連載小説 
ローズマリーの詩

コーヒーと女

会社をつぶし、破産して家の離れに間借りするおじと、
結婚話が破談して家に出戻ってきた私。
ふたりにはそれぞれ、忘れられない過去があった。
「やっかい者」扱いする母の冷たい視線を浴びながら、
私とおじは、それぞれの想い育てようと、
たがいを思いやる日々を過ごしている。
そんな中、ふたりの想いは思わぬ形で交差して……。
秋の日のように心に沁みるラブストーリーをどうぞ。



 記事一覧 
読みたい記事のタイトルをクリックしてください。


  第1章  ふたりの落ちこぼれ
  第2章  スカボローに住む人へ
  第3章  40年間、歌い続ける歌
  第4章  ベンジャミンとエレーン
  第5章  「ふつうの幸せ」という名の監獄
  第6章  おじが愛した女
  第7章  青銅の騎士
  第8章  老いた青銅の騎士
  第9章  あなたに「七つの水仙」を
  第10章  愛と反戦の日々
  第11章  愛のブルスケッタ
  第12章  忘却の彼方から
  第13章  飛びたい。その羽が重い