smile2「ASK杯争奪テニス大会」のスクール内予選。
聡史たちは、1クラス上のUMペアと対戦した。
12回のデュースを繰り返す熱戦。最後のボレーが決まると、
幸恵は「ヤッター!」と聡史の体をハグしてきた―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈12〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をすることになった。聡史のオフィスのそばにある都営のオムニコートを借りての、ふたりきりの練習。汗をかいた幸恵が「シャワーを貸して」と言い出し、聡史は彼女を自分のオフィス兼居室に招いた。「海野さんは結婚しないの?」と訊く幸恵。「したいと思う人はいるけど」と答える聡史。ふたりの唇は、どちらからともなく、「禁断の距離」を越えた。やがて、「ASK杯」のスクール内予選が始まり、海野・有賀ペアは、初戦を突破した――
※この話は連載第12回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 ペアで闘っていると、不思議な錯覚に陥る。
 コートを走り回りながら、常にパートナーの存在を確かめようとする幸恵の姿が、寝ながらも手を探し求めてくる愛しい生きもののように見えてくる。
 足元を相手の打球に抜かれるたびに、「お願い」と聡史を振り返る姿が、「助けて!」と救いを求める捕らわれのプリンセスのように見える。
 そういうときの聡史の足は、補助エンジンを作動させたかのようなスピードで、すり抜けようとする球を追った。
 聡史のラケットがその球を捉え、相手コートにエースとなって突き刺さると、幸恵は歓喜に顔を崩して、手とガットを打ち合わせた。
 その瞬間、聡史は、ふたりはひとつになれたのだ――と感じることができた。

 そういう喜びが、翌週の2回戦でも続いた。
 3回戦の相手は、UM同士のペアだった。個々の打球の速さ・正確さでは、Mレベルの海野・有賀ペアの一枚上を行っている。しかし、フォーメーション・プレーの組み立て方、その呼吸が合っていることでは、聡史たちのほうがすぐれているようにも見えた。
 ゲームは、熱戦となった。
 6-6のデュースとなり、相手が7-6とアドバンテージを握ったが、すぐに幸恵のライジングが相手前衛のボディに決まって、7-7と追いついた。
 次には、8-7と聡史たちがアドバンテージを握ったが、今度は、相手のボレーが幸恵のボディに決まって、8-8と追いつかれた。
 決まりそうで決まらない。それからも、10回のデュースを繰り返し、なんとスコアは18-18にまで伸びた。
 すでに、他のコートのゲームは終わり、対戦を終えた両隣のコートの対戦者とギャラリーが、ネットの外から聡史たちのゲームを見学していた。ジャッジを務めるコーチが「すごい試合」と声を上げ、ポイントが入るたびに、ネットの外から拍手が起こった。
 聡史の足は、すでにパンパンになり、つりそうになっていた。
 20-20からの41ポイント目。
 サーバーは聡史だった。それまで順調に入っていたファーストが、サービスラインを大きくオーバーした。

       クローバー

 いかん……と、聡史は思った。
 あの日以来、払拭していたはずのWフォールトのいやな記憶が、脳の奥から這い出して来そうになる。
 そのときだった。
 幸恵がバックラインに戻ろうとする聡史に歩み寄り、ラケットを口元に当てながら、ささやいた。
 「手が縮こまってるよ。あとでお尻さわらせてあげるから、腕を思い切り振って」
 何かがメラッ……と、脳の奥で燃えた。
 セカンドはおとなしくラケットに当てるだけにして、とにかくフォールトだけは避けよう――と思っていた聡史の考えが、変わった。
 よし、外れてもいい。ファーストと同じように、思い切り打ってやる。
 トス・アップした球が、頭上で止まっているように見えた。振り上げたラケットは、すでに、聡史の右肩の上で、インパクトのためのタメを作っている。膝に蓄えたバネを解放するのと同時に、肩の上でアイドリングしていた腕を、打点に向けて思い切り振り上げた。
 ラケットを握るグリップに確かなヒット感が伝わってきて、スイート・スポットが気持ちのいい打球音を上げた。
 聡史のラケットに弾かれた球は、ネットすれすれをかすめて、相手のアドバンテージ・エリア、そのサービスラインとサイドラインが交差する地点目がけて、糸を引くように伸びていく。
 「ナイス・サーブ!」
 コーチの声が飛んだ。
 相手の後衛は、一歩も動けない。ノータッチ・エースだった。
 幸恵が、ラケットを握った右手と握り拳を作った左手で、思い切りガッツ・ポーズを作り、その手をスコートに回して、尻を押さえた。聡史にはそれが、何かのサインに見えた。

       クローバー

 ポイント21-20。アドバンテージ、海野・有賀ペア。
 サーブ権が相手に移って、聡史は前衛へ、幸恵が後衛に下がった。
 頼むぜ――と、聡史は胸の内で叫んだ。
 リターンさえ返してくれれば、このゲームは取れる。聡史には、そんな予感があった。
 相手のファーストはフォールトとなった。スピンのかかったセカンドは、幸恵のフォア・サイドへ逃げていく球となった。しかし、幸恵は、それをサイド・ラインぎりぎりで拾って、ショート・クロスにして返した。
 うまい!
 幸恵のショート・クロスは、相手コートのサイド・ラインを越えるか越えないかの距離感で飛んでいく。相手のサーバーが懸命にダッシュしてくる。
 拾ったとしても、あれでは強打はできない。聡史は、ラインを締めることにした。目の端では、幸恵がセンターのケアに走る姿が見えた。
 よし、これで、ふたりの間を抜かれる心配はない。
 ダッシュしてきた相手サーバーは、何とか幸恵の球には追いついた。やっとラケットで拾い上げた球は、聡史のサイドへ、フラリ……とネットを越えてきた。聡史は、ラケットを左肩の上に構え、ネットを越えたばかりのところを思い切り、ボレーで叩いた。
 「ナイス・ボレー!」
 ネットの外のギャラリーから声がかかった。
 万が一、拾われた場合に備えて、聡史はバックステップで後方をケアしようとしたが、その必要はなかった。
 相手コートのセンターを抜けた聡史のボレーは、コート上でワンバウンドして、追いすがる相手前衛のラケットが追いつく前に、コートに落下した。
 「やったぁ――ッ!」
 幸恵の上げた声が、海野・有賀ペアの勝利を告げた。
 両手を天井に向かって突き上げた幸恵が、そのまま聡史に抱きつき、聡史はその体を抱き上げた。
 「ポイント22-20。ゲーム・バイ・海野・有賀ペア!」
 コーチがコールして、1時間を超える長いゲームに決着がついた。聡史たちの3回戦突破が決まり、関東大会出場権も確定した。
 「ナイス・ゲームでした。こんな長いゲーム、このスクール初まって以来ですよ」
 握手したジャッジの声に、何かをやり遂げた感がみなぎる。
 コートを後にする聡史たちに、ネットの外で見学していたギャラリーの拍手と、「ナイス・ゲーム」の声が飛んだ。その中には、小山コーチの姿もあった。大沢健一と児玉慶子の姿もあった。
 聡史は、幸恵の背中をトンと叩いて、コートからクラブ・ハウスへと向かった。
 聡史の耳に、幸恵が小声でささやいた。
 「祝勝会しない、ふたりだけで?」
 OKと親指を立てると、幸恵は、急ぎ足で更衣室へ消えた。(続く)


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る