女イメージ4セミナーの背後に潜む教団。その道場を
訪ねた健二が目撃したのは、妻の体をなぶり、
肉棒を突き立てる教祖の姿だった。教祖は言う。
「兄弟たちよ、この者と連なれ」――


 R18   ロマン派 《H》 短編集 
 第25話  教祖の生贄〈10〉

このシリーズは、管理人が妄想力を働かせて書いた、
Hだけどちょっぴりロマン派な、官能短編小説集です。
性的表現を含みますので、18歳未満の方はご退出ください。



 ここまでのあらすじ  妻・睦子の浪費癖に悩む伊原健二は、あるとき、街角で一枚のチラシを受け取る。《5000人を依存症の地獄から救った仙道義春師が、当地でセミナーを開催!》。健二は、「ただの買い物セミナーだから」と言いくるめて、妻を会場に連れていった。会場に山と積まれたグッズ。講師の仙道は、「どれでも好きなものを手に取ってください」と言う。目を輝かせてグッズを手にした参加者を、仙道はひとりずつ壇上に呼び上げて、その欲望を弾劾していく。やがて、伊原の妻・睦子も呼び上げられた。毛皮のコートを手にした睦子は、その理由を尋ねられ、「幸せを感じたかった」と答えた。翌週、クローゼットから靴やバッグがきれいに消えていた。睦子は健二に内緒で、「トゥルー・ライフ・セミナー」の会員になっていた。その名前を聞いた健二の部下・本田が、「そこ、ヤバイですよ」と言う。そのセミナーは、信者を集めてはその財産を巻きあげるカルト教団「真実の幸福」のダミー団体だと言う。本田に言われて預金口座をチェックした伊原健二は、目を疑った。口座から、毎週のように、10万、20万という金が引き落とされている。問い詰めた妻の胸元に、見たこともない赤い痣が残っているのを発見した健二は、そのワケを正そうと、セミナーを訪ねた。応対に出たのは、カウンセラーの笹川清美。最初に健二にセミナーのチラシを渡した女だった。女は、「奥様が買い物依存に走る背後には、邪悪な欲望が潜んでいる」と言う。そして、その欲望は、健二の中にも……と、手を伸ばしてくる。その手で、健二は自分の欲望の場所を探り当てられた。彼女の誘いで教団の道場をのぞいた健二が目にしたのは、聖壇に横たわって衣服をはぎ取られていく妻の姿だった。その体に神体の象られた杖を振り下ろす教祖・仙道。その合図で、6人の男たちが12本の手を妻の体に伸ばした。声を挙げて乱れる妻の裸体。その中心へ、自らの肉棒を突き立てながら、教祖が信者たちに呼びかける。「姉妹たちよ、兄弟たちよ。おまえたちの肉体に潜められし欲望を、アフーラの前にさらけ出せ!」。その声に誘われて、女たちも男たちも衣服を脱ぎ捨て、だれかれとなく体を重ね合わせていく。これは、邪教だと、確信した健二の体も笹川清美の手で――
⇒この話は、連載10回目です。この話を最初から読みたい方は、こちらから、
 前回から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 ダメだ!
 こんな連中の集団催眠の中に取り込まれてはいけない。
 意識の中では、そう叫び続けているのだが、笹川清美の手に捕捉されたペニスが、彼女の濡れそぼったヴァギナに導かれ、熱を帯びたカントをくぐり抜けた瞬間、意識の抑制は脳の奥に引きこもってしまった。
 清美のやや熱を帯びた襞は、健二の硬直を自らの陰肉から湧き出るジェルでくるみ、シリコンのような弾力で、その砲身を締めつけてくる。
 ジュワリと締めては、ニュルリと引き込む。その絶妙の動きに、健二の分身はズブリ、ズブリ……と、清美の肉襞の奥へ、奥へ――と、取り込まれていく。
 健二が体を引こうとすると、「行かせないわよ」というふうに、清美の肉が砲身の鎌首に絡みついて、グイと引き込む。
 繰り返されるうちに、健二の下腹から吐き出されたスペルマが、尿道を這い上がってきそうになる。
 それを放出してしまったら、自分はこの集団に取り込まれてしまう。健二は、必死で耐えた。しかし、その耳に、清美が悪魔の声を吹き込んできた。
 「いいのよ、伊原さん。いま、あなたがガマンしているものを、私の海の中にお出しなさい。ホラ、もうここまで来てるでしょ? あなたの中で醜くあがいているものを私が浄めてあげるわ。出して、私の海の中に。私の中をあなたの欲望でいっぱいになさい。ねっ、イ・ハ・ラさん……」
 言いながら、清美は、括約筋を波のように動かして、健二の肉棒をしごいた。
 熱いものが、健二の尿道を駆け上がった。

       バラ

 道場の床の上では、あちらでも、こちらでも、重なり合った男と女が声を挙げ、そして、次々に、男たちが女の体の上に崩れ落ちていった。
 祭壇では、仙道が睦子の体から抜き取ったばかりの、まだ精液のしたたるペニスを誇示しながら、鷲と白蛇の飾りのついた杖を振り上げて叫んでいた。
 「この女は、アフーラの恵みを受けて浄化された。兄弟たちよ、この者と連なれ! そして、その恵みを分かち合うがいい」
 さっきまで睦子の体を押さえつけていた男たちが、次々に作務衣を脱ぎ捨てて、睦子の体に覆いかぶさっていった。
 睦子は、男たちの体を受け入れるたびに、「あーっ」「おーっ」と声を挙げ、その腰を激しく突き上げて、自らの体の奥へとそれを迎え入れた。
 「奥様は、その魂も、肉体も、この全宇宙の普遍なる存在と一体となられました。奥様は、その偏狭な欲望を普遍の中へと解き放つことによって、アフーラの祝福を受けられたんですよ。睦子さんは、伊原さんの奥様でいらっしゃいますけど、伊原さんの奥様というこの世での《仮の姿》を通して、ここにいるみんなと繋がり、ここにいるみんなと繋がることによって、アフーラに愛される者となられたのです」
 清美の言っていることは、詭弁に近い――と、健二には感じられた。仏教やキリスト教の教義の神髄だけを借りて、自分たちの都合のいい「神」を作り上げ、それを世俗的な儀式に仕立て上げて見せているにすぎない。
 新興宗教がよく使う手口だ。
 妻を、睦子を、何とかこの邪教の魔の手から救い出さなければならない。
 しかし、どうやって――?

       バラ

 「あの教団、けっこう、やばいことやってますよ」
 どうやって調べたのか、本田信一が「真実の幸福」に関する資料を集めて、伊原健二のデスクに持ってきたのは、その翌週のことだった。
 仕事はいまひとつな本田だが、こういうことになると、やたら機敏だ、本田が集めてきた資料は、ネットに書き込まれた教団に関する口コミ情報だった。
 中には、教団信者による内部告発と思われる書き込みもあった。
 「ここ、ここ! これ見てください、伊原さん。連中、教団を抜けようとする信者に、集団暴行とか加えてるらしいッすよ」

 殴る、蹴る……の暴行を加えられ、危うく死ぬかと思った。
 逃げても逃げても、追いかけられて捕まった。
 3日間にわたって監禁され、性的な暴行を受けた。
 最後は、家の土地の権利書まで奪われた……。

 書き込まれた告発の中身は、ほとんどが、刑事事件に相当する内容だったが、ネット上での書き込みだけでは、捜査に着手することもできないだろう。
 そして、本人たちがそれを検察や警察に告発しないのは、その前に身柄を拘束されてリンチなどに遭うことを恐れているから――とも思われた。
 それほどに、教団組織の監視の目が厳しいとも言える。
 まともに睦子を教団から抜けさせようとしたら、何が起こるかわからない。
 どうすればいい?
 どうすれば、妻をあの組織から救い出せる?
 方法は、ひとつしかなかった。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説を気に入っていただけたら、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ 人気ブログランキングへ オンライン小説ランキングへ

ロマン派H短編集の目次に戻る  トップページに戻る