smile2ペアを組むことになった聡史と幸恵は、
大会に向けて弱点克服の練習をすることになった。
都営コートを借りてのプライベート練習。汗だくになると、
幸恵が「シャワーを貸して」と言い出した―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈9〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をしようと約束した――
※この話は連載第9回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 「オムニ・コート」というのは、「砂入り人工芝」のコートのことで、スクールのハード・コートに比べると、いくぶん、ひざや腰への負担は軽くなる。その代わり、少し滑る。球を追って走り、打とうと思って踏ん張ったときに、その軸足がズリッと滑る感じがする。
 聡史の仕事場からだと、歩いても行けるその都営のコートには、全部で4面のオムニ・コートが並んでいた。
 有賀幸恵は、いつものスコートではなく、スウェットのパンツとトレーナー姿でコートに現れた。秋風の吹き始めた屋外のコートでは、スコートでは少し脚が寒いのかもしれない。パンツ姿になると、幸恵の脚は、スラリと長く見える。それも、聡史には魅力的に見えた。
 滑る足元を気にしながら、ボレー&ボレーで体をほぐし、それから左右のコートに分かれて、バスケットに一杯のボールが空になるまでサーブを打ち、そのボールを拾い集めては、また、サーブを打った。
 しかし、聡史のサーブは、ファーストがなかなか決まらない。たいていは、オーバーしてしまう。それを見ていた幸恵が、「海野さん」と声をかけた。
 「気のせいかもしれないけど、ファーストのとき、ラケット面がちょっと開いてる気がする。手首を少し、内側に曲げてみたら?」
 幸恵が「気のせいかも」と指摘したことは、正しかった。
 ひじが先に出てしまうために、どうしてもラケット面が開き気味になって、ボールをこする感じになっていた。それを矯正するために、手首を内側に曲げるように意識して振り下ろすと、面白いように鋭い打球が相手コートに突き刺さるようになった。
 「ナイス・サーブ!」
 横で見ていた幸恵が歓声を上げた。
 「すごーい、海野さん。そのサーブだったら、絶対、エースが取れるわよ」
 「有賀さん、ナイス・コーチですよ。よく、ボクの欠陥を見抜きましたね」
 「こないだ、ちょっと悔しかったから……」
 やっぱり、Wフォールトに怒ってたんだ――と思ったが、おかげで、サーブの精度は格段に上がった。

       クローバー

 サーブが7~8割の確率で、相手コートのサイドラインぎりぎりやセンターに飛んでいくようになると、聡史はサーブ練習を終え、「軽くラリーしようか」と幸恵に声をかけた。
 「ボディも打ってくださいね」
 「いいの?」
 「有賀さんのボディ、けっこう、好物だから」
 「ウソォーッ! じゃ、打っちゃうわよ。なんかね、海野さんって、ボディに打ちたくなるような人なの」
 「エーッ、どうして?」
 「自分でもわからないけど……」
 青く晴れ上がった空の下でのラリーは、インドアとは比べものにならないくらい、気持ちがいい。スクールでのラリー練習は、ダブルスでのフォーメーションだが、シングルスでのラリーだと、思い切り動き回れる。こちらも、気持ちがいい。30分も動き回っていると、全身から汗が噴き出してくる。
 結局、幸恵のボディ・ショットは、一本も飛んで来なかった。というより、ボディを狙って打つ余裕など、なかったに違いない。
 ふたりきりでのラリーは、スクールでの練習に比べると、走る距離が段違いに多い。
 15分の休憩を挟んで、再び30分のラリー。
 全部で2時間のコート練習を終える頃には、ふたりとも、脚がパンパンに張っていた。
 「ボディ、打たなかったね」
 「そんな余裕、なかったわ。一生懸命、打とうと思ったんだけど、海野さんのストローク、速いし……」
 「でも、気持ちよかったね。有賀さんの走り回る姿も美しかったし……」
 「ホント……?」
 「それにね、きょう、初めて気がついたんだけど……」
 「何?」
 「有賀さんのお尻、けっこうかわいい」
 「何、それ?」
 「いつもスコートだからわからなかったけど、きょうはパンツだったから。かわいくて形のいいお尻だなぁ、って思いましたよ」
 「見せてあげましょうか?」
 「エッ!?」
 「ウソですよォ。あ、そうだ」
 「何?」
 「海野さんのオフィス、シャワーあります?」
 「あるけど……」
 「あのね、ここのシャワールーム、あんまりきれいじゃないの。もし、差し支えなかったら……」
 「あ、いいですよ」
 「じゃ、借りようかな。でも、見せないよ」
 「何を?」
 「お尻」
 「そんなの……黙ってのぞくから大丈夫」
 「エーッ!?」
 「ちょっとドキドキする」と言う幸恵を、コートから歩いて10分ほどのところにあるワンルームの仕事場に案内した。道々、聡史の頭には、有賀幸恵の白いヒップが浮かんでは消えた。

       クローバー

 聡史の仕事場は、16畳ほどのLDKに、バスルームがついただけのワンルームになっている。部屋の中には、編集ソフトを積み込んだマックが3台に、プリンターを兼ねた複合機が1台、打ち合わせ用のテーブルが1脚。あとは、壁一面を書棚が埋めて、そこに、書類や資料や書籍類などがギュウギュウに押し込まれている。
 かつてはそこに2人のスタッフがいて、いつもマックのキーを叩く音が響いていたが、いまでは、稼働しているのは、聡史が使っている1台だけになってしまった。ほんとは、仕事道具も自宅に運び込んで事務所を閉めてもいいのだが、そうなると、文字通り、都落ちになってしまう。もしかしたら、そのままフェイド・アウトしてしまうことになるんじゃないか……という不安もあって、いまだに事務所だけは、なんとか維持している。
 そんな聡史の「夢の跡」にやって来て、幸恵は、「ヘーッ」と声を上げた。
 「ここが、海野さんの仕事場?」
 「いまは、ボクひとりになっちゃったけど」
 「事務の女の子とかもいないの?」
 「必要ないんだよね。事務が必要なほど、煩雑な仕事じゃないし」
 「でも、経理とかあるでしょ?」
 「そんなのは、1週間に一度、パソコンにデータを打ち込んでおけば十分。それにね……」
 「それに……?」
 「そんな女の子がいると、変な気、起こすかもしれないでしょ?」
 「フーン、手が早いんだ、海野さん?」
 「いや、そういうわけじゃないけど、万が一、職場でそんなややこしい人間関係作っちゃうと、面倒だからね」
 「そうか。お茶をいれてくれる女の子もいないんだぁ……」
 「お茶ぐらいだったら、自分でいれるし。そうだ、コーヒー飲む? いま、いれるから」
 「あ、じゃ……先にシャワー浴びちゃう。ちょっと貸してね」
 バスルームに案内すると、幸恵は、「のぞいちゃダメよ」とドアを閉めた。
 やがて、バスルームから、幸恵の体を流れ落ちるシャワーの音が聞こえてきた。聡史は、その姿をそっと頭の片隅に思い浮かべた。
⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る