smile2オフィス近くのコートを借りてのプライベート・レッスン。
「シャワーを貸して」と聡史のオフィスにやって来た幸恵は、
「きょうのお礼よ」と、トレーナーの裾を引き上げた。
かわいいヒップが、一瞬、聡史の目に焼き付いた―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈10〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をすることになった。聡史のオフィスのそばにある都営のオムニコートを借りての、ふたりきりの練習。汗をかいた幸恵が「シャワーを貸して」と言い出した――
※この話は連載第10回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 「海野さん」
 声をかけられて振り向くと、有賀幸恵が上半身にトレーナーを着込んだだけの姿で立っていた。少し長めのトレーナーで、ももの半分ぐらいまでが隠れている。しかし、その下には、何も穿いてない。
 トレーナーの下からは、シャワーでほんのりピンク色に染まった生脚が、スラリと伸びていた。
 「風邪ひくよ、そんな格好じゃ」
 「一瞬だからね」
 「エッ!!」
 何が一瞬なのかもわからないうちに、幸恵はクルリと後ろ向きになり、トレーナーの裾をゆっくり持ち上げた。
 淡いサーモンピンクの下着に包まれた、形のいいヒップが、聡史の目に飛び込んできた。
 張りのある2つの筋肉の山が、光沢のある下着の生地からあふれそうになっている。 どこにもたるみのない、美しい肉の塊。その塊の間に、薄っすら透けて見える蠱惑の窪み。
 きれいだね――と言おうとした瞬間、トレーナーはカーテンのように下ろされた。
 「つまらないものですが、きょうのお礼でした」
 「高くついたね」
 「もっとはずみたいんだけど、これでも、貞操は守ってるつもりだから」
 聡史が見ている前で、幸恵はパンツに足を通して、かもしかのようなピンクの脚は隠されてしまった。
 ペーパーフィルターに注いだ湯から、ブルーマウンテンの香ばしい香りが立ち上っている。
 何度か湯を注ぎ足して2人分のコーヒーができ上がると、聡史はそれをカップに注ぎ、幸恵の前に差し出した。

       クローバー

 それは、危うくも、しかし、幸せな時間だった。いつかのスクールのラリー練習で、完璧とも思えるフォーメーション・プレーを成功させたときの、あの至福の時間が、再び、戻ってきたような感覚だった。
 目の前で湯上りの肌の匂いを漂わせている美しいかもしかは、いまだったら、自分の腕の中に抱きしめることだってできるかもしれない。
 しかし、聡史はそうはしなかった。
 それで、二度と会えなくなる関係にしてしまうよりも、もどかしいながらも持続する関係を、聡史は望んだ。
 「一度も、結婚してないのよね」
 聡史のいれたコーヒーを「おいしいッ!」とのどに流し込みながら、幸恵が顔をのぞき込んできた。
 「おかげさまで」
 「おかげさま……って、私、何もしてないけど」
 「何もしてないおかげさま」
 「何、それ? ね、する気もないの?」
 「したいという気になれる人がいたら、したいと思うでしょうね」
 「いないんだ、いま?」
 「いるけど、いない……」
 「エーッ、わけわかんないなぁ。もしかして、死んじゃった……とか?」
 「ボクは、そこまで義理堅くないですよ」
 「じゃ、理想が高すぎる……とか?」
 「理想なんて持ってないし……」
 「それじゃあ……」
 「ひとつだけ、ヒント。好きになっても、好きだと思っていることしかできない関係もあるでしょ?」
 「ワケあり……ってこと?」
 「ま、ワケって言えば、ワケだねェ……」
 そう言いながら、幸恵の目を見たが、幸恵はその「ワケ」が自分にある――などとは、思ってもいないように見えた。
 その幸恵の口から、想定外の言葉が飛び出して、謙介はコーヒーをむせそうになった。
 「ね、海野さん、児玉さんとかってどォ?」
 「それってさ……」
 「何?」
 「ボクにお尻まで見せた人が言う言葉?」
 「罪ほろぼし……だったりして」
 「罪は、滅ぼしてはいけません」
 「じゃ、どうしろって?」
 「せめて、背負ってほしい」
 「いいんですか、背負っても? ずっと、背負い続けるかもしれないよ」
 「どうせなら、もう少し、重くしておこうか?」
 言いながら、聡史は幸恵の顔に自分の顔を近づけた。
 見開かれた幸恵の瞳が、ためらいの瞬きを繰り返した。

       クローバー

 そのキスは、ふたりが背負う罪を「微罪」から「重罪」に変えてしまうかもしれない。
 幸恵の唇は、聡史の皮膚の温度を感じると、一瞬、その罪から逃れようとした。
 聡史は、かすかに開かれた唇からもらされる幸恵の息の温度を、追尾した。
 翼を右に左に傾けて、聡史の熱戦追尾ミサイルを避けようとする幸恵の唇。しかし、その意思は、彼女の迷いを示しているにすぎない――と、聡史には感じられた。
 聡史の唇が、みかんの袋のように軟らかい幸恵の唇を捕捉したとたん、幸恵は、自分から、接触の面積を増やそうと顔を傾け、聡史の胸に力のない手を預けてきた。
 いけない……と退く力は、幸恵の手からも、唇からも、徐々に失われていった。
 もっと懲らしめて……というふうに身を寄せ、唇を開いて聡史の舌を受け入れる幸恵を、聡史は自分のものにしたい――と願った。
 背中に当てた手で幸恵の体を抱き寄せて、その手を背中から胸元へ滑らせた。
 聡史の手が、トレーナーの下で大きく波打つ幸恵の胸の弾力を捕えたときだった。
 「ダメ……」
 幸恵が、胸に当てた手で聡史の体を押し返した。
 「これ以上すると、終身刑になっちゃう……」
 何度も、小さく首を振る幸恵のセミロングが、サーブを打つときのように、顔の周りをスウィングした。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る