女イメージ4「体のうちに潜めたる欲望をアフーラの前に
さらけ出せ!」。教祖の声に操られるように、
女たちも、男たちも、衣服を脱ぎ捨てた。
これは邪教だ。確信した健二の体も――


 R18   ロマン派 《H》 短編集 
 第25話  教祖の生贄〈9〉

このシリーズは、管理人が妄想力を働かせて書いた、
Hだけどちょっぴりロマン派な、官能短編小説集です。
性的表現を含みますので、18歳未満の方はご退出ください。



 ここまでのあらすじ  妻・睦子の浪費癖に悩む伊原健二は、あるとき、街角で一枚のチラシを受け取る。《5000人を依存症の地獄から救った仙道義春師が、当地でセミナーを開催!》。健二は、「ただの買い物セミナーだから」と言いくるめて、妻を会場に連れていった。会場に山と積まれたグッズ。講師の仙道は、「どれでも好きなものを手に取ってください」と言う。目を輝かせてグッズを手にした参加者を、仙道はひとりずつ壇上に呼び上げて、その欲望を弾劾していく。やがて、伊原の妻・睦子も呼び上げられた。毛皮のコートを手にした睦子は、その理由を尋ねられ、「幸せを感じたかった」と答えた。翌週、クローゼットから靴やバッグがきれいに消えていた。睦子は健二に内緒で、「トゥルー・ライフ・セミナー」の会員になっていた。その名前を聞いた健二の部下・本田が、「そこ、ヤバイですよ」と言う。そのセミナーは、信者を集めてはその財産を巻きあげるカルト教団「真実の幸福」のダミー団体だと言う。本田に言われて預金口座をチェックした伊原健二は、目を疑った。口座から、毎週のように、10万、20万という金が引き落とされている。問い詰めた妻の胸元に、見たこともない赤い痣が残っているのを発見した健二は、そのワケを正そうと、セミナーを訪ねた。応対に出たのは、カウンセラーの笹川清美。最初に健二にセミナーのチラシを渡した女だった。女は、「奥様が買い物依存に走る背後には、邪悪な欲望が潜んでいる」と言う。そして、その欲望は、健二の中にも……と、手を伸ばしてくる。その手で、健二は自分の欲望の場所を探り当てられた。彼女の誘いで教団の道場をのぞいた健二が目にしたのは、聖壇に横たわって衣服をはぎ取られていく妻の姿だった。その体に神体の象られた杖を振り下ろす教祖・仙道。その合図で、6人の男たちが12本の手を妻の体に伸ばした。声を挙げて乱れる妻の裸体。その中心へ、教祖が自らの肉棒を突き立てた――
⇒この話は、連載9回目です。この話を最初から読みたい方は、こちらから、
 前回から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 これは、「聖なる儀式」などというものではない――と、健二は思った。
 睦子は、何らかの方法でマインドをコントロールされ、その肉体にあの仙道とかいう男の刻印を押されて、いまは身も心も、仙道に支配されているのに違いない。
 しかし、ひとつだけ腑に落ちないことがあった。
 この場にいて、教祖による性の儀式をまるでありがたいものでも見るように見守っているこの連中は、いったい、何なのだ?
 ここにいる男や女たちは、見て喜ぶという習癖でも刷り込まれているのか?
 それとも、ある種の思考停止状態に導かれているのか?
 その答えは、すぐにわかった。

 睦子の体に僧衣の下に隠し持った肉棒を突き立て、ズン、ズン……と腰を動かしている仙道が、道場内にいる男女を見回しながら、こう叫んだのだ。
 「姉妹たちよ、おまえたちが体のうちに潜めた欲望を、アフーラの前にさらけ出せ。その欲望をすべて惜しみなく、捧げるのだ。アフーラのしもべであり、おまえたちのきょうだいである者たちに」
 仙道の言葉が響き渡ると、道場に座っていた女たちは、ゆらりと体を起こし、作務衣の上衣のひもを解いて、上半身をはだけ始めた。
 不思議な光景だった。まるで、意思を失くした人形のように、女たちは次々に、その場で服を脱いでいく。いくつもの白い肌が、ろうそくだけの灯りの中に浮かび上がり、たわわな乳房が果実の森のように、薄暗い灯りの中で揺らいで見えた。
 「兄弟たちよ」
 今度は、男たちに向かって仙道が呼びかけた。
 その腰は、Vの字に開かされた睦子の陰部に向けて、激しくスラストを続けている。
 「あ――っ、あ――っ」
 睦子は、激しく首を振り、男たちに押さえられた手首の先で、赤く血の色を滲ませた指が、空中の何かをつかもうとするように、開いては閉じ……を繰り返していた。
 「オーッ、オーッ」
 仙道は雄叫びを挙げながら、男たちへの神託を口にした。

       バラ

 「おまえたちが、密かに身の内にたぎらせている邪なる欲望を、アフーラの前に露わにせよ。そして、許しを乞え! その穢れたる欲を、いま、アフーラに捧げんと身を投げ出したる姉妹たちの身体で浄めるのだ。さすれば、その穢れは取り払われるであろう」
 仙道の言葉に誘われて、男たちが体を起こし、身に着けた作務衣をパサリと床に脱ぎ捨てる。
 男たちの陰部は、すでにそそり立っていた。
 打ち鳴らされる太鼓が、男たちの脈動を煽り立てているようにも見えた。
 男たちは、その太鼓に急かされるように、隣で作務衣を脱ぎ捨てた女たちの体に重なっていく。
 だれがだれに――と決まっているようにも見えない。
 女たちは、彼女たちが信じる「神」の求めに応じて捧げた体を開き、男たちはその体に重なることによって穢れを取り除かれる――と信じているように見えた。
 道場内の全員が集団催眠にでもかかっているように、あちらでもこちらでも、男と女の体の動きを見せ始め、荒い息遣いが唸り声のように場内を満たしていった――。
 「真実の幸福」は邪教だ――と、健二は確信した。
 仙道義春という男は、人の意識に潜む欲望を暴き出しては、それを「邪悪なもの」と糾弾し、私財を吐き出させた上で、その欲望を浄化する装置を作り出して見せた。
 その装置は、信者同士にたがいの欲望を吐き出させ、それを「浄化」という教義で正当化して見せる――というイリュージョンだった。
 そのイリュージョンの中で、この邪教を信奉する男と女たちは、幻想の共犯意識で結びつけられ、偽りの共同体を形づくっていく。
 恐ろしい組織だ――と、健二は思った。

       バラ

 唖然としている健二の右隣では、笹川清美も作務衣を脱ぎ捨て、白い肌をさらけ出していた。
 後ろから、健二の体を拘束していた男は、すでにその拘束を解き、左隣にいた女の体に覆いかぶさっていた。
 笹川清美は、教団では、おそらく仙道の片腕と言ってもいい存在なのだろう。「トゥルー・ライフ・セミナー」を任されていることが、その証左とも言えた。
 清美をその地位にあらしめているのは、その全身から漂う抗いようのない妖艶さなのかもしれない。作務衣を脱いだ清美の乳房は洋梨のように形よく、そのふくらみの頂では、アーモンド大の突起が、ツンと硬直していた。
 「伊原さん……」
 笹川清美は、健二の耳元に甘い言葉を吹きかけながら、手を健二の作務衣のヒモに伸ばしてきた。
 「伊原さんも、隠しているものを露わになさっていいのよ。ホラ、もうこんなにたぎっているでしょう? 心の底の声を、正直に表していいのですよ」
 言いながら、清美は、健二の作務衣の拘束を解き、その中に手を滑り込ませてくる。
 その手が、健二の欲望の本体を捕える。
 いかん。反応するな!
 意識の叫びとは裏腹に、健二の腹の下では、笹川清美の手に捕捉された肉の塊が、欲望のポテンツを高めていく。
 その欲動を、清美の手がやさしく、怪しく、上下に撫でさする。
 「私が欲しい、伊原さん? いま、あなたの頭の中には、私のあそこにこれを入れている自分の姿が浮かんでるでしょ? いいのよ、いらっしゃい。あなたの欲望は、私が浄めてあげるわ……」
 笹川清美は、健二の作務衣を腰から下ろし、そそり立ったものを手につかんだまま、自分の体を後ろ向きに倒していく。
 その手に引っ張られて、健二の体は清美の体の上に重なっていく。
 太鼓の音が一段と激しくなり、聖台の上では、睦子が断末魔の叫びを挙げていた――。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説を気に入っていただけたら、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ 人気ブログランキングへ オンライン小説ランキングへ

ロマン派H短編集の目次に戻る  トップページに戻る