smile2迎えた「関東大会」の本戦。聡史と幸恵のペアは、
幸恵の夫が見守る中、3位入賞を果たした。
それを自分のことのように喜ぶ有賀伸男は、
聡史をクルマで送ると言い出した―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈16〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をすることになった。聡史のオフィスのそばにある都営のオムニコートを借りての、ふたりきりの練習。汗をかいた幸恵が「シャワーを貸して」と言い出し、聡史は彼女を自分のオフィス兼居室に招いた。「海野さんは結婚しないの?」と訊く幸恵。「したいと思う人はいるけど」と答える聡史。ふたりの唇は、どちらからともなく、「禁断の距離」を越えた。やがて、「ASK杯」のスクール内予選が始まり、海野・有賀ペアは、初戦を突破した。続く相手は格上のUMペア。12回もデュースを繰り返した熱戦の末、最後のボレーで決着がつくと、幸恵が「ふたりだけで祝勝会しない?」と誘ってきた。「このサービスを決めたら触らせてあげる」と約束した幸恵の尻。酔った幸恵は、それをゆっくり聡史の手の上に下ろしてきた。しかし、それらはすべて亭主公認。幸恵の亭主は脊椎を傷めて車いす生活。もう、彼女を抱けない体になっていた。続く決勝戦の相手は、2階級上のUペア。ふつうに闘ったら、勝てる相手ではない。しかし、幸恵と聡史は善戦した。その健闘をたたえたのは、車椅子でやって来た幸恵の夫だった――
※この話は連載第16回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
  前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 「ASK杯争奪関東テニス大会」は、いつものスクールではなく、隣県のM市にあるスクールで開かれた。
 各スクールの予選を勝ち抜いた2組ずつ、計8組がトーナメント形式で順位を争う。ダブルスの決勝トーナメントに勝ち上がってきたのは、U同士のペアが2組、UM同士のペアが3組、UMとMのペアが1組、M同士のペアが2組だった。
 会場となったスクールは、4面あるコートのすべてがオムニで、そのうち1面が屋外となっている。ダブルスのトーナメントは、その屋外コートで行われることになった。それは海野・有賀ペアにとっては、ラッキーでもあった。屋外のオムニ・コートは、プライベート・レッスンで経験済み。ボールのはずみ方も、足の滑り具合も、しっかり、頭の中にインプットされていた。
 屋外のそのコートは、屋内のコートよりも敷地を広めにとってある。コートの両サイドにも余裕があるので、ギャラリーはコート・サイドにパイプ椅子を置いてゲームを見物することができる。そこには、車椅子の有賀伸男の姿もあった。
 その日の有賀幸恵は、白地にピンクのラインが入ったフレアのスコート姿。その上には、いつものポロではなく、襟ぐりのゆったりとした淡いピンクのTシャツ。頭には、同色のヘアバンドを巻いていた。すべて「ellesse」。テニスウエアとしては、晴れ着のようなコーディネートだった。幸恵がいつもより強く「女」を意識していることが、聡史にも感じられた。
 決勝トーナメント用? それとも、ダンナが見ているから?
 「フーン」と見とれていると、幸恵が「何か?」という目で自分の姿を見回し、それから聡史の前でターンして見せた。
 「意外と無邪気なんだね」
 「意外と……じゃないでしょ?」
 「でもさ……」
 「何?」
 「せっかく晴れのウエア着てるんだから、1回戦で負けちゃ、もったいないよね」
 「負けないでしょ? 負けないようにガンバろう。約束!」
 そう言って、幸恵は、肘で直角に折り畳んだ腕を、聡史のほうに差し出した。
 上向きに差し出された幸恵の手に聡史は自分の手を絡ませた。親指と親指の根元同士を絡ませ、残りの指で相手の手の甲を包み込む。細くて、繊細で、やわらかい幸恵の指が、ありったけの力で聡史の手を包んでくる。
 絶対に負けたくない――という意志が、その指から伝わってきた。
 その意志をくじかせてはいけない――という気持ちが、聡史の中に強く芽生えた。

       クローバー

 1回戦の相手は、UM同士のペアだった。
 ゲームが始まる前に、幸恵は、ギャラリーの中にいる夫・伸男の元に駆け寄った。
 車椅子の位置を直し、二言、三言、言葉を交わすと、伸男がポケットをまさぐって幸恵に何かを差し出す。幸恵はそれを自分の手首に巻き付け、それから顔を近づけて、左の頬と右の頬を交互に合わせた。
 「きっと勝てる、ガンバれ! だって」
 言いながら、手首に巻きつけたものを聡史の目の前でヒラヒラさせた。紺とグリーンの2色で編み込まれたミサンガだった。
 ギャラリーに目をやると、車椅子の有賀伸男が親指を立てた拳を突き出して見せた。
 そうか――と、聡史は思った。
 幸恵の「負けられない理由」。その正体がわかったような気がした。
 よし――と、聡史は思った。
 幸恵のその理由のために、ガンバってみるか。
 幸恵の「負けられない理由」は、そのとき、聡史の「負けられない理由」にもなった。

 ゲームは、聡史のサービス・エースから始まった。
 格上のUMペア相手に、海野・有賀ペアは絶妙のフォーメーション・プレーを見せた。ペアを組んで、これで4試合目。聡史には、幸恵が次に何をしようとしているか、聡史にどうしてほしいと思っているかが、手に取るようにわかった。
 2ポイント目は、幸恵のリターンを相手前衛がボレーしたところを、聡史が横っ飛びのボレーで相手のボディに叩き込んで2-0。
 3ポイント目は、幸恵のリターンを相手後衛がパッシングに打ってきたところを、聡史がボレーで返し、返ってきたチャンス・ボールを幸恵がスマッシュして、3-0。
 4ポイント目は、幸恵のサービスを相手がリターン・エースにして3-1。
 しかし、続く5ポイント目は、相手のサーブ・リターンがロブとなって聡史の頭の上を越えようとするところを、聡史が後退しながらのジャンピング・スマッシュで決めて4-1。
 6ポイント目は、聡史のサーブがコーナーに決まって、5-1。
 7ポイント目は、長いラリーの末に、前衛2人となった相手のセンターを聡史のストロークが抜いて6-1。
 8ポイント、9ポイント目を相手に取られて6-3となったが、10ポイント目は、相手サーブを打ち返した聡史のリターンが、相手前衛のサイドをラインぎりぎりに抜けるエースとなって、7-3で、聡史たちの勝利となった。
 これで、ベスト4進出。

       クローバー

 準決勝の相手は、U同士のペアとの対戦となって、4-7で敗れてしまったが、続く3位決定戦では、UMとMのペア相手を7-2で下して、結局、海野・有賀ペアは3位入賞。「1か月分のスクール料無料」という賞品をゲットした。
 その日の聡史の足は、よく動いた。
 ふだんなら、あきらめてピクリとも動かない打球に対しても、一歩の踏み出しが早いために、ぎりぎりで球際に追いつき、「ナイス・キャッチ」を繰り返した。
 聡史の足を燃やしたものの正体が何であるかに、聡史はうすうす気づいていた。
 ラリー練習で初めて幸恵とペアを組んだときに聡史の足を燃やしたのは、「海野さ~ん、お願~い!」という幸恵の叫び声だったが、この日は違った。
 自分は、いまはコートに出られない有賀伸男のために闘っているのだ――という気持ちがどこかにあった。簡単にあきらめてしまうことは、コート・サイトから勝利を祈る伸男の闘志をくじくことになってしまう。
 どんな状況になっても、あきらめられない――という強い気持ちが、聡史の足を燃やし、腕を振るわせた。
 これは、愛の闘いだ、と聡史は思った。
 正確に言うと、ふたりの愛に捧げるもうひとつの愛の闘いだった。
 優勝はできなかったが、3位という結果は、その闘いの成果としては、そこそこ満足できるものだった。

 表彰式を終えてコート・サイトにいる伸男のところへ行くと、伸男は両手を差し出して聡史の手を握ってきた。
 「ありがとう。自分が闘っているように楽しめましたよ」
 力の限り握り締めてくる手は、その言葉がウソではないことを示していた。
 さて、これで役目は果たし終えた。
 更衣室へ向かおうとする聡史に、背中から伸男の声が飛んできた。
 「よかったら、クルマでお送りしますよ。駐車場で待ってますから」
 どうしようか……?
 一瞬、迷ったが、聡史は好意に甘えることにした。(続く)


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る