5star★

今日は実家でおもち母とれんちゃんの写真を見ていて、

おもち母「あれ?これ、れんちゃん?」

おもち「そうだよー!このれんちゃん、本っ当、可愛いよねえ♡」

おもち「はぁ、可愛いぃぃ〜♡」

おもち母「本当だねえ…。こんなに可愛いと手放せないって感じだね(笑)」

それは、れんちゃんが二十歳くらいの時の写真で、私の大のお気に入りのもの。

もう可愛くて可愛くて、何度見てもきゅんきゅんする。

透明感といい、柔らかそうなほっぺといい、まんまるのおめめといい…

可愛すぎて食べちゃいたい…♡

おもち「そう!本当、もう、そんな感じ!可愛くて可愛くてねえ〜♡はあ、可愛い過ぎる〜♡」

おもち母「あ!そういえば、れんちゃんにお土産買わなくていいの?」

おもち「えー?あっ!このれんちゃんも可愛いんだよ♡」

もう、我が家のれんちゃんが可愛すぎておもち母が何か言ってたけど、よくわからなくなった(笑)





にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

おもち母とれんちゃんがいかに可愛いか話せるのが嬉しい♡

クリックしてくださると嬉しいです*


先日のこと。


れん「おもちちゃん、今日は大雨らしいよ」

窓の外を見ながられんちゃんがそう言ったけれど、今のところ雨音も聞こえないし、またまた私を驚かせようとしてるんだろうなあ

そう思って、

おもち「えー?そうなん?昨日天気予報見たけど、曇り雨くらいじゃなかった?」

雨でもそんなに強くないと思うから仕事に行くには問題ないね、と言いながら隣に行くと、

おもち「めっちゃ雨だよっ!大雨!」

れん「だからそう言ってるのにー!」

れんちゃんの言う通り、かなり強い雨が降っていた。

おもち「えー…どうしよう…」

こんなに雨が降るなんて…

傘は車の中だし…

車にたどり着くまでに相当濡れることを覚悟しなければならない。

そう思っていたら、

れん「れんが傘と靴取ってきてあげる!鍵貸して!」

おもち「えっ」

大雨の中、私の車の鍵を握りしめて遠くに止めてある車まで走って行ってくれた。
(ちなみに、れんちゃんの傘も車の中にあるから外に出たら当然ずぶ濡れになるのに)

れん「ただいまー!傘と靴取ってきたよー♡」

そして、あっという間に帰ってきて、

れん「おもちちゃん、タオルも持って行った方がいいよ!
今日はYUKIちゃんのタオルにしなさい♡元気が出るよ♡」

そう言って、去年のYUKIちゃんのライブで買ってくれたタオルを肩に掛けてくれた。(色違いのおそろいを買ってもらったもの)

このあと、嬉しすぎてなんて会話したのかよく覚えていないけど、れんちゃんが優しすぎてもっと好きになった…!

なんて、なんて思いやりが溢れてる優しい子なの…!
 

そう思って感動で震えた(本当に)


れんちゃんって、こういう時に本当の優しさを感じる。

この愛情をどうやってお返ししたらいいのかなあ。

もう、全然足りない。

とりあえず、どうしていいかわからないけどれんちゃん、愛してる!






にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

れんちゃんの愛情が果てしない…

彼女目線の二人の日常はまたそのうちに…(れんちゃんの受けている仕打ちともいう…)(笑)

クリックしてくださると嬉しいです*

二人でお休みを過ごした夜。

れん「おもちちゃん、れんのお弁当箱のふた消毒した方がいいと思うな」

え…?

れん「消毒してー」

おもち「…今から?」

れん「うん」

れんちゃん?

どうしてそういうことを夜になってから言うん?

いつもいつも、してほしいことは早めに言いなさいって言ってるよね…?

今日はもうお皿も洗ったし、あとは運動してお風呂に入って寝るだけ、と思ってたのに…。

(面倒くさいけど、れんちゃんが自分で消毒すると手が荒れるし、ちゃんとできてるか心配になるから任せたくないというジレンマ…笑)

お弁当箱は昨日自分で洗ってくれていたからとっても嬉しくて褒めようと思ってたのに…

なのに、今になって消毒?

だから、

おもち「もー!明日はれんちゃん、お弁当箱のふたナシだからねっ」

イライラして、つい、そう言ってしまい、いつもはタレ目の私も、この時ばかりは目が縦になるんじゃないかと思うくらい目を釣り上げて、れんちゃんをギロッと睨んだ。

(一応抑えてるつもりだけど、れんちゃんにはよく睨んでると言われるから相当ギロギロしてるんだと思う…)

それなのに、睨まれた当のれんちゃんはといえば、

れん「明日、お弁当箱のふたナシ?やったあー♡」

おもち「え…?」

れん「フタがなくて嬉しいなー♡」

これ以上嬉しいことはない!とでも言いそうな顔で喜んでいる。

こんなに怖い顔で睨んだのに、全く効果はなかったらしい…(笑)

あのね?私はね、怒ってるんだよ?

そう言いたかったけど、

おもち「もー…、仕方ないなあ♡消毒しとくね♡」

にこにこしている彼女の顔を見ていたら、怒っていた気持ちが急速に小さくなるのを感じた。

れん「うんっ♡ありがとー♡」



私が怒るとれんちゃんは和ませてくれて、こういうところがすごいなあっていつも思う。

そこまで怒る必要なかったなあって気持ちにさせてくれるから、れんちゃんは私を宥めることにおいては右に出るものがいないくらいの天才だなあって(笑)

その後は、お決まりのちゅーをするしないで揉めて…

(お弁当箱を消毒したお礼ということで、ちゃっかり美味しいアイスももらいました♡笑)

れんちゃん、来週のお休みは最後まで仲良く過ごそうね♡





にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

お弁当箱問題を解決するために、れんちゃんのお弁当箱はあと一つ買う予定。

日頃の不満を解決する方法を二人で考えるのが我が家のいいところだと思ってる♡

小さなことから大きなことまで、いつも一緒に考えてくれるれんちゃんのおかげ♡

いつもありがとうね♡

クリックしてくださると嬉しいです*



このページのトップヘ