5star★

先日のおうちデートの日。


二人で並んでこたつでお勉強中、少し休憩をしようと話し、私が背中のソファにもたれゲームを開いた瞬間、

れん「よいしょ、、あっ!!」

手前側に座っていた私を乗り越えようとした彼女の足がひっかかってしまった。

(二人で同じ資料を見ながら勉強していたのでソファを背に二人で同じ側に座っていた)

おもち「だ、大丈夫?」

危うく転びそうになりながらも、なんとか体制を立て直してくれたから良かったけど、れんちゃんが怪我をしたらと思うと…(汗)



れん「ごめんなさいっ!」

おもち「え?いいよ、れんちゃんが無事でよかっ…」

れん「靴下が右と左で違ったからよろけちゃったみたいで…!」

え…?

靴下?

なんのこと??

言ってる意味が分からず、れんちゃんの足元を見ると、

おもち「え!?」

しゅんとした顔で立っているれんちゃんの靴下は、確かに右がれんちゃんのミッキーさんの毛糸の靴下。
左が私の(なんの柄もない)普通の毛糸の靴下。

なぜ左右別のものを履いているのかもわからなかったけど、それよりも、

おもち「ほんとだー!靴下が違うとよろけちゃうのも仕方ないよねぇ♡」


よろけた理由が可愛すぎる♡(笑)

れん「ごめんなさーい!」

申し訳なさそうな顔でぺこっとお辞儀をしているれんちゃんに、もう、なんかよくわからないけど、好き!!ってなってしまいました…♡(笑)









にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ


れんちゃんが普段履いてるのはむらさきの恐竜さんの靴下(爪つき)♡

元々は私の靴下のはずなんだけど、嬉しそうにしてるのを見ると可愛くて言えない(笑)

多分、今回左右違うのを履いてたのも、寂しくないように私のを身に着けてるのかなーって♡

れんちゃんは可愛いなー♡

前回日記を書いたのが12月の終わりの5年目最後の日。

日記を書いていない間、れんちゃんに初詣に連れて行ってもらったり、ちょっと遠出をしたり他にも色々あったけど、そこから書くとまたタイミングを逃してしまうので、今回はそれとは別のお話を。




先日、お泊りデートした日。

れん「あのね、お風呂のシャワーがすぐ外れちゃうの…」

夜お風呂に入ろうとしたら、最近、シャワーの接続部の根っこのところが何度も外れて困っていると教えてくれた。

おもち「えー!そうなん?それは困るねえ…。
でもね、おもちちゃんに任せて!直してあげる!」

私もお風呂掃除の度に外れてしまうけど、この前いい直し方を見つけたから!

そう言いながら先に入って直そうとしていると、

れん「れんもね、何度もやってるけど、すぐ外れちゃうよー」

れんちゃんも服を脱ぎながら入ってきた。

おもち「あっ!れんちゃん、寒いんだからお湯が出てから来なさいって言ってるのにー!」

れん「えー…でもぉ…。おもちちゃんも寒いでしょ?」

私が寒いのは別にいいけど、案の定れんちゃんは小鹿のように震えながら私の手元を覗き込んできた。

おもち「もー!震えてるやん!」

急いでシャワーのお湯を出そうとすると、

れん「直ったと思うでしょー?でも、すぐ外れちゃうん…、あれ?」

私の思った通り、シャワーの接続部は無事にはまったようで、お湯を出すことができたけど、れんちゃんにとってはこんなに簡単に直ってしまったことが不思議だったらしい。

おもち「そんなことより、ほら、早くお湯!」

れん「うぅー!寒いねえ…」

震えるれんちゃんにお湯をかけながらぎゅっと抱きしめると、

れん「寒いけどあったかいー!」

嬉しそうに笑ってて、それがとっても可愛い♡

二人で入るときは、最初はこうしてれんちゃんを抱きしめながらお湯を浴びると二人一緒に温まれていいというのはれんちゃんが最初に編み出した方法(笑)


れん「れんがした時はすぐ外れて何回もするのに、おもちちゃんはすごいねー♡どうやったの?」


お湯を浴びながら、どうやってシャワーの接続を直したのか聞かれたから、

おもち「シャワーの接続に、ネジみたいなところあるでしょ?
まずシャワー本体からグレーのネジみたいなところを外して、そこを水道のところに斜めにならないように、慎重に、ぎゅーって力いっぱいねじって取り付けて…」

れん「ねえねえ、おもちちゃん、お風呂浸かる?お湯溜めようか?」

おもち「ん?え?」

れん「お風呂の中洗うからちょっと待っててね!」

シャワーの直し方を説明してたはずなのに、全く聞いていない様子で浴槽の中を洗い始めた。


おもち「……。うん、ありがとうねー♡」


れんちゃんが私の話を聞かないのはいつものこと。

今さら気にしても仕方ない。(笑)

それに、

おもち「れんちゃんが苦手なことは私がすればいいよね♡私ができないことはれんちゃんが何でもやってくれるもん♡」

れん「ねー♡」

私たち二人は苦手なことが正反対だから、一緒にいるのが一番いいという結論で上手くまとめて。

おもち「れんちゃんには私が一番いいでしょ♡」

素直なれんちゃんに言い聞かせるのも忘れず(笑)

れん「うん♡」
 
これからもこの子を守っていこうと心に決めたのでした♡











にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

楽しい時間と会えない間のギャップが大きくて、なかなか日記を書けなかったけど、、

前よりれんちゃんの愛を感じることも多いので、それを忘れないように残していきたいなーと思うのでした。

コメントくださったかたへ。

お返事が遅くなってごめんなさい。
いただいたコメントは二人で読んでいます。
辛いときもコメントに支えられました。
本当にありがとうございました。



5年目最後の日。

記念日には一日早いけど、今日は二人でご飯を食べに行く予定だったけど、何日か前に行きたかったお店が休みということがわかって。

夜はどうしようかと話していたけど結局決まらないまま当日を迎えてしまいました。

れん「どこ行きたい?仕事が終わったら近くのイルミネーションを見に行く?」

おもち「行くー!」

私が企画しても全くいいプランが浮かばず、れんちゃんに言われるまま近くのイルミネーションを見に行くことに。

れん「温かいお茶とおにぎり持参でね!」

おもち「えー!めっちゃ楽しそう〜♡」

イルミネーションが見える場所は私の通勤経路だけど、一度も止まって見たことがなくて、ずーっと気になっていたのでとっても楽しみにしていたら、

おもち「…?」

なんだか違う方向に曲がってそのまま車が進んで行くので、

おもち「れんちゃん?イルミネーションあっちだよ?」

れん「いや、こっちの方が近いから」

おもち「ふーん…。あ、駐車場はこっちじゃないといけないんだね。」

通勤経路とはいえ、いつも通り過ぎるだけだからどこに車を停めたらいいかわからなかったのでれんちゃんに言われるまま外を見ていたら、

おもち「ん?通り過ぎたよ?」

れん「まあまあ」

またしても駐車場まで通り過ぎてしまうれんちゃんを不審に思って聞くけど、教えてくれる気はないらしい。

おもち「…」

ここまで来たら、私にはもうどこに向かうのかわからないし、れんちゃんの行くところに着いていくだけだなあ…。

聞いてもれんちゃんは教えてくれないだろうし…(笑)

道に迷ったらその時にナビして一緒に帰れさえすればいい。

そう思っている間にどんどん遠くに来て、

れん「見て!きれい!」

おもち「わあ…!きれい…!函館みたーい!」

窓の外には遠くまで光が広がって、とてもきれい。

れん「ここにおもちちゃんを連れてきたかったの♡」

夜にここまで来たことがなかったからこんなに綺麗だなんて知らなかった。

また新しく二人でこの土地の魅力を知ることができて嬉しい。

ここにはれんちゃんもいて、二人でいろんなところに行って好きな場所もたくさんできた。

思い出に浸っているうちに着いたのは私が一番好きな場所で。

この時期だけイルミネーションの飾り付けがされていて、いつもとは全然違う雰囲気で、音楽が流れていて、綺麗な景色を見ていたら自然と涙が出てきて、れんちゃんに笑われてしまった。

二人でいられること、それが本当に幸せで、

おもち「来年も再来年も来たい。毎年二人で」

れん「いいね、毎年行こうか」

自然とこれからのことを話せるのも嬉しくて。

毎年毎年、これ以上幸せなクリスマスはないんじゃないかと思うけど、それでも今年が一番幸せだと感じる。

れんちゃんのおかげだね。

いつも愛をくれてありがとう。

これからも愛を深めて行こうね♡



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

色々なことがあった5年目だったけど、明日からは5年と1ヶ月が始まる。

また1日1日、愛し合って思いやりを大切に過ごしていきたいと思います。

遅くなりましたが、やっとお返事を公開にすることができました。
ここまでこれたのは日記を書いてない間も見に来てくださったかたや、気にかけて声をかけてくださった方々のおかげです。
ありがとうございました。

このページのトップヘ