smile2「海野さんの部屋、のぞいていこうか」と言い出したのは、
幸恵の夫・伸男だった。「妻はあなたのことが好きらしい」と
言いながら、幸恵の体を抱き寄せる。その口から、
聡史は思いもしない依頼を受けた―― 

 短編集・マリアたちへ   第15話 
ボディショット〈終章〉

 R18  ※この作品は純文学作品ですが、性的表現を含みます。18歳未満の方は、ご退出ください。
 ここまでのあらすじ  40歳でテニススクールに通い始めた海野聡史。同じクラスに、ライジングショットを得意とする有賀幸恵がいた。ラリー練習でそのショットをボディに受けた聡史は、その球筋にホレ、コーチから「くねくね打法」とからかわれるフォームに魅了された。その有賀幸恵には、夫がいた。それを教えてくれたのは、幸恵夫婦と学生時代からのテニス仲間だという早川亮だった。翌週、ラリー練習で幸恵とペア組んだ聡史は、豪球サーブの持ち主、17歳のショーちゃんペアと対戦した。見事なフォーメーション・プレーで相手ペアを下すと、幸恵が握手を求めてきた。しかし、次の早川ペアとの対戦では、聡史は痛恨の2連続Wフォールト。その日、聡史は変な夢を見た。幸恵がコートから男たちに連れ去られ、ブッシュの中でスコートを剥ぎ取られ、凌辱される夢だった。「オフ会をやるんですけど、参加しませんか?」。その幸恵が、翌週、聡史に声をかけてきた。小山コーチの卒業を祝う会だと言う。そのオフ会の席で幸恵の写真を撮りまくったのは、早川や有賀と同期だという大沢という男だった。大沢は、その写真をおかずに使うと言う。聡史は、大沢をたしなめた。翌週、「ASK杯争奪テニス大会」の実施が発表された。各スクールの予選で2組ずつが選ばれ、本戦でカップを争うという。「海野さんは出ないんですか?」と声をかけてきたのは、有賀幸恵だった。聡史は幸恵とペアを組んでミックス・ダブルスにエントリーすることになり、ふたりでその練習をすることになった。聡史のオフィスのそばにある都営のオムニコートを借りての、ふたりきりの練習。汗をかいた幸恵が「シャワーを貸して」と言い出し、聡史は彼女を自分のオフィス兼居室に招いた。「海野さんは結婚しないの?」と訊く幸恵。「したいと思う人はいるけど」と答える聡史。ふたりの唇は、どちらからともなく、「禁断の距離」を越えた。やがて、「ASK杯」のスクール内予選が始まり、海野・有賀ペアは、初戦を突破した。続く相手は格上のUMペア。12回もデュースを繰り返した熱戦の末、最後のボレーで決着がつくと、幸恵が「ふたりだけで祝勝会しない?」と誘ってきた。「このサービスを決めたら触らせてあげる」と約束した幸恵の尻。酔った幸恵は、それをゆっくり聡史の手の上に下ろしてきた。しかし、それらはすべて亭主公認。幸恵の亭主は脊椎を傷めて車いす生活。もう、彼女を抱けない体になっていた。続く決勝戦の相手は、2階級上のUペア。ふつうに闘ったら、勝てる相手ではない。しかし、幸恵と聡史は善戦した。その健闘をたたえたのは、車椅子でやって来た幸恵の夫だった。そして関東大会本戦へ。3位に入賞した聡史を有賀伸男はクルマで送ると言い出した――
※この話は連載第17回目です。第1回目から読みたい方は、⇒こちらから、
 前回分から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。



 「海野さんの部屋、ちょっとのぞいて行こうか?」
 言い出したのは、有賀伸男のほうだった。
 「そんな……いきなり、ご迷惑かもよ。ねェ、海野さん」
 夫の突然の気まぐれをいさめるように幸恵が言う。しかし、その「ねェ、海野さん」には、「いいでしょ、海野さん」という甘えが込められているようにも感じられた。
 「むさくるしいところですけど、よかったら……。ほんとなら、祝杯でも傾けたいところですけど、でも、クルマの方に飲ませるわけにはいきませんから。その代わり、とびきりうまいブルーマウンテンをごちそうしますよ」
 「海野さんのブルーマウンテン、うまいそうですね?」
 一瞬、冷や汗が流れそうになった。
 たぶん、幸恵が話したのだろう。
 しかし、どこまで……?
 もしかして、コーヒーの香りのする口づけのことも……?
 まるで地雷原を歩くような心地で、聡史はふたりをマンションの部屋へと案内した。
 それまで訪ねて来る者もいなかった聡史の部屋。
 そこへ初めて迎える客が、車椅子の有賀伸男とその男を明るく支える、健気で美しい妻・幸恵。
 夫は、妻が唇を許す程度には心を奪われている男と妻のペアに声援を送り、今度は、その男の部屋にまでやって来た。
 聡史には、夫である伸男の心の内が読めなかった。

       クローバー

 聡史が着替えをすませて、いつものようにコーヒーをいれると、有賀伸男も幸恵も、「おいしいね」「ウン、うまい」と口を揃えた。
 「海野さん、今回は、ありがとうございました」
 コーヒーを飲み終えると、有賀伸男は静かにカップをソーサーに戻し、改まった口調で切り出した。
 「いや、こちらこそ、楽しい思いをさせていただきました」
 「こいつがね……」と言いながら、伸男は横に座っている幸恵の腕を取って立たせると、その腰を抱き寄せた。
 「あんなに楽しそうにプレーしている姿、久しぶりに見ました。好きなんだと思いますよ、海野さんが」
 「そんな……。ただ、プレー・スタイルが合ってるだけの話じゃないですか?」
 「ほんとに、それだけだと思いますか?」
 伸男の目が、聡史の胸の内を探るようにのぞき込んでくる。
 この男は、聡史と知恵の間で起こったことをどこまで知っているのか?
 聡史は、伸男の目が少し不気味に感じられた。しかし、その目の光は、けっして怒っているというふうでもない。猜疑に濁っているというのでもない。むしろ、それを楽しんでいるような、からかっているような……そんな光が黒目の中で遊んでいた。
 「私が何年、こいつの亭主をやってると思います? こいつが、どういう男を好きになるかぐらい、先刻承知ってやつですよ。あ、海野さん、誤解しないでくださいね。ボクは、たとえ、こいつが海野さんにホレてしまったとしても、それを怒ったりはしません。むしろ、喜んでるんです」
 「よ・ろ・こ・ぶ……ですか?」
 「ええ、喜ぶです。海野さんでよかった――と思ってるくらいなんです」
 言いながら、伸男は腰に回した手で幸恵の体を自分のひざの前に抱き寄せ、その腰に両腕を巻き付けて抱きしめた。
 伸男の腕にホールドされて、幸恵のスカートの裾が少しずり上がった。
 「お聞きになってると思いますが、私はもう、男としてこいつを満足させてやることができません。でも、この女房を愛してます。愛しているから、こいつには幸せでいてほしい、と思っています。海野さんといるときのこいつは、ほんとに幸せそうなんです。ですからね、これからも、ご迷惑でなかったら……」
 「しかし、有賀さん、それであなたの気がすむのですか? 幸恵さんを幸せな気分にする男が自分以外にもいるってことに、傷ついたりはしないんですか?」
 「とんでもない。私がそんな了見の狭い男に見えます? 私はね、こいつの幸せそうな顔を見るのが趣味なんですよ」
 「いい趣味をお持ちですね」
 「ええ、自分でもそう思います。海野さんはどうですか?」
 「エッ!?」
 「海野さんも、こいつの幸せな顔を見たいと思いませんか?」
 「そ、そりゃ……幸恵さんのような人には、いつも、幸せで顔を輝かせていてほしい……と思いますよ」
 「じゃ……もっと、幸せにしてやってください」
 言葉の最後をのどの奥に呑み込むと、有賀伸男は、抱きしめた幸恵の体をゆっくり、腕の中で反転させた。

       クローバー

 幸恵は、聡史に背中と尻を見せる形で、伸男に抱き寄せられた。
 上半身を車椅子に座ったままの伸男の上体に預け、尻を突き出すような格好になっている。
 伸男の手が、突き出された幸恵のスカートをめくり上げていく。
 さっきまでコートを存分に走り回っていた幸恵のかもしかのような脚が、伸男の手でその付け根まで暴かれていく。
 薄いページュの下着に包まれた、ふたつの肉の塊が聡史の目を射る。
 よく締まった、しかしふくよかなふくらみを見せる幸恵のヒップ。そのふくらみの中央に薄く透けて見える翳り。そこに確かに存在するであろう、まだ見知らぬ幸恵の欲望。
 「ご迷惑……でなかったら、彼女の肉をあなたの肉で充たしてあげてください」
 変なことをお願いするかも……と幸恵が言っていたのは、このことだったのか――と、聡史は思い至った。
 有賀伸男は、慎重に、幸恵のベージュ色に輝く下着を下していく。
 幸恵の欲望の在り処が、ゆっくり、ゆっくり暴かれていく。
 聡史は、しばらくためらったのち、ズボンのベルトの留め具を静かに外した。

=完=

お詫び第15話『ボディショット』は、これにて《完》です。ご愛読ありがとうございました。


※3つのランキングに参加しています。
この小説をもっと読んでみたいと思われた方は、応援ポチ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  オンライン小説ランキングへ

「マリアたちへ」の目次に戻る  トップページに戻る