2017年12月06日

イタリア 新旧の建築を巡る旅 その1

イタリアへ 新旧の建築を回る旅 その1

旅行の後半 ローマ市内の現代の先端の建築を数カ所。
まずはジュビリー教会。

resize4034
resize4036

同じ球体から切り取られた 3枚の帆!

構造、工事の施工 想像つかない。



建築の説明の抜粋です。

■ ニュー・ミレニアムの教会

本教会はニューミレニアムを祝った、ローマ教皇庁の一種のキャンペーン: 「50 churches for Rome 2000 (2000年にあと50の教会を)」の一貫として計画されました。 なお「ジュビリー」とは「ミレニアム」を意味します。

上記により開かれた指名コンペで、マイヤーは世界の屈強:ゲーリー、アイゼンマン、カラトラヴァ、 安藤忠雄(彫塑派が多い?)をなぎ倒し、本プロジェクトを手にしました。

■ Light and Space


マイヤーの本教会は、過去の偉大な巨匠たち -ライト、アールト、コルビュジェ- の教会と同様、 建築家にとっての永遠のテーマ:Light and Space:光と空間 に真摯に取り組んだ、大変美しいものです。

建物はヨットの帆を思わせる、真っ白な3枚の湾曲壁:シェルと、 建物の表と裏を区切る一枚の鉛直壁などからなり、それらをふさぐガラスの屋根、壁で空間が定義されています。

鉛直壁の北側には、近隣のためのコミュニティーホールを併設しています。
resize4038"left" />






図1.概形

中央のガラス屋根はアーチにより支持されている(後述)。
鉛直壁右側はコミュニティホールなどのブロック(図化せず)







■ 3枚のシェル

ローマの空に誇らしげに輝く3枚の白いシェル。これは同一半径の球から切り取られた形状で半径はいずれも同じ。 シドニー・オペラハウスも同様の手法です。

シェルは厚さ約80cm、3m×2mのプレキャストコンクリートのユニット(ブロック)を 積み上げることで構成されています。
壁内部は重量軽減と断熱のため、スタイロフォームが充填されています。
ブロックは最終的にプレストレスケーブルでタテヨコにしばり上げられます。

このようにブロックを積み上げて構造を作っていく方法は、コロッセオを作り、また プレキャストの偉大な先駆者ピエール・ルイジ・ネルヴィを生んだイタリア人にとっては慣れたものでした。



シェルは風などの外力に対して、当然ながら柱梁などの助けなしで、シェル自身で自立、抵抗しています。

これはシェルが「曲がっている」ということで荷重への抵抗力を持っているからです。

例えば図3のようにシェルに風圧力が作用すると、シェルは倒れようとします。

しかし、シェルは曲がっていることから構造的なせい=深さを持ち、引張力、 圧縮力をその部材面内に発生させます。

これにより面外モーメントを生じることなく、効率的に荷重に抵抗することが出来ます







■ ナナメのアーチで屋根を支持

一番内側のシェルと鉛直の壁の間の斜めのガラス屋根は吊材とアーチの、 ちょっと変わった方法により支持されています。

屋根ガラスはT型断面のアルミ受け材に載っていますが、 その中央を細い吊り材で吊り上げられています。

吊り材は受け材=ガラス境ごとに設けられていますが、 この吊り材の引張力成分に釣合うように圧縮力が発生します。

コレに対してはガラスごとに圧縮材を設けるのではなく、斜めガラスぞいにアーチを配し、 圧縮力を渡しています。

これにより圧縮力はアーチに伝達され、最終的にアーチ端部のみに全圧縮力が渡されます。

■ 「白」より白く!

リチャード・マイヤーは白にこだわる建築家として知られています。 本プロジェクトでも同様です。

北極のエスキモーは 雪を何十種類にも分類するそうですが、 同じようにマイヤーの事務所には何十種類もの白の色見本があり、それらを使い分けるとのことです。

シェルはコンクリートそのままで仕上げられるため、コンクリート自身がマイヤーが満足する白さである必要がありました。

マイヤーは施工者が当初考えていた、一般的なホワイトコンクリートでは満足せず、更に白い白を要求したのです。

このため、施工者は試行錯誤の末、コンクリートに大理石(ビアンコ・カララ)の粉末や酸化チタン(TiO2)を混ぜあわせ、マイヤーの期待に応えました。

満足した証拠にマイヤーは、その後の他のプロジェクトでもこの配合を採用するようになりました。

■ 神聖な空間

「聖三位一体」を暗示する「3」枚のシェルと、神聖な空間を美しく照らす、ガラストップライトから 漏れる光。。。

マイヤーは建築家の力量が最も問われる「教会」を、 ニューミレニアムに、しかも聖地ローマで見事に「船出」させたと言えるでしょう。

という説明です。

resize4048
十字架の背中が光を受ける。斜めから光があたるような仕掛け。
resize4047
resize4049
パイプオルガンを収めている。
resize4053

resize4051

壁厚約90僉 床に光が入るように抜いてある。
構造 相当 難しい。基本 難し過ぎて よくわからない。

固いものが湾曲する、 彫刻のような建築かな。

続く!

replanblog002 at 16:37│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔