生態系トラスト協会石川

絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動をしている 高知県の(公社)生態系トラスト協会の友の会として、 2015年4月に石川県で立ち上げました。 自然観察会の企画運営を行っています。

秋の野鳥と自然観察会・角間の里。



みんなで記念撮影〜☆



ハシブトガラスを見つけて観察、
ここでは身近なカラスの説明をしています。



今年5回目の自然観察会は、金沢大学キャンパスの
角間の里に集合して始まりました。
雨予報が変わって秋の晴れ日になった観察会、
挨拶のあとに野外に出ると、池にはツチガエルの姿が、
近くの木にコゲラやエナガ、シジュウカラの姿があり、
遠くの木の上にはモズがとまっていました。



大きなため池まで歩くとバンやオオバン、カルガモの姿、
そして、カワセミの姿も見つけてみんなで観察。
初めてカワセミを見た人も多く、
そのきれいな姿にみな感動した様子でした。
小さな子どもたちもプロミナーで全員が観ることができた
とてもラッキーな観察会となりました。



アジチ谷に着いてからはバッタや水生生物の捕獲。
子どもから大人まで楽しめた時間でした。




ヤゴやヨコエビ、マツモムシ、ツチガエルやコオイムシなど
を捕まえました。その場で捕まえた生きものたちの説明を聞いて、
生きものはその場に放して施設に戻り、その後、今日見た生きもの合わせ。



次にヤイロチョウの森を守ろう!の紙芝居や虫の歌を歌って
パン&ティータイム。一人づつマイクを回して感想を出し合いました。





いろんな生きものに会えた秋の一日。
最後に次回の観察会のお知らせをして終了!
生態系トラスト協会石川の会員さんも増えてきたので、
これから会員さん向けの小さな観察会も
やっていきたいと思っています。
スタッフのみなさま、ご苦労さまでした。

観察会の下見をしました!



10/7はスタッフに集合してもらって
10/14に行う自然観察会の下見を行いました。
歩く道にいろんな発見がいっぱいです。



池で見つけたツチガエル2匹、
どこにいるかわかるかな。



ハラビロカナキリのファイティングポーズ。
バッタ類やコオロギの姿もありました。
当日は野鳥や植物、虫を観察しながら
後半は水辺の生きもの調査。



少しタモで掬ってみるとヨコエビが採れました。
来週は子どもたちとのお楽しみです。



周りはツリフネソウとミゾソバのピンクの競演!
素晴らしい秋の時間をお楽しみに〜☆

10/14 「秋の野鳥と自然観察会」のお知らせ



と き◎10月14日(土)9時〜12時
ところ◎金沢大学 角間の里 集合

*冬鳥たちがやってくる季節です。今年5回目の観察会では
 野鳥観察した後に、水辺の生きもの調査も行います。
 今回もどんな生きものに会えるかワクワクドキドキですね。
*申込〆切は10/10、参加費はお一人500円。
 パンと飲み物つきで保険にも入ります。
 参加希望の方は、お名前、年齢、住所、連絡先を
 申込先まで、お知らせください。
(この観察会はSAVE JAPANプロジェクトの活動です)
ギャラリー
  • 8/19  ツバメのねぐら入り観察会。
  • 8/19  ツバメのねぐら入り観察会。
  • 8/19  ツバメのねぐら入り観察会。
  • 8/5 キゴ山自然観察会の報告。
  • 8月夏の野鳥と自然観察会(金沢・キゴ山)のお知らせ☆
  • 6/3 初夏の野鳥と生きもの観察会(報告)
  • 6/3の自然観察会のスタッフ下見。
  • 6月と8月 夏の自然観察会
  • 2017年度 初心者向け観察会スケジュール(保存版)