smile2ASK杯争奪のテニス大会。有賀幸恵は、ミックス・ダブルスで
参加したいと言う。そこへやって来た大沢が、肩に手を置いて
「オレとペア組まない?」と言う。幸恵はその手を払いながら、
「もう決まってるから」と言う。その目が聡史の目を見た―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈8〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった――
※この話は連載第8回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 着替えをすませてロビーでコーヒーを飲んでいるところへ、有賀幸恵が児玉慶子と一緒にやってきた。
 「ねェ、出ましょうよ、テニス大会」
 席に着くなり、幸恵が切り出した。横で慶子が「そうよ、そうよ」というふうにうなずいている。
 「私たち、ふたりとも出たいんだけど、まだ、ペアが作れてなくて……。児玉ちゃんも探してるんだよね?」
 うなずきながら、慶子が聡史の目を見る。聡史はその視線をスルーした。
 「ふたりでペア組む気はないんですか?」
 「エッ!? 女子でってこと?」
 「それもありなんでしょ?」
 「ありなんだけど、女子同士のペアじゃ、やっぱり弱いし……」
 「勝つ気、満々なんですね?」
 「そりゃ、そうですよ。それにね……」
 幸恵は慶子の顔を見て、何やら含みがありそうな笑みを浮かべた。
 「やっぱり、私たち、ミックスのほうが好きだし……。海野さんは?」
 「ま、どうせなら、美しい女性と組んだほうが、気合は入るでしょうしね」
 「エッ、美人?」
 ふたりが顔を見合わせるので、聡史はあわてて言葉を訂正した。
 「女性と組んだほうが美しい、ということですよ」
 「よかったね」と、幸恵が慶子の肩に肩をぶつけた。その肩を慶子が押し返した。
 「もし、ペアを組むとしたら……」
 そう言いかけた有賀幸恵の肩を、後ろからポンと叩いた男がいた。
 大沢健一。幸恵の写真を「おかずにしていいか?」と尋ねたあの男だった。

       クローバー

 肩に置いた手で幸恵の肩を揉みながら、大沢は「有賀ちゃ~ん」と気持ちのわるい声を出した。
 「もう、ペア、決まった? オレと組まない? ビューティフルなペアになるぜ」
 その手が肩から二の腕に回されようとするのを、幸恵は手で払いのけながら言った。
 「わるいけど、もう決めてあるから……」
 言いながら聡史の目を見るので、聡史は咄嗟にうなずいて見せた。
 「なんだ、そうなのか。手早いですね、海野さん」
 「じゃなくて、私からお願いしたんです」
 「ヘーッ、そうなんだ。じゃ、オレ、児玉っちでいいや。どォ、オレとペア組まない?」
 「……でいいや?」と、児玉慶子が大沢健一を睨みつけた。
 「あ、いや。児玉ちゃんがいい。どォ、どォ?」
 結局、慶子は大沢の執拗な誘いに折れて、ペアを了承した。ハードヒットの大沢健一とスピン系のくせ球が持ち味の児玉慶子。それはそれで、強力なペアになるだろう――と聡史は想像した。
 「ごめんなさい、海野さん。勝手にペアにしちゃって」
 大沢が席を離れると、幸恵がペコンと頭を下げた。
 「どうしても、あの人とはペアを組みたくなかったんで、咄嗟にウソついちゃった。メイワクだったら、解消していいですよ」
 「いや。ボクでよければ、喜んで。ただね……」
 「ただ……? 何ですか?」
 「ちょっと、こないだのダブル・フォールトがトラウマになってて……」
 「じゃ、練習しましょ。私も、少し、サーブ練習したいから」
 ふたりの話を、児玉慶子がうらめしそうに眺めていた。
 「ごめんね、児玉ちゃん。私のせいで、大沢さんを押し付けたみたいになっちゃって」
 「気にしないで。私は、ゲームをしたいだけだから、ペアなんて、ほんとはだれとでもよかったの」
 たぶん、それはウソだろう。
 児玉さんは、けっこういい人なのかもしれない、と聡史は思った。

       クローバー

 その日のうちに、幸恵は、「有賀・海野ペア」のエントリー手続きをすませた。
 ミックス・ダブルスへのエントリーは、聡史たちで10組目だった。その中から2組だけが、「関東大会」の本選に出場できる。まずは、スクール内での予選を勝ち抜くことが先決だ。
 有賀幸恵を失望させるわけにはいかない。そのエントリーは、聡史にとって、それなりにストレスのかかる決断だった。
 手続きが終わると、幸恵は携帯で、公営テニスコートの空き時間を検索し始めた。
 練習は、スクールのコートをレンタルしてやってもいいのだが、時間が限られるし、だいいちレンタル料が高い。
 「ダメだぁ。どこも土日はいっぱいだし、平日も、夜間はふさがってる。海野さん、平日の昼間で、時間とれる日、ないですか?」
 「ボクはフリーだから、いつでも予定入れられますよ。ものすごくタイトな締め切りを抱えてるときは別ですけど……」
 「じゃ、いまは?」
 「比較的、スケジュール緩いです。ほんとは、それじゃいけないんだけど……。有賀さんのほうは?」
 「私は、病院の受付やってるんですけど、シフトを動かしてもらえば何とかなるので、エーと、来週の水曜日とか木曜日の午前中なんてどうです?」
 「いいですよ。でも、ひとつだけ条件があるんだけど……」
 「何です?」
 「練習のあと、ボクとランチを食べてくれること」
 「そんなの、練習しなくてもOKですよ。あ、ここ、どうです? 都営なんだけど、オムニ・コートですって」
 「オムニ? それいいなぁ。あれ!? ここ、ボクの仕事場のすぐ近くだ」
 「ホント? ヘーッ、こんなところにオフィスがあるんですか? それ、海野さんひとりのオフィスなんですか?」
 「前は、スタッフもいたんだけどね。不況で、もう、人を雇ってる余裕、なくなっちゃって」
 「フーン。じゃ、海野さんの仕事場、のぞいちゃおうかな?」
 「いいんですか、そんなことして?」
 「そんなこと……って?」
 「だって、ご主人が……」
 「ああ、あの人は、そんなこと気にする人じゃないから。もし、気にしてたら、私がひとりでスクールに行くことだって、快くは思わないでしょ?」
 そんなものなのか――と思った。
 夫婦も何年か続くうちに、相手の行動にいちいち興味を抱いたりしなくなるものなのかもしれない。
 しかし、確か、有賀幸恵の夫は――。
 頭の片隅に浮かんだ疑念は、胸の奥にしまい込んだ。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る