える。あどけなさの残る顔にいささかの野性味が加わって、まるで、野良の牝猫のようでもある。
 これは、仕込み甲斐がありそうだわい――と、叉衛門はほくそえんだ。

 「お初と申すか? そのほう、いくつになった?」
 「十七にございます」
 「ほう、十七か。美しゅうなったものよ」

 初は、意味がわからない、という顔をしている。
 脇に控えた彦一朗が口を添えた。

 「お代官様はのう、そなたがまだ十二か十三の頃に、村の川で水遊びをしておるところをお見かけになったのじゃ。あれは、よい子じゃ。きっと、先は、よき嫁御になるであろうと、仰せであったぞ」

 彦一朗の言葉を受けて、初は、少し恥ずかしそうに、頬を染めた。
 その初々しさが、叉衛門にはたまらなかった。

 「嫁に行くそうだの? して、嫁ぎ先は、いずこじゃ?」
 「ヘェ、油問屋、松坂屋さんのところの正一郎さんでごぜぇます」

 孫兵衛が答える横で、初が「ハイ」というふうにうなずいた。

 「ほう、商家か? それはまた、勝手が違うて、何かと苦労よのう」
 「ヘェ。なにしろ、野良育ちなもので、ちゃんと嫁が務まるものかどうか……」
 「なに、安ずることはない。ここでひと月も奉公いたさば、嫁として必要な作法などもきちんと身に着くであろうて。そうじゃ、豊(とよ)を呼んではくれぬか」

 彦一朗が、「かしこまりました」と席を立ち、やがて、年の頃四十から五十と思われる女が、代官の下手に座した。
続きを読む
Thanks for Visiting
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


    関連サイト     

【姉妹サイト】

『哲雄&AKIの不純愛講座』

 管理人・長住哲雄が、エステ嬢・AKIをパートナーに、恋愛論・恋愛ハウツーを展開。心理学・文化人類学・社会学などを駆使して、「愛とは何?」を面白まじめ、ときどきエロチックに展開。おかげさまで、アクセス数97万件突破の人気サイトになりました。

『投票! デート&Hの常識』

 みなさんの投票で、デートからエッチまでの常識を決めようという、アンケート・サイトです。アンケート項目240件超。「こんなとき、みんなはどうしてる?」が知りたい方は、ぜひどうぞ!


【ランキング】

現在の順位は、
下記サイトでご確認いただけます。

にほんブログ村
恋愛小説ランキング


人気ブログランキング
-小説(恋愛)


オンライン小説ランキング



【小説検索サイト】

お気に入りの小説を探したい方は、
こちらから。

オンライン小説ランキング
いろんなジャンルの小説が
ランキングされています。
カテゴリー別
オンライン小説ランキング




Hな小説をお探しならこちらから。
正しいH小説の薦め


駄文同盟.com

あらゆる創作系サイトの検索に。
駄文同盟.com



  お気に入りリンク   

夏のあなた
管理人のお気に入りのサイトを、独断でカテゴリーに分けてご紹介します。ぜひ、のぞいてみてください。

バラ 読みたい小説、ここにある

《女性が描く官能小説》
ricciar i c c i a
(リシア)


ひとみの内緒話ひとみの内緒話


萌木ケイの官能小説萌木ケイの
官能小説
 New

言葉の官能

《男性が描く官能小説》
詩(うた)と小説で描く「愛の世界」

《おとなのラブ・ストーリー》
Sweet Home

《ファンタジーの世界》
迷宮金魚

バラ 深く納得。恋愛エッセイ

おとなの恋草子
男と女のエッチの秘密
セックスにまつわるエトセトラ

バラ 事実は小説よりH…かも

人妻さとみの秘密の告白
夫と妻の秘密の独り言
赤裸々な秘密体験談
誰にも言えない秘密-story-
人妻の秘密生活告白
内緒の恋愛体験を告白

バラ クスリ…と笑えます

ねじを巻け、そして服を脱げ。
裏きんとと【絵日記】
とりぶうの読むコント~宮古島
The Door Into Summer



小説サイト新着情報
記事検索
livedoor プロフィール
    はじめまして    

管理人 TETSUO長住

コーヒー女

編集者&エッセイスト。出版社勤務を経て、独立。フリーランスのエディターとして、雑誌・書籍の企画・編集に携わるとともに、自ら執筆者として、実用エッセイを執筆。
【出身地】 福岡県福岡市


アクセスランキング
  管理人の著書です  

【Kindleから発売、電子書籍】

アマゾンで好評販売中です!

妻は、
おふたり様に
ひとりずつ

格差社会の片隅で
出会った男女3人の
心温まるシェアの形。


2016年3月 虹BOOKS
お求めは、こちらから



「聖少女」
六年二組の
神隠し

教室から姿を消した
美少女への淡い想い。
40年後、ボクは…。


2015年12月 虹BOOKS
お求めは、こちらから



チャボの
ラブレター


美しい養護教諭と
中学生のボクの
淡い恋の物語。


2014年9月 虹BOOKS
お求めは、こちらから



【書店で販売中】

好評発売中です!

すぐ感情的に
なる人から
傷つけ
られない本

2015年9月
こう書房

お求めは全国有名書店で。
アマゾンより購入の方は、
こちらから



これであなたも
「雑談」名人


2014年4月
成美堂出版

お求めは全国有名書店で。
アマゾンより購入の方は、
⇒こちらから



モテる大人の
ほめルール


2013年8月
こう書房

お求めは全国有名書店で。
アマゾンより購入の方は、
⇒こちらから



モテ会話術25男と女の
モテ会話術


2012年7月
こう書房

お求めは全国有名書店で。
アマゾンより購入の方は、
⇒こちらから
スマホでも好評配信中
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらから


雑談の技術『雑談の技術』

2007年6月 こう書房

アマゾンより購入の方は、⇒こちらから


――など多数。
にほんブログ村ランキング
1週間のご訪問ランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ