ヨシケン1級建築士事務所   リプランホームページへ

2018年08月02日

羊蹄山へ登りたい 2

羊蹄山へに登りたい という 思いで、いよいよ8月中に行くこと 決定しました。
初級用  試し登りで 手稲山(平和の滝ルート) で 結構 きつい目にあったのですが、
もう少しランク上げて、空沼岳に挑戦!
resize4281
resize4282

中級となっており、登山口では 名簿に記入するよう 小屋があります。
こうなると 本格的の登山では、、。 よく遭難とかで 登山者名簿によると、、、。 とニュースででてくるので、
真面目に書いて おこうと 丁寧な字で 書いた。
resize4259
前の時の手稲は曇りがずっと続いて、山頂も 雲の中でしたが、この日の空沼 快晴で、終日は天候が良いという 予報。
熊注意 と かなり 現実的な 感じで、熊除けの鈴、ストックの手元につけて じゃんじゃか、じゃんじゃか 鳴らしながら進む。
川のそばを登っていくのですが、途中 川を渡って、また反対側へ渡って、結構 危ない 思い。
雨がしばらく降っていないので川の水は綺麗で、水量も適度に良くて 何より。 これで 大雨とか降ったら 一気に増水して 川を渡れなくなるんだと ぞっとする。
この山は綺麗な見どころ あって 苦しい登りの後に ご褒美のような 場面を くれる。
万景沼、 天気が良いので ものすごく綺麗。
resize4260
resize4262
resize4264
山小屋もあります。 この沼を見ながらの休憩 結構救われて。
resize4265
一度 無くなりかけたそうで、登山者からの寄付金で 再建されたそうです。この日もボランティアの方がいて
いろいろ 面倒を見てもらいました。
ここから さらに登り始め。いきなり 熊がひと月前に出たと書いてある。
登っていくと次の沼、真簾沼という沼が現れる。結構な標高の処にこんな大きな沼があるとは、びっくり。
癒されて 山頂目指す。
resize4268
resize4267
登り始めて 3時間半位。きつい岩場を登って 頂上。360度のパノラマ。
resize4278
resize4275
resize4274
以外と近い処に羊蹄も全容を見せている。
resize4280
いつか 行きたい 羊蹄。 もうすぐ あのテッペンにたどり着いてやる!!
待っていろよ 羊蹄!!!!

replanblog002 at 17:34|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月30日

羊蹄山に登りたい!!

若い頃から ニセコ方面 よく行ってますが、仕事でも よく 目の当たりにする羊蹄山。
5年位前から どうも気になる あの山 ずうっと見えていた あの山 登ったらどんなものか気になりだして。
登れるものなら登ってみたいとい欲求がふつふつ 湧きあがって、いよいお今年こそ 登ってやる!! と
登る計画 しております。
P1030447

登山関係のネットで調べると、羊蹄山は上級者が登る山のカテゴリーになっていて、ほとんど登山経験のない私には かなり無謀な目論見かしれません。
今回 春に竣工したニセコでの住宅の施主様は こちらへ移住されて、生活がほとんどアウトドアのご夫婦で、私の思いを聞いて、速攻で ガイドしますから行きましょう、と背中を押してくれました。
これもご縁かと いよいよ 行く気がでてきました。

そこで 秀岳荘へ行って靴を用意して、山登りのもろもろの準備を始めました。
とりあえず 近場から登ってしまえと、手稲山。
平和の滝入り口からのルート。
resize4250
ここは有名な心霊スポットで、山への畏敬を込めての出発。
resize4251
resize4257
発寒川源流になるのか、綺麗な川の脇をひたすら上る。
最大の難関のガレバ!!
resize4256
こんな処 ありか という大きい石の連続の登り。下りも登るときと同じ姿勢で降りなけれななりません。(私の場合)
へろへろになりながら 何とか頂上へ到着。
中学校の遠足で 登って以来の手稲の夏山。(スキーではよく来ていたけど)
resize4252
resize4254
下りの方がしんどかった。足に凄いダメージで、翌日から3日は筋肉痛!

1000m強の標高なので、羊蹄の1900m弱にくらべると まだ初級編。

もう少し場数をと思って、先日は空沼岳へ。

続く!  ジャンジャン!!





replanblog002 at 16:25|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月23日

畑を見て暮らしたい 

畑を見て暮らしたい! 
という最初の要望から、 江別市豊幌の畑に面する土地を見つけて、暮らしが始まって、最初の緑の畑。

竣工は去年10月で、すぐに冬になったので、ようやく畑の緑が綺麗になって。
resize4246
建物は真南を向くように前面道路に対して 振ってます。
畑は 去年小麦でしたが、今年は大豆。 たぶん連作障害のため、つくる作物を変えていると思うのですが。
抜けるような 北海道の青い空の下、大豆畑も悪くない!
resize4249
畑の左端に見えているのが 本建物。

大開口から一面の緑が 見えて 、札幌からJRで29分の豊幌駅のそば。
施主様、札幌の中心街へ勤務。通勤時間 トータルでせいぜい45分。

東京人はどう思うんだろうか?




replanblog002 at 16:11|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月02日

グランドピアノを2階へ搬入 in ニセコ

竣工したニセコの住宅。 最初の与条件 グランドピアノを2階へ入れたい! という 要望。
これができなければ、この建物成立しない。
1階から階段を通って持ってくることは可能性0ではないけど、間違いのない選択はクレーンを使って、2階の窓から入れるという判断。
建築の計画で、2階は大開口のガラス窓があるので、そこからの搬入は可能だ!!
resize4234
resize4235

ただ 基本、建物出来上がって、美装が終わって綺麗にならなければ、入れる事ができない。

2階の窓のガラス、搬入時外すのか、また足場がなければ 搬入も難しい。

工事着工時で ガラスは最後の最後の入れる、 足場は基本はその部分は残す、搬入終わって、
速攻で ガラスを入れる。という手順でスタート。

という事で工事中(真冬も)FIX 大開口 W1900H2400 の1カ所はポリシート張って 過ごしました。
(以外と快適)
5月下旬、いよいよ搬入!!

resize4236
resize4237

ポリシートの腰はベニヤでガード。

以外とすんなりで 搬入完了。

搬入 土曜日で、ガラス入れはどうしても月曜という段取りで、搬入後 またポリシートを張る。

無事ガラス入って めでたし、めでたしで。
resize4238
resize4164
resize4178
すっかり前からそこにあるように主張しております。
resize4179

以前は地下にのコンクリートのスタジオのような処で 弾いていたそうで、此処での音は 柔らかく鳴るようです。
まあ、良かった、良かった。

replanblog002 at 18:10|PermalinkComments(0)clip!

2018年06月28日

厚真町へ移住して13年

神奈川県より 定年を期に厚真町へ移住!

早13年になりました。
今年外装の塗り替え(2階スタッコの塗り壁と木部) をして 新築当時と全く同じになりました。
でもその間 回りの木々は成長して、綺麗な緑になってます。
resize4193
resize4187
右側の桂の木は引っ越してきて植えたもの。樹齢15年位でこんなに大きくなって。
resize4194
resize4198
正面のカラマツのシンボルツリー。 大きくなりすぎて 枝を払ってますが、いよいよ切り倒そうかと
回りが心配しているらしい。 
resize4199
resize4201
1階の外壁はレンガ積み。 もちろん江別のレンガ。
resize4215
resize4207
自然に近い形のガーデニング。季節が進んんで、次々に花が咲き替わっていく。
resize4213
resize4212
resize4211
resize4210
resize4209

ナチュラルガーデン!
resize4228
resize4217
resize4222
中は竣工当時の写真。
resize4223

一番いい季節に 行ってきて、癒しです。
ありがとうございます。



replanblog002 at 09:57|PermalinkComments(0)clip!

2018年06月07日

薪ストーブ 背面の石積み

ニセコ町 の現場 ほぼほぼ竣工。

凄いいい季節になり、羊蹄山はじめ 綺麗な景色です。

薪ストーブを設置するにあたり 設計時は 床、壁(腰) はタイル という 打ち合わせでしたが、施主様
が石を積みたい という ご要望。たしかに いい案!
ニセコヒルトンのホテルの1階には石積みの壁が圧倒している。
それからのインスピレーション かもしれませんが、確かにタイルよりも この建物にあっている。
問題は石だ。石探し、結構苦労して、基本北海道で 手に入るもの、現物が見れるもの になる。
resize4139

いろいろ 探していると、登別に石があるとの事でその砕石場へ 、早速見に行った。
高速道路沿いで 凝灰岩だそうです。 火山噴火で 火山の噴出物が高熱、高圧で 石になったもの。
結構固い。土木工事での法面の間地石、河原の護岸工事 等に北海道内でよく使われているようです。
resize4130

採石現場へ 行って 石を見繕って 仕入れてきました。最大の問題は今時石積をする職人さんがいるか、
いてもニセコまで ストーブの背中に積むだけでも 相当費用かかると思って 悩んでおりました。
ところが 灯台元暗しで、いつも左官、タイル工事してもらってる 克美左官 さん、社長阿部さん、これくらいなら
自分で積める! とい言うではありませんか。
resize4132
resize4133
手際よく 積んでいきます。基本積む作業より、どの石をどう使うかが 難しい。
石を語り合いながらの作業のようです。resize4134
さすがに 職人さん 相当いろいろ経験してきていると感じます。次世代、またその次の世代がいないのが
残念です。

綺麗に積みあがって、ストーブ設置。
resize4135

素敵な薪ストーブライフ 始まります。 結構うらやましい!!!


resize4138
resize4179

羊蹄山がせまっている!
resize4166

replanblog002 at 10:31|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月12日

ギブソンの破綻

エレキギターの王者 ギブソンが 経営破綻だという。

ギター小僧の垂涎もの、中高年でようやく手に入れる事が出来る。

時代が変わり、その王者が いき詰まって。

なんとも 残念な時代の代わり方と思います。

resize4125
どいうわけか、私は20代で フェンダーーもギブソン 手に入れる事 できました。
家に置いてあると邪魔もの扱いされて、かわいそうなので、私の事務所の 机の裏側で 正座!!
resize4126
製図台のそばにギターがあるのは 学生時代となにも変わってない。
ギブソンが破綻したと聞き 久ぶりに このレスポール よく見て、後ろの製造シリアルナンバー、
ネットで調べだして。
No.190411 はどうも1968年製らしい。ところが このレスポールはレスポールデラックスなので、1970年代からのものなので どうもわからなくなった。resize4127
resize4128

どっちにしても 今の時代では ビンテージだ!!
隣のフェンダーストラトキャターは 本物ではありません。
1950年代風に見えますが、うそぴょ〜ん。

家には本物フェンダーテレキャスター あります。ほとんど毎日弾いてます。
もちろん ボケ防止、、、、。 てかぁ!!

replanblog002 at 09:44|PermalinkComments(0)clip!