女イメージ4妻を救出するために教団にもぐり込んだ健二は、
ある日のワークショップで女の悲鳴を聞いた。
若い女が男たちに引きずられて水槽の中へ。
それは、女に加えられたリンチだった――


 R18   ロマン派 《H》 短編集 
 第25話  教祖の生贄〈11〉

このシリーズは、管理人が妄想力を働かせて書いた、
Hだけどちょっぴりロマン派な、官能短編小説集です。
性的表現を含みますので、18歳未満の方はご退出ください。



 ここまでのあらすじ  妻・睦子の浪費癖に悩む伊原健二は、あるとき、街角で一枚のチラシを受け取る。《5000人を依存症の地獄から救った仙道義春師が、当地でセミナーを開催!》。健二は、「ただの買い物セミナーだから」と言いくるめて、妻を会場に連れていった。会場に山と積まれたグッズ。講師の仙道は、「どれでも好きなものを手に取ってください」と言う。目を輝かせてグッズを手にした参加者を、仙道はひとりずつ壇上に呼び上げて、その欲望を弾劾していく。やがて、伊原の妻・睦子も呼び上げられた。毛皮のコートを手にした睦子は、その理由を尋ねられ、「幸せを感じたかった」と答えた。翌週、クローゼットから靴やバッグがきれいに消えていた。睦子は健二に内緒で、「トゥルー・ライフ・セミナー」の会員になっていた。その名前を聞いた健二の部下・本田が、「そこ、ヤバイですよ」と言う。そのセミナーは、信者を集めてはその財産を巻きあげるカルト教団「真実の幸福」のダミー団体だと言う。本田に言われて預金口座をチェックした伊原健二は、目を疑った。口座から、毎週のように、10万、20万という金が引き落とされている。問い詰めた妻の胸元に、見たこともない赤い痣が残っているのを発見した健二は、そのワケを正そうと、セミナーを訪ねた。応対に出たのは、カウンセラーの笹川清美。最初に健二にセミナーのチラシを渡した女だった。女は、「奥様が買い物依存に走る背後には、邪悪な欲望が潜んでいる」と言う。そして、その欲望は、健二の中にも……と、手を伸ばしてくる。その手で、健二は自分の欲望の場所を探り当てられた。彼女の誘いで教団の道場をのぞいた健二が目にしたのは、聖壇に横たわって衣服をはぎ取られていく妻の姿だった。その体に神体の象られた杖を振り下ろし、肉棒を突き立てる教祖・仙道。精液のしたたるペニスを誇示しながら、仙道は叫んだ。「兄弟たちよ、この女と連なれ!」。その合図を受けて、男たちが次々と妻の体に重なっていく。これは、邪教だ。一刻も早く、妻を抜けさせなくてはならない。そう決意した健二に部下の本田が驚くべき情報をもたらした。教団は、脱会しようとする信者に、ひどいリンチを加えているらしい、というのだ――
⇒この話は、連載11回目です。この話を最初から読みたい方は、こちらから、
 前回から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 睦子は、昼間から教団の活動のために駆り出されたりしているようだった。
 その活動というのは、主に教宣活動らしかった。伊原健二が、初めて笹川清美からチラシを受け取ったときのように、街頭でチラシを配ったり、そこで捕まえたターゲットをセミナーに誘ったり、そのセミナーの会場でサクラを演じたり……ということをやっているのだろう――と健二は想像していたが、あえて追及はしなかった。
 睦子の体は、あの日以来、仙道の支配を受け続けているようだった。体にはいつも、鞭打たれたような生々しい傷跡があった。しかし、睦子は、その跡を健二に見せたがらない。夜も、抱き寄せようとする健二の腕を拒むようになった。

 健二は、あれからも度々、教団の道場を訪ねた。
 別に入信したつもりはなかったが、ちょくちょく家にやって来る笹川清美たちに誘われて、道場に通った。
 行くたびに、金銭の寄進を求められた。その金額が、行く度に、2万、3万、5万……と、エスカレートしていく。健二と睦子が、「献金」の名目で教団に収める金額は、月に20万近くに上っていた。経済的には、もう限界に近かったが、健二には、いま、それを止めるわけにはいかない理由があった。

 道場で行われる教団の集会には、「サービス」と呼ばれる礼拝と、「ワークショップ」と呼ばれる研修会があった。
 「サービス」は、仙道が読み上げる祈祷文に唱和して信者たちが祈りを捧げ、白蛇を踏みつける鷲の像の足元に口づけをする――という、純粋に宗教的な儀式として行われる。
 「ワークショップ」は、信者同士の研鑽を目的とした集会で、このときには、信者同士がおたがいの肉体でその信心を確かめ合う。信心に疑いがある――などと判断された信者は、仙道の手で「修練」と称される仕置きを加えられ、その後、信者たちによる肉体的な責めを受ける。健二が最初に道場で目にした光景。妻の睦子が、仙道の杖に打ち据えられ、その体に信者の男たちが群がったあの光景は、その「ワークショップ」の光景だった。
 その日の集会は、開始早々から異様な空気に包まれた。

       バラ

 「イヤ――ッ!」
 道場に、この世のものとも思えない叫び声が響き渡り、その場にいた男女全員が、声の方向に顔を向けた。
 作務衣姿の男性信者ふたりに両腕を抱えられた女が、道場の床の上を引きずられてくるところだった。
 薄い羽衣のような布をまとっただけで引きずられてくる女は、まだ20代に見えた。
 何とか逃れようと身を捩り、手足でもがいているのだが、もがけばもがくほど薄い衣が乱れ、肌が露わになる。豊満な地房が、半分、下着からはみ出して、女は半狂乱という状態になっていた。
 男たちが女の体を仙道の元へ引きずっていくと、仙道は巫女に命じて、祭壇の後ろの幕を開けさせた。
 ツツーッと幕が引かれると、そこにはガラス張りの水槽が現れた。
 仙道があごでしゃくると、男たちは、暴れる女の体をその水槽の中に放り込み、その首根っこを押さえた。
 口からあぶくを吐きながら、女は水槽の中で必死でもがく。
 水中から突き出された両手が、何かをつかもうと空中をさ迷う。
 仙道は、もがく女の姿を、腕組みをしてしばらく眺めた後、片手を水槽の中に突っ込んで女の髪をつかむと、ザバーッとその頭を水中から引き上げた。
 「ヒ――ッ!」
 女は口から、水を吹き上げ、気管を笛のように鳴らして息を吸う。
 「悪魔に魂を奪われし女め。おまえの体に棲みついた穢れを洗い落としてやる」
 必死で息を吸い溜めようとする女の頭を再び、水の中に押し込む。女の長い髪が、水槽の中を藻のように漂う。水に濡れた女の衣は、もはや、女の体を隠す機能を果たしていなかった。
 限界まで水に浸けた体を引き上げると、再びその耳に、仙道が言葉を浴びせる。
 「悔い改めるか? アフーラの前に、忠誠を誓うか?」
 女が力なく、首を振る。再び、頭を水中に沈める。
 そんな責めが30分近く続いた。
 もはや抗う力も失くした女の体を、男たちが水槽から引き上げ、今度は、その体を祭壇の台の上に寝かせて、そこへ仙道が鷲の頭のついた杖を振り下ろした。
 打たれる度に「ウッ……」と挙げていた女の声が、やがて、聞こえなくなった。
 その体を、男たちがボロ雑巾でも引きずるように、奥の部屋に運んでいった。

       バラ

 「大丈夫かな、彼女?」
 近くにいる笹川清美に、健二は訊いた。
 「死にはしないわ、あの程度じゃ」
 「あの程度?」
 「もっと厳しく責めることもあるけど、でも、大丈夫。先生も、限界はわかってるはずだから」
 「あの人、何をやったの?」
 「教団を抜けようとしたの」
 「抜けようとすると、ああやって責められるわけ?」
 「そうよォ。うちの教団、規律に厳しいから。それにね、あの子、教団の大事な資料とかを持ち出そうとしたの」
 「大事な資料……?」
 「そう、ダ・イ・ジな……。それ以上は、訊かないほうがいいわよ」
 言いながら、清美は、健二の股間に手を伸ばしてきた。
 健二は、その求めに応じた。
 それ以上、話す必要はなかった。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説を気に入っていただけたら、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ 人気ブログランキングへ オンライン小説ランキングへ

ロマン派H短編集の目次に戻る  トップページに戻る