2009年02月11日

息子の名「ケンジ?」言い間違えたら詐欺団が来た

2009年2月11日朝日新聞


言い間違えがおもしろい。
気が動転すると間違えちゃうもんなのかな。

にしても、オレオレ詐欺ってまだあるんだね。
最近はグループ化して手口も巧妙になっているみたいだけど。

reo0328 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月09日

漢検協会、文科省が立ち入り検査

 財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市下京区、大久保昇理事長)が公益事業では認められない多額の利益を上げていた問題で、文部科学省は9日午後、同協会に立ち入り検査に入った。

 協会はホームページで「文部科学省の調査に全面的に協力し、その調査結果を報告し、今後の運営計画に反映していく所存です」との内容のコメントを出している。

(2009年2月9日14時53分 読売新聞)


英語のほうはどうなんだろ?
英検とか?

reo0328 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月03日

店長は17歳、中学生に接客 ガールズバー経営者を逮捕

 女子中学生を従業員として働かせたとして、大阪府警は3日、大阪市北区のガールズバー「エスケープ」経営、佐野宏之容疑者(23)=同市都島区中野町1丁目=を風俗営業法違反(年少者雇用)と労働基準法違反容疑で逮捕したと発表した。佐野容疑者はこの女子中学生のほか、17歳の少女2人を雇って店長、副店長に任命し、店を運営させていたという。
2009年2月3日朝日新聞


5ヶ月で800万円の売り上げだとか!?
この金額が多いか少ないかはわからないが、
23歳にしてそんなことできてうらやましい。

店長、副店長の2人は調べに対して
「役職を任され、やりがいがあった」と話した、としている。
働きたくないニートや、
大人の自覚のない成人に比べれば、
なかなかいいセリフではないか。

reo0328 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

課長のつぶやき

トヨタは営業利益は赤字。
しかし純利益は黒字。

どこか(忘れた・・・)は経常利益は黒字。
しかし純利益は赤字。

トヨタは株主配当のため、
事業縮小で利益をだした。

どこかはまっとうな経営で利益を出したが、
金融危機による有価証券の価値暴落で純利益赤字。

どちらが本当の株主のための経営だろうか。

reo0328 at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月01日

「先見通せない」「この町はつぶれる」日立城下町に激震

 「創業99年」を2月に迎える日立製作所発祥の街に30日、激震が走った。30日午前には市が雇用対策を打ち出し、東京ガスの備蓄基地建設が発表された直後だっただけに、「赤字7千億円、リストラ7千人」という凶報は、企業城下町を不安一色に染めた。
2009年1月31日20時42分朝日新聞


どこもかしこも不況一色のニュース。
ドバイもバブルがはじけ、外国人労働者が職を失っているそうな。

でも、死んじゃだめだよ。
だからって自殺したらやりなおすことすらできないよ。
っていっても、「正社員」ってくくりに守られてる自分には説得力もないんだろうな。

世界中がネガティブになっている。
企業はどこもかしこもいい話は聞かない。

いったいいつになったら夜明けは見えるのか。
それすら分からない。


reo0328 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月30日

任天堂、今期営業益が最高に

 任天堂は29日、2009年3月期の連結営業利益が前期比9%増の5300億円になる見通しだと発表した。欧米を中心に据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」や携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の好調が続いており、世界景気急減速の逆風下、過去最高を更新する。為替の円高が響き従来予想(6300億円)は下回る。
日経新聞


この不況下でさすがというべきだろう。
たしかにニンテンドーDSもWiiもすごい人気だというのは感じる。
対してPS3はまったく話題に出ない。
ハイスペックだということはよく聞くが、
何のソフトが出ているのかは分からない。
この辺が、両社の業績にも出ているのだろうか。

人々は高機能を求めることをやめて、
新しい何かを求めるようになってきている。
任天堂はそれにいち早く気付き、
そして、新しい市場をつくることに成功した。

reo0328 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月28日

庭に埋めた3億6千万盗まれた!

 佐賀県警は28日、同県伊万里市の80歳代の会社役員男性(昨年12月に死去)が、自宅の庭に埋めていた現金約3億6000万円が盗まれたと発表した。
(2009年1月28日21時26分 読売新聞)


うらやましい話だね。
3億6000万円、使わずに眺めて癒されていたのかな。
もっと有意義に使おうよ。
それでどれだけの人がささやかな幸せを感じれることか。

reo0328 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

日航と全日空、計30路線で休止・減便

 日本航空と全日本空輸は28日、今春以降に計30路線で休止したり減便したりすると発表した。景気低迷に伴う出張や観光客の減少に対応するためで、特に低迷する関西空港や中部空港の発着便が見直しの中心だ。
朝日新聞


不景気の影響はわかるけど、こんなところまで影響が出るとは。
これでますます観光客が減って、悪循環。
いやだいやだ。

reo0328 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月20日

麻生首相「みぞう」、どよめく委員会 漢字テスト12問

 「われわれは今……、未曽有(みぞう)のいわゆる危機といわれる」。麻生首相が20日の参院予算委員会で、かつて「みぞうゆう」と誤読した漢字を正しく発音し、委員会室がどよめく一幕があった。
参院予算委員会で、麻生首相に漢字の読み方を質問する民主党の石井副代表
朝日新聞2009年1月20日


参院予算委員会で漢字のテストって・・・
政治家はいったい何やってんすか!?

reo0328 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月19日

祝賀コンサートに50万人…オバマ氏、市民を鼓舞

20日に就任式を控えたオバマ次期米大統領は18日、ワシントン中心部のリンカーン記念堂前の野外広場で開かれた大統領就任祝賀コンサートに登場し、集まった市民ら約50万人を前に演説した。
 オバマ氏は、「目の前に立ちはだかる難題がいかに巨大であろうとも、米国は苦しみに耐え、最終的に勝利し、建国の祖たちの夢は我々の時代に生き続けるだろう」と述べ、市民らを勇気づけた。



オバマ氏の魅力についてはいまさら言うまでもないだろう。
とりあえず、この世界的金融危機に希望が感じられる。

一方で、日本ではいまいち希望は感じられない。
麻生首相も就任当時は希望を感じられたのに。
日本は今後どうなるのかビジョンが見えない。

reo0328 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月16日

ETC車の高速料値下げ

 国土交通省は16日、高速道路の通行料金の値下げを正式発表した。

 ノンストップ自動料金収受システム(ETC)装着車が対象で、2008年度の第2次補正予算案の成立を受けて3月中にも始め、割引期間は10年度末までだ。

 まず、東京、大阪の大都市圏の首都高速や阪神高速などを除く地方の高速道路で、平日に全車種を対象に3割引きとする。

 さらに、土日祝日の全時間帯で普通車などを対象に、走行距離にかかわらず上限料金を1000円とする。2000円未満の区間は5割引きにする。

 また、日祝日の全時間帯で、利用料が400円〜700円の首都高速を300円〜500円、阪神高速は500円〜700円を350円〜500円に引き下げる。

 値下げで、例えば、休日に都内から首都高を経由して山形蔵王インターチェンジ(IC)まで走行すると、現行の8350円が2200円に、神戸北ICから湯布院IC(大分)までは、1万3800円が1000円になるという。

(2009年1月16日21時20分 読売新聞)


これはすばらしい!
自動車市場が低迷するなかで、
期待の持てるよいニュースだ。

でも、記事の最後の文。
1万3800円→1,000円
これは本当か!?

reo0328 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月15日

電機産業は事業モデル改革を

 世界景気の減速と円高のダブルパンチで、電機メーカーの業績が急ピッチで悪化している。
 電機各社は当面の策として人員削減や投資縮小を打ち出しているが、それだけでは不十分だろう。事業モデルの転換が避けて通れない。
 日本の電機産業は多数のプレーヤーが同じ市場に参入し、激しい競争をバネにコストや品質に磨きをかけてきた。だが、規模の利益がモノをいうデジタル時代には、この「切磋琢磨」型のモデルは通用しにくい。
 例えば最近の携帯電話は膨大なソフトウエアを搭載している。日本メーカーは独自仕様のソフトにこだわっているが、これだと1社当たりの開発負担が膨らみ、コストは高止まりする。その結果、日本企業は携帯市場で国際競争力を持ち得ていない。業界の再編集約を加速し、規模の利益を発揮できる体制を整えることが、復活への第一歩だろう。
 もう一つはグローバル化への再挑戦だ。パナソニックは今春から欧州の白物家電市場に参入する。国内で蓄積した省エネや節水技術がどこまで外で通用するか、注目したい。
 電機と並んで自動車業界も業績悪化が著しいが、日本車メーカーは海外企業に比べて環境技術などで一日の長がある。世界経済が正常化すれば、復活が期待できる。だが、電機の先行きはそれほど楽観できない。今回の業績悪化をテコに思い切った改革を進められるかが問われる。
2009.1.14日経新聞社説


コスト削減だけではダメだと。
新規事業への投資も必要だと。

ここ最近、景気の悪いニュースばかりなので、
もっと積極的な事業展開のニュースが増えることを期待する。

reo0328 at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月14日

神奈川県の禁煙条例案さらに後退、小規模店は「努力義務」

 神奈川県の松沢成文知事は13日、全国で初めて不特定多数の利用する施設内での禁煙や分煙を義務づける受動喫煙防止条例の素案について、小規模飲食店やパチンコ店は条例施行後3年の猶予を経て禁煙か分煙を義務づけるとしていた部分を「努力義務」にとどめる修正案を発表した。
 県は2008年4月、対象の全施設について、「全面禁煙」を打ち出したが、飲食やパチンコなどの業界からの反発を受けて譲歩し、同9月、分煙を認め、パチンコ店への猶予を設けた。さらに同12月、小規模飲食店にも猶予を設けた。
 松沢知事は今回の修正について、「経済状況が厳しくなり、規制によって営業に影響が出てくる。一歩ずつ目標に近づけていく」と理由を述べた。条例案は2月県議会に提案する。
(2009年1月13日22時42分 読売新聞)


パチンコって確かにどこも喫煙のみばかり。
自分のまわりで禁煙スペースがあるところは、1店舗しか知らない。

個人的に、パチンコは好きだが、
あのタバコの臭いは好きじゃない。
パチンコ店を出たあとの自分にまとわりつくタバコくささが嫌いだ。

おそらく、禁煙、分煙の需要はある。
反発せずにやってみれば、思わぬ恩恵を受けるんじゃないかと思う。


reo0328 at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月10日

登録型派遣 共・社・国民新が「原則禁止」要求

 労働者派遣法の改正をめぐる調整が、与野党双方で本格化してきた。野党は共産、社民、国民新の3党が、限られた業種以外は登録型派遣を原則として禁止する案で一致し、民主党に歩み寄りを求めた。一方、自民、公明両党も実務者による協議を始めた。

 共産、社民、国民新の3党は8日の協議で、派遣労働が原則自由化された99年の改正より前の時点まで派遣法を戻すという基本的立場を確認した。社民党の福島党首は9日の記者会見で、民主党の菅直人代表代行に「もう一歩(規制強化に)進むべきだ」と求めたことを明らかにした。
2009年1月10日朝日新聞社説


99年、失業率改善のため、派遣労働の原則自由化。
そして今、金融危機による不景気により、大量の失業者が発生したため、
やっぱりやめたと。

それはおかしい。
派遣のいいところ、悪いところを考えたうえで、労働派遣法の見直しをしてほしい。
正社員の非人間的な過酷な仕事、不条理な長時間労働、あたりまえなサービス残業。
これらに嫌気がさして、派遣を選ぶ人もいる。
夢や自分のやりたいことがあるために、短期で派遣でお金を稼ぐ人もいる。

派遣労働という形態ができたおかげで、日本人の生活の選択肢が増えたはず。
それはとてもいいことだと思う。

うまくいくと思ってやってみたけど、トラブルがあってうまくいかなかったからやっぱりやめた、というのでは誰も納得しない。

新しいシステムは新しい生活スタイルと価値観を可能にした。
そこを理解してほしい。

reo0328 at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月09日

宇宙から産廃不法投棄を監視…環境省が全国展開へ

 産業廃棄物の不法投棄を減らすため、環境省は、観測衛星を使った宇宙からの監視を始める。

 試用した岩手県が、違反業者の摘発につなげたのを受け、全国展開を図ることにした。2009年度は、希望する都道府県とともに運用する方針だ。

 06年に打ち上げられた世界最大級の地球観測衛星「だいち」(宇宙航空研究開発機構所有)の画像データを活用する。だいちは2・5メートルの大きさまで判別できる解像度があり、利用料金は、詳細画像の撮影が1回20万円で、米国の商用衛星の10分の1〜8分の1と安い。
(2009年1月8日15時37分 読売新聞)


すごい。
不法投棄の監視に人工衛星を使うとは。
いまや、Google Mapを使えば、世界中のどこの画像でも見れるようになった。
便利な時代になったもんだ。
海外旅行に行くみたいに、簡単に宇宙旅行できる日は近いのかな。

reo0328 at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月07日

南極のジャンボ機遊覧ツアーが人気

 白夜の南極上空をジャンボ機で周遊する遊覧ツアーが、オーストラリアで人気を博している。大みそかから今年の元日にかけてのフライトに参加し、豪州本土から約3200キロ・メートル離れた南極大陸上空を回り、無着陸で往復した。

 飛行時間は約12時間で、雄大な景色を堪能できるのはうち4時間ほど。ツアーが盛り上がっている裏には、南極の一部を領土としたい豪州の“領有熱”もあるようだ。ツアー申し込みは殺到しており、今回も350席は満席だった。(シドニー 岡崎哲)

(2009年1月7日02時09分 読売新聞)



お金はあるところにはある。
使いたいところでは使われる。

年始の初売りセールもそこそこいい売り上げになったのではないだろうか。
パチンコも年始早々いいこみ具合だった。

今あるものを、安くしてがんばって売ろうとしても売れない。
新しいアイデアを出して、人々の好奇心を刺激すれば、不景気なんて関係ないはず。
いわゆるブルーオーシャン戦略。

今日の記事はそんなことを考えさせられた。

reo0328 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月06日

危機感とともに仕事始め

 多くの企業で仕事始めとなった5日、各社のトップは年頭あいさつで危機感を強調した。
「最悪の年になることを大前提に、生き残るための経営を徹底実行する」(Jフロントリテイリングの奥田務社長)
「今回の危機は一過性のものではない。危機の中で、市場の求めるもの、市場自体の規模や構造、業界の構造は大きく変わるだろう」(日立製作所の古川一夫社長)
「経営環境の激変は我々が経験したことがない次元。今年は悪化傾向が止まらないと考える方がよい」(ブリヂストンの荒川詔四社長)
「固定観念にとらわれない聖域なき経費削減の実行を」(東芝の西田厚聡社長)
「製造業として原点に立ちかえる」(新日本製鉄の宗岡正二社長)
朝日新聞2009年1月6日


同じく、本日から仕事始め。
工場内は昨年末同様、静かで寒い。

自動車業界でも工場休止がドタバタと。
トヨタが2〜3月に11日間操業休止、賃金カットも

いったいどうなるのやら。
やだやだ。
どうせなら休みにちょっくら旅行に生きたいんだけどな。
そのほうがやる気出ると思うんだけどな。

reo0328 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月05日

お酒と高齢者―静かに広がる依存症

 アルコール依存症になる高齢者が増えている。厚生労働省の調査によると、アルコール依存症の患者は推計で約80万人いる。なかでも70歳代は同世代人口の3%を占めると見られ、割合では世代別のトップだ。全日本断酒連盟に入会する人も年々、高齢化している。01年度に41%だった60歳以上の会員が、07年度には51%に達している。

 ここ数年で目立つのは、定年後の数年で急速に依存症が進行する例だ。

 「まじめに働いて定年を迎えた人が、定年後の生活設計を描けず、知らず知らずお酒にすがっている」。長年にわたってアルコール依存症の治療にあたってきた大阪府和泉市の新生会病院名誉院長、和気隆三さんは話す。

 依存症患者の増加は施設や在宅介護の現場にも深刻な影を落としている。

 飲酒のせいで食欲がわかず、ホームヘルパーの作った食事を食べようとしない。アルコール依存症が栄養失調や記憶障害、うつ病など、二次的な健康被害を引き起こしている。転倒して骨折する危険性も高い。
(2008.1.5 朝日新聞社説より)


吉越浩一郎さんの『「残業ゼロ」の人生力』の予言どおりになってきた。

「残業ゼロ」の人生力
「残業ゼロ」の人生力
クチコミを見る


仕事一筋で来たから、定年後に目標がなくなってしまう。
だから、現役のころからちょっとずつ、定年の準備をすすめるべきだった。

自分のまわりにもそうなるであろう人はたくさんいる。
休みの日にやることなくて暇だとか。

日本は本当に変な国だこと。

reo0328 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月26日

問題多いタクシー規制強化

 国土交通省がタクシーの規制強化に乗り出す。新規参入の要件を引き上げるほか、台数が増えすぎた地域では減車を促す措置も講じる。現状に様々な問題があるとしても、それは業界の自主努力で解決するのが本来の道筋だ。過度の行政介入は望ましいものではない。

 国交省は「規制強化はあくまで例外措置で、原則は自由競争」としている。以前のような業者保護行政に立ち戻ることのないよう強くくぎを刺しておきたい。
(日経新聞社説 2008.12.26)


アメリカでもビックスリーを政府が援助するかどうかで議論がおきた。
タクシー業界を「例外措置」としたが、なぜなんだろう。
「例外措置」の基準とはいったい?

この不景気、どの業界も援助がほしいと思っているのは同じ。
新規参入によって、自由競争が起き、
価格は需要と供給との間の望ましい値に落ち着くのではないか。

タクシー業界が努力、投資を欠かさなければ、
新規参入なんて簡単にはできなくなるはず。

政府も2002年の規制緩和を失敗としてこの措置をとったらしいが、
失敗の原因をどれだけ詳細に分析しているのかを教えてほしい。

reo0328 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月25日

ソマリア海賊対策で海自艦派遣検討

まず現行法、3月に新法案提出へ
 政府は東アフリカのソマリア沖で海賊被害が深刻化していることから、民間船を守るため来春にも海上自衛隊の護衛艦を派遣する方向で検討に入った。まず現行の自衛隊法に基づく海上警備行動を発令。その後、海賊対策の新法案を来年3月までに国会に提出し、成立を待って同法による派遣に切り替える「2段階対応」で臨む方針だ。

 麻生太郎首相は26日、海上警備行動の発令も含め具体策の検討を急ぐよう浜田靖一防衛相に指示する。
(NIKKEI NET)


25日の日経新聞の社説では、検討が遅すぎるとたたかれていた。
それが、その日の午後に「海賊対策、早急に検討」、26日の夜にはこの判断。
判断が早まった事に関しては、プラス評価だと思う。

それにしても、海賊ってまだ本当にいるんだな。
映画やマンガみたいにかっこいいものでもないんだろう。

reo0328 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)