デーンのりぼんと、とうちゃんのブログ

グレートデーンの りぼんと そうすけ、とうちゃんといっしょにキャンピングカーの「おきゃらはん」に乗って旅へドライブへ!漫画と写真とエッセイで綴るイヌブログだぜっ!



雨降りだし、シゴトのヤツも随分と忙しくってよう…

休みでもどっこもいけねえので 、オランウータン小屋の「中身」の絵を描いたぜ。
そろそろ部材も発注しねえといけねえしな。

●平面絵図

ox
太い黒線で囲った中が 小屋の室内だぜ。

え? ずいぶん狭いぢゃないかって? 


そうなんだよなあ。
小屋の広さは10坪足らずしかねえのさ。 

まるでおっき目の「イヌ小屋」なんだよな。

…って言うか、りぼんとそうすけがいやがるんだから、マジでイヌ小屋なんだけどよ。


まあその分、デッキがでっけえだろ? 

天気がいい日にゃデッキで暮らしてる気がするぜ。 

●りぼんやそうすけのヤツはそんときゃ こんな感じかな。
o16

りぼんはのんびりしてんだけど、
ありゃりゃ、やっぱ、そうすけはナニモノかに怒鳴ってやがんな。



そいでさ、こんなヤツらも同居で、そりゃ「想定内」なんだぜ!(うししっ)
●ロバくんとニワトリたち。
o13e

ああ、早くロバくんと暮らしてえ!
もう、とうちゃん、
ロバくんとりぼんとそうすけを抱いてねようかな 。

でさ、とうちゃん、ひとつ面白えプロジェクトを、小さな胸と豊満なハラで密かに暖めてんだけどよ。

そりゃあよ(公開すんのに、どこが密かなんだ?)、
ロバくんと一緒に「紙芝居」したいなあなんて思ってんだぜ。

村にゃあ お子さんやガキんちょも ちっとはいやがるので、自分で描いた紙芝居をロバくんの背中に積んで集落を回るんだぜ。
ギターとバンジョーで歌も入れてさ。

「デーンの恩返し」なんかがいいかな?

オトナ相手なら泡水飲みながら
「虹屋綺譚」なんかやってもいいかな?


「ロバのパン屋さん」ならぬ「ロバの紙芝居」だな!



話を「小屋」に戻して…

●キッチンは、ミニマム(最小化)に挑戦するぜ!

o14


でも、アイランド型の素敵なものを考えてんのさ。
で、キッチンとデッキの間にゃ、「サービスドア」をつけてさ、デッキでも小屋ん中でもどこでも食事ができるようにするぜ。

ぢゃ、こりゃ「どこでもドア」か? うししっ。

薪ストーブは、自宅で30年以上使ってる骨董品を持っていくぜ。
「薪」なんか山ん中にゃ、枝払いしたのや、間伐材が何トンも転がってるもん。
そいつを薪炭(しんたん)燃料として使えば「カーボンフリー」だぜ。

カレーやシチューがうめえよな、薪ストーブでじっくり炊くとさ。



●で、こっちが寝室と、シゴトスペース。
o17
「ロバくんの紙芝居」ぢゃ、おまんま食えねえから、しばらくはシゴトしなきゃいけねえ。
ノートパソコンが使える机と、おっき目の本棚は作らなきゃ。


ベッドは狭いぜ、きっと…

だって、りぼんやそうすけが入ってきやがるもん。
キャンピングカーの「おきゃらはん」」で寝てるようなもんだな。

でも、狭くって、タノシイぞう!



●最後は、「お風呂」と「御不浄(トイレだよ)」と、「洗濯機」。

o18

小屋が狭いから、全部「外」。

ぢゃ、小屋を広くしといたら良かったんぢゃねーか?…ってことなんだけど、そーもいかねえんだよな。

畑だった土地で、地盤の強度が期待できねえってことと、
調べたら教育委員会が絡む「土中埋蔵文化財」があることがわかったので、フツーの家みたいなRCの基礎が打設できねえんだよな、ここ。

で、耐震強度と耐風強度を検討してみたら(限界耐力計算法ってややっこしい計算したんだぜ)、建物の「軽さ」と「低さ」で勝負!と出やがった。

そいで、小さくて、軽くて、重心の低い平屋のちっさな小屋になったんだぜ。

でも屋根が軽いのは、地震にゃあいいんだけど、台風の時にゃ不利になる。
で、建物の「低さ」で見つけ面積(風にさらされる壁や屋根の面積)ってのを少なくして、小屋の裏にあるヒノキの森を防風林として利用してんだ。

でも、最近の瞬間最大風速が70メートル/秒なんて暴風やタツマキにゃあ、たとえ重い和瓦でも飛んでいっちまうんだから、そんときゃ先に波板に飛んでいってもらって、張り替えで対応するさ。


…だから、本体以外は全部「外」ってわけだ。


「お風呂」は、薪と灯油の両方で炊けるボイラーで。
水道のねえこのドッグランでは「水」は貴重。ちっさなバスタブぢゃねえと具合が悪いんだよな。かあちゃんと二人だから、ちっさくていいのさ。
おしくらまんじゅうで入りゃさ。

あ、りぼんやそうすけは入れねえぞ、狭いからな。

トイレはコンポストトイレだから、ちっさいのとおっきいのと分けとかなくちゃならねえんだな。
理由はまたいつか描くぜ。


洗濯機は、発電機とセットにして、屋根付きのスペースで小屋の裏。
そんなに洗濯しねえでもいいよ、かあちゃん。

パンツ、裏返して もいっかい穿くからさ (嘘だぜ、ウソ!)



●収納、モノについて

足りねえのが「収納」スペース。
小屋の中には ベッドの上や隅っこなんかに もうちっと作るんだけど、それでも足りねえ。

で、もう一棟、物置を建てなくちゃならねえな。

それと、「ミニマリスト」になって、持ちモノを処分しなきゃな。



…と、三重のドッグランでの生活に思いを巡らしながら、プランを練ってるとうちゃんでした。

ドッグランの全体絵図や、
小屋の外側イメージ絵図と合わせてみてやってくだせえ。

ちゃんちゃん。


にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村
  
 

 
犬ブログ広場 グレート・デーン 犬ブログ広場 絵・イラスト・漫画  





 



 うおおおおおーっ! …でっせ。

o1


そうすけ、おめえ、三重のドッグランに連れてくと、
「うおおお!」ばっかだな。

カメラのヤツ、オートフォーカスがついていかねえぢゃねえかよ。

それにとうちゃんの耳の横をかすめて飛んで走り抜けやがって…

あぶねえったらありゃしねえ!

チカラ、余ってんだなあ、おめえ。



それにしても、雨なんだよなあ、参っちまうぜ。

中途半端な状態のオランウータン小屋が心配だから、雨仕舞いをするために三重のドッグランに来たのさ。

o12


上の方まで養生のビニールシートで覆ったから壁はまあ大丈夫だけど…。
張り伸べてる途中の「屋根の桟」がむき出しで濡れてやがるぜ。

晴れてりゃ、3時間くれえで桟が完成するんだけどなあ。

ま、仕方ねえから、雨の中、森の散歩をしたんだけど、
珍しいもんに出会えたぜ。

これ、誰だかわかるかい?
o7

真っ黒でやせっぽっちのこいつ!

ヒキガエルのご幼少だぜ。
3センチくれえだけど、ここまでちいせえのは初めてだな。

ああ、かわいい!

ガッンバっておっきくなるんだぜ、ヒッキーちゃんよう。
(ヒキガエルは目の後ろの膨らんだ部分なんかに ”ブフォトキシン” って毒があります。触る時にゃあご注意を)

あと、これもなんだかわかるかい?
o5

ウラシマソウって花の種子塊。
なんだかすげえ鮮やかな「赤っ!」だろ?

もうちっと若い種は、
o6
こんな緑色なんだよな。

秋の森の中ぢゃ目立つぜ。

で、小屋の周りにゃあ、「シバ栗」の木があって、先週も幾つかひらって帰ったけど、
o3
たくさん落ちてるはのいいんだけどよ、みーんな中身が食べられてんだよなあ。

残ってるのはこんなペランペランのヤツだけ。
o4

 シカや、シシ、野ネズミ、ウサギも「栗」を食べやがるんだぜ。

それでもあたりを探すと幾つか立派なヤツが見つかったんで、ひらってきて…
o10
家に持って帰ってきて炭火で焼いてさ、泡水のアテにしたらなかなかオツな味だったぜ!

蒸したりするより美味かったな。

シカやシシの おこぼれで秋の夜長をタノシむ…

うん!
これでいいよな。


にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村
  
 

 
犬ブログ広場 グレート・デーン 犬ブログ広場 絵・イラスト・漫画  

 



こっ、これがっ!

あ、あの信じたくっても信じられねえっていう
「心霊シャシン」なのかよっ?
s0

ほれ、よく見ると「カオナシイヌ」のカオ(あれ?カオナシぢゃなかったのか?)の右側に …

S1

ブキミ(きしょい ともいうが)なカオが 浮かんでやがるぜ。

…って、だいたいこういう風に撮られるもんぢゃねーかな、「心霊シャシン」って。 


へへっ、正体はりぼんさんだぜ。
生き霊をそこいらぢゅうに飛ばしてっから、こんな「カオナシイヌ」になるんだぜ。

本物はこんなにイロオトコマエだぜ!
s2

あんまり ほんまのこと いいやがるな!






●本題「雨降りの日」
えーと、三重のドッグランにオランウータン小屋の「棟」が上がったんだけど 、屋根とか壁とか作らなきゃなんねぇんだよな。
s6
で、作業に行ったんだけど、この日はあいにくの雨模様。
屋根に上がって滑って「スッテンコロリん」ってなっちまったら 、
仕事ができなくなって「スッテンテン」になるのでこの日は作業なし。


イヌってのはコーキシン旺盛だね!
屋根と柱だけのオランウータン小屋に、早速入りやがる。
s7
りぼんは寝ようとしやがるし…
そうすけは、すっかり自分の「家」みてえに住んでやがるし。
s5
そういやあ、そうすけ、おめえまだ4歳になってねえのに、おカオが白いぢゃねえか。

とうちゃんと一緒に、通販のふりかけ増毛法の「粉」使ってみようか?


この後、霧雨がしとしと降ってやがる森へいつものようにお散歩に行ったんだけど…
s10
そうすけのヤツ、沢が好きでさ…
sx1
沢伝いにどんどん登っていくそうすけを
追っかけてったら、暗れ〜ぇ森の中に入ってしまってよ…
s8
そこにゃあ、鮮やかなオレンジに輝くキノコが群生してやがった。
キレエでもあり、妖しくもあったな。
「心霊シャシン」も撮れちまうわけだぜ!

でも、この妖しくも美しいキノコ、この後そうすけが踏んづけちまったけどよ…


夜は、オランウータン小屋の前で、
かあちゃんと泡水を酌み交わして、上棟のお祝いをしたぜ。
(かあちゃんはこの日、初めて棟の上がった小屋を見たのさ)
s11
この間 作った大型のフィールドテーブルと、愛用のカントリーハット、それに33年前から使ってるコールマンのガソリンランタン。

ウヰスキーなんかも飲んぢゃって、いい気分だったぜ。

この夜は、オランウータン小屋で寝たぜ。

屋根と柱しかねえけど、格別だったな!
ビニールの養生シートを下半分だけに巻いて外が見えるようにしてたんだけど、
夜、晴れ間が覗いて、そこから月明かりが差し込んできやがった。
s12

あ、灯りを消さなきゃもったいねえぜ!
s13
せっかくのお月さんだもんな。

桑名正博の「月のあかり」っていいウタがあるけど、そんなカンジだな。


森の中はなかなか騒がしくってよ、
虫やカエルの鳴き声、シカのピィールルル…とう声、シシが獣道で落ち葉を踏む音なんかが聞こえてたぜ。


●「雨が上がった次の日」

おはようさんやぞっ!
s14

おう、りぼんさん、雨、あがってよかったな!

ふん、あめのやつ、あがりやがったか…
s14
これも ぼくのいろおとこまえの おかげやな。



あー、そーだろーな、そーともさ。

とうちゃん、今日は屋根の桟木を取り付けなきゃならねーから、そうすけとおリコー
に遊んでるんだぞ!


とうちゃん、
まかしといておくれやす!

ほな、いきまっせ、にいちゃん!


うおおおーっ、でっせ!
s15
りぼんわ どこぢゃー?
なくこわ おらんかー?

s16
って、それぢゃ、「ナマハゲ」ぢゃねーかよ!


おめえ、コワいんだよ、そうすけ…
フツーに…もっとフツーに遊べねーかなあ…

s15
ま、いっか。 案外  りぼんも頑張ってやがるみてーだな。


s16
しっかし、そうすけの「おいど」って迫力あるよな。

「グレート・デーン」って臀部がでっけえからなんぢゃねーのかな?
グレート・臀…なんつったりしてな、うししっ!


s17
で、とうちゃんは一緒に遊んでるわけにゃいかねーんで、
屋根に登ったわけなんだがよ。

地下足袋(ジカタビ)履いて、はしごを登って…

地下足袋ってすんげえいいぜ、
sx3
屋根に貼ってある防水シート(青いのがそう)にベッチャリこん!とくっついて滑らねえもん。

しかしテキサスはナニワ生まれのとうちゃんのトレードマーク、
カントリーハットとはビミョーなマッチングだよなあ。
s19
まっ、でも仕方ねえ!  見よ、このアンバランスの美。

ああ…指のマタがいてえや。

s21
屋根の水分と熱気排出を考えて、こうやって「井桁」に桟を組むのがとうちゃん流なんだけど、二重の手間と材料代がかかるんだぜ。
今回はこの上から、ガルバリウム鋼板製の波板を張り上げるのさ。軽くてトーシロのとうちゃんにも張り替えができる優れものさ。

夕方までかかって、今日はここまでだな…。

屋根の上で休憩してる時、下を見ると、s19
りぼんが地べたに座ってやがって「平和だな」なんて思うんだよな。

ここから見ると、おめえもなかなかでけえな。

でも、次の休憩の時、下を見ると、s20

sx4
また取っ組み合いして遊んでやがる。

そのうちかあちゃんが、
s22
もう「降りといで、晩ごはんにしようやあ」ってさ。


屋根の完成は今度の週末に持ち越しだな。
さ、メシにするか!

いつものように、ヒト・イヌBBQをして、
暗くなってから三重のドッグランを後にしたんだな。


ドッグランの周りにゃあ「シバグリ」がいっぱい落ちててよ、
s23

それを少しだけひらってきたんだぜ。
焼いて泡水のアテにしようかな♩


今日の記事はこれで終わり。
ちょっと長すぎたかい?

時間のあるときに、居眠りでもしながら読んでやってくだせえ。

ぢゃ、また。

にほんブログ村 犬ブログ グレートデンへ

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ
にほんブログ村
  
 

 
犬ブログ広場 グレート・デーン 犬ブログ広場 絵・イラスト・漫画  


↑このページのトップヘ