smile2聡史と幸恵がペアで出場する関東大会の予選が
始まった。コーチに「愛あるペア」と呼ばれたふたりは、
1回戦、同じMレベルのペアを見事なフォーメーションで
下した。求めてきた幸恵の握手が熱く、長かった―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈11〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をすることになった。聡史のオフィスのそばにある都営のオムニコートを借りての、ふたりきりの練習。汗をかいた幸恵が「シャワーを貸して」と言い出し、聡史は彼女を自分のオフィス兼居室に招いた。「海野さんは結婚しないの?」と訊く幸恵。「したいと思う人はいるけど」と答える聡史。二人の唇は、どちらからともなく、「禁断の距離」を越えた――
※この話は連載第11回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 もしかしたら、自分たちのペアは文字通り、小山コーチの言った「愛のあるペア」になるのかもしれない――と、聡史は思った。
 スクール・レッスンでも、聡史と有賀幸恵は、おたがいを意識して行動することが多くなった。
 ウォーミング・アップのボレー&ボレーでは、目と目で合図を送り合ってペアを組んだ。幸恵のボレーは、以前にも増して、聡史のボディに飛んでくるようになった。
 体にじゃれついてくる子犬のようにボディに飛んでくる幸恵のボレーを、聡史はていねいに、幸恵のフォアに返した。幸恵がもっともボディを打ちやすいであろうと思う位置に、可能な限りのきれいな球筋で――。
 サーブ練習でも、ふたりは、隣同士に並んで、1回3球ずつの持ち球を打ち込んだ。聡史のサーブが正確にクロスに入るのを見て、幸恵は「調子いいね」と声をかけてきた。
 聡史のサーブの精度が上がったのは、幸恵のアドバイスのおかげだったが、その成果は小山コーチの目にも留まったようだった。
 「海野さん、サーブ、よくなりましたね。この状態がキープできたら、来季はUMですよ」
 ホメ言葉としてはありがたかったし、UM昇格もうれしい話ではあったが、そうなると幸恵とは離れ離れになる。それが少し、寂しくはある――と思っていたら、練習後に幸恵が声をかけてきた。
 「ね、コーチから何か言われた?」
 「ウン。このままいけば、来季はUMだって」
 「私も言われた」
 「エッ!?」
 「そろそろ、UMですねって」
 「よかった」
 「よかった……って?」
 「いや、何でも……」
 「もし、UMが決まったら、同じクラスでやりません?」
 「よかった。実はね、UMに上がったら、有賀さんとは離れ離れになるなぁ……って思ってたから」
 「自分ひとりだけ上がったら……って思ってたわけ?」
 「ま、そうだね」
 「ンもぉ。まったくノーテンキねェ。海野さんもそろそろ上でいいんじゃないですか――って、コーチに進言したの、私なんだからね」
 「エッ!? エ――ッ!」
 それだけ言うと、有賀幸恵はサッとスコートの裾を翻して、更衣室に消えていった。
 その姿を呆気にとられて見送っていると、後ろからポンと肩を叩かれた。

       クローバー

 「有賀人事ですねェ」
 ニヤッと笑いながら立っていたのは、早川亮だった。
 「人事……?」
 「あ、会社じゃないから、人事じゃないか。あの子、けっこう、おせっかいなんですよ」
 「どういうことです?」
 「困ってる人の世話を焼きたがったり、人の向上心をサポートしたりするのが、好きらしいです」
 「だからと言って……」
 「小山コーチも、彼女には弱いから。あ、だからって、海野さんが温情で上に上がるとか、そういうことじゃないですよ。海野さんがUMレベルっていうのは、ボクも認めてますから。実はね、ボクも来季はUM行きらしいです」
 「そうなんですか。そりゃ、よかった」
 「つか、ここだけの話なんですけどね、いま、UMが定員不足なんですって。なのに、Mが増えすぎて、クラスが足りなくなってる。ま、そういうこともあって、今回は、MからUMに、ずいぶん昇格するらしいですよ」
 「エーッ、そんなことで決めてるんですか、レベルを?」
 「そりゃ、そうですよ、海野さん。スクールだって、営利事業だもん」
 「ま、そう言われればそうだけど……」
 小山コーチにささやかれた「UM昇格」のありがたみが、少し薄れたような気がした。
 しかし、昇格しても幸恵と同じクラスでいられるというのは、聡史にとっては、わるいニュースではなかった。

       クローバー

 やがて、スクール内での予選が始まった。
 予選は、日曜日の午後、通常のレッスンが終わった後に、コート3面を使って行われる。
 スクール内でダブルスにエントリーしたのは、全部で16組だった。試合は、トーナメント形式で行われ、上位2チームだけが、関東大会の出場権を得る。代表になるためには、3勝すればいい、という話だが、エントリーしたペアの中には、U同士のペアもいる。いきなり、そんな強敵と当たれば、1回戦で敗退――ということになってしまう。
 運よく、海野・有賀ペアの1回戦の対戦相手は、M同士のペアだった。
 ゲームは、タイ・ブレーク方式で行われた。
 先に7ポイント以上を先取して、相手に2ポイント差をつけたほうの勝ちとなるが、タイ・プレークの場合は、2ポイントごとにサーブ権が入れ替わり、そのたびにサーバーを交代しなければならないことになっている。
 聡史も、幸恵も、同じ回数、サーバーとしてサーブを打つことになる。これでは、Wフォールトなんてやっていられない。
 サーブ練習やっておいてよかった――と、聡史は思った。
 ゲームはいきなり、聡史のサービス・エースから始まり、終始、聡史たちのリードで進んだ。
 ゲームのポイントは2か所あった。

 ひとつは、カウント3-2から迎えた6ポイント目。サーバーは相手ペアに移っていた。
 聡史が相手のバック・サイトに返したリターンを、相手のサーバーがバックハンドでダン・ザ・ラインに打ち返してきた。あわや、パッシングになりそうだったリターンを幸恵が横っ飛びでボレーした。「ナイス・キャッチ!」の声が飛んだが、相手の前衛は、センターをケアしていた。もし、前衛が幸恵のボレーを拾えば、ふたりのど真ん中をボレーで抜かれてしまう。
 咄嗟の判断で、聡史は、センターにダッシュしながらネットに詰めた。
 案の定、幸恵のボレーをキャッチした相手の前衛は、それをボレーでセンターに返してきた。ダッシュが早かったぶん、聡史の足は、その球に追いついた。
 見ると、センターに詰めた相手前衛のフォア・サイドはガラ空きになっている。
 聡史は、足元でワンバウンドした相手のボレーを、ハーフボレーでドロップ気味に、相手コートのサイドラインぎりぎりに落とした。
 相手ペアは一歩も動けなかった。
 幸恵が手のひらでガットを叩いて拍手し、握手を求めてきた。

 もうひとつのポイントは、5-3から迎えた9ポイント目。サーバーは、聡史だった。
 サービスダッシュした聡史はネットについて、海野・有賀ペアはWボレーの布陣を敷いていた。その何ラリーか目。相手の後衛は、幸恵がそのセンターを抜こうとして打ったボレーをロブで返してきた。
 聡史のいるデュース・エリア側のサイドラインぎりぎりにフラフラと上がったロブ。
 ボレーで返すか、いったん落として、ストロークで返すか?――一瞬、迷った聡史だったが、あれをワンバウンドさせてしまったのでは、かなり深い位置でストロークすることになる。その間に相手は守備の隊形を整えるだろう。だいいち、そんな深い位置からのストロークでは、ヘタしたら、相手にチャンス・ボールを返してしまうことになる。
 聡史は、ラケットをバックハンドのボレーの位置に構えたまま、必死でボールを追った。なんとか追いつきそうには見える。しかし、どんなに腕を伸ばしても、球はその上を飛び越えていきそうにも見えた。
 一か八かの決断だった。
 ラケットをハイボレーの位置に構えたまま、聡史は思い切り足でコートを蹴ってジャンプした。
 よし、余裕はある。
 バックハンドのハイボレーだが、それをスマッシュのように強めに振り抜いた。
 いいヒット感だった。聡史のガットに弾かれた球は、相手コートの前衛の足元を抜き、ふたりのセンターを抜くエースとなって、バックラインを越えていった。
 幸恵がラケットを握った手と拳を握りしめた左手でガッツボースを作り、それから握手を求めてきた。

 結局、そのまま、ゲームは7-3で聡史たちの勝利になった。
 相手チームとの握手を終えると、幸恵は汗まみれの手でギュッと聡史の手を握りしめてきた。
 その握手の時間が、少し長く感じられた。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る