smile2「ASK杯テニス大会」の予選を突破した聡史と幸恵は、
ふたりだけの祝勝会を開いた。亭主公認だと言う。
酔った幸恵は、聡史の手を自分の尻に誘った。
それは、試合中に約束した「ごほうび」だった―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈13〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をすることになった。聡史のオフィスのそばにある都営のオムニコートを借りての、ふたりきりの練習。汗をかいた幸恵が「シャワーを貸して」と言い出し、聡史は彼女を自分のオフィス兼居室に招いた。「海野さんは結婚しないの?」と訊く幸恵。「したいと思う人はいるけど」と答える聡史。ふたりの唇は、どちらからともなく、「禁断の距離」を越えた。やがて、「ASK杯」のスクール内予選が始まり、海野・有賀ペアは、初戦を突破した。続く相手は格上のUMペア。12回もデュースを繰り返した熱戦の末、最後のボレーで決着がつくと、幸恵が聡史をハグしてきた――
※この話は連載第13回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 駅前に炉端焼きの店がある。
 炉端と言っても、炉の前のカウンター席に座れるのはせいぜい6、7人で、あとは、小さな座敷に仕切られている。
 聡史は、たまに、遅い夕食をとるために立ち寄ることがあったが、そういうときはカウンターに座って、中ジョッキを傾けながら刺身と好みの焼き物を2、3品頬張り、茶漬けで腹を満たして、さっと席を立った。
 「いつも素早いですね」とマスターにはからかわれていたが、「早メシも芸のうちだから」と笑ってかわしていた。
 「おや、珍しい。どうしたんですか、こんな美人とご一緒に? 初めてじゃないですか、女性と一緒にお見えになるなんて?」
 聡史が有賀幸恵を伴って暖簾をくぐると、マスターが冷やかすように声をかけてきた。
 まったく口の軽いオヤジだ――と思ったが、その無駄口のおかげで、幸恵の顔がちょっとほころんだ。無駄口も、まるっきりムダというわけではないらしい。
 「たまに、座敷なんかどうです?」とマスターに勧められて、店の奥のいちばん小さな個室を使うことにした。
 4人用に作られた個室だが、4人で使うには、ちょっと狭い。
 その部屋に聡史と幸恵は向かい合って腰を下し、中ジョッキを一杯ずつと、刺身の盛り合わせ、串焼き5種類を2本ずつ注文した。
 「いつも、ひとりで来てるんですか?」
 「おしゃべりなマスターがそう言ってましたねェ」
 「ほんと、おしゃべりな人。じゃ、きょうは、いつもの分まで、パッ……と盛り上がります?」
 「ふたりで?」
 「そうね。じゃ、ほっこりと」
 「できることなら、しっとり系のほっこりでお願いします」
 「しっとりしてたら、私、酔っちゃいますよ」
 「いいですよ。ご主人を心配させない程度だったら……」
 「海野さんって、変な人」
 「どうして?」
 「ふつう、心配しないでしょ、そんなことまで?」
 「一応、これでも、良識は持ってるつもりなんで」
 「じゃ、その良識、きょうは私が預かっちゃう。いいんですよ、きょうは、海野さんと飲んで帰る――って言ってあるから」
 「エッ、エーッ!? ボクのこと、知ってるんですか、ご主人?」
 「私、話してるし……。1回戦も見てたのよ」
 「エッ、どこで?」
 「上のロビーから。ときどき見に来てるの、カレ。車椅子だから、コートまでは下りて来られないんだけど……」
 「ク、車椅子? 体、壊されてるって聞いたけど、そんなに……?」
 「ちょっとね、脊椎を痛めてしまったの。テニスも原因だと思うんだけど、でも、クルマの運転とかは、できるんだよ。あ、そうそう。海野さんのテニス、ホメてましたよ。いいプレーするね……って。きょうは、海野さんと祝勝会だよ――って言ったら、楽しんでおいで、だって。だから、きょうは、亭主公認」

       クローバー

 「公認」と言われると、少し複雑な気分になる。
 どこまで「公認」されているのかも気になった。
 しかし、それを訊いてみるわけにもいかない。
 幸恵は、聡史の逡巡にはおかまいなしに、うまそうにビールを飲み干していく。一杯目は、あっという間に空になり、二杯目も空になった。
 追加の一杯を注文すると、幸恵はトイレに立った。その足がいくぶん、フラついているように見えた。
 「ね、ちょっと奥に寄ってくれる?」
 手洗いから戻ってきた幸恵が、トロンとした目で言う。
 聡史が奥に詰めると、幸恵は、聡史の隣に腰を下した。下したと思うと、少し、その腰を浮かす。浮かしながら、いきなり、手を聡史の手に伸ばした。
 「この手、ちょっと貸して」
 ラケットを握るようにつかんだ聡史の手首を、幸恵はゆっくり、自分の腰に導く。そこへ、そっと腰を沈めてくる。
 聡史の手のひらに、やわらかい肉の塊が触れた。
 ウインド・ブレーカーのツルツルの生地を通して、そのやわらかい肉は、プリンとした弾力を返してきた。
 「約束したでしょ。触らせてあげる――って」
 タイブレークの20-20からの41ポイント目。ファーストをミスった聡史に、幸恵がささやきかけた言葉だった。
 あれは――と、聡史は思った。
 コントロールを乱したピッチャーにキャッチャーがささやきかける「あとで、きれいなネェちゃん、抱きに行こうや」的な言葉で、別に本気にしていたわけではない。しかし、聡史の手のひらの上では、幸恵の尻の少し熟れかけた桃のような肉が、リアルな感触を伝えてきていた。
 重みをすべて預けてくるのではなく、幸恵は、やや浮かし気味にした尻を聡史の手のひらにこすりつけるように動かしてくる。聡史の人差し指は、2つの肉塊の間に滑り落ちて、微妙な渓谷に食い込んでいく。
 幸恵のひときわ繊細な肉は、聡史の指をその弾力のうちに捕える。捕えたまま、幸恵はかすかに、腰を前後に動かす。
 「ハァ……」と深い息を吐いて、幸恵が頭を聡史の肩に載せてくる。
 ほんの束の間のことだった。

       クローバー

 しばらく、禁断の遊戯に浸ったあとで、幸恵はすっと体を離して、自分の席にもどった。
 「これも、承認ずみ?」
 「事後承諾……かな」
 「取るの?」
 「海野さんが秘密にしておきたければ、黙ってる」
 「それ、ボク次第なの?」
 「そうだよ」
 有賀夫妻の夫婦関係は、どうなっているのだろう?
 聡史が首をひねっていると、幸恵が「ほんとはね……」と口を開いた。
 「うちの旦那、もう、できないの」
 「エッ……?」
 「脊椎を壊して、あっちもできなくなっちゃったんだ。たぶん、反射が利かなくなったんじゃないか――っていうんだけど……」
 「そんなこと……あるんだ?」
 「頭はエロでも、体がエロになれないんだって。だからね、言うんだよ。遊んできてもいいよ――って」
 複雑な気持ちだった。
 「遊んできてもいいよ」と言われて、「じゃ……」と男遊びに走るような女には、幸恵は見えなかった。
 仮にそうだとして、その遊びの相手が自分なのだとしたら、それは名誉なことなのか? 「じゃ、遠慮なく」と飛びついていいものなのか?
 聡史の答えは「NO」だった。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る