smile2妻を抱けない体になった幸恵の夫は、
幸恵が聡史と会うことを公認しているという。
決勝戦の当日、その夫が車椅子でコートにやって来た。
あいさつする聡史に夫が耳打ちしたことは―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈14〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をすることになった。聡史のオフィスのそばにある都営のオムニコートを借りての、ふたりきりの練習。汗をかいた幸恵が「シャワーを貸して」と言い出し、聡史は彼女を自分のオフィス兼居室に招いた。「海野さんは結婚しないの?」と訊く幸恵。「したいと思う人はいるけど」と答える聡史。ふたりの唇は、どちらからともなく、「禁断の距離」を越えた。やがて、「ASK杯」のスクール内予選が始まり、海野・有賀ペアは、初戦を突破した。続く相手は格上のUMペア。12回もデュースを繰り返した熱戦の末、最後のボレーで決着がつくと、幸恵が「ふたりだけで祝勝会しない?」と誘ってきた。「このサービスを決めたら触らせてあげる」と約束した幸恵の尻。酔った幸恵は、それをゆっくり聡史の手の上に下ろしてきた。しかし、それらはすべて亭主公認。幸恵の亭主は脊椎を傷めて車いす生活。もう、彼女を抱けない体になっていた――
※この話は連載第14回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 自分は、亭主公認の遊びの対象なのか、それとも……?
 店を出て駅までの道をたどる間、聡史は、ずっとそのことを考えていた。
 「海野さんのマンション、ここから近いの?」
 聡史の腕に腕をからませながら、幸恵が顔をのぞき込んでくる。
 もし、幸恵の夫の話を聞いていなければ、「ちょっと寄っていく?」と声をかけたところだろうが、なんだか、それはフェア・プレーに反するような気がした。
 「近いよ。いつか、カレを連れて遊びに来るといい」
 聡史の返事に、幸恵は、「フーン」と意味ありげにうなった。
 「それ、言っちゃうよ、旦那に。けっこう、本気にするわよ、うちの人」
 「いいよ」
 「変なこと、お願いされるかもしれないし……」
 「変なこと?」
 「変わってるから、私の旦那」
 その「変なこと」が何だかは、幸恵の口からは語られなかった。
 そんなことを話しているうちに、あっという間に駅に着き、幸恵は、「きょうは楽しかった、ありがとう」と、右手を差し出してきた。
 聡史がその手を握ると、幸恵は倍の力で聡史の手を握り返してきた。
 「いい日だったわ。ゲームも感動的だったし、お酒もおいしかった。ほんとは……あ、いや、何でもない。来週の決勝戦、ガンバろうね。じゃ……」
 握り合った手から力が抜けていく。
 しかし、すぐには離れない。
 名残惜しそうに指を絡め合いながら、ゆっくりと離れていく手と手。やがて、幸恵の指の最後の一本が、スルリ……と、聡史の手を離れた。
 メトロの階段を上っていく幸恵の姿が見えなくなると、聡史はフゥと息を吐いて、体を反転させた。

       クローバー

 たぶん、幸恵は、家に帰ったら、今日の祝勝会のことを夫に話すのだろう。
 どんなふうに……?
 尻を自分の手に撫でさせたことも、その指が尻の割れ目に食い込んだことまでも、リアルに語って聞かせるのだろうか……?
 それを聞いたら、幸恵の夫は、どう感じるのだろう?
 女房の体に触れる男を憎悪したりはしないのだろうか?
 それとも、触れさせた妻の不貞をなじり、精神的になぶって喜ぶのだろうか?
 しかし、幸恵の話しっぷりからすると、幸恵の夫には、そういう話を聞いて楽しんでいるフシも見受けられる。
 では、幸恵はどうなのか?
 もはや、自分を肉体的には愛せなくなった夫を、恨めしく思ったりはしてないのだろうか?
 満たされない肉の欲に、はけ口が欲しいと思っていないのだろうか?
 聡史のことを夫に報告する――というのは、夫への思いやりなのか、それとも夫がその胸の内でたぎらせるでろう嫉妬を、愛の行為の代償として楽しむためなのか?

 家に帰り着くと、聡史は服を脱ぎ、浴槽に熱めの湯を貯めて、首まで湯に浸かった。
 目を閉じると、幸恵の尻の割れ目に潜り込んだ指先の感触が、脳の奥によみがえった。
 湯煎にかけたコンニャクのような感触。力を加えれば、ズブリ……と潜り込んでいきそうに見えた、繊細な弾力。その弾力に触れた途端に、幸恵が漏らした熱い息。
 それらの記憶のすべてが、脳の奥から這い出して、聡史の体を燃やした。
 そっと、手を湯の中に潜り込ませて、目覚めた欲望の正体を握り締める。
 その硬直が、幸恵の体にめり込む瞬間を想像して、グイと腰を突き上げる。
 バスタブいっぱいに張った湯が、ザバッとあふれて、床に流れ落ちた。

       クローバー

 予選の決勝の相手は、Uクラスのペアだった。
 どう見ても、勝ち目はない。
 関東大会への出場権はすでに手にしているので、何が何でも勝たなければいけない、というゲームではなかったが、だからと言って、適当に流せばいい――というわけでもない。
 自分たちのテニスが、2レベルも上の相手にどこまで通じるか、試してみる絶好の機会とも思われた。
 スクールに着くと、すでに有賀幸恵は着替えをすませて、聡史を待っていた。
 「やあ」と手を振ると、幸恵も「ハーイ!」と手を振る。
 イスを引いて座ろうとすると、「あ、海野さん」と幸恵が立ち上がった。
 「紹介するわね」
 エッ!?――と思って、幸恵が動く先を見ると、ロビーの窓際に、車椅子に座った男の姿があった。ハンチング帽をやや斜めにかぶった苦味走った顔。目には、黄色いフレームのメガネをかけ、口には無精ひげを蓄えている。
 その口元が、聡史と目が合うと、人なつっこく緩んだ。目の縁に笑みを浮かべて、「どうも」というふうに会釈をするので、聡史も軽く会釈を返した。
 幸恵は、車椅子の後ろに回ると、グリップを握って聡史のほうに押してきた。
 「この前話した、夫の伸男です。こちら、海野さん」 幸恵に紹介されると、男は車椅子から身を乗り出すようにして、片手を伸ばしてきた。 その手を握った聡史は、男の握力の強さに驚いた。
 「いつも、家内からおウワサを聞いております。有賀伸男です」
 「奥さんには、いつもスクールでお世話になっております。海野聡史です」
 「いよいよ決勝ですねェ。こないだの1回戦も拝見しましたが、海野さんのフォーメーション・プレー、実にお見事でした」
 「いや、お恥ずかしい。つまらないミスして奥さんに叱られないよう、必死で足を動かしてるだけですよ」
 「こいつ、口うるさいでしょう? 私も、しょっちゅう叱られてるんですよ」
 「そうなんですか? しかし、私には、きわめて的確なアドバイスばかりですよ」
 「ま、あまりうるさいようでしたら、無視しちゃってください。いちいち聞いてたら、キリがありませんから」
 有賀伸男が幸恵を語る言葉の中には、長い時間を一緒に過ごした者だけが見せる余裕とも驕りとも言えるものが感じられた。その余裕が、聡史には、少し妬ましくもあった。
 「きょうの相手、手強そうですね」
 「ええ。何しろ、Uのペアですからね。しかし、一矢か二矢は報わないと、格好がつきませんから」
 「でも、海野さん。ペア力ってものがありますから。ふたりのペア力は、私が見る限り、このスクールではピカ一ですよ。一矢とか二矢とか言わず、善戦を期待してます。こいつのためにも、ガンバってください」
 「もォ、そんなにプレッシャーかけないでよ。海野さん、けっこう、ナイーブなんだから」
 横から幸恵にたしなめられて、有賀伸男は、「あ、そうか」と頭をかいた。
 その車椅子を、幸恵は、コートが見下ろせる位置まで押していく。
 「あ、海野さん」と、伸男が振り向いて声をかけた。
 「あのUペア、ひとりひとりの技量は、確かにふたりよりはかなり上だけど、フォーメーションはスキだらけですよ。サイドをついて崩したら、センターはガラ空きになります。そこを攻めれば、けっこういけるかも……ですよ」
 親指を立てて、「ガンバれ」の合図を送ると、幸恵に何やら指示して、車椅子を止めさせた。
 よし、ガンバってみるか。
 聡史はそう口の中でつぶやいて、更衣室へ向かった。
 ⇒続きを読む


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る