smile2
      連作短編集 
   マリアたちへ
       目次 

この短編集は、筆者がこれまで出会った女性たちに捧げる
「ありがとう」の短編集です。
読みたい記事のタイトルをクリックしてください。





 第1話 
アイスが溶けてしまうまで
映画館で出会った少年と中年の婦人の心のスレ違い。

 第2話 
ワレメ先生、さようなら

cover
この作品は、「チャボのラブレター」とタイトルを変えてリメイク、
Kindle本として刊行されました。
お読みになりたい方は、下記タイトルをクリックしてください。


チャボのラブレター (マリアたちへ)



 第3話 
ヘイ・ポーラ
高2のボクと高3の公子は、同じ下宿の、障子戸一枚で隣り合う隣人同士。いつしか心惹かれあうようになるふたりだが、そこへ、飯尾と名乗る大学生が引っ越してきて、つかの間の平和が壊されていく……。

 〈1〉障子の向こうの彼女
 〈2〉牛乳ビンに忘れな草
 〈3〉日曜日のデュエット
 〈4〉侵略者のバリトン
 〈5〉彼女の部屋のしのび声
 〈6〉坊ちゃん、泳ぐべからず
 〈7〉心の扉をノックして
 〈8〉キミだけのサンタクロース
 〈9〉彼女の制服の匂い
 〈10〉レモンのキッス
 〈終章〉忘れな草をキミに


 第4話 
母とのいちばん長い別れ
下宿へ帰るボクを、なぜか、港まで見送りに来た母。いつまでも岸壁を去らない母の姿に、17歳のボクの心は揺れる……。

 第5話 
「聖少女」のいた教室


こちらの作品は、『聖少女~六年二組の神隠し』とタイトルを変えて
「Kindle本」として刊行しました。
お読みになりたい方は、左の写真または下記タイトルをクリックしたください。


「聖少女」六年二組の神隠し マリアたちへ


 第6話 
漂流プッシーと飛べない青い鳥
ジャズ・クラブで出会って恋に落ちた、ボクと美しいイギリス人旅行者・クレア。しかし、ボクには8年間交際している彼女がいたし、クレアには、しつこく言い寄るコロンビア人の男がいた……。

 〈1〉満開の桜の下
 〈2〉奇跡の空室
 〈3〉白い肌に黄色い手
 〈4〉M字の奥のピンクの蕾
 〈5〉夢のない「形」と形を持てない「夢」
 〈6〉持ち帰られたクレア
 〈7〉監禁と凌辱
 〈8〉帰る女、行く女
 〈9〉別れの情事
 〈終章〉翼のない夢


 第7話 
二色のパノラマ
女性雑誌の編集者とライターという関係で出会った時雄と悦子。悦子には夫がいたが、やがてふたりの間には友情が芽生え、そしてそれは、危険な炎へと変わっていった……。

 〈1〉未届けの妻
 〈2〉サハラを吹く風の色
 〈3〉宿帳に書いた名前
 〈4〉彼女の同居人
 〈5〉彼女の心の二つの色
 〈終章〉「情事の里」から「日常の町」行き急行


 第8話 
寂しいスペードと悲しいハート
わずか半年の交際の後、理由も告げずに男の元を去った女とその幻影に引きずられていまだに独身を貫く男。そんなふたりが20年ぶりに再会することになった。徐々に明かされていく破局の理由とは……。

   ハート〈1〉    20年ぶりの再会
  スペード〈1〉  20年の沈黙の向こうから
   ハート〈2〉    カレが結婚しない理由
  スペード〈2〉  その沈黙の深い意味
   ハート〈3〉    不幸せという名の猫
  スペード〈3〉  ネコの首に鈴を付けた夜
   ハート〈4〉    冬の旅
  スペード〈4〉  心を照らす追憶
   ハート〈5〉    明かせなかった秘密
  スペード〈5〉  帰らざる日々


 第9話 
ワラの天使
60分10000円のマッサージの女・千佳。部屋に呼んだ彼女の折り目正しさに心惹かれ、その心と体の秘密に触れるうち、私には彼女への思慕が募っていく……。

 〈1〉60分10000円の女
 〈2〉解き開かれた「聖域」
 〈3〉ワラ虫の恐怖
 〈4〉養父の魔手
 〈5〉傷だらけの天使
 〈終章〉たった一度のチャンス


 第10話 
乳房の香り。ミス・中尾、最後の授業
男子高校で受験校だったボクたちの学校で、たったひとりの若い女性教師だったミス・中尾。その最後の授業の日、ミス・中尾はボクたちに思いもしない贈り物を残してくれた……。

 この話は1回完結です。お読みになる方は、ここをクリック。


 第11話 
隣のミヨちゃん
まだ小学校に上がる前の明雄と、その向かいの農家に住むお転婆な女の子・ミヨちゃん。そのミヨちゃんが庭の柿の木で逆上がりをしてパンツを見せるたびに、明雄のチンチンはムズッ…となった。幼いふたりの間には、いつしかほのかな恋心が芽生えていく……。

 〈1〉パンツと轢死体
 〈2〉チンチンを洗う手
 〈3〉チンチン・ミーツ・ワレメ
 〈4〉洪水が奪ったもの
 〈終章〉別れの四つ葉


 第12話 
平均台のマドンナ
転校先の中学校に「ピンちゃん」と呼ばれるクラスメートがいた。体操部に所属する活発な美少女。彼女が校庭の裏庭で平均台の練習をする姿を目にして、ボクはたちまち心を奪われる。しかし、彼女には……。

 〈1〉裏庭に舞う鶴
 〈2〉孤独なレオタード
 〈3〉美しい勇気のための弁論
 〈4〉禁断の「相乗り」
 〈5〉絡まる指
 〈6〉奪われた手袋
 〈7〉待ち伏せ
 〈8〉体育倉庫の四銃士
 〈終章〉ボクたちのファイナル


 第13話 
父娘幻想
彼女は、私がランチを食べに行く店のアルバイト店員だった。「きょうのお通し、おいしいですよ」と無邪気に目を輝かせる彼女の姿に、いつか惹かれていく私。しかし、そんな彼女と私の間には、触れてはいけない秘密が隠されていた……。

 〈1〉彼女のおすすめ
 〈2〉「小さな愛」を栞られて…
 〈3〉夜光虫の夜
 〈4〉よみがえる面影
 〈5〉「父と娘」の時間
 〈6〉湯浴みする娘
 〈7〉鏡の中の「タブー」
 〈8〉夢の中で求めた父
 〈9〉キミのお母さんの名前
 〈10〉母とセックスした男
 〈11〉理由も告げず、消えたひと
 〈12〉赤い靴、履いた…
 〈終章〉愛を罰する神なんていない


 第14話 
明かりが窓に灯るまで
15歳で家を出た。A学園に通うためだった。A学園は受験校として知られる男子校だった。やがて、おたがいの下宿を訪問し合う友だちができる。その中に、及川満という目のクリッとした少年がいた。その純真さに心惹かれていくボク。しかし、ボクたちの間に、ミッションスクールに通う女子高生が登場して……。

 〈1〉アンドロメダを探して
 〈2〉穢れなきイタズラ
 〈3〉砂金採りの夜
 〈4〉美しき少年
 〈5〉禁断の遊戯
 〈6〉突然の引っ越し
 〈7〉ゲームの天才と誘惑の天才
 〈8〉三日月と満月
 〈9〉招かれざる客
 〈10〉5号室が危ない!
 〈11〉彼女の指とボクの舌
 〈12〉愛よ、静かに眠れ!
 〈終章〉シルエットに幸あれ!


 第15話 
ボディショット
40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスにライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習で幸恵のライジングをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ込み、同時に彼女に惹かれていく。しかし、彼女には……。テニスを通して、たがいに惹かれ合っていく、42歳の男と31歳の女のラブストーリーです。

 〈1〉たまたまのナイスショット
 〈2〉「くねくね打法」に魅せられて


 特別篇 
急行「霧島」
60年代末から70年代初めにかけての「激動の時代」。横浜と京都でそれぞれのキャンパス生活を送るボクと昌子は、帰省の急行列車「霧島」で知り合って、心を通わせ合う。流血の時代に、「聖書」を拠り所とする二つの魂が出会い、引き裂かれ、そして再会するまでの、長編青春ドラマです。

この作品のINDEXは、別ページに設けてあります。お読みになりたい方は、こちらからどうぞ。
 ⇒急行「霧島」目次

 
※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ 人気ブログランキングへ オンライン小説ランキングへ

トップページへ戻る