FX初心者のための自動売買注文値発生ソフト (4本値入力簡単ソフト)

FX初心者様、中級者様、そして負けが続いているトレーダーの方々のために待望ソフトを提供致します。Excelソフトに4本値(始値、高値、安値、終値)を入力するだけでその日の買い又は売りの注文値が発生します。あとはその注文値で注文を出しお取引するだけの簡単ソフトです。煩わしいチャートを一切見る必要がありませんので、特にFX初心者の方には心強いアイテムです!

FX 初心者 注文値発生ソフト! モニター価格で格安発売開始!! 

「円高!」や「円安!」と騒げば騒ぐほどどんどん勝てるオリジナルソフ
です。
このソフトでは連日見事な勝率をおさめております。


 



FX初心者・中級者のための売買注文値発生ソフト
(4本値入力簡単ソフト)




●4つの数値(始値、高値、安値、終値)をエクセルソフトに入力するだ

勝てる注文値がポン!と出ます。そしてその注文値通り注文を入れ
、約定されれば約9
5%以上の確率で勝てる!という簡単ソフトです。
特にFX初心者様、中級者様には有望で心強いソフトです!
 

●通貨ペアは【米ドル/円】をお渡し致しますが、スプレッド値を変更する
だけで全ての通貨ペアに対応します。
●利益確定値も入れておけば勝手に手仕舞いし自動取引が出来ます。
 
●画像は実際のソフトの様子ですが、単純な4つ入力値から複雑な演算
(本当に複雑な演算)を行い、注文
を出しても勝てないような場面では
【×】を表示(この時
は取引を休んで下さい、無理な取引は負けの原因で
す)、また【買い時】、【売り時】に
は演算処理後の注文値が発生します。
その注文値を
出しておく、というものです。


BlogPaint


●毎朝取引開始前に数値入力をするだけで作業時間は約3分程度です。
 
●また複雑なチャートやローソク足、MACD、スローストキャストなどのオ
シレーター指標は一切見る必要が
ありませんので何も考える必要があり
ません
(実際は
ソフトの中で入力された値から演算しMACD、スロー
ストキャストなども踏まえて【注文値】や【×】を判断させています。
 
FX取引の初心者の方、多忙な会社員の方、家事で忙しい主婦の方、そ
の他全ての投資家様
にお勧めです!僅か3分程度で迷うことなく注文が
出せますので
会社出勤前などでも十分マーケットに参加することが可能
です。
 
●今回のこのソフトが出来上がるまでには数年間掛かってますので、購入
された方はきっと満足されること
と思います。
 
何事にも云えますが、リスクを取れる人はどんどん成長していきます。リ
スクを取らない・取れない
人は凡人のまま生涯を終えてしまいがちです。
このソフトを切っ掛けに”自由なお金”と”自由な時間”がご提供出来れば
幸いと思います☆

●49,800円で提供していましたが、景気低迷を考慮して今回はモニター
価格としてお求め安い価額とさせて頂きます(2,980円)。


注意:お渡しするエクセルソフトにはある時期までのデータが既に入力されております。
購入後はご自身でお取引されているFX業者、若しくはwebからのデータをエクセルソフトに
貼り付けしなくてはなりません。非常に簡単ですが念のためお伝えします。
また、不明点はご購入後にメール頂きたく思います。



【 ↓ ↓ ↓ ご購入はこちら ↓ ↓ ↓ 】

FX初心者・中級者のための売買注文値発生ソフト(4本値入力簡単ソフト)





対応決済サービス
 

【投資に係るリスクおよび手数料について】

当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことが
ありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。


【特定商取引法に関する表記】

販売価格 2,980円(税込み) 
商品代金以外の必要金額は必要ありません。
商品の引渡し時期 代金決済完了後インフォカートのページより
ダウンロード(PDFファイル)
商品の引渡し方法 インフォカートのページよりダウンロード 
支払い方法 クレジットカード決済, 銀行振込
返品・返金について 商品が情報という特性上、返品および返金には応じられません。
販売者
所在地 〒
連絡先 電話番号:
電話対応は行っていませんのでご了承願います。
お問い合わせは、電子メールにてお願いいたします。
電子メールアドレス:
販売ページURL:
http://blog.livedoor.jp/renzo6/
ソフトウェアを使用するための動作環境
 ・OS   : Microsoft Windows XP,Vista
個人情報保護について
個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護法をはじめとする個人情報に関する
法令およびその他の規範を遵守します。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で取り扱い・保管いたします。
また、お預かりした個人情報は、法律に基づき要求された場合、
あるいは当方の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、
第三者に提示することはありません。

      Copyright (C) four-Value-FX All Rights Reserved.

◆MT4,MT4モバイルが魅力!原油・貴金属も取引可能な ODL JAPAN

今年に入ってから少しずつ認知度を上げてきたODL JAPAN。私も今年秋にMT4を採用してみようと勉強中です!

◆年間の損失も繰り越せる!サラリーマンは知らなきゃ損する【損失繰越・税金優遇】!クリック365のFX業者徹底比較!

【損失繰越】【税制優遇】のくりっく365FX業者。サラリーマンの方なら絶対に得する必須の知識です。くりっく365とは、一般の相対取引FX業者と取引環境が異なります。システムも独自のものを使っているので少し慣れが必要ですが税金面の優遇や損失繰越は他の業者にはない圧倒的有利な条件なのでサラリーマンの方であればくりっく365を使うだけで数万から数十万程度、利益が大きくなれば百万単位、年間の利益で有利になります。実際私もサラリーマン時代にくりっく365を使い始めたのですが、最初半年ぐらいは「くりっく365って何?」と面倒で調べておらず後になって「もっと早くくりっく365に変更しておけば・・・」と後悔した経験があります・・税金ってそんなに変わらないだろ、と思っていたら確定申告のときにもしくりっく365だったら・・計算して愕然としたわけですね。


くりっく365のことについて詳しく知りたい方は、業者が発行している資料のなかでも非常に詳しくわかりやすい為替ライフの資料を取り寄せて実際に検証すると良いと思います。資料は無料なのでお休みの日にじっくり読むと良いでしょう。→「為替ライフ」くりっく365の仕組み


さて、ではまずくりっく365最大のメリット、「税制面の優遇」を書いていこうと思います。その前にデメリットが一点ありますが、くりっく365に登録しているFX業者は取引所に対して登録する費用を支払っているため、手数料無料にはなっていません。ただ、キャンペーンなどで手数料が安くなっており、税金とトータルで考えると【所得額】が大きくなればなるほど圧倒的に有利になります。

(FXの利益額ではありません。給与所得などと合算した総所得です。)

上の表を見ると「自分の給与所得+FXの利益」が330万円を越える人ならくりっく365の業者でないと税金面で損しているということがわかるかと思います。
しかも実はFXの取引における「手数料」は「経費扱い」ですので手数料がかかることのデメリットはそれほど大きくありません。しかし税金は上記のように所得に対して容赦なくかかってきますのでご自身の給与所得を考えて、賢く業者を使っていく必要があると思います。またくりっく365のもう一つのメリットは損失繰越ができること。FXにおいては経験を積むほどリスク回避がうまくなり、利益も出るようになります。しかし現実には利益を出す前に損失が大きくなってしまい、退場する人もおられます。そして仮に2,3年取引してようやく利益が出ても、それを税金で取られてしまい、せっかく利益が出たのに意気消沈ということにもなりかねないわけです。それを防ぐのが「損失繰越」。わかりやすく考えるために例を挙げてみましょう。

例えば年収500万円のサラリーマンの方がFXを行って下記のような成績だった場合の税金を見てみます。(わかりやすくするために給与所得控除や年末調整はなしとします)

 1年目の利益:-300万円
 2年目の利益:+150万円
 3年目の利益:+150万円


もし上記の成績でくりっく365以外の業者を使っている場合FXの利益に対してかかる税金は

 1年目:なし
 2年目:年収+150万=650万→税率30% →150万の30%=45万円
 3年目:年収+150万=650万→税率30% →150万の30%=45万円

つまり3年間トータルでは成績がトントンなのに、税金は90万円も持っていかれてしまう、という計算になります。税金を含めると3年間の成績は-90万円ということになってしまいますね。ではこれがくりっく365の業者であればどうなっていたのかを見てみましょう。くりっく365の場合、1年目の損失を翌年以降3年間繰り越せるので、

 1年目の利益:-300万円
 2年目の利益:150万円-300万円= -150万円
 3年目の利益:150万円-150万円= 0円


つまり2年目の利益は前年の300万円の損失のうち150万円分を繰り越して帳消し。3年目の利益も残った150万円の損失を繰り越して帳消しにできるというわけです。そうするとどの年も利益は出ていないことになりますので当然税金は

 1年目:なし
 2年目:なし
 3年目:なし

となります。同じ成績なのに、くりっく365を使っていない場合90万円も持っていかれ、結果的に3年間で -90万円になるのに対し、くりっく365ではトントン。
ここで同じ成績にもかかわらず、90万円も差が出ることになります。ついつい目先の利益のことばかり考えてしまいがちですが税金で取られてしまえばせっかく出した利益も無駄になります。このようなことがあるので、気づかなかった人たちは年末に初めて税額を知って脱税などに走ってしまうようですね。または確定申告をしない人たちもいるようです。しかしここ2年ほど急速にFXに対する税務調査などが活発化しているようですから利益が出た場合はきちんと税金を納めるようにしましょう。確定申告は面倒ですが一度慣れてしまえばそれほど難しいものではありません。ちゃんと申告さえしておけばやましいこともなく堂々と投資できるのですからヒヤヒヤしながら毎日を過ごすより、今後も長い間資産運用をすることを考えてしっかりと払うものは払っておきましょう。

そして上記のように公で認められた取引所を使うことで税金面の優遇や損失繰越という投資家向けのメリットが受けられるわけですからそういう業者を使って取引していけばこちらもオトクなわけです。ちなみに税務調査に入られたブロガーがすでに出ています。「為替やってますよね?」といきなり税務調査がきます・・・こうならないためにも気をつけておきたいところですね。では早速くりっく365FX業者を比較していきます。まずは私がメインで利用しているスター為替から。

スター為替(不動のメイン口座)
・初回入金・・・設定なし
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・約30倍
・ロスカット・・30%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
私のメイン!不動の一位です。手数料もキャンペーンで頻繁に安くなり、常にくりっく365で最も安い水準をキープしています。電話で問い合わせをしても非常に対応が良く、総合的に安心感抜群の会社という気がしますね。また独自システムを新たに採用したことで、くりっく365のなかでもトップの使い勝手となりました。システムの強さという面でもサーバが落ちたことはないので非常に信頼感をおけるFX業者です。>>>スター為替(スター為替限定キャンペーンも行っているようです。)


為替ライフ(メイン2)
・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・189円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・30%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
全体としてバランスが優れている業者。手数料も安いです。最初に取引するにはとても安心感があると言えると思います。面白いのは「元為替ディーラー3人が書くブログが見れること」コメントなどもできますので、色々質問をされると知識も深まります。為替ライフの資料はわかりやすくてとても参考になるので
資料だけでも読んで見られると良いかと思いますしスター為替と併用することで、建玉管理や両建てなどフレキシブルに対応できるためメイン2として持っています。初めてくりっく365で口座を持つならこれら2つを持っておけばシステム面、情報面、手数料すべてにおいて安心ですね。>>為替ライフ


インヴァスト証券(サブ)
・初回入金・・・設定なし
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・30%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
くりっく365のなかでも初期から参加している安心業者。キャンペーンなども多いのでサブ用として持っている口座です。現在トレール等もできるようになったので、上記のメインが使えないときや建玉が増えたときの建玉管理用口座として保有しています。>>インヴァスト証券
※現在口座開設した方限定で「税金ガイド」プレゼント中!


ばんせい証券
・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・20%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
手数料がくりっく365で最も安い水準。建玉管理の観点からくりっく365では2つ口座を持っていることがベストですが、手数料が安いということはとても助かります。>>>ばんせい証券


ひろぎんウツミ屋証券
・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・280円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・50%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
ひろぎんウツミ屋証券独自の情報ツール「TFX情報ツール:りある@くりっく」を装備。au、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのいずれでもアクセス可能な体制。ひろぎん、ウツミ屋ともに歴史もあるため基盤が万全です。>>>ひろぎんウツミ屋証券


コスモ証券・初回入金・・・4.5万円
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・コースによって様々
・ロスカット・・コースによって様々
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
業界初の翌割、ダブル翌割など独自の手数料体系がポイント。一人一台のパソコンを操作する体験型セミナーを開くなど初心者には安心の業者と言えます。>>>コスモ証券


リテラクレア証券・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・20%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
新しく参入した業者だけに今後どのように充実していくかが見物。現在はもっと良い業者があるので、しばらく状況を見るのが良さそうです。>>>リテラクレア証券


☆総合評価☆

一番は信頼感と総合力で安心して取引ができる上に、手数料も最安水準のスター為替情報量も豊富で独自システムも安定感があり、総合力はくりっく365で最強。私もメインで利用しており、自信を持ってオススメできる業者です。
そしてメイン2として利用している為替ライフサブ口座用としてオススメなのは安心感のあるインヴァスト証券この3社で口座を持てば税金も抑えられる上に使い勝手も完璧です。巷には手数料無料のFX業者がたくさんありますが、確定申告において手数料は経費として扱われますから手数料があることはデメリットにならないのがポイントですね。また3社ともくりっく365最大の利点、損失繰越もできますのでイザ損をしても繰越できて翌年の成績と合算できるため(損はしたくないですが)初心者の方でも安心なのが特徴。長い目で取引すればダントツで有利です。また唯一くりっく365で残念なのが、建玉を指定して決済できないこと。つまりどのポジションを決済するか指定できません。ですので私は
その解決方法として複数口座を持って対処しているわけです。くりっく365で最低2つ、できれば3つ持てばかなり有利になります。その都度違う口座で持てばかなり融通がききますので。FXは資産運用です。短期間で高額の利益を上げようとせず、冷静に計算してロングレンジで運用する心構えが大切です。そういった意味からもくりっく365業者、特に上位3社は安心して長く付き合っていける業者だと思います。サラリーマンの方は先ほどの表を見て、自分の総所得がどのくらいになるのか、その場合の税率はどれが適用されるのを確認して、トータルで考えると良いでしょう。

メイン口座>>>>>スター為替
メイン口座>>>>>為替ライフ
サブ口座>>>>>インヴァスト証券

◆勝てないのは業者のせい? FX業者変更で勝率UP!知らなきゃ損するFX業者比較&活用方法!

FX取引において私が現在利用しているFX業者を紹介します。色々と比較検討してみた結果、用途別に利用してより簡単に利益をだせるようFX業者ごとの特徴を最大限に活かすよう工夫して活用しています。業者の内訳は用途別に徹底して良い条件のところを選ぶようにしていてそれゆえに少し多くなっていますが、参考にしていただければ幸いです。使い分けは以下のような形で行っています。

仝朕邑座用(税制優遇)
∨/邑座用(ドルストレート用・コスト・安全性・信頼性重視)
情報取得用(情報の濃さ・配信頻度・活用性を重視)
な析用(チャートの使いやすさ、カスタマイズのしやすさを重視)


私は本業で会社を経営しているので、一応個人・法人両方で口座を持っています。個人は所得税を考えるとくりっく365しかないという判断で,呂りっく365の業者を利用。ただしドルストレートがないため、その点がくりっく365のデメリット。それを補う意味で法人口座でドルストレートを取引できる業者に口座を持っているわけです。サラリーマンの方であればコスト重視の▲疋襯好肇譟璽藩を持っておくと良いですね。さらに情報取得に関しては、「無料で」「速報性があり」「正確な」「使える」情報が条件。情報は時に決定的要素となることもあり、速報性や正確性、そして無料であることはとても重要だと思っています。情報取得用は取引用以上に大事かもしれません。最後にな析用。こちらはチャートの機能優先ですね。入金しておかないと使えないところもあるのですが、
個人的にはデモを使う程度でも良いのではと思います。

それでは以上の分類にしたがって、現在使っている業者を紹介します。少し長い文章になりますが、それだけ業者選びは徹底して条件を比較し、厳選して使っています。取引経験や取引方法にかかわらず利益に直結するためFX業者を徹底的に比較・厳選することは最重要項目と考えています。

ではまず仝朕邑座用(税制優遇)から。

■個人口座用(税制優遇の業者)
-1 スター為替
-2 為替ライフ

不動のメイン口座がこの2業者。FXの税金を考えると、くりっく365でないと損してしまいます。今自分の年間所得がいくらかご存知だと思いますので、その数字を大体で出してみて下さい。300万とか、400万ぐらいとか、500万ぐらいという感じでOKです。実はFXの利益は雑所得となるため、年間所得が300万以上の方、つまり給与所得が年間300万以上であれば、税金面で確実に不利になってしまいます。↓

(FXの利益ではありません。給与所得と合算したものが【所得額】です)

この表を見てもわかるように、「FXの利益+給与所得」>330万円となった時点で通常の取引業者だと10%も税金を余分に取られるということです。さらにくりっく365は3年間の損失繰越がある点が最大のメリット。特に初心者の方は最初の1年、2年は取引がうまくいかず大きな損失を出してしまうこともあるでしょう。その損失を未来に繰り越すことができるわけです。わかりやすく考えるために例を挙げてみましょう。例えば年収500万円のサラリーマンの方がFXを行って下記のような成績だった場合の税金を見てみます。(わかりやすくするために給与所得控除や年末調整はなしとします)

 1年目の利益:-300万円
 2年目の利益:+150万円
 3年目の利益:+150万円


もし上記の成績でくりっく365以外の業者を使っている場合、FXの利益に対してかかる税金は

 1年目:なし
 2年目:年収+150万=650万→税率30% →150万の30%=45万円
 3年目:年収+150万=650万→税率30% →150万の30%=45万円

つまり3年間トータルでは成績がトントンなのに、税金は90万円も持っていかれてしまう、という計算になります。税金を含めると3年間の成績は-90万円ということになってしまいますね。ではこれがくりっく365の業者であればどうなっていたのかを見てみましょう。くりっく365の場合、1年目の損失を翌年以降3年間繰り越せるので、

 1年目の利益:-300万円
 2年目の利益:150万円-300万円= -150万円
 3年目の利益:150万円-150万円= 0円


つまり2年目の利益は前年の300万円の損失のうち150万円分を繰り越して帳消し。3年目の利益も残った150万円の損失を繰り越して帳消しにできるというわけです。そうするとどの年も利益は出ていないことになりますので当然税金は

 1年目:なし
 2年目:なし
 3年目:なし

となります。同じ成績なのに、くりっく365を使っていない場合90万円も持っていかれ、結果的に3年間で -90万円になるのに対し、くりっく365ではトントン。ここで同じ成績にもかかわらず、90万円も差が出ることになります。ついつい目先の利益のことばかり考えてしまいがちですが税金で取られてしまえばせっかく出した利益も無駄になります。これがくりっく365を仝朕邑座のメインとして利用する最大の理由です。

くりっく365のなかでもスター為替為替ライフを使う理由は以下の通り。

-1 スター為替
・独自ツールのが使いやすいこと
・くりっく365最強のシステムであること
・サーバーの安定感があること

-2 為替ライフ
・手数料が常にくりっく365で最安値水準であること
・元為替ディーラーのブログ等独自情報があること

この2社をメインにしているのは「建玉管理」を強化するため。
くりっく365はポジションを持つと全部合算されてしまいますので
管理が難しいというのもデメリットの一つです。

税金面の利点を考えると取るに足らない小さい欠点ではありますが、
やはり徹底的に使い勝手や利益を出しやすい方法を追求すると、
くりっく365で最低2つ(私はサブのインヴァストを加えて3つ)持つと
利益を出すためのポジション管理がかなりしやすくなると思います。

私も最初は1つだったんですが、2つに増やしてその違いを感じましたので
現在はサブ(何かあったときの念のための口座として)3つにしています。
ですので最初は税制優遇の個人口座としては2つで十分かと思います。

というわけで私の仝朕邑座(税制優遇)は不動の2つというわけです。
-1 スター為替
-2 為替ライフ

では続いて∨/邑座用(コスト・安全性・信頼性重視)。
私は法人口座にしていますが、サラリーマンの方なら単純に
「ドルストレート用」として持っておくと良いと思います。

■ドルストレート用・コスト・安全性・信頼性重視
-1 FXブロードネット
-2 FXプライム
-3 ひまわり証券

3つも持っているのは法人口座ということで安全性・信頼性を確認したかったため。個人の方であればドルストレート用なので1つで十分です。余裕があれば2つにしておいて指標発表時にサーバーが重くなったときに困らないようにしておくと良いでしょう。上記3社はそれぞれ特徴がありますので以下にその特徴を挙げていきます。

-1 FXブロードネット
FXブロードネットはなんといっても業界最強の低コスト。スプレッドが1を切っている通貨ペアもあるので通常時は最強。ただデメリットが2点あります。1つはツールがまだ発展途上なこと。そして2つめは指標発表時などに重くなってしまうこと。重要指標発表時は相場に材料視されれば大きく動くチャンスだけにサーバが重くなって思うように操作できないとストレスが溜まるばかりか実際に損失を生むことにもつながりかねません。
それを回避する意味でFXプライムひまわり証券を持っているわけです。

-2 FXプライム
FXプライムのシステムはIBMが手がけていて、安定性は業界でもトップ。重要指標発表時でもびくともしないシステムは、他業者ではなかなか見られません。
そのため重要指標発表前などはFXプライムを使うことでせっかくのチャンスを逃さないようにするわけです。特に米雇用統計時は最も動くといっても過言ではないので、他業者を使っているトレーダーと明確な差がつくためオススメです。

-3 ひまわり証券
ひまわり証券はリスク管理への姿勢・考え方がすばらしい業者。法人口座は会社の姿勢や安心感重視だったので口座を作りました。上記2社で取引できない事態があれば使うサブ口座として保有しています。というわけでドルストレート用にコスト・安定性・信頼性重視で利用しているのは

-1
FXブロードネット
-2 FXプライム
-3 ひまわり証券

この3社。個人の方であればFXブロードネット1社でも十分ですし、指標時に取引する機会が多いのであればFXプライムも持っておくと利益を出す機会が飛躍的に広がると思います。続いて情報取得用(情報の濃さ・配信頻度・活用性を重視)情報はいかに早く正確な情報を手に入れるかで勝負が決まります。
指標発表後の結果を知りたいときに時間がかかってしまっては売買の判断が遅れてしまい、その間に数千円ロスすることはザラ。ですので情報取得用業者は必須かと思います。

■情報取得用(情報の濃さ・配信頻度・活用性を重視)
外為どっとコム

とにかく情報の質・量・速報性がピカイチ。さらに内容の濃いレポートが充実。
指標後の結果も最も早く手に入るため気づいたら6年間ずっと使い続けています。中でもいくつか使いやすいツールがあるので紹介しておきます。

・ニュース速報・・・指標後や相場の状況などワンポイントを知るのに便利・バロンズ拾い読み・・・ダウが出す投資情報誌の内容を要約したレポート・リッパーマーケット・・・ファンダメンタルズ・テクニカル両面の分析が見れる・WAMGレポート・・・各通貨のテクニカルに重点を置いたレポート

このほかにもかなり多くのレポートやニュース配信があるのですがあまり情報ばかり手に入れても仕方ない部分もあるので、自分の好みの情報だけピックアップして使うと良いと思います。さらにこれらの情報、口座開設すれば入金しなくても見れます。外為どっとコムさんには申し訳ないなと思いつつ・・1000通貨ペアで取引される方は取引にも使われると良いでしょう。ということで情報取得用は外為どっとコムに勝る業者はありません。情報次第で損する可能性、入金なしでも見れるメリットを考えると持っておかないと損といえる業者であると思います。外為どっとコム

な析用(チャートの使いやすさ、カスタマイズのしやすさを重視) 分析用はチャートが命。チャートがどれだけ使いやすいか、カスタマイズは容易か、という点を追求して使っています。最近色々なチャートが出てきていますので今後も随時新しいものを使ってみて試していきたいと思います。

■分析用(チャートの使いやすさ、カスタマイズのしやすさを重視)
-1 AFT-FXダイレクトトレード
-2 アストマックスFX

-1 AFT-FXダイレクトトレード
AFTはプロも使用しているカスタマイズ性抜群のGFTチャート。ただAFTは口座にお金を入れた状態にしておかないと使えません。以前はGFTチャートを使える業者が少なかったので私は今も使っていますが今はその本家GFTがデモプログラムを提供しています。ですので今からGFTチャートを使いたい方はデモで十分。取引は税金とかコストを考えると上記の業者のほうがメリットがあるので
チャートはデモで十分でしょう。余計なお金を預けるのはもったいないと思います。※デモは申請すればすぐに使えます→GFTソフトウェアデモ

私が日々書いているテクニカル分析などもGFTチャートによるもの。自分がトレードしやすい時間軸や日々の生活リズムなどに合わせて自分流にカスタマイズして使うと、相場を見る目が飛躍的に伸びると思います。なるべく色々なテクニカル分析を試してみると良いでしょう。

-2 アストマックスFX
最近使い始めた市場予測ソフトウェア「PUCK Tools」を無料提供している業者。※市場予測ソフトウェア詳細は動画がわかりやすいです↓


東京工業大学と共同開発された市場予測ツールなのですが、これがなかなか秀逸。市場が安定しているのか、それとも不安定になってきているのかが一発でわかります。もちろんこれが全能とは思いませんが、少なくとも現在の相場が大変動しやすいのか、それとも安定的で落ち着いた相場なのか、という状況把握ができるため、「危険そうだな」と思うような場面で無茶なポジションを取らずにすみます。感覚は天気予報に近いでしょうか。1週間後の相場を当てるわけではありませんが、「今九州方面に台風があるから、明日明後日に予定していたキャンプを延期しよう」とかそういうイメージで使える優秀なツールです。相場で勝ちたいと思うと、つい未来を知りたくなるのが人間だと思いますが、少なくとも私がFXを6年間やってきて思うのは、現在を知ることが重要ということ。このツールを使えば現在の相場にあるリスクを知ることができ、それが結果的に将来のリスクを考えるきっかけとなるわけです。今年2月から使用しているのでまだ2ヶ月ほどですが、事前に危険が把握できる点、それが視覚的にわかりやすく表示される点が非常に使いやすいため個人的には今後GFTチャートと併用してより精度の高い取引をしたいと思っています。

というわけで分析用は以下の2つです。GFTチャートはデモで良いでしょう。
-1 AFT-FXダイレクトトレードGFTデモで十分)
-2 アストマックスFX

長くなりましたが以上が私の使っている業者です。これまで上記のほかにもいくつかの業者を使ってきましたが、それぞれのメリット、デメリットや重複するところなどを考えて絞ってゆき今の形に落ち着いています。法人で持っている分多いのですが・・

FX業者は本来であれば2つ、3つ程度が最も良い数だと思います。ただ現状それぞれの業者にメリット・デメリットがあるために、残念ながら「ここが完璧な1社だ!」という状況にはなっていません。しかし現実には利益を出すためにより良い条件で取引したほうが有利なわけでそのためにいくつか業者を併用して、利益率・勝率を高めていくことが必要なわけです。ただし資金量が少ない場合は、業者を分散させるとデメリットが出る場合も。そのため一般的なサラリーマンの方で資金量が少ない場合、多い場合についてそれぞれオススメの組みあわせを以下に挙げておきます。

■資金量が100万円未満の場合(●入金要 ●入金不要)
100万円未満の場合は分散させることで各口座のレバレッジが上がってしまうので
口座を少なくするか、1000通貨にするかという選択が現実的かと思います。
オススメは以下の組み合わせ。これだと入金は取引口座の´△里澆任垢澆泙

-1 スター為替 (税金対策とクロス円用)
-1 FXブロードネット (ドルストレート用。1000通貨取引も可能)
外為どっとコム (口座開設のみで入金なしでも情報は見れる)
-1 GFTデモ (AFTだと入金が必要なのでデモで十分)
※予測ツールを使うなら-2 アストマックスFX(ツールは5万円預けておけばOK)

まず税金を考えるとくりっく365は必須なのでスター為替を。そして1000通貨でも取引できるFXブロードネットはコスト面で最強。情報は口座開設すれば入金はしなくても情報が見れる外為どっとコム。チャートはGFTデモで十分。入金しなくても使えるものを最大限に使えば実質入金するのは,鉢△世韻悩僂爐海箸砲覆蠅泙后しかも△1000通貨でもいけるので資金が少ない場合は特に重宝すると思います。もし市場予測ツールを使いたいのであれば最低入金額の5万円を貯金感覚で入金だけしてアストマックスFXを使ってもよいと思います。
資金投入の割合は「スター為替:6、ブロードネット:4」程度で良いと思います。

■資金量が100万円以上300万円未満の場合(●入金要 ●入金不要)
ある程度資金があればくりっく365も建玉管理のために2つ持っておくと便利。
その他は上記と同じ組み合わせで良いと思います。

-1 スター為替 (税金対策とクロス円用かつ建玉管理用)
-2 為替ライフ(税金対策とクロス円用かつ建玉管理用)
-1 FXブロードネット (ドルストレート用。1000通貨取引も可能)
外為どっとコム (口座開設のみで入金なしでも情報は見れる)
-1 GFTデモ (AFTだと入金が必要なのでデモで十分)
※予測ツールを使うなら-2 アストマックスFX(ツールは5万円預けておけばOK)資金投入の割合は「スター為替:4、為替ライフ:3ブロードネット:3」程度。
取引したい通貨ペアに合わせてブロードネットを4でも良いと思います。


■資金量が300万円以上の場合(●入金要 ●入金不要)
資金量が300万円を越えるとある程度余裕が出てきますので、取引したい通貨ペアや指標時の安定性なども考えて業者を多くしても良いでしょう。特に500万円を越えるのであれば上記全てでも良いと思います。さらに市場予測ツールはこれぐらいの資金量があれば是非使いたいところ。

-1 スター為替 (税金対策とクロス円用かつ建玉管理用)
-2 為替ライフ(税金対策とクロス円用かつ建玉管理用)
-1 FXブロードネット (ドルストレート用。1000通貨取引も可能)
-2 FXプライム(ドルストレート用。重要指標発表時用)
外為どっとコム (口座開設のみで入金なしでも情報は見れる)
-1 GFTデモ (AFTだと入金が必要なのでデモで十分)
-2 アストマックスFX(ツールは5万円預けておけばOK)

資金配分はこの資金量になるとお任せしても良いと思いますが、くれぐれもレバレッジが高くならないように配分すると良いと思います。特に´△呂修譴召譽瓮ぅ鵝▲汽屬魴茲瓩同人僂垢襪肇戰好箸任后

以上が現在私が使っている業者と、オススメの組み合わせです。業者が多くても入金が必要ないものもあるため、実質入金して管理するのは少ないということがわかっていただけたかと思います。特にチャートや情報は取引をする上で非常に重要なものなので良い業者を使いたいわけですが、そうなると税金面で不利になる。それを補うようにするのが上記の組み合わせとなります。

FXの世界はプロでも素人でもほとんど同じ土俵に立っているといえます。それだけにいかに有益なツール、情報を使うかで勝率、利益率が変わり、毎日の積み重ねが大きな利益の差となって出てくる世界です。業者を変更する手間は確かに面倒なことですが、1度見直しをかけることで毎日500円、1000円分程度の差は明確に出てきます。それが1年になると10万円、下手をしたら50万以上差が出ることも。税金面や損失繰越などは特に顕著で、くりっく365を使わないと税金だけで損します。ですので休みの日などを利用して今使っている業者を時々見直して、常に利益が出やすい環境を整えることも、普段の取引以上に大事かと思います。

◆知ってる人は知っている!チェックしておきたい税金と損失繰越

以前メルマガで書いたことの繰り返しですが今年も半分が過ぎていますので、
自分の損益状況や月ごとの利益ペース、利益or損失の額等が把握できるころです。今後相場がどうなるかはここでは置いておいて、この半年で利益が出ている方は税金を、損失が出ている方は損失繰越等を考えて残り半年の戦略を立てる必要があります。以前記事で書いたように、私もFXを始めた2002年に大損を経験。当時は「くりっく365」がありませんでしたので当然損失繰越なんてできずに終了。そして翌年2003年は利益が出たものの税金だけで数十万を持っていかれるハメになり2年間トータルでは利益が出ているのに、税金を引かれてマイナスということになりました。これがもし今のようにくりっく365があって2002年の損失を繰越できていれば2003年の税金は払わずに済んだわけで手元には数十万の利益が残ったわけです。ですのでこの半年で利益が出ている方はどの程度の税金がかかるのか、また損失を出している方でくりっく365以外の業者を使っている方はもしこのまま損失を出し続けたら、損失繰越をする場合と今のままで行く場合、どの程度の差が出るのかを確認されると良いと思います。普段は日々の取引に集中しているためこの手の計算は後回しになりがち。そして年末になって始めて

「こんなに税金取られるのか・・」
「損失繰越しておけば来年ラクになったのに」
「昨年損失繰越していれば税金ゼロだったのに」

等等に気づくというパターンも多いと思います。せっかく日々利益を出していても、年末になって始めて気づいていたのではその利益もムダになりかねません。
私は法人として顧問税理士さんがついているので今はこういったことも任せしてしまってるわけですが、サラリーマンの方ならそこまでしなくても自分の毎月の給料や給与所得控除等、大まかな数字を知るだけでも把握できます。

税金は投資をする以上利益が出れば納めるものですし必要な出費として捉えておくことも大事なことですが利益が出ている方は自分の所得額だと税率はいくらか、このペースなら税額はだいたいいくらかは1時間もあれば十分シミュレーションできると思います。またこの後も損失が出る可能性がある場合は損失繰越をしておけば、翌年利益が出ても損失分を引いて消すことができますし、節税の仕組みが用意されているわけですから使わないともったいないことになってしまいます。ですので週末の時間があるときにこの点についてシミュレーションしてみて、どの方法が中長期的に最もトクなのかじっくり考えて見るのも良いと思います。税金について知ることはこれから長い間投資をする上でも役に立ちますしトクはしても損することはないと思います。

◆円高でこそ勝てる取引方法&分析方法を初公開! スター為替「くりっく365」キャンペーン開始!

今回は初めて「為替見習のFX独自レポート」というものも書き、自分の取引方法、分析方法、資金管理、円高で勝つ方法などについて、自分が普段取引を行う際に考えていることなどを詰め込みました。FX歴ももう6年目に突入し、幸いにして最初の1年以外は利益を出してこれていますがその際に試行錯誤したり、失敗を修正したりして蓄積されてきたものをレポートにそのまま書いたつもりです。

その内容は・・・・「為替見習のFXブログ」特別レポート秘密を公開?負けない取引の秘訣

-目次-

・はじめに・・・「レポートについてと、為替見習の正体?について」

(1) 為替見習の頭の中
1-1 日々のトレードを行う前に
1-2 資金管理
1-3 レバレッジの考え方

(2)為替見習の分析
2-1 分析の際に用いるテクニカル分析
2-2 データの重要性と活用方法
2-3 建玉ごとの管理

(3)為替見習のトレード・・のヒント

・最後に・・・「日々淡々」


普段ブログにはある程度資金管理やレバレッジの考え方、そしてドル円等の節目情報などテクニカル的な部分についても掲載していますがこのレポートでは自分の過去の経験や試行錯誤したり失敗を修正するなかで【損をしない取引】【負けない取引】【円高でこそ勝つ取引とその準備】をするにはどうしたらいいかというところに焦点を当てて書いたつもりです。このレポートを取引の参考にしていただいて、読んだ方それぞれが、なんらかのヒントを得たり、利益を出す近道を見つけてもらえればと思っています。レポートの内容はブログよりも少し厳しめに書いていますが、「誰でもカンタンに〜できますよ」的なやさしい書き方より「厳しいけど本気で勝ちたいなら本気で臨め」といったように読む人のためを思えば厳しく書くほうがあとあと響くと思って少しブログとは違う空気で書きました。ですので過剰な装飾等は一切入れずお堅い内容となっていますが・・自分は今のところ幸いにして勝てていますが、その裏では自分に対して厳しく接し、投資を「カンタンに勝てるもの」ではなく「真剣に時間と労力をかけた人が、その結果勝てるもの」と肝に銘じて日々自分の取引の小さいミスなどを修正し常に取引を磨くつもりで臨んでいます(これが見習と名乗る理由ですが)研究したり深く掘り下げる作業は個人個人で差が出ますし掘り下げ方などもそれぞれに手段は違うと思いますが、この1冊のレポートが何かのヒントとなり、きっかけとなり努力を続けるモチベーションとなれば幸いです。

最後に税金面の確認をしておきますが、くりっく365に参加しているスター為替は【所得額】が大きくなればなるほど圧倒的に有利になります。
(FXの利益額ではありません。給与所得などと合算した総所得です。)


※つまり「年間の給与所得+FXの利益」>330万円 となった場合、
くりっく365以外の業者を使っていると税率が30%になるわけですね


今はまだ所得総額が大きくない、という初心者の方でも後々利益が出てくれば税金面の差が圧倒的な差となりますし、サラリーマンの方であれば所得額が大きくなると思いますのでくりっく365だけの税制優遇は必須条件かと思います。

また、損失繰越があるのも大きなメリット。FXにおいては経験を積めば積むほどリスク回避がうまくなります。しかし現実には、利益を出す前に失敗して退場する人が多いです。そういった意味で、3年間損失繰越できるということは今損していても後々利益が出たときに以前の損失と合算できますから税金面でもかなり有利なうえ、精神的にも安心感が違います。年度別の報告書もしっかり送ってきてくださるので確定申告時も国税庁のHPを見るだけで十分できますしね。以上の理由から個人的にメインにしています。

さらに通常のキャンペーンも行われているので、
【為替見習の特別レポート】
【3000円ギフトカード】
【5000円キャッシュバック】

の3つの特典 + 入金額によってQuoカードやFXの本ももらえます。また、すべてのキャンペーンを合わせた最大キャッシュバックは83,000円。口座開設した後、エントリーフォームからエントリーすれば権利獲得です。詳細は>>>スター為替×為替見習のFXブログタイアップキャンペーン!へ

◆円高の損失も繰り越せる!サラリーマンは知らなきゃ損する【損失繰越&税金優遇】!クリック365のFX業者徹底比較!

【損失繰越】【税制優遇】のくりっく365FX業者。サラリーマンの方なら絶対に得する必須の知識です。くりっく365とは、一般の相対取引FX業者と取引環境が異なります。システムも独自のものを使っているので少し慣れが必要ですが税金面の優遇や損失繰越は他の業者にはない圧倒的有利な条件なのでサラリーマンの方であればくりっく365を使うだけで数万から数十万程度、利益が大きくなれば百万単位、年間の利益で有利になります。実際私もサラリーマン時代にくりっく365を使い始めたのですが、最初半年ぐらいは「くりっく365って何よ?」と面倒で調べておらず後になって「もっと早くくりっく365に変更しておけば・・・」と後悔した経験があります・・

税金ってそんなに変わらないだろ、と思っていたら確定申告のときにもしくりっく365だったら・・計算して愕然としたわけですね。くりっく365のことについて詳しく知りたい方は、業者が発行している資料のなかでも非常に詳しくわかりやすい為替ライフの資料を取り寄せて実際に検証すると良いと思います。資料は無料なのでお休みの日にじっくり読むと良いでしょう。→「為替ライフ」くりっく365の仕組み

さて、ではまずくりっく365最大のメリット、「税制面の優遇」を書いていこうと思います。その前にデメリットが一点ありますが、くりっく365に登録しているFX業者は取引所に対して登録する費用を支払っているため、手数料無料にはなっていません。ただ、キャンペーンなどで手数料が安くなっており、税金とトータルで考えると【所得額】が大きくなればなるほど圧倒的に有利になります。

(FXの利益額ではありません。給与所得などと合算した総所得です。)

上の表を見ると「自分の給与所得+FXの利益」が330万円を越える人ならくりっく365の業者でないと税金面で損しているということがわかるかと思います。
しかも実はFXの取引における「手数料」は「経費扱い」ですので手数料がかかることのデメリットはそれほど大きくありません。しかし税金は上記のように所得に対して容赦なくかかってきますのでご自身の給与所得を考えて、賢く業者を使っていく必要があると思います。またくりっく365のもう一つのメリットは損失繰越ができること。FXにおいては経験を積むほどリスク回避がうまくなり、利益も出るようになります。しかし現実には利益を出す前に損失が大きくなってしまい、退場する人もおられます。そして仮に2,3年取引してようやく利益が出ても、それを税金で取られてしまい、せっかく利益が出たのに意気消沈ということにもなりかねないわけです。それを防ぐのが「損失繰越」。わかりやすく考えるために例を挙げてみましょう。例えば年収500万円のサラリーマンの方がFXを行って下記のような成績だった場合の税金を見てみます。

(わかりやすくするために給与所得控除や年末調整はなしとします)

 1年目の利益:-300万円
 2年目の利益:+150万円
 3年目の利益:+150万円


もし上記の成績でくりっく365以外の業者を使っている場合FXの利益に対してかかる税金は・・・

 1年目:なし
 2年目:年収+150万=650万→税率30% →150万の30%=45万円
 3年目:年収+150万=650万→税率30% →150万の30%=45万円

つまり3年間トータルでは成績がトントンなのに、税金は90万円も持っていかれてしまう、という計算になります。税金を含めると3年間の成績は-90万円ということになってしまいますね。ではこれがくりっく365の業者であればどうなっていたのかを見てみましょう。くりっく365の場合、1年目の損失を翌年以降3年間繰り越せるので、

 1年目の利益:-300万円
 2年目の利益:150万円-300万円= -150万円
 3年目の利益:150万円-150万円= 0円


つまり2年目の利益は前年の300万円の損失のうち150万円分を繰り越して帳消し。3年目の利益も残った150万円の損失を繰り越して帳消しにできるというわけです。そうするとどの年も利益は出ていないことになりますので当然税金は

 1年目:なし
 2年目:なし
 3年目:なし

となります。同じ成績なのに、くりっく365を使っていない場合90万円も持っていかれ、結果的に3年間で -90万円になるのに対し、くりっく365ではトントン。
ここで同じ成績にもかかわらず、90万円も差が出ることになります。ついつい目先の利益のことばかり考えてしまいがちですが税金で取られてしまえばせっかく出した利益も無駄になります。このようなことがあるので、気づかなかった人たちは年末に初めて税額を知って脱税などに走ってしまうようですね。または確定申告をしない人たちもいるようです。しかしここ2年ほど急速にFXに対する税務調査などが活発化しているようですから利益が出た場合はきちんと税金を納めるようにしましょう。確定申告は面倒ですが一度慣れてしまえばそれほど難しいものではありません。ちゃんと申告さえしておけばやましいこともなく堂々と投資できるのですからヒヤヒヤしながら毎日を過ごすより、今後も長い間資産運用をすることを考えてしっかりと払うものは払っておきましょう。

そして上記のように公で認められた取引所を使うことで税金面の優遇や損失繰越という投資家向けのメリットが受けられるわけですからそういう業者を使って取引していけばこちらもオトクなわけです。税務署から「○○さま、為替やってますよね?」といきなり税務調査が来るときもあります。こうならないためにも気をつけておきたいところですね。では早速くりっく365FX業者を比較していきます。まずは私がメインで利用しているスター為替から。


スター為替(不動のメイン口座)
・初回入金・・・設定なし
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・約30倍
・ロスカット・・30%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
私のメイン!不動の一位です。手数料もキャンペーンで頻繁に安くなり、常にくりっく365で最も安い水準をキープしています。電話で問い合わせをしても非常に対応が良く、総合的に安心感抜群の会社という気がしますね。また独自システムを新たに採用したことで、くりっく365のなかでもトップの使い勝手となりました。システムの強さという面でもサーバが落ちたことはないので非常に信頼感をおけるFX業者です。


為替ライフ(メイン2)
・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・189円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・30%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
全体としてバランスが優れている業者。手数料も安いです。最初に取引するにはとても安心感があると言えると思います。面白いのは「元為替ディーラー3人が書くブログが見れること」コメントなどもできますので、色々質問をされると知識も深まります。為替ライフの資料はわかりやすくてとても参考になるので
資料だけでも読んで見られると良いかと思いますしスター為替と併用することで、建玉管理や両建てなどフレキシブルに対応できるためメイン2として持っています。初めてくりっく365で口座を持つならこれら2つを持っておけばシステム面、情報面、手数料すべてにおいて安心ですね。


インヴァスト証券(サブ)
・初回入金・・・設定なし
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・30%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
くりっく365のなかでも初期から参加している安心業者。キャンペーンなども多いのでサブ用として持っている口座です。現在トレール等もできるようになったので、上記のメインが使えないときや建玉が増えたときの建玉管理用口座として保有しています。


ばんせい証券
・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・20%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
手数料がくりっく365で最も安い水準。建玉管理の観点からくりっく365では2つ口座を持っていることがベストですが、手数料が安いということはとても助かります。>>>ばんせい証券



ひろぎんウツミ屋証券
・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・280円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・50%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
ひろぎんウツミ屋証券独自の情報ツール「TFX情報ツール:りある@くりっく」を装備。au、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルのいずれでもアクセス可能な体制。ひろぎん、ウツミ屋ともに歴史もあるため基盤が万全です。
>>>ひろぎんウツミ屋証券

コスモ証券・初回入金・・・4.5万円
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・コースによって様々
・ロスカット・・コースによって様々
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
業界初の翌割、ダブル翌割など独自の手数料体系がポイント。
一人一台のパソコンを操作する体験型セミナーを開くなど
初心者には安心の業者と言えます。>>>コスモ証券


リテラクレア証券・初回入金・・・5万円
・手数料・・・・210円
・レバレッジ・・30倍
・ロスカット・・20%以下で損切り
・スワップ金利・・ドル円75円(10/13現在)
・スプレッド・・ドル円0〜3銭

●知らなきゃ損するポイント!
新しく参入した業者だけに今後どのように充実していくかが見物。
現在はもっと良い業者があるので、しばらく状況を見るのが良さそうです。
>>>リテラクレア証券

☆総合評価☆

一番は信頼感と総合力で安心して取引ができる上に、手数料も最安水準のスター為替情報量も豊富で独自システムも安定感があり、総合力はくりっく365で最強。私もメインで利用しており、自信を持ってオススメできる業者です。
そしてメイン2として利用している為替ライフサブ口座用としてオススメなのは安心感のあるインヴァスト証券この3社で口座を持てば税金も抑えられる上に使い勝手も完璧です。巷には手数料無料のFX業者がたくさんありますが、確定申告において手数料は経費として扱われますから手数料があることはデメリットにならないのがポイントですね。また3社ともくりっく365最大の利点、損失繰越もできますのでイザ損をしても繰越できて翌年の成績と合算できるため(損はしたくないですが)初心者の方でも安心なのが特徴。長い目で取引すればダントツで有利です。

また唯一くりっく365で残念なのが、建玉を指定して決済できないこと。つまりどのポジションを決済するか指定できません。ですので私はその解決方法として複数口座を持って対処しているわけです。くりっく365で最低2つ、できれば3つ持てばかなり有利になります。その都度違う口座で持てばかなり融通がききますので。FXは資産運用です。短期間で高額の利益を上げようとせず、冷静に計算してロングレンジで運用する心構えが大切です。そういった意味からもくりっく365業者、特に上位3社は安心して長く付き合っていける業者だと思います。サラリーマンの方は先ほどの表を見て、自分の総所得がどのくらいになるのか、その場合の税率はどれが適用されるのかを確認して、トータルで考えると良いでしょう。

メイン口座>>>>>スター為替
メイン口座>>>>>為替ライフ
サブ口座>>>>>インヴァスト証券

◆リスク管理方法◆円高相場で勝ち続けるために・・・

最近FXを始める友人が多いのですが、その友人の状況を聞いていると
リスク管理はやはり重要だなと改めて感じます。私もリスク管理について、友人にアドバイスするのはするのですが、あまり注目されないといいますか、友人が気にするのは【予想】ばかり。私は基本的に予想して取引しないように心がけているのでそのあたりでいつも困ってしまいます。自分もFXを始めた6年ほど前は予想ばかりしていたこともあるので、気持ちはわかるんですけどね・・先週その友人がクロス円で失敗したとのことで、その後リスク管理について色々やり取りしたので、それを例に挙げてリスク管理について書きたいと思います。その友人は先週ポンド円、ユーロ円などで損失を出してしまったのですが色々と話を聞いていくうちもっとも大きな原因はリスクに対する備えがほとんどできていなかったという1点にたどり着きました。これまでにも何度かリスクについて話していたので、またか、という感じではあったのですが、どうしても本人は今後の相場がどうなるかということばかりが気になるらしく、全くリスクについて深く考える様子はありません。そこで、失敗した際にどこが原因だったと思うか?と聞いてみると「予想と違う方向にいった」とのこと。ここでも予想が最重要事項になっています。さらに「予想が外れた際の戦略は考えてなかったのか?」と聞いてみると「なんとなくは考えていたけど、戻る可能性も考えたら動けなかった」という答え。おそらくこのような方はまだまだ多いのではないかと思います。予想するということは少しぐらいは良いことですが、相場を予想して当てに行く取引というものは、私の経験上かなり難しい上に、失敗したときの損失が大きくなると思っています。その友人に「なぜ【なんとなく】なのか?」と聞いたところ、

・予想が外れると思いたくなかった
・損失を確定させたくなかった
・ナンピンをしたら後で挽回できると思った


といったような答えでした。これはありがちな答えではあるのですが、人間はどうしても自分が最初に考えた考えを曲げたり、自分が間違っていたと認めることに抵抗があるものです。その結果、間違いを認めない方法として損失を確定せず傷口を広げてしまう、ナンピンしてレバレッジが高くなってしまい、デッドラインが近づくなどといった大怪我へと発展していくわけです。さらに厄介なことに現在はインターネットなどで情報がたくさん手に入ります。たくさん手に入ることは良いのですが、経済アナリストの言うことは大抵相場が上下どちらに行っても問題ないように、「上に行くでしょう、でもこうなったら下にいく危険がある」「暴落の危険があります。でもこれがあれば反転してもおかしくない」などといった言い回しをするものなんですね。冷静なときはこれらの言葉を聞いても「まあ、この人も仕事だから無難なコメントがいいんだろうな」と思うことができますが、含み損が出ているときの人間の心理はそのような冷静さを持っていません。その結果どうなるかというと自分の聞きたいこと、見たいことしか頭に入らないということになりがちです。つまり含み損を抱えて不安を覚えているので自分の精神を安定させる材料を見つけたがるのが人間の心理。アナリストは両方の可能性について述べていても、心理状況で自分の良いほうに解釈してしまうわけです。一旦含み損になったポジが少し戻って数百円の利益が出ただけで決済、という経験がある方もいると思いますが、これも不安を解消したいからこそ出てしまう行為のひとつですね。今回友人も同じようなことを話しており、間違いを認めたくないし不安なため、コメントは自分の予想と合っているコメントを見てしまう、信じたくなってしまうという状況になってしまっていました。私が日々資金管理・レバ管理と記事に書いているのは、この状態を解決できるもっとも有効な方法が資金管理とレバ管理によるリスク管理だからです。もちろん他にも損切りのタイミングやテクニカル分析、他通貨でのヘッジなどリスク管理方法はたくさんありますが、もっとも簡単で効果的なのは資金管理だと思っています。そういった意味で、もう一度初心に戻って「投資を始めたキッカケ、目的はなんなのか、ゴールはどこなのか」「ゴールまでの期間はどれぐらいを考えているのか」「余剰資金でやっているか、レバレッジは高すぎないか」ということをしっかり考えると、まず精神面でラクになります。もちろん、ゴールが大きくて期間が短ければ大変ですから、あまりにギャンブル的なのは少し難しいと思います。1年の目標金額、年利はいくらなのか。それには月いくらの利益が必要か。そのためには一週間でどれぐらい取引すれば良いのか。といったことを常に頭に入れておくだけで随分違ってくると思います。以前も書きましたが、落ちても大丈夫な体(資金量・経験・知識)になっていないのに気が付かない間に大きな木に上ってしまっていて(高レバになっていて)、しかも枝の先にいる、といった状態になっている方がまだまだ多いような気がします。小さい木なら落ちてもかすり傷ですみますが、大きな木の細い枝では落ちた際に一生復帰できない可能性も出てきますから、資金管理はいつも余分に余分に、と心がけても良いぐらいだと思っています。以前にも書いたように人間調子が良いときはついつい過信してしまい、リスクに関してつい甘くなってしまいます。(私もFXを始めたころはそういう怪我が良くありました・・)しかし調子の良いときこそしっかりとリスク管理をしておけば、
長い目で見て必ず生き残れると考えています。
以前紹介したDVDには、アメリカの投資コンテスト2位の方の話や木登りの話が出てきますので、まだ見られていない方は一度見て気づいた点などを紙に書いてみると良いと思います。
そしてその紙をPCの横において毎回チェックすれば、自然と意識の中に資金管理の重要さが浸透していき、徐々に適正な状態になっていくと思います。

◆円高で大変な思いをしている方へ 為替相場の分析方法について・・・

2002年にFXを始めてからというもの、私は失敗だらけの取引をしてきました。
特に円高時においては目も当てられない状態に何度も陥って、そのたびに絶望的な思いを体験したことを覚えています。そんな私ですが、2002年に大きな損失を出したものの2003年からは年間収益でプラスを出すことができています。その大きな要因は「自分で体験し、失敗し、修正する」ということを日々繰り返すように意識したことが大きいかと思っています。今回はその「体験・失敗・修正」と為替相場分析について自分の思うところを書いてみます。.

まず私が現在、為替相場分析のために把握している項目は次の通りです。

・長期的トレンド(長期テクニカル:数ヶ月〜)
・中期的トレンド(中期テクニカル:数日〜数週間)
・短期的トレンド(短期テクニカル:数時間〜数日)
・超短期的トレンド(超短期テクニカル:数分〜1時間)
・短期・中期・長期テクニカルの節目と重要抵抗
・通貨間の力関係
・自分の資金管理・レバレッジ状態

本業の忙しさに合わせて上記をすべて数値化して把握し、必ず上下両方に50:50の割合でシミュレーションして取引時の行動レベルまで落とし込んでいます。さらに取引の大きな方針として、「予想はしない」と決めています。その代わりに行っていることは「現状をできるだけ正確に把握すること」です。たとえば台風が南海上で発生したとしましょう。「台風が東京に来るかどうか」は予想となるのでどこに台風が行くかっていうことは気にしません。その代わり台風が南海上で発生したという事実を把握すること、さらにそのときの気圧配置や偏西風の強さ、海面の温度そのほかモロモロの「数値で表せる事実」「確実にわかっている事実」を把握するのです。そうすると、必然的にその事実を見ていくうちに「危ないこと」がわかってきます。たとえば「この週末伊豆へダイビングに行こう」とか「サーフィンに行こう」、「週末のフライトで沖縄に行こう」といった選択肢は台風がどこに行くに関わらずリスクが高い行動予定と言えますよね。そういった危ない行動予定を片っ端からはずしていくわけです。一方でリスクの低い行動予定も考えることができます。たとえば「週末は近所に映画を見に行って美味しいものを食べよう」、「家でゲームでもして遊ぼう」「寝て疲れを取ろう」などなど。
取引においても同じように考えています。現状を正確に把握することで「今絶対やってはいけないこと」「今やるとリスクが大きい取引」「今この通貨を買うのはリスクが高い」など、現状からリスクの高いものがをたくさん抽出することができます。そしてそれをはずしていくと結果的に低リスクなものが残り、その中でも最も低リスクなものを選んでいくというのが2002年に大きな損失を出して以来私の基本方針になっています。ちなみに「予想しないこと」で同時に行っているのは【希望的観測の排除】でもあります。人間は自分が望むものや見たいものを見たくなる動物と聞いたことがあります。ということは上下両方の材料や、ニュース等が目の前に出てきたとしても希望する方向があればついついそっちに偏って見ちゃうこともあるということかと。いつも上下のシミュレーションをするように心がけてることや上記のように「予想をしないこと」で得られる大きな利点は
本来なら嫌と思うほうも見ること・考えることで希望的観測を排除しどちらに動いても良いようにフラットに考えられるようになることでもあります。一歩引いた鳥瞰図的な見方というイメージとでもいいましょうか。慣れるまではこういった分析を行うのに時間がかかるものです。2002年私がFXを始めたころは、全く分析などできていませんでした。今でも日々小さい修正点を見つけて、改善するようにしています。ひょっとしたら世の中で天才と呼ばれる人々は、相場を事前に予想して買っては反転売り、売っては反対買いをしたりはじめての失敗でも事前に予測して回避しているのかもしれません。しかし私のような凡人は、なかなか失敗を避けきることはできません。でも失敗したら修正して二度と同じ間違いをしないようにすることは可能です。そしてその体験から得た「自分なりの答え」は、とても大きな財産になっています。今はインターネットが発達したこともあって、何でも調べれば情報が手に入る、とても便利な世の中になりました。しかしそれだけ情報が増えすぎている分自分で体験したり、そこから学ぶということがおろそかになりがちです。インターネットで知った「知識」は、あくまでも他人の知識・経験の借り物であってそれを見て知ったという段階で、「自分も完璧な知識を得た!」と思ってしまうことがたびたびあるように思います。しかし実はこれ、全く身についていない単なる「知識」であって、「知恵」というレベルまで持っていくことはできていません。「絵本だけで自転車の乗り方を見て、一発で自転車に乗ろう」というのは難しいですよね?子供はみんな補助輪をつけて乗ってみてそこでバランス感覚を養いながら、それが出来るようになったら補助輪をはずし、そして何度かこけたり、擦り傷を作りながらだんだん体がバランスを覚えていつしか何も意識しなくても自然と乗れるようになるものです。FX取引や為替相場分析にも同じようなことが言えると思います。インターネットで氾濫する情報やニュースなどばかりを見ていてもそれは結局単なる「知識」というレベルまでです。それを実際に自分で活用できるようにするには、体験して、失敗して、それを修正しつづけていく。そして自分の体験から答えを導き出していく。自分なりの答えは、誰に教わるでもなく自分が生み出したオリジナルなため困ったときに大きな自信となって自分を支えてくれます。これが他人の借り物の知識だと、不安になって仕方ありませんよね。上記のような相場分析も、このようにして少しずつ仕上げてきたものです。時間もかかるし、毎日1時間以上相場分析に費やしていてまだまだ手際が悪いですが、その分取引するときに迷うことはなく取引は淡々と行えるようになりました。そして万全の資金管理・レバレッジ管理と合わせてしっかりと分析を行えば、体験的に大きな負けをする確率を減らすことが可能とわかりました。最初はまともな分析ができなくとも自分で努力して検証し、どんどんブラッシュアップさせれば分析力もついてきますし、その力は今後数十年にわたり、かけがえのない財産になります。誰かのものをそっくりそのまま使いたい!と思うかもしれませんが、自分で作る段階でしか見えてこないそれぞれの数値の関係性や相場に関する知識・知恵もたくさんあります。そしてそこで発見したことが継続的勝利に近づく最短の道かと思いますので是非ゼロから分析し、研鑽していくことをオススメします。逆に誰かに頼ってしまった場合、その人がいなくなったり急に曲がりやさんになってしまうと自分を支えていた軸がなくなるわけで非常に精神的にも不安定になり、取引も崩壊していく可能性が高いです。莫大なお金をギャンブル的な取引で稼いで、1年でFX投資をやめると決めている人なら別ですが多くの人は資産運用として今後も続けると思いますので時間をかけて資金管理や分析を磨く価値は十分あるでしょう。私の2002年の破滅的な大負けは本当に酷いものでした。毎日相場が気になって、ご飯も美味しく感じない、寝るのも怖い、毎日祈るような気持ちでチャートや情報を見ていたことを思い出します。しかしその大きな失敗を2回した後は毎日資金管理表を作って改善し続け、さらに分析も人に頼るのではなく少しずつ修正を繰り返していくうちに無茶なトレードはほぼ完全になくなりました。その結果として2003年以降、年間収支は毎年プラスになっています。資金管理表はエクセルが苦手な方でも四則計算だけで出来ますし分析は一つの通貨だけでも日々行うことでどんどん磨かれます。非常に面倒なのでつい既成の答えを探したくなるかもしれませんが相場で勝つための正しい答えというのは、常に自分を磨いて相場の変化に対応できる知識・知恵をつけることかと思います。円高になって多くの方が失敗したり、絶望的な思いを抱いていると思います。しかしそういうときだからこそ、その失敗を次にどういかすのか。命さえあれば何度でもやり直しはききますので意地にならず、失敗したらそれを謙虚に反省し必ず同じ失敗はしないようにしよう、と心に刻んで将来的に磐石の資産運用ができるよう、研鑽していきましょう。

◆使わなきゃ損!FXの裏技 - リスクゼロの損失補填方法 円高等で困ったときの賢いFXキャッシュバック利用法

円高時の損失補填やFX投資元金を増やす方法の一つ。FX業者のキャッシュバックキャンペーン活用方法です。リスクゼロで確実にキャッシュバックを獲得する方法をまとめました。この手のキャンペーンは毎月業者が変わって多くのものが行われていて、こまめに拾っていけば年間キャッシュバック総額は30万、40万を軽く越えます。損失をだす可能性のあるFXと違って、こちらはリスクもゼロ。考えようによってはキャッシュバックキャンペーンだけ拾っていけば年利にして数十パーセントという数字も十分可能というわけですね。円高で困ったときや投資の元金を増やしたい場合など時と場合によって様々な使い方ができると思います。手間がかかるので面倒に思ってしまいがちですが昔に比べて処理が早くなっているので、時給換算すると軽く5000円は越える計算。土日などにまとめてやってしまうのも一つの手だと思います。あくまでFXのオマケみたいなものですが、小さいことをほうっておくかしっかりとこまめに取っていくかで1年たてば大きな差になって出てくると思います。投資の技術を磨くとともに、こういう小さいことをマメにとっていくのも自分の資産について考える意味ではとても重要かもしれません。では現在行われている最新のキャッシュバックキャンペーンとキャッシュバックゲットの方法、その中でも簡単なものなどを紹介します。

-------------------------------------------------------------------
スター為替★★★
 【条件】口座開設+取引でまず8000円分。 このとき「くりっく365」と「FX24」両方に50万ずつ入金し、両方で1回ずつ取引すれば、さらに12,000円。さらに入金額が多いとキャッシュバックは増えることになります。(バリューキャンペーン+plusに同時登録すればOK)ということは・・・100万円持っている場合、最低2万円分のキャッシュバックをゲット可能。ドル円などを買って、直後に決済しても損失はスプレッドの300円程度。その損失を差っぴいても19,000円以上のキャッシュバックをゲットできてしまう・・。こんな感じで以下も見てみましょう。金額の大きい順番に並べてみます。特に1万円、5000円、3000円キャッシュバックは好条件が揃っているためオイシイです。3段階でが多いものほど敷居が低いという見方をしてください。
-------------------------------------------------------------------

最大30,000円

NTTスマートトレード←【条件】外貨入金額によって違う
敷居高いのでオススメしませんが一応実施中なので・・

-------------------------------------------------------------------

20,000円

マネーパートナーズ←【条件】200万入金+1枚取引★★

-------------------------------------------------------------------

15,000円

AFT-FX
 【条件】30万入金+10枚取引で5,000円、50万入金+10枚取引で10,000円, 100万入金+10枚取引で15,000円★★
インヴァスト証券(くりっく365)←【条件】入金額によって違う
インヴァスト証券(FX24)←【条件】入金額によって違う
 10-50万入金=5000円、50-500万入金=7000円、500万以上で15,000円

-------------------------------------------------------------------

10,000円
マネーパートナーズ←【条件】100万入金+1枚取引★★
エースでねらえ!FX←【条件】100万入金+1枚取引★★
※「加藤夏希の卓上カレンダー」ももらえます(^^;)
エース365←【条件】100万入金+1枚取引★★
セントラル短資←【条件】100万入金+3枚取引★★
 ※ FX投資実践マニュアルももらえます
外為どっとコム←【条件】30万入金+1枚&3枚取引でOK★★★
ひまわり証券←【条件】100万入金+1枚取引★★
 ※入金額に応じて最大3万円までキャッシュバック額が増えます
サイバーエージェントFX←【条件】100万入金+1枚取引★★

-------------------------------------------------------------------

6,000円

JFX株式会社←【条件】[1万入金+10枚取引] or [100万入金+1枚取引]★★★

-------------------------------------------------------------------

5,000円

外為オンライン←【条件】10万入金+1枚取引★★★
MJ←【条件】5万入金+1枚取引★★★
パンタレイ証券←【条件】10万入金+1枚取引★★★
マネーパートナーズ←【条件】10万入金のみ★★★
エースでねらえ!FX←【条件】50万入金+1枚取引★★★
※「加藤夏希の卓上カレンダー」も
エース365←【条件】50万入金+1枚取引★★★
コスモ証券←【条件】50万入金+1枚取引★★★
ひまわり証券←【条件】30万入金+1枚取引★★★
ジェット証券←【条件】口座開設+1枚取引★★★
(「小倉優子のはじめましてFX」(本)とオリジナル壁紙、デスクトップツールも)
サイバーエージェントFX←【条件】50万入金+1枚取引★★★
FXONLINE←【条件】5万入金+1枚取引★★★
FXCM←【条件】50万入金+1枚取引★★★
CMS←【条件】10万入金+30枚取引★★

-------------------------------------------------------------------

3,000円

エースでねらえ!FX←【条件】20万入金+1枚取引★★★
※「加藤夏希の卓上カレンダー」も
エース365←【条件】20万入金+1枚取引★★★
トレイダーズ証券←【条件】入金額指定なし+1枚取引★★★
サイバーエージェントFX←【条件】30万入金+1枚取引★★★
上田ハーローFX←【条件】3万入金+1枚取引★★★
ドルフィンFX←【条件】1万入金+1枚取引★★★

-------------------------------------------------------------------

初心者はタダでFX練習帳をもらっておきましょう
2,000円+[FX練習帳]+[5分でわかるFX]


FXプライム←【条件】口座開設+1回取引★★★

-------------------------------------------------------------------

番外編 楽天ポイント5000pt

楽天FX←【条件】口座開設+1回取引★★★

-------------------------------------------------------------------


現在行われているのは以上です。これだけでも約10〜20万円になってしまうウソのような本当の話。これが毎月色々な業者から出てくるので大雑把に考えた場合でも年間50万円程度は確実にノーリスクでゲットできることになります。
入金額も多いところで100万円程度。つまり100万円で低くても年利15%前後、高ければ30%、40%となるわけですね。取引するよりこれだけやるほうが安全で確実な気がしなくもないですが・・超安全に行くのであればキャッシュバックだけもらうのもアリかもです。ただせっかくFXの世界に足を踏み入れたわけですから、キャッシュバックを活用して自己資金を増やしておいて、しっかり取引でも勝てるように自分を磨いていくのが良いと思います。使い方としては【円高時の損失補填】につかっても良いですし、まずは1年間キャッシュバックを色々ゲットしながら業者をチェックし、1年間でたまった数十万円をそのままFXに投資すれば完全に自分のお金は傷つかない、ということも可能ですね。そしてキャンペーンで口座開設して少し触ってみて使い勝手がよければその際に業者の乗り換えなども考えていくのが良いのではないかと思います。この記事はキャンペーンが新しくなるたびに今後も更新していく予定です。最初は面倒に感じるかもしれませんが、最近は口座開設のスピードが上がって、早いところでは10分や即日は当たり前、遅くても2,3日で完了しますので作業時間を時給に換算すると時給5000円平均は越えてしまいそうですね・・最後に、上記の中でも手間がかからないものをピックアップします。これだけなら土日のどちらか1日で申し込みをしてしまって、1週間もあれば条件を満たすことができると思います。さらに一度入金したお金をキャッシュバックの条件を満たすとともに出金、それを次のキャッシュバックに活用すれば資金も少なくて良いわけですね。

「手間がかからないオススメのもの」(50万円以下の入金でいけるもの)
-------------------------------------------------------------------

「83,000円」のスター為替(50万あれば20,000円は簡単)★★★
「10,000円」の外為どっとコム(30万入金+1枚&3枚取引)★★★
「6,000円」のJFX株式会社(1万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」の外為オンライン(10万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のパンタレイ証券(10万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のMJ(5万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のマネーパートナーズ(10万入金のみ)★★★
「5,000円」のエースでねらえ!FX(50万入金+1枚取引)★★★
(「加藤夏希の卓上カレンダー」ももらえます)
「5,000円」のエース365(50万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のコスモ証券(50万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のひまわり証券(30万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のジェット証券(入金額自由+1枚取引)★★★
(「小倉優子のはじめましてFX」(本)とオリジナル壁紙、デスクトップツールも)
「5,000円」のサイバーエージェント(50万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のFXONLINE(5万入金+1枚取引)★★★
「5,000円」のFXCM(50万入金+1枚取引)★★★

-------------------------------------------------------------------

ここまで行えば少なくても96,000円。1件あたりのパフォーマンスも非常に高い組み合わせですし優先度の高いものを集めただけで全くノーリスクで9万円手に入るためこの15件は優先度第一グループといったところですね。余裕があればマネーパートナーズで100万入金にすれば1万円ですし、エースでねらえ〜やエース365、ひまわり証券、サイバーエージェントも同様に100万入金にすれば1万円にできますので順に攻めるのも手。またセントラル短資の100万入金のものを入れても良いでしょう。そうした場合、つまり100万の資金を順番に回していけば126,000円がノーリスクということになる計算です。
ここまで来ると何か買いたくなりますね・・
-------------------------------------------------------------------

「3,000円」のエースでねらえ!FX(20万入金+1枚取引)★★★
(「加藤夏希の卓上カレンダー」も)
「3,000円」のエース365(20万入金+1枚取引)★★★
「3,000円」のトレイダーズ証券(入金額自由+1枚取引)★★★
「3,000円」のサイバーエージェント(30万入金+1枚取引)★★★
「3,000円」の上田ハーローFX(3万入金+1枚取引)★★★
「3,000円」のドルフィンFX(1万入金+1枚取引)★★★

-------------------------------------------------------------------

これらは1件あたり3,000円のもの。この金額になると敷居が高ければ面倒なのでやる必要はないと思います。低いものだけ申し込むのがラクで良いでしょう。上記のものを全てやった上でさらにしっかり取りたいという場合は敷居が低いこれらを優先すると良いと思います。入金額が少ないもの、取引が少なくて良いものだけを選んでも約9〜10万円越えです。50万円の資金を順番に回していけばこれだけで月利にして「16〜20%以上」。100万入金のものも取って行くと、月利は下がるものの額は増えます。これを年間通して行えば・・・と考ると、取引しなくなっちゃいそうですが・・・いずれのキャンペーンもほぼノーリスクと言えるものなので賢く選んで手間のかからないものだけうまく活用するのがポイント。手間がかかってしまうものやリスクを伴うものは申し込む必要ないと思います。あくまでもFXは取引メインです。これらはオマケに過ぎないのですが、小さい積み重ねをする人、しない人で年間数十万単位の違いが出ちゃうと思います。なので資産を運用して増やすという観点から考えると、取引して稼いでもキャッシュバックで稼いでも増えるわけで、このような形でこまめに賢く取っていく場合とそうでない人では1年も経てばかなり差がでてくるかもしれませんね。

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ