ソード10

このカードには「終了」という意味があり、物事の終結をあらわします。物事が終わるという意味では、「死神」のカードとにています。恋愛においては、恋愛関係の終結や別離を表わし不運な感じもしますが、次の新たな展開が訪れるサインでもあります。

【正位置】

未来:恋愛関係が終わりを迎える。苦しい恋愛を終結させる。実りのない恋愛。告白は失敗する。

相手の気持ち:あなたとの関係は終わったと思っている。あなたから傷つけられたと思っている。これ以上関係を続ける意思がない。離れたいと思っている。あなたに行動を起こす意思がない。

対策:この恋は終わらせ、他に向かった方がいい。この恋愛に希望をもたず、新しい恋を探した方が幸運。別れを覚悟する必要がある。

【逆位置】

未来:終わったと思っていた恋がまた戻る。一時的な復活。絶望の状態から立ち直る。過去の恋愛が終わり、新しい恋が始まる。

相手の気持ち:あなたのことを気にしている。あなたと会いたいと思っている。あなたのことを思い出し、連絡を取りたいと思っている。

対策:できるならば、相手に連絡を入れるといい。彼の前で依然と違う自分をアピールするといい。小さなチャンスを見逃さないこと。

ソード9

ベットの上で頭をかかえた女性が、絶望と悲観に暮れています。後ろに9本の剣が通過していますが、彼女を傷つけてはいけません。そのため肉体的ではなく、精神的な苦悩になります。このカードには、「悲観」という意味があり生涯トラウマになるような深い感傷を示しています。恋愛面においては、そうした気持ちが邪魔しがちです。逆位置では、「中傷」という意味になります。

【正位置】

未来:悲しい結末で終わる恋愛。自信がなく、行動にうつすことができない。気苦労が多く、心配事の絶えない恋愛。新しい出会いは望めない。

相手の気持ち:あなたとの関係をこれ以上続ける自信がない。あなたに裏切られたと思っている。あなたに愛されていないと感じている。

対策:この恋の結末は期待しない方がいい。悲しんでいる感情を相手に見せるといい。この恋愛自体を見直した方がいい。

【逆位置】

未来:まわりから反対される恋愛。邪魔されることが多い恋愛。精神的に苦痛をともなう恋愛。

相手の気持ち:あなたに嫌われたと思っている。あなたから傷つけられたと思っている。

対応:まわりからの批判を覚悟してこの恋愛をすすめるべき。この恋愛の未来を期待しない方がいい。あまり深入りしないほうがいい。


ソード8

このカードには、「制限されている状態」「障害に阻まれている状態」を示しています。恋愛面で見ると、自分からは動けずに、耐え忍んでいる状況に陥ることでしょう。逆位置になると、困難や障害から少しづつ解放されていきます。

【正位置】

未来:自分からは何も行動できず、様子だけをうかがっている日々。ガマンすることが多い恋愛関係。誰にも相談できず、精神的な苦痛の多い恋愛。秘密の恋愛。進展のない恋愛。

相手の気持ち:あなたに言えないことがあり、苦痛を感じている。好きな気持ちはあるが、それを表現できないでいる。あなたに合わせることがつらくなってきている。あなたに対して申し訳ない気持ちがある。

対策:今は動かず、動けるタイミングがくるまで待つこと。今は相手に合わせておくといい。慣れない相手に対しては、心を開かずにガードを固めておいたほうがいい。

【逆位置】

未来:困難や進展しにくい状況から抜け出していく。耐えなくてはいけない状況から解放されていく。まわりからのプレッシャーが徐々に減っていく。

相手の気持ち:あなたに何か言いたい気持ちが薄れてきている。強い気持ちはない。あなたに対して諦めモードになっている。あなたに対してガマンしていたことがどうでもよくなってきている。

対策:今は恋愛よりも自分に意識をむけるといい。今は積極的に行動するときではなく、自分の気持ちをみつめ直すといい。動くタイミングがくるまで待つといい。



↑このページのトップヘ