おもいでの音色

近況:26日27日、両方ともライブビューイング取れた☆SMTは最前列で首痛かったなw今度はまあまあ見やすそうな席でよかったー。セトリが楽しみすぎる♪その前にこの腰痛を治さねば・・・人生始まって以来の腰痛に悩まされております。

タグ:TONE

はー・・・・・、ついに終了しました。

いまは、まだまだ余韻に浸っているといった感じ。

アタマの中とココロの中を
あんなことやそんなこと、こんなこともあったな〜って
いろんなシーンやトークが色鮮やかに浮かんできます。

1/18横浜アリーナから、4/23京セラドームまでの長丁場
大成功&無事に完走できて、ホントによかった。
みなさんお疲れ様でした!!!



やっぱり、オーラスは感動もひとしお。
わざわざ大阪まで遠征したかいがありました。
絶対、この瞬間にしか感じられないものがある。

何万人もの熱い想いが二人に届いて、
ユノとチャンミンのあたたかい気持ちが私たちに伝わって、
ぽろぽろぽろぽろ涙があふれて止まらなかった。

あとで、「ずーっと泣いてるからどうしようかと思ったよ」って言われたけど、
実はチャンミンが泣いてるのを見て、なんと夫まで涙ぐんでしまったそう。
(↑正確には、目と鼻が赤くなってウルウル状態)

いかん・・・
彼らの感謝の言葉と、
深く長いあのお辞儀を思い出すだけで涙腺がゆるむよ〜。





こんなに何度も何度も足を運んだツアーは人生初!
私は6公演、夫は3公演に参加。
うち、二人ともプレミアムシートが一回ずつ。
なので、当然かかった費用も膨大なワケですがΣ(=゚ω゚=;)

グッズもいっぱい買ったなあ。
いつもパンフくらいしか買わない私にしてはめずらしい。
パーカーとTシャツは夫が愛用。
ユノとチャンミンが喜ぶ、まだまだ貴重な男性ファンの一人ですw

そうそう、16日の東京ドーム
だんなっち上手側・前から3列目だったんだよー!
2階席から双眼鏡で姿を見つけて、
「そこかい!?」ってあまりの神席にめまいがした。

東京ドーム、見にくい&音響悪いってイメージでしょう。
でもそれが今回全然そんなことはなくって、うれしい誤算だった。
狭く感じるくらいに、演者と観客の一体感がすごかった。

あー、それにしてもうらやましいのは15日のサプライズ企画。
ホワイトオーシャン、きれいだったでしょうね。
ユノの泣き顔、ニュースで見ただけで、もう無理・・・(TдT)





DVD発売は何月ごろになるのかな?
とにもかくにも待ち遠しい!!

テブラーシカやスギちゃんのものまねリピして悶えたいwww
チャンミンの毒舌も、ユノのふわふわ感も大好物(*´ェ`*)

そういえば、近所に牧場しぼり全然売ってないの。
探してるんだけどなー
キャンペーン応募したいし、早く食べたいな♪

ただいま東京駅を出発

東京ドーム3daysからの〜〜、京セラドーム3days♪

とうとう本日オーラス!千秋楽です!!



*16(月)東京ドーム
*23(月)京セラドーム
がRepi家の参戦公演

ツアー終わっちゃうのはやっぱり寂しいけど…
精一杯応援してきます。

今日はどんな萌えがあるかなあ
あ〜ワクワクするっo(^-^)o



サインボール、キャッチできますように(祈)
ガンバレだんなっちw

セットリスト&私的メモ・感想をば。



1. B.U.T (BE-AU-TY)
2. Superstar
3. I Think U Know
4. 呪文 -MIROTIC-
5. 時ヲ止メテ
6. Thank you my girl
(magenta)
7. MAXIMUM
8. Honey Funny Bunny
9. Before U Go
10. Duet
11. I Don't Know
12. Telephone
13. シアワセ色の花
14. Back to Tomorrow
15. Rusty Nail
16. BREAK OUT!
17. Easy Mind
18. Summer Dream
19. High Time
20. Why? [Keep Your Head Down]
21. Rising Sun
22. STILL
23. Weep
24. Somebody To Love



とにかく、初日が全て、最初から最後までが宝物のような時間でした。
横アリを埋め尽くす赤いペンライトのレッドオーシャン
(ナウシカの怒れる王蟲(オーム)の行進をイメージしてください)
→二人が登場した瞬間、気がついたらもう泣いてしまっていた。

セトリも文句なしに大満足!!!
「Honey Funny Bunny」と「Before U Go」(しかも、初めて聴く日本語ver.)
は、やってくれると思ってなかったから、すごいサプライズ。
ハニバニは・・・うん、絶叫しました(*´Д`*)
ユノのダンスヤバすぎる。殺す気かw
SEXYなのに上品なんだよなあ。ホントに動作の全てが美しい。
あんなド派手なボルドー色の衣装着こなせる人、そうそういない。

ペンラ振るより踊りたい私には、
「I Think U Know」「BREAK OUT!」がたまらなかった。
楽しいよ〜楽しすぎる♪
あ、あとチャンミンのまさかのX JAPAN。
予想外の選曲に度肝を抜かれましたよw
気持ちよさそうに歌ってたなあ。ハマッてた。

MCで・・・ユノの膝にチャンミンが
「じゃあ。。」って座りそうになって驚愕(゚Д゚≡゚д゚)
これ見れたことで、初日に参加できたプレミアム感が更にアップ。
まあ、そのあと愛知公演からビバルイやりだすんだけどもね!

そう、MCと言えば、
二人が再始動にあたっての思いを静かに口にするなかで
『恥ずかしくない東方神起(でいられるよう頑張ります)』
と、チャンミンは話してくれた。
この言葉に、どれだけ深くて重い意味があるか。
もうこれだけで充分です。二人を信じています。





横アリはスタンド、新潟はプレミアムシート、たまアリは見切れで参戦。
横アリの席は、全体が見渡せて演出も見やすかったかな。

新潟はやっと当たった念願のP席で、上手側・前から5列目という神席☆
ユノにお手振りファンサもらったよー♪あの笑顔は一生忘れない。
そして何より直近・肉眼で体感する
「Why?」と「Rising Sun」の迫力といったら、もう、もう、もう・・・!!
こここそは1秒も見逃したくなくてガン見。
圧倒的なパワーと神々しさに、熱いものが胸にこみ上げる。
これまた生バンドがいいのよねえ。やっぱりライブは生演奏でなきゃ。

たまアリのチケは、右手にPCのマウス、左手にケータイを握りしめ
8時間半ぶっ続けの格闘の末にゲット。あきらめないでよかった(´;ω;`)
見切れだから真横なんだけど、思ってたよりずっと近くてお得だった。

そしてどの公演でも、私は周りの席の方々に恵まれていたみたい。
みなさん優しくて、会話が弾んで和気あいあい。
ご飯食べに行ったり、メールで連絡取ったりしてます。
特に新潟で知り合った素敵なミセスOさん、お世話になりました。





たぶん「シアワセ色の花」の時だったと思う(@新潟朱鷺メッセ)
チャンミンを愛おしそうに見つめるユノ。(また逆も然り)
その表情が、この上もなく慈愛に満ちて穏やかで・・・
それはもう、見ているこちらが泣きたくなるくらい。

過去を否定せず、他者を非難せず、多くを語らず。
ただ前を、自分たちの進む道の先を見据えている。

歌とパフォーマンスにかける信念と、真摯な態度。
常に感謝の気持ちを忘れない二人、多くの人々に愛される理由が分かります。

ユノとチャンミンを応援できて幸せです。
ありがとうって伝えたい。
いつも大きな感動をもらっているよ。

☆1月18日(水) 横浜アリーナ
☆2月19日(日) 新潟:朱鷺メッセ
☆3月17日(土) さいたまスーパーアリーナ
☆3月20日(火) さいたまスーパーアリーナ



計4回行ったわけですが・・・
感想、書けない。

あの楽しさと感動と興奮を、とても言葉では表せない。
完全に王子と妖精にノックアウトされてしまった。
現実世界・・・あ、戻らなきゃダメですか?状態。

自分の目と脳に録画機能があればいいのに、と本気で願う。
オイシすぎるよー、東方神起のライブ!!

ホントに、「ここまで当たらないものなの!?」
って笑えないレベルのチケット争奪戦に四苦八苦したけれど、
その苦労は十二分に報われましたわ。

♪好きにー 好きでー 好きだ〜
うん、ユノとチャンミンが好きすぎて自分がキモイ(笑)

いよいよ…
いよいよ…

本日初日です!!
☆東方神起ライブツアー2012 TONE☆



というわけで、横浜アリーナに来てます。
今はグッズ購入の列に並んでいるところ。

夢にまで見た単独公演(TωT)
合同イベントじゃない、単独公演!
約3時間、ユノとチャンミンだけを観ていられるなんて幸せすぎる…

ワクワクと緊張であんまり眠れなかった。
興奮して倒れないように気をつけなければw



あと5時間ちょっと…
あぁあぁぁ楽しみすぎる♪♪♪

前に書いたとおり、東方神起が大好きです。
もうどっぷりハマって、すっかり彼らの魅力に虜の毎日。
ちなみに私はユノ、夫はチャンミンのファン。
(といっても、ふたりとも同じくらい好きです)



先日発売されたアルバム『TONE』に収録されている、
ミディアムナンバーのバラード「Duet」
オフィシャルサイトにて、
この曲のプロモーションビデオに使用する写真を募集していたのです。

*コンセプトは「絆」、「幸せ」
*タイトル「Duet」に合わせたツーショット
*家族や友人、恋人と一緒に撮影した写真

投稿するにあたっての規定はこんな感じでした。



採用されたらいいなあ、と思って応募したけど
きっと何千枚も送られてくるだろうからって、期待はしてなかった。
だから自分の写真を見つけたときは、すご〜くびっくりしました。

この歌、本当に本当に大好き。
歌詞の意味するものが深く感動的で、聴くたび涙腺がゆるんでしまう。
こんな素敵な歌が流れるなかに自分たちが出てくるなんて、
もう嬉しくて嬉しくて・・・

TONE特設サイト MOVIEにて
☆ユーザー投稿PV「Duet」第6弾☆
をご覧ください。大サビに登場します♪

このページのトップヘ