2013年12月24日

宣伝文句の「当社の住宅は、高断熱高気密です」は、怪しいぞ

「当社の住宅は、高断熱高気密です」

この宣伝文句を使わない住宅屋サンは、皆無のハズです
宣伝文句通りの住宅が建てられているのなら
日本全国、なーんにも問題無し のハズですが
平成24年の年末になっても、
「高断熱高気密住宅のはずですが、寒い・暖房費が高い」という相談が
私のところに寄せられてくるのです

先日は、長野市からの相談がありました

暖房・給湯設備は灯油セントラルヒーティングのようです
住宅は、築8年で、規模は40坪で
1月の灯油消費量が600リットルを超えるそうです
これは多すぎですね

聞くと、気密測定をしていないらしい

電話相談だけでは、たいしたアドバイスも出来ませんが
まずは、
原因調査の第1は、気密測定ですね
第2に、熱画像カメラによる、熱逃げヶ所の確認
第3に、床下や小屋裏の目視確認

これらの調査をして、対策を検討しないなりませんね

この問題、築8年経過しています
新築時のクレーム対応は難しい気がします

結局は、リフォームが必要なんでしょうねぇ
断熱厚さが足りていれば、気密改修するだけで、問題解決しそうですが・・・

『「木造住宅の気密改修」が得意です』という勇和建設みたいな会社は
少ないんですよねぇ


以上のような相談、最近の札幌近郊からも受けております
みなさん、ご注意ください 


replanblog012 at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月23日

部屋の自然給気口の高さが、高すぎないですか?

最近の勇和建設の設計では
第三種(強制排気+自然給気)換気システムの場合
自然給気口の高さを、かなり低めに取り付けています

自然給気口は、季節・外気温・外風圧などの要因により
開閉をする必要があります
また、花粉除去フィルターなどが装備されていて
定期的なメンテナンスも必要です

ということで、お客様(主に奥様)の手が届きやすい高さに設定しています

IMGP3801

これが、工事写真

壁給気口の高さは、床から165cm程度です
簡単に手が届きますよ


低く設置しといえば
電気のブレーカー(分電盤)も、可能ならば、低い位置に設置するように
お客様と打ち合わせしています

一般的には、天井付近の高い位置が多いのですが
踏み台に上がらないと操作ができないのが、悩みの種
ならば・・・と

IMGP2800
IMGP2799

この分電盤、奥様の目線高さ合わせにしました
万が一のトラブル時に、点検/復旧が簡単です

アイディアとして、覚えておいてください


 

replanblog012 at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月22日

野菜室(自然保冷庫)の換気設計

勇和建設の得意技 野菜室(自然保冷庫)の換気設計ノウハウを公開します

IMGP3869
白枠の樹脂ドアが、野菜室です
内部が何となく見えそうな曇りガラスを組み込んでいます 
(透明ガラスにすることも出来ます)

扉を開けると、下記の通り

IMGP3871

可動棚板は、4枚が標準ですが、何枚でも設置出来ます
内部の高さは、207cmなので、棚板間隔を考えながら、お決めください

重要なのは、給気と排気です

右側面上方の白い四角いグリルが、外気給気口です
右側面下方の白い四角い出っ張りが、強制排気口です
温度センサーで自動運転設定タイプです
10度くらいで設定しておいて
その温度より高温になると、強制排気が作動して
上方の給気口から外気が導入されます

外気温が低くないと効果はありませんので
十分にご注意ください

電気代は、1ヶ月30〜50円程度のはず

 

replanblog012 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月21日

ダクトレス型(パイプファン型)第3種換気システムのノウハウを公開します

高気密住宅に必須の24時間計画換気システム

1,第1種換気:同時給排気型
熱回収をする併用する型と、熱回収無しもある
2,第2種換気:強制給気+加圧排気
外気(新鮮空気)を強制給気して、館内を外気より高圧にして、
トイレ・洗面脱衣室・台所などから、自然排気させるタイプ 
3,第3種換気:強制排気+負圧給気
トイレ・洗面脱衣室・浴室・台所などから、強制排気して
館内を外気より負圧(減圧)にして、居間や各居室に設置した
自然給気口から、外気を室内に吸い込ませる 換気

この他に、第4種換気とも呼ばれる「パッシブ換気システム」 もあります。

勇和建設では、お客様とのご相談の中で、
第1種熱回収換気システム(ダクト配管型)
か 
第3種換気 パイプファンシステム(ダクトレス型)

いずれかをオススメしています

今回は、最もお手軽ローコストな
ダクトレス型(パイプファン型)第3種換気システムのノウハウを公開します

2階建て 延べ36坪(120m2) 4LDKの一般住宅で、
2階にもトイレがある住宅を想定します

まず、全館の換気対象総気積を計算します
気積=床面積x天井高さ=120x2.4=288m2
必要換気量は、2時間以内に全館の空気が入れ替わる換気能力です(建築基準法)
数式でいうと:必要換気回数>0.5回/hということです

必要換気量>288X0.5=144m3/hという答えになります

複数台のパイプファンの同時運転で、144m3/h以上の換気量が確保出来ればOKということになります

事前準備情報として、口径100mmのパイプファンの1台当たりの排気量を
概ね確認しておく必要があります

勇和建設では、パナソニック製ターボファン型パイプファンを採用していますが
排気能力は、1台:最大40〜50m3/hです
ということは、この家には、4台のパイプファンがあれば、法的必要換気量は確保出来るということになります

さて、パイプファンのを考えましょう

まず第1には、1−2階のトイレです:これで2台はキマリ

次に、主寝室に併設されているクローゼット内に設置するのが
勇和建設のノウハウです
主寝室は、就寝中に多くの水蒸気が発生するからです
運転音を緩和するために、クローゼット内などに設置するのです

4台目は
設置場所は、洗面脱衣室です・・・が
隣接して、必ずユニットバスが設置されていて、ユニットバスには
必ず換気扇が設置されています
そこで、脱衣室にパイプファンを設置する替わりとして
ユニットバス換気扇を活用すれば、パイプファンは3台でOKとなります

次に、パイプファンの機種選定です

オススメのパイプファンのベーシック仕様が、下記の商品です
パイプファン

運転OFF時の逆風防止シャッターがついています

1−2階のトイレの換気扇は、基本的に24時間常時運転です
2台で≒100m3/hのベースとなる換気量です
換気回数で言えば、100/288=0.35回/hで、ちょうど良い換気量です

主寝室クローゼット内に設置するのは
湿度センサー制御の自動運転型がオススメです

パイプファン_温度センサー

設定湿度を40%程度に設定していただくと良いと思います

法的には24時間連続運転が必要ですが、
住宅管理者責任でこれもOKなのです

ユニットバスの換気扇は
水蒸気の発生量で運転を制御していただくのが良いでしょう

以上で、排気装置設置完了です

自然給気口は、居間と各居室に1ヶ所ずつ設置
空気の流れを考えて配置します

以上で、ダクトレス第3種換気設計の基本が完了です

この他にも、実は、様々なノウハウがあります

例えば、
野菜室=自然保冷庫の換気設計
ゴミカゴと炊飯器まで収納してしまう、多機能キッチン収納造作時の排気設計とか
ペット対応の換気設計とか

換気設計は、様々にあります

どれもこれも、勇和建設にお任せください




 

replanblog012 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!高断熱高気密 

2013年11月26日

2階床のベーシック防音仕様は・・・オプション価格¥3500円/坪です

木造住宅で、2階から1階への防音(遮音)を性能を向上させる場合
(オプション工事ですが)
勇和建設では、ベーシックな防音(遮音)仕様として、床仕様を採用しています

1,(床仕上げ)フローリング12mm
2,ハイクリンボード12.5mm
3,床合板28mm
4,高性能グラスウール100mm
5,(天井仕上げ)石膏ボード12.5mm

以上の5層構造とすると共に
1階天井の骨組(「野縁」と言います)を
2階の床骨組からつり下げるのではなく
「天井吊り木受け」という木部材を天井裏に設置して
「吊木受」から「1階天井野縁」を吊るという『絶縁構造』をさいようしています。

前述の5層構造のポイントは
ハイクリンボード12.5mm高性能グラスウール100mm絶縁構造です

ハイクリンボード12.5mmは、床への衝撃を受ける緩衝材となるだけでなく
床合板から僅かに放出されるホルムアルデヒドを吸収分解してくれます
フローリング+ハイクリンボード+床合板の合計厚さは、
なんと52.5mmにもなり、その中央に、合板より柔らかいハイクリンボードを採用することにより
防音効果を高めています。

USER0405






















上の写真
梁の上に直張された28mm床合板にハイクリンボード12.5mmを張り付けています

USER0402






















上から見るとこうなります
右端に、28mm床合板が見えますよね
その上に、ピンク色のハイクリンボード12.5mmです
その上からフローリングを張ります(上方に見えますよね)
 
高性能グラスウール100mmは、上下階の断熱のためではなく
上下階の音の吸音材として、2階床下直下に設置しています

以上が、オプション仕様ですが、ベーシックな床防音仕様です

オプション工事価格は、坪当たり、3500円です
2階床面積20坪として、7万円程度
お安いオプションだと思います




replanblog012 at 23:45|PermalinkComments(0)clip!インテリア 

2013年11月23日

断熱耐震改修現場の竣工・引き渡しです

USER0346本日は、9月上旬から工事をしていた
断熱耐震改修現場の竣工引き渡し日でした 

外構工事(カーポートなど)がまだ残っていますが、
内部工事は全て完了ですので
お客様、明日ご入居されます






USER0354
基礎断熱改修で、基礎断熱材表面を
左官材料(モルタル) で仕上工事をしたあとは
泥はね防止で砂利を住宅周囲に敷き込みます















 

USER0355






















エコジョーズ暖房給湯熱源機USER0373
メインリモコンの取扱説明風景です
大柄な男性が、協力業者さん










USER0383メインリモコンの次は、
浴室内にある、サブリモコンの説明です

手前に見えるのがエコジョーズの本体です









断熱気密改修なので,気密測定も実施ししています
気密測定データ

測定結果は、上記の通りで、相当隙間面積C値=3.8cm2/m2

脱気圧縮グラスウールによる気流止めの施工による改修結果としては
「まずまず」の数字です

住宅を丸裸=柱・梁だけの状態にしてリフォームする場合には
相当隙間面積C値=2.0以下を実現できますが
床と内装壁のほとんどを残したまま
外から断熱気密改修をする場合には
相当隙間面積が、5.0を切ることが出来れば合格点です

バリアフリー改修も施工済みです

USER0386居間隣接和室で、敷居段差があったのですが
洋間に改修すると共に、
敷居段差のないアルミフラットレール仕様としました









USER0378


脱衣室入り口です
こちらも、リフォーム前は、敷居が出っ張っていましたが
吊り戸に改造したので、段差なしです

以上、完成報告でした









replanblog012 at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月22日

リフォームbefore&after 写真だけでは判らない事が一杯あるです

今年のリフォームの発寒IG邸です

Before写真は 

IMGP7916 





















撮影したのは、まだ雪がある頃 2月だったかなぁ

そしてafter写真が
s-処理済〜IMGP0509

単純に 外壁を張り替えただけではありません

竣工写真では、判らないんですよねぇ


リフォームのポイントは
1,耐震診断に基づく耐震補強
2,断熱診断に基づく断熱気密改修
3,全館暖房&24時間換気システム導入
4,住宅内部の間取り改造
これらを実現してから、新規外装材工事になります

勇和建設株式会社でご提案するリフォームでは
常に「住宅の基本性能の向上リフォーム」がベースになっています

外壁だけを張り替えるリフォームは
「性能向上リフォーム」ではなく、
劣化した外壁を劣化分だけで元に戻す修繕リフォームでしかありません

修繕リフォームをお断りしているわけではありませんが
筑後20年経過した住宅の外壁張り替え工事は
住宅の外装を20年前の新築時に戻すだけで
住宅の基本性能が全く変わりません
(20年前の性能に戻るだけ)

外壁改修時には、プラスオプション50〜100万円程度で
住宅の基本性能を大幅に向上させることが可能です
地震に安心、省エネ、全館快適、結露知らずの住まいに、変身できます

このような点に関心をお持ちのお客様
お気軽にご相談下さい

勇和建設株式会社では
『「断熱改修」とは「気流止め気密改修」が基本』を実践しています













 

replanblog012 at 01:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月20日

ホルムアルデヒド吸収分解性能のある『ハイクリンボード』をご存じですか?

住宅技術者なら、誰でも知っている技術・商品・話題でも
一般ユーザーはほとんど知らない事って、たくさんあると思います。
その一つが、吉野石膏のハイクリンボードではないでしょうか。

メーカー「吉野石膏」のWebサイトから、ハイクリンボードを紹介するQ&A等をコピーしてきましたので
ご紹介させて頂きます。

Q1,ハイクリンボードは、従来のせっこうボードとどこが違うのですか?
A1,従来のせっこうボードの中にホルムアルデヒド分解剤を混入して製造した製品で、
空気中のホルムアルデヒドを吸収・分解してホルムアルデヒド濃度を低減するせっこうボードです。

feature_img_02
 

Q2,他の性能は、従来のせっこうボードと同じですか?
A2,強度、不燃性、寸法安定性、施工容易性など、せっこうボードの優れた性能は全て変わりません。

Q3,F ☆☆☆☆の建材でも、シックハウスの原因になるのですか?
A3,JIS、JAS では、デシケータを使用した方法でホルムアルデヒドの放散量を測定し、
0.3mg / L以下をF ☆☆☆☆の建材としています。
従って、製品によっては放散量はゼロではなく、
温度が上昇するとホルムアルデヒドを著しく放散する建材もありますので、
これらを決して無視はできません。

regular_img03
 

Q4,吸収したホルムアルデヒドは、後で出てこないのですか?
A4,吸収されたホルムアルデヒドは、ハイクリンボードの中で、
別の安定な物質になってしまうので、出てきません。

regular_img04
 

Q5,長期間の在庫で性能は低下しないのですか?
A5,ホルムアルデヒドの分解剤は、安定な物質ですので長期間在庫しても性能の低下はありません。

Q6,ホルムアルデヒドの他の物質には、効果はないのですか?
A6,ハイクリンボードはアセトアルデヒドにもある程度の効果がありますが、
アセトアルデヒド対策にはさらに性能の高いハイクリンボードAceをおすすめします。
また、トルエンやキシレンなどの対策用にはハイクリンボードC がございます。

Q7,効果の有効期間はどれ位あるのですか?
A7,その部屋のホルムアルデヒド発生量やハイクリンボードの使用面積などで全く変わりますが、
壁と天井にすべて使いますと、試算では5年以上効果が持続する場合もあります。(保証値ではありません)

Q8,どこに使うのが一番効果があるのですか?
A8,効果は使用する面積に比例しますが、押入やクローゼット等の収納場所には、
合板が多く使用されていますので、代わりにハイクリンボード〈アートタイプ〉を使うのが効果的です。

feature_img_01
 

Q9,岩綿吸音板の下地に使ったら効果は出るのですか?
Q9,岩綿吸音板は通気性があるため、充分効果があると考えられます。

Q10,ビニルクロスを張っても、効果があるのですか?
A10,壁や天井の裏側空間が高濃度になると、
ビニルクロスを通過してホルムアルデヒドが室内に入ってくる現象が生じますが、
これを防ぐことができ、室内のホルムアルデヒド濃度を低減できます。
また、家具などから室内空気中に放散されたホルムアルデヒドが壁や天井の裏側の空間に回り込んだ場合にも効果があります。
ただし、ビニルクロスを通して直接吸収する効果は低いため、通気性のよい仕上げをおすすめします


replanblog012 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エコ | インテリア

2013年11月19日

温水暖房用のエコフィールボイラーが、発売になっていました

灯油ボイラーおいて、最新のエコな燃焼システムが、エコフィールと呼ばれているものです
高効率潜熱回収型熱源機 と言われています

都市ガスやLPGの熱源機(給湯器)には、エコジョーズが普及していますが原理原則は同じです
エコジョーズ・エコフィールは
高温の燃焼排ガスに含まれている高熱を、
給湯回路や温水回路に組み込んで排熱を回収するシステムを装備しています
この排熱回収回路のおかげで、燃焼効率が10%以上向上しています
これにより、CO2発生量を抑えることが出来る給湯熱源機となります

ガス熱源機では、給湯専用でも、暖房給湯熱源機でも、このエコジョーズ型が存在していました

灯油熱源機においては、給湯専用熱源機には、エコフィール型が発売されていましたが
温水暖房熱源機に、エコフィール型が、なかなか発売されてこなかったのです

そんな中で、ようやく、温水暖房熱源機にエコフィール型が発売されたのです

以下に、パンフレットを掲示します

エコフィール暖房ボイラ_ページ_1

エコフィール暖房ボイラ_ページ_2

エコフィール暖房ボイラ_ページ_3


エコフィール暖房ボイラ_ページ_4

暖房用灯油ボイラーにエコフィール型が出来たことにより
私としては
住宅の熱源として、灯油を再評価することにしました

これまでは、暖房給湯の熱源に関しては
2011.3.11以降は、オール電化を排除して
天然ガスかLPGのいずれかを推奨してきましたが
給湯ボイラーも暖房ボイラーもエコフィール型とすることにより
天然ガス供給エリア以外では、LPGか灯油か という選択が可能になりました

※北海道ガスの天然ガス供給エリアでは、間違いなく天然ガスの方が有利です

以上、エコフィール型温水暖房用灯油ボイラーが発売された・・・というニュースでした
カタログ日付が、今年の8月30日ですね
9月11日付けで、メーカーのWebサイトで情報公開されておりました
情報提供が後れたことをお詫びします

メーカーWebサイトは、こちらです




 

replanblog012 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月18日

玄関ポーチにベンチがあると、便利・・・というお話

玄関ポーチ、あるいは、玄関風除室内に
ベンチがあると、ひょうとしたら、便利じゃないだろうか・・・というお話です

買い物等の荷物で両手がふさがっている時
玄関ドアの鍵をどうやって操作していますか?

玄関ドアの前に立って、直ぐ横に、荷物が置けるベンチがあると
便利だと思いませんか?

たぶん、便利だろうという思いがします。
考えてみたたででは、実感が少ないので、

サンプル写真を造ってみました。

ベンチを用意して、知人宅の玄関前に置かせて頂いて
写真を撮ってみました。

USER0294

USER0292

こんな具合ですが・・・


撮影に使ったベンチは、ホームセンターなどでガーデニング用で市販されている
既製部品を組み立てたものです。
塗装は、しっかりと、木材保護系塗料で塗りましたから
このまま3-5年、風雨にさらされていても大丈夫です。

玄関からとりあえず出てきて、靴などを履きなおす・・とか
生活協同組合で実施している買い物の宅配置き場とか
役に立ちそうなシーンが数場面浮かんできませんか

今日は、「玄関の外にベンチを・・・」というご提案でした

 

replanblog012 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エクステリア 

冬の快適生活温度は、窓の断熱(防露)性能で決まる?

このブログで、なんどか書き込んでいますが
「結露に遭遇しない、冬の快適温度」の話です。

住宅の外壁断熱が高レベルになりつつあります。
断熱厚さは150mmとか200mmとか。
24時間計画換気で、確実に室内換気が行われています。
こうなると、外壁の室内側表面では、
「結露のリスク」は、ほぼゼロと言っていいでしょう。

問題は、窓と玄関ドアに集約されます。

窓・玄関ドアと外壁の断熱性能の差が大きくなりつつあります。

断熱玄関ドア・・・とは言うけれど
その断熱性能=熱貫流率は、2.3W/m2・K前後です
この数字、200mm断熱壁の≒10倍です
(10倍、熱が逃げやすい)

PVC樹脂製枠に16mm厚のアルゴン層をもったLOW-Eペアガラスの
サッシ全体の断熱性能=熱貫流率は、1.5W/m2・K前後ですが
外壁の平均熱貫流率(熱の逃げやすさ)は、
次世代基準適合外壁の、≒4倍
150mm断熱壁の、≒5倍
200mm断熱壁の、≒7倍なんですねぇ

ということで
窓で起きる結露が少なく暮らせる温度・湿度 という判断基準で
「冬の快適温度」が決まってくるのです

外気温、マイナス5度以下、として
冬の快適温湿度は、室温21度、相対湿度45% 
これでも、窓ガラスの下の方には、
うっすらと結露が起きると思いますが
前述の樹脂サッシを使う設計では、やむを得ないところです

一方、
玄関ドアを、木製断熱玄関ドア(熱貫流率 1.6W/m2・K以下)
窓を、トリプルガラス仕様の木製サッシ(熱貫流率 1.2W/m2・K以下)となると
冬の快適温湿度は、室温21度、相対湿度45%
の環境下では、ほとんど結露は起きないのでは・・・と思います
室温を18-19度程度に下げて、相対湿度が50%になっても
窓廻りには、結露が起きないかもしれません

このように、
冬の快適温湿度を決める要素は
温湿度そのものではなく
窓の仕様・・・だったのです

そんな時のオススメサッシが
YKKapから発売されている、APW330真空トリプルガラス

キムラから発売されている木製サッシ、VJフェンスター
などの高性能なサッシです
是非、ご採用をご検討下さい

 

replanblog012 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!高断熱高気密 

2013年11月17日

他社の基礎を見ると、勇和建設の基礎との違いに、ビックリしてしまいます

勇和建設の近隣で、某社の新築住宅基礎を見かけました

USER0192普通の一般的な基礎です

最近の勇和建設では
長期優良住宅適合等の、
高耐震仕様の基礎ばかり造っているので
一般仕様の基礎に、違和感を感じてしまいました・・・
アンカーボルトの間隔とか種類とか・・・
この基礎でも、建築基準法的には、問題ないのでしょうねぇ



USER0193
勇和建設の基礎工事で、外周部のアンカーボルトは
その間隔は91cm以下です

この基礎は、アンカーボルト間隔は182cm間隔のようです 
なんか疑問 
国土交通省告示1460号に基づくと、
筋交などの91cm長さ耐力壁の両端直下には
アンカーボルトが必須なので
182cm間隔では、告示不適合になるはずなんですが・・・
この点は、図面が無いと判断つきません

勇和建設の基礎・・・オーバースペックでは無いはずですが
この写真の基礎より
1,基礎巾が厚い(12cm→15cm)
2,床下換気口がほとんど無いので、高強度
3,床下路盤は、火山灰埋め戻しではなく、土間コンクリートでしっかり防湿
4,アンカーボルトが太い、本数が2倍くらい多い
5,そもそも、この基礎は「床断熱工法」。勇和建設なら、必ず基礎断熱工法。

あまりに違いすぎますねぇ

弊社を評価して頂いている某設計事務所の所長が、
これらの差を
「吉野家の牛丼:並」と「高級料亭の鰻御膳」のような差と表現してくれたことがありました・・・

 

replanblog012 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!新築 | 構法・構造

2013年11月16日

3層ガラスの引違いは、ことのほか、重たいのです

IMG_0003

この写真
半外付タイプ引違窓 W1690 H2070 サイズの窓です・・・が
ガラスは、3層=トリプルガラスを組み込んであります

トリプルガラスは、さすがに重たいようです
窓下枠が、窓ガラスの重さで、変形してしまう問題に直面しました

窓枠の下側に、補強部材(アルミ製)を取り付けないと
引違窓としての気密性も確保出来そうもありません

メーカーと大至急対策会議が必要となりました

 

replanblog012 at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!高断熱高気密 

2013年11月11日

やっぱり、熱交換換気でしょ  一番は

やっぱり、熱交換換気でしょ  一番は

24時間換気に関して、勇和建設の齋藤が、いつも様々なコメントを発信しているので
混乱しているユーザー(お客様)がいらっしゃるようです

確かに、1時間当たりの換気回数を減らしていくと
熱回収する換気風量がへるので、改修できるエネルギーも減ってきて
実質的回収効率も低下するのですが・・・・
IMGP4058

やっぱり、熱交換換気でしょ

と、私は思うのです

厳寒期に限っての話ですが
北海道札幌市の真冬では
第三種換気の給気口は
氷点下10度以下の外気をダイレクトに室内に導入することになります
これによる部分的結露などは、避けて通れません

熱交換換気システムの場合、室内に導入される外気温が
15度前後にはなるので、「給気口の結露」という問題もありません
IMGP4055

イニシャルコストが少々お高いのが難点ですが
改修する熱エネルギーで15年程度で、原価回収は出来ます

勇和建設の齋藤は、やっぱり、
第1種換気:熱交換換気システムが
高性能住宅(Q値1.3以下)には、オススメだろうと考えています

今回アップした画像は
ローヤル電機で製作され
日本電興から発売されている、熱交換換気システムです
この機種は、「全熱交換」といって
換気により排出されてしまう室内水蒸気も回収してくれるタイプです

一方、室内水蒸気は回収しない=熱交換素子が水蒸気透過型ではないタイプもあります

どちらが良いかは、お客様と相談しながら決めますが
最近は、水蒸気を回収しない顕熱交換型をオススメすることが増えましたねぇ

11/4にアップしたブログ

ライフブレスの高効率熱交換換気システム「Model 195MAX ECM」を設置しました(新築住宅)

も、顕熱交換型です
このタイプは、室内の水蒸気量を低減してくれるので、様々メリットがあります

断熱・気密・換気・全館暖房の4要素は
住宅全体で「高レベルでバランスをとる」ことが要求されます

ところが、断熱レベルが並みなのに、イニシャルコストが高い熱回収換気を採用していたり
全館暖房が実現できていないのに、換気だけ熱回収だったり・・・
アンバランスな設計を見かけると、技術屋として、「ちょっとがっかり」・・・。

勇和建設では、気密性能1.0cm2/m2以下
Q値は、ご要望により、1.6以下で、いかようにも設計出来ます


 

replanblog012 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月10日

住宅室内の出隅角を「まあ〜るく」納めているカラクリは・・・・

勇和建設では、クロス張り仕上の住宅内部の出隅を「まぁ〜るく」仕上げています
これが、お客様に大変好評です

そのカラクリは
IMGP5650


































IMGP5652

石膏ボードを張る前に
角に出隅を「まぁ〜るく」仕上げるための
樹脂製部材を取り付けます

写真中の白い部品です



このような住宅部品は、複数の住宅建材メーカーから発売されています
1本数百円
家全体で20本もあれば十分か・・・なのです

CatalogDownload2

弊社で採用しているのは、フクビ化学工業のエココーナーライン(先付け)ですが

「創建」というメーカーにもあります
文書名 _創建カタログ33-P32
これだけのことなのですが
他社サンは、ほとんど採用していません

勇和建設の「気配り設計」の一つです
もう20年になりますかねぇ、この納め方は・・・


今日は、日曜日で、ヒマだったので、ブログネタ 4編をアップしました
そろそろ寝ますか  もう22時30分です


























 

replanblog012 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!インテリア | 新築

窯業系サイディング14mm、新築後4年でひび割れが起きた実例です

IMGP0008

2階の窓下ですが
コーキングの引張り力でひび割れが起きたようです


IMGP0010
居間の吐き出し窓下です
サイディングの施工巾が数センチだったので、微妙な応力で、ひび割れが出たようです


IMGP0415

1階東面の窓上です
サイディング自身の温度による収縮が影響したようです
窓の角からパックリ割れました

NCM_0017


 2階 西面の外壁です
開口部でも無いところですが
サイディングの施工釘孔が関係しています
ここも温度収縮の影響でしょうか 

以上の実例は
新築後4年で発生したものです
新築後2年は、弊社で補償していますが
4年目なので、補修費≒4万円のご負担をお願いいたしました

こういう事があり得るのです 窯業系サイディングには
業界のWebサイトも参照して下さい
「サイディングの維持管理はどうするの」
 

replanblog012 at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!新築 | エクステリア

階段・廊下の巾が1,015mmというは、勇和建設の得意な設計寸法です

勇和建設の設計図に時折登場する独特の寸法があります

「1,015」 という長さ(巾)です

設計の基本グリッド(モジュール)は、910mmですが
階段や廊下などを少し広く設計する時に
1,015mmという寸法をよく使います
1,000mmではないのです

1,015=910+105なのです
角材1本105mm広くするのです
1,000mmより、木構造が納まりやすい寸法なのです

910 mmでグリッドで設計する廊下・階段の内寸法は780mmです
これを105mm広げるだけで、イメージが広さ感が随分と違ってきます
巾が11%も広がるのです

広がった分、隣接の部屋とか収納を105mm分小さく作ります
たとえば、8帖間なら、壁の芯々寸法 で3640mm,
内々寸法で3510mmですが、この寸法が105mm減ったところで
ほとんど(全く)問題になりません
プロでも気づかない寸法です

たとえば・・・の設計例で
1F-平面図
2F-平面図
図面をダブルクリックすると、大きな画面で見ることが出来ると思います

階段・廊下を105mm広げて、1,015mmで設計した例です
設計例は、2階にLDKがある一風変わった設計例です
家族全員が毎日何回も階段廊下を通過すると思い
105mm広げる設計としました

1階は、その分を洋室A、Bを狭くしています
2階は、押入・クローゼットを狭くしました
押入の奥行きが700mmになってしまいましたが
布団のたたみ方を工夫すれば、十分に布団収納になるはずです
クローゼットとしての700mmは必要十分な奥行きです
 
他社サンでは、このようなことが「出来ない」とか言っている会社もあるそうです
(お客様から聞きました)
勇和建設は、このような、お客様のためのちょっとした工夫が得意なんです
細かな見積をすれば、同じ面積でも、角材を数本余計に使うので
数万円程度割高になるはずですが、階段廊下を1015mmとすることで
追加差額をお客様から頂いた記憶が有りません

1,000mmではなく1,015mmというのが、ポイントなんです

アップロードした図面
木曜日に打ち合わせをするSさんの為のプランニングなんですが
Sさん、このブログ、見ていてくれているのだろうか・・・・ 

replanblog012 at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!バリアフリー | 新築

荒天の中でしたが、地鎮祭をさせて頂きました

11/10は、大安 ということで地鎮祭でした
運悪く、荒天です

こういう時は、1.8m脚立4台を使って、臨時のテント張りです
風で飛ばされないように、地面に8本のアンカーを打ち込んで
脚立の足を固定しました

s-処理済〜IMGP1066

神主さん
朝一番は、9時から千歳方面で地鎮祭だったそうです
その次に、勇和建設の現場に来て頂きました
ご苦労様です

地鎮祭と言えば、鍬入れですよねぇ
今回は、オーナーご一家全員が鍬入れしました
s-処理済〜IMGP1074

トップは、もちろんご主人様
次に、奥さんも鍬入れをしてから
奥さんと一緒に、お子さんにも鍬入れをして頂きました
s-処理済〜IMGP1077


 




 






























地鎮祭の中で、神主さんが四方のお清めをしてくれていますが
祭事終了後に
オーナーに も、お清めをお願いするのが、勇和建設流です

ご主人に塩・米を巻いて頂き、奥さんに日本酒をお願いしました

s-処理済〜IMGP1091

以上、地鎮祭報告です

なお、地鎮祭や上棟式など、建築祭事にかんしては
札幌の西野神社さんのWebサイトに詳しく載っていますので、
関係/関心のある方はは参考にして下さい



 

replanblog012 at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月09日

住宅ローン情報 北海道銀行&北洋銀行

勇和建設で、お客様に住宅ローンのご紹介をする時には、
まず北洋銀行、次に北海道銀行をご紹介しております。

 北洋銀行スペシャル住宅ローン_ページ_1
北洋銀行 住宅ローンで、まずオススメするのが北洋銀行スペシャル住宅ローン_ページ_2
このスペシャル住宅ローンです 

諸条件を満たすお客様がご利用頂けますが
前払い保証料不要で3年固定金利0.8%
4年目からの金利優遇マイナス1.2%
という好条件です

















これに対抗している北海道銀行の住宅ローンが、こちらです
道銀住宅ローン_ページ_1

北洋銀行より、当初金利で0.5%低く、4年目以降の優遇金利も、道銀住宅ローン_ページ_2
マイナス0.1%の差があります

ここで問題となるのが、両行に店頭基準金利です
北洋銀行のローン店頭基準金利は、こちらからリンク中
北海道銀行のローン店頭基準金利は、こちらからリンク中

よ〜く見ると、北海道銀行のローン店頭基準金利の方が、僅かに低い
それでいて、優遇金利でさらに0.1%の差があると
「スペシャルローン対決」では、北海道銀行 住宅ローンが有利となります

また、借入全期間固定金利となる
固定スペシャルローン・・・というのも、両行にあります

北洋銀行は
北洋銀行固定スペシャル住宅ローン_ページ_1
北洋銀行固定スペシャル住宅ローン_ページ_21.95%で全期間固定の住宅ローンですが
8大疾病保障付きの場合は、プラス0.2%で、
2,15%の固定金利となります


 

















これに対抗する北海道銀行の住宅ローンは
道銀住宅ローン_ページ_5
北海道銀行のローンでは、道銀住宅ローン_ページ_6
2段階金利で固定となっています

借入期間20年以下の場合、北海道銀行の方が有利です

借入期間がそれよりも長期の場合
北洋銀行の方が有利です















住宅ローンは、上記2行の他に
低金利では、ネットバンク系金融機関やメガバンクも金利が安いようです
三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行などがありますが
北洋銀行や北海道銀行の方が、店頭の担当者との面談の中で
ローン手続きを進められるので、安心できるし、気軽です。

勇和建設の齋藤としては、
全期間固定金利なら
1に北洋銀行 2に北海道銀行 で 
3年固定金利で繰り返していくなら
1に北海道銀行 2に北洋銀行 で 住宅ローンをご紹介したいと思います





 

replanblog012 at 02:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月08日

MEDAS(メダス) 網棚を事務所に取り付けてみました

このブログでご紹介した、メダス:網棚システムを
勇和建設の事務所に取り付けてみました

ご紹介ブログは、こちらからフィードバック

USER0202

巾80cmタイプの2連結です

以外と手間取りました
タテの棚柱取付に問題なし

アーム型棚受けに網棚をセットするのに、
「慣れ」がいるようです

事務所に来られるお客様にご評価を頂きたいと思いますので
よろしくお願いします

USER0201
 

replanblog012 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

既存住宅の階段に手すりを新設する時は、ベース板を先付けします。

既存住宅の階段に、後から階段テスリを取り付ける時IMGP1003
テスリを固定する金具を取り付けるべき位置に
ちょうど良い壁内木下地がある・・・ということは
まず、ありえません。

そのため、テスリ固定金具を取り付けるためのベース板を
壁表面に固定します。
ベース板は長いので、壁内木下地位置でしっかりと固定できます。






IMGP1004新設テスリの固定金具を、このベース板のどこにでも固定出来るので
安全にしっかりとテスリを固定することが出来るのです。

 

replanblog012 at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月07日

収納棚の造作工事とLPGのエコジョーズの実例

昨年末の写真ですが、苫小牧 S邸のレポートです

収納棚付対面キッチンの造作実例です

IMGP6956
 
対面キッチンの対面カウンター下に収納棚をつくりました
奥行きは30cm程度のタイプです

キッチンの奥にも作りました
IMGP6955
こちらがキッチンバックの収納棚で 奥行き60cm級です

IMGP7942
前後の位置関係は、こうなっています

このほか
居間に本棚とデスク・カウンターも作りましたよ
IMGP6967

IMGP6954
 
隣接する階段もオープンタイプ
IMGP7962

IMGP7961

2階の主寝室には、押入とクローゼットを造作しました
IMGP7968

このように
勇和建設株式会社では、お客様のご要望を伺いながら
様々な造作工事をご提案しています 



暖房給湯は、天然ガス(都市ガス)供給エリアなら迷わずエコジョーズなのですが
そうでなくても、やっぱり
LPGでエコジョーズ暖房給湯システムを推奨しています

この場合、敷地内に150kgバルク貯槽を設置します

IMGP7977
バルク貯槽とガスボンベとは大きな違いがあります
バルク貯槽は、敷地内に固定されていて
ガス会社のLPGローリーが、やってきて、ホースを直接つないで、LPGを補給します
IMGP7953
エコジョーズ暖房給湯システムの本体は、巾48cm 奥行き25cm 高さ130cm
このサイズで、暖房と給湯がOKです
通常は、洗面脱衣室に本体を設置します
灯油ボイラー等と違って、暖房運転していても、本体からは発熱はほとんどありません
だから、洗面脱衣室内にも、温水暖房パネルが必要なのです

IMGP7936

各部屋には、温水暖房パネルを設置します
パネルヒーターには室温を制御するサーモスタットヘッドがついているので
各部屋別に設定温度を変えることも出来るのですが
エコ運転の原則は、どのパネルも同じ温度 ということになってます

以上、≒1年近く前の写真でしたが、収納棚造作とエコジョーズのレポートでした

 

replanblog012 at 05:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エコ | リフォーム

2013年度グッドデザイン賞のシャワーヘッドどエコハンドル水栓

(以下、lixil-webサイトからのコピーですが、新商品をご紹介します)

公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2013年度グッドデザイン賞」において、『エコフルシャワー』と『エコハンドル』の2商品群がグッドデザイン賞を受賞しました。エコへの関心が高まる中、商品デザインに時代のニーズを反映したエコ水栓の特長と、このたびのグッドデザイン賞の評価をご紹介します。

(左)エコフルシャワー・スイッチ付 GOOD DESIGN AWARD 2013(右)エコハンドル GOOD DESIGN AWARD 2013

エコ水栓ほか全14商品がグッドデザイン賞を受賞

LIXILでは2013年度、キッチン・トイレなどの水まわり商品から、窓や玄関ドア、エクステリア、設計サポートに至る、住まいに関わる幅広い商品ラインアップの全14商品がグッドデザイン賞を受賞しました。その中で『エコフルシャワー』『エコハンドル』の各商品群は、シャワーの省エネルギー化、CO2削減への貢献など、いずれも高いエコ性能が評価されての受賞となりました。

省エネ性と浴び心地の良さが評価を得た『エコフルシャワー』

『エコフルシャワー』は、少ない水で従来と同等の浴び心地を実現したことで、節水と、シャワー本来に求められる浴び心地の良さを両立したシャワーシリーズです。

グッドデザイン賞評価コメント

住宅におけるエネルギー消費の多くを給湯エネルギーが占めている点に着目し、日常で使用するシャワーの省エネルギー化に取り組んでいる。少ない水で大粒の勢いのあるシャワーを吐水する新機構は、単に省エネを掲げるだけでなく、シャワー本来に求められる浴び心地の良さも同時に実現している。

開発担当者のコメント

開発者:小牧秀征 (LIXIL プロダクツ カンパニー デバイスBU デバイス開発部 水栓開発グループ 浴室水栓チーム)

節水・節湯性能向上のために、従来技術の延長で穴数を少なく、散水穴を小さくすると、水の勢いが強すぎて浴び心地を損ないます。そこでさらなる性能向上のために、違う方法を求めて開発したのがエコフルシャワーです。形状や大きさ、配置など、たくさんの試作品で試行錯誤を繰り返しました。審査の評価では、我慢して使うのではなく、浴び心地よく、無意識に節水・節湯となることを評価していただき大変嬉しく思います。今後も節水・節湯性能のさらなる追求と、プラスαの魅力的なシャワーヘッドの開発を続けていきます。

デザイナー:橋本みゆき (LIXIL プロダクツ カンパニー 海外商品企画統括部 海外キッチン・洗面開発部)

単に省エネだけでなく、浴び心地の良さも同時に実現させること、また様々な浴室空間のインテリアと組み合わせやすいようすっきりとしたスタイリングも心がけました。内部に複雑な機構を有する為、ボリュームが大きくなりがちなところを自然な外観形状におさめるのを苦労しました。エコフルシャワーの羽根車の機構や節湯性能、すっきりとしたデザインなどを評価いただけ大変光栄でした。これからも生活を豊かにできる良いデザインを生み出していきたいと思います。

<「エコフルシャワー」のメカニズム>

【羽根車】この羽根車がシャワー穴の半分を塞ぎながら高速回転

羽根車がシャワー穴の半分をふさぎながら高速で回転し、シャワー内の圧力を増幅。勢いのあるシャワーを吐水(エコフルスプレー吐水)することで、従来のシャワーと比べて約35%(当社比)の節湯(せつゆ)効果を実現しました。加えて、シャワー内の圧力を増幅させることで勢いを保ち、散水穴を大きくすることで一粒一粒のシャワーを大粒化。心地よく、肌触りもよいシャワー感が得られます。

省エネ(都市ガス)

省エネ(都市ガス) グラフ
エコフルシャワーでは 年間約9,900円 節約できます。 | スイッチシャワー+エコフルシャワーでは 年間約13,600円 節約できます。

【試算条件】「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、床面積120m2の住宅)から算出。【引用元】「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」、「住宅事業建築主の判断の基準」および自社基準【単価】上下水道:265円/m3(税込)、都市ガス:165円/m3(税込)

『エコフルシャワー』が省エネ基準対応に

現在、住宅・建築物分野のよりいっそうの省エネルギー化が求められる中、さらなる地球温暖化対策を推進するため、2013年10月、住宅及び建築物に係る省エネルギー基準が見直されました。なかでも、住宅で消費されるエネルギーのうち約3割を占める「給湯エネルギー」の削減に貢献する水栓として、手元止水、水優先吐水の水栓金具が省エネ基準の対象となりました。さらに、今後新たに『エコフルシャワー』をはじめとする小流量吐水の水栓金具が対象として追加されます
LIXILは、節湯水栓の普及を推進することで、給湯の一次エネルギー消費量を削減し、環境負荷の低減に貢献します。

※ 小流量吐水の省エネ基準への追加は、2014年の予定です。

住宅・建築物の省エネ基準(2013年)における 準一次エネルギー消費量(東京4人世帯、床面積120m2の戸建住宅の場合)

省エネ法の「住宅事業建築主の判断基準」「住宅の省エネ基準」、エコまち法の「低炭素建築物認定基準」において、そのエコ効果が認められている水栓の機種・機能は下表の通りで、節湯種類・使用される空間別に削減率が設定されています。

表
  • ※ 節湯B1 ・・・「節湯B1」は2014年施行予定となります。
  • ※ 2バルブ湯水混合水栓は、他の形式に比べ湯温度調整が困難であるために無駄な湯水の消費が増えるとされているため、節湯水栓の対象外となっています。
  • ※ 本表に掲載されている情報は、2013年10月現在の情報であり、今後変更される場合があります。詳細は、
    公式HP:http://inax.lixil.co.jp/eco/products_data/saving_energy/index.htmlをご覧ください。
  • ※ エコフルシャワーの削減率は、自社基準で35%削減としています。

レバー正面位置で給湯器が作動しない『エコハンドル』

無意識での湯の使用を抑制(節湯 −せつゆ−)することで、無駄な給湯エネルギーの消費を抑える、キッチン・洗面化粧台・浴室用のシングルレバー混合水栓の商品群です。

グッドデザイン賞評価コメント

シングルレバー水栓は、温度と流量の調整が一つのレバーで行える便利な製品である。台所用、洗面所用として多くの現場に採用されている。従来品では、レバーハンドルが正面の位置で使用すると給湯器が作動してしまい、使用者は知らないうちにお湯の無駄遣いをしていた。デザイン的にもレバーを正面にした状態を基本として設計されている。本商品群は、正面の位置であっても給湯器が作動しないように内部設計を行っていて、CO2削減の点で、今後、大きく貢献できるものである。

開発担当者のコメント

開発者:太田俊二 (LIXIL プロダクツ カンパニー デバイスBU デバイス開発部 水栓開発グループ トイレ・洗面水栓チーム)

「人は、シングルレバーのハンドルを、無意識のうちに正面位置で使用することが多い」ということに着目しました。同時にどんな水栓にも使えるようにし、お客さまがわかりやすく使えるようにこだわった商品です。ハンドルを正面にした状態を基本として設計していることが、私達が最もこだわったところであり、苦労したところであるため、その点が評価されたことは本当に嬉しかったです。今回の受賞を機に、このLIXILオリジナルのエコハンドルの操作範囲、エコハンドルマークが広く世間に普及することを期待しています。

エコハンドルマーク

デザイナー:冨安真央 (LIXIL プロダクツ カンパニー トイレ・洗面GBU トイレ・洗面商品部 商品企画グループ デザインチーム)

ぱっと見ただけで湯水の出る位置がわかる表示デザインにこだわりました。数パターンの表示デザインを用意し、いろいろな人に操作してもらいながら湯水の出る位置が正しく伝わっているかどうか観察しました。その結果、「青い丸と赤い線」の表示で、ほとんどの人が正しく操作してくれることがわかりました。よく使うハンドル正面の位置で「水」が出る、他社にはない設計ポイントについて評価いただけたのが良かったです。今後も、新しいことにどんどんチャレンジし、いいデザインの商品を生み出していきたいです。

<『エコハンドル』のメカニズム>

従来品と異なり、よく使うレバーハンドル正面の位置で「水」を出す省エネ設計としたことで、無意識に行っている湯の無駄遣いを防止。無駄なエネルギー消費を抑えることで、従来品と比較して約30%の省エネ効果が期待でき、光熱費節約やCO2削減につながります。

(左)レバーハンドル正面の位置では水が出ます。(中央)お湯が混合する位置はクリックでお知らせ。(右)温度調整がしやすいように湯水の混合範囲はできるだけ広く設定しました。| 『エコハンドル』

省エネ(都市ガス)

省エネ(都市ガス) グラフ
エコハンドルでは 年間約1,500円 節約できます。

【試算条件】「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、床面積120m2の住宅)から算出。【引用元】「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」、「住宅事業建築主の判断の基準」および自社基準【単価】上下水道:265円/m3(税込)、都市ガス:165円/m3(税込)



replanblog012 at 01:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エコ 

2013年11月06日

浴室の天井換気扇、外風圧でパタパタと音が発生していませんか?

p_CD_01三菱換気扇の部品ですが、「逆流防止ダンパー」をご紹介します

ユニットバスの天井には、口径100mmの天井換気扇が標準的についています
この換気扇には、運転停止時の逆流防止の為、
「風圧シャッター」という部品が付属しています・・・が

強風時などは、室内の空気が、運転していない換気扇から吸い出されて
風圧シャッターが、パタンパタンと音を出して、動いていることはありませんか?




台所のレンジフードでも、同じようなことが起きていませんか?s-org2
レンジフードの場合は、口径が150mmと、浴室用より大きいので
強風時に吸い出される動作が起きると、より大きな音になるはずです

これらを解決する部品が、逆流防止ダンパーです





s-org2風圧シャッターは、単純に、薄い開閉シャッターの重力を利用していますが
この逆流防止シャッターは、バネの力を利用しています
浴室天井換気扇の排気ダクトの外壁側フードを外して、その中にセットするのが良さそうな部品です
適度なバネが使われていて 、天井換気扇が動作するとその風圧で、シャッターが開きます
換気扇が止まると、バネの力により、シャッターが閉じます
強風時にも、バネがきいていて、逆流が起きません
(想定以上の強風時には、逆流が起きる場合もあると思いますが・・・)


部品代としては、お安い部品です
口径100mm用 品番AT-100CD2 ¥3600円
口径150mm用 品番AT-150CD2 ¥4800円 となっています

入浴中に、浴室換気扇のパタパタ音が気になる方に、逆風防止シャッターをご紹介します

(ひとりごと)
こうゆう部品があることを、多くの住宅技術者も知らないらしい
高価な逆風防止のため、高価な電動シャッターを使っている住宅にも,出くわしたことがあります 

2013年11月05日

OSBの高壁倍率認定工法が、長期優良住宅 の設計施工に役立っています

勇和建設株式会社が施工する新在来木造構法の耐震性能を確保しているのが
OSB(構造用パネル、オリエンテッド・ストランド・ボード)です

OSBは、外周部・中通り共に、CN50(太め釘50mm)で150mm間隔で張り付けることにより
壁倍率2.5倍の水平耐力を認定されています・・・
が、
外周部の釘間隔を短くすることにより、壁倍率2.5倍が、3.2倍、4.1倍と
高壁倍率となることの国土交通大臣認定を取得しています

木造軸組工法 高壁倍率の件


勇和建設株式会社では、この「高壁倍率施工」を積極的に採用しています 

長期優良住宅 認定取得の場合、耐震性能を高めた設計施工が求められます
このときOSBの、壁倍率3.2倍、4,1倍が大いに役立っています

USER0187

OSBの表面には、5cmピッチで、釘打ちのためのマーキングがあります
大工さんは、このマーキングを目標に釘打ちをします

このマーキングがあるので
壁倍率2.5倍の時は、150mmピッチ
壁倍率3.2倍の時は、100mmピッチ
壁倍率4.1倍の時は、 75mmピッチ という釘間隔が確保出来るのです

上の写真は、100mm間隔で打たれている釘の確認です


 

replanblog012 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!構法・構造 

2013年11月04日

ライフブレスの高効率熱交換換気システム「Model 195MAX ECM」を設置しました(新築住宅)

熱回収換気システムの話

江別市のOTさん宅に設置した熱回収換気システムの本体です

USER0128

カナダ製の「ライフブレス」という換気システムです
この機種は、「MODEL 195MAX ECM」というタイプで
内部に熱交換素子を二重に持っていて
熱回収効率が88%という、高効率タイプです

メーカーのカタログコピーを張り付けます

新規スキャン-20101103104253-00001


新規スキャン-20101103104300-00002

「Model 195MAX TCM」本体は、結構な大きさがあって(巾 1245mm)
間口1.82Mのクローゼット内に納まりきれないで
隣の間口0.91Mのクローゼットにまで、設置範囲が及んでいます。

以前は、スティーベルの熱交換換気システムをお客様に推奨していましたが
「Model 195MAX TCM」の方が、本体価格がお安いので、採用させて頂きました。
また、同時給排気ですが、一つのDCモーターで二つの送風ファンを回すという
省電力性も評価をしております。

それにしても、でかい。
今回は、2.73M間口のクローゼット内に納めましたが
1階に適当なスペースが無い場合は
基礎断熱の床下空間に本体を納めることも考えたいと思います。

熱交換換気素子が1台で、本体がコンパクトな155MAXでも
十分な熱回収効率を持っているので、こちらも今後の採用を検討したいと考えています。


 

replanblog012 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!新築 | エコ

2013年11月03日

15段階段か16段階段か、・・・・少し、悩んでおります。

現在、OTさんの新築住宅を設計中なのですが、階段設計で悩んでしまいました。

とりあえず、現設計は、以下のとおりです。


 2階平面図15段階段

15段階段で、
1段の蹴上げ高さ195mm/1段の踏み面長さ227.5mm
=6/7=北方型住宅基準設計適合。 となっているのですが・・・
最上部90℃曲がりを3段に割ることで、16段階段にすることが出来ます。
15段割から16段割りにすると
1段の蹴上げ高さが、195mmから182.8mmとなり
先日のブログでもご紹介しましたが、かなり緩い勾配の階段となります。

2階平面図16段階段



だが、しかし、・・・90度曲がりを、3段割にすると、
階段としてのバリアフリー基準に適合しなくなる。→という、
妙な状況になってしまいます。

北方型住宅基準の階段とは、以下のようになっています。

北方型住宅技術解説書(平成22年2月版)より

4.5 階段−高齢者だけでなく子供も安全に利用できる階段
 
4.5.1 階段 階段の勾配及び各部の寸法等は、次によります。

ただし、自走式車いすの使用が可能なホームエレベーターが設けられており、
かつ、階段が下記(5)に適合している場合にあっては、この限りでありません。 
(1) 勾配を6/7以下とし、かつ、蹴上げの寸法の2倍と踏面の寸法の和を550mm以上650mm以下とします。 
(2) 蹴込みは、30mm以下とします。 
(3) 最上段及び最下段は通路等へ食い込み、または突出させないようにします。 
(4) 上記(1)に掲げる各部の寸法は、回り階段の部分においては、踏面の狭い方の端から300mmの位置における寸法とします。
(5) 建築基準法施行令(以下、「令」という。)第23条から第27条までに定める基準に適合する仕様とします。
 
階段の勾配は6/7以下としていますが、
蹴上げ(R)、踏面(T)から勾配を計算する式は、 勾配=(R-5)/T   として計算することができます。 
910mmモジュールで階段を計画した場合による階段の計画例(図4-5)と階高の適合関係については、表4-1のとおりです。 
階段に曲がり部分がある場合、踏面の狭い方の端から300mmの位置における寸法となります。
90°の曲がりの場合は、3段で割ると通常は適合となりませんのでご注意ください。

階段の構成例
 
OTさんの新築住宅ですが
北方型住宅登録をする予定は無いので
階段基準を守る必要がない。
つまり、90度を3段廻りにしてもOK。
その結果、15段階段から16段階段に、踏み板段数が増えるので
1段当たりの蹴上げ高さが低くなり、182.8mmとすることが出来る。
前述階段勾配係数6/7に分母を合わせるとすれば、
5.6/7となるので、階段勾配は緩くなります。

550<2T+R<650 の計算式に数字を入れてチェックしてみます
550<2x182.8+227.5=593..1<650
階段勾配がバリアフリー基準合っているのが判ります

しかし、90度3段廻りは、バリアフリー基準適用外

ムムム・・・悩みどころです

勇和建設の齋藤としては、北方型住宅階段基準に準拠するより
90度3段廻りとして、階段蹴上げ高さを低くしたいと考えています。

(2013/11/05 加筆)解決策を見つけました

90度3段廻りでも、北方型住宅の階段基準を満たす方法があることを忘れておりました

回階段の場合、階段内側の壁(柱)面から300mm離れた部分での踏み面寸法が
基準確認に使われます

階段中心柱は105mm角、表面に防火被覆下地として、12.5mmの石膏ボードを張っています
したがって、105/2+12.5=65mmが、階段中心点から階段内壁までの距離になります
これに300mmを足して、階段中心から365mmのポイントの踏み面寸法は
三角関数で求めることが出来ます。

踏み面寸法(R)=365mm x tan30度 =210.7mm

前述のように、廻り部分を3段割りにすると、蹴上げは、182.8mmになるので
階段勾配係数=T/R= 182.8/210.7=6.07/7となり、
僅かに6/7を超えていて、基準に適合しないのです
550<2T+R<650の式では
550<2*182.8+210.7=576.5<650 でOK(この計算式では適合)

以上の計算をするので
階段の中心柱の防火被覆張りを厚くしてやると、踏み面計算ポイントが中心点から離れるので
階段基準に適合させることが出来そうである

廻り階段中心柱105mm角に12.5mmの石膏ボードを張って、
さらに厚さ5.5mmの合板を張る事にします
そうすると、105/2+12.5+5.5=70.5mmとなります
ここから300mm離れたポイントの踏み面寸法は、213.9mmです
階段勾配係数=T/R= 182.8/213.9=5.98/7となり、
ナント 北方型住宅階段基準に適合してくるのです
550<2T+R<650の式では
550<2*182.8+213.9=579.5<650 この計算式でも適合

柱部分を太くすると、階段有効巾が狭くなりますが
それでも、内面寸法は774.5mmあるので、最小巾基準750mmを24.5mmクリアします
(柱芯芯寸法910mmー中心側70.5mmー外側65mm=910−135.5=774.5mm)
(建築基準法です)

以上 の結果、階段中心柱に、
僅か5.5mmのベニア1枚を重ね張りすることで
90度3段廻りが、北方型住宅階段基準に適合しました。

この種の方法で北方型住宅登録をした住宅が1棟あったのを思い出しました。

さらに計算をしてみたら、
1-2階の高さが現設計は、天井高さを2500mmとするために、2925mmにしていますが
2890mmに35mmさげることで、16段階段の蹴上げも小さくなり、
90度3段廻りでも、階段中心柱部分に、付加建材張りをしなくても
北方型住宅階段基準を満たすことが判りました

階高さ2890mmで天井高さ2500mmが確保出来るか否か
明日、構造図を確認してみることにします

以上、11/05追記でした

replanblog012 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!バリアフリー 

2013年11月02日

金物接合工法は、在来仕口加工の工法に比べて、断然違う・・・話

建築金物メーカー「カネシン」からのメーリングに
「金物接合工法は、在来仕口加工の工法に比べて、断面欠損が圧倒的に少なく、
構造設計上、大きく有利である」という資料がありましたので
コピーさせて頂きました

カネシンより「仕口の断面欠損について」s
勇和建設では、カネシンの金物接合工法ではなく、(株)タツミの金物接合工法「テックワンP3」
標準採用しておりますが、
考え方は全く同じですので、参考として、資料をご一読願います

カネシンのPDF版は、こちらからダウンロード出来ます

ところで・・・
このブログの10月の月間アクセス数が、1万PV(ページビュー)を超えました
スゴイですねぇ

1日平均 326 PV、月間で10119PV  ありがとうございます

このPVのうち、44%が、ipadを含むスマートフォン系であるという報告があります
これまた、スゴイです

スマートフォン系リピーター数は、26%なので、
PCユーザーより、スマートフォン系ユーザーの閲覧数が多いことになります
またまた、スゴイ話(PCユーザー数の比率は56%)

とにかく、多くの情報をご提供するので、今後もよろしくお願いします
 

replanblog012 at 03:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!構法・構造 

2013年11月01日

多用途なスライドバスケットシステム「elfa(エルファ)」のご紹介

先週は、スチール網棚、medas(メダス)をご紹介しました。

今週は、クローゼット内設置にオススメの、多用途に使える

スライドバスケットシステムをご紹介します

elfa=エルファ と 言います

20131102_elfa_ページ_1

自立するフレームに、引き出し型のワイヤーバスケットの組み合わせなのです

20131102_elfa_ページ_2
フレームには、キャスターを付けて、全体を移動式にすることも可能です
上の図のように、上下2段重ねにすると、高さ2m近くにもなります

20131102_elfa_ページ_5
バスケットのサイズが豊富で
しかも、引き出しとしてスライドさせる場合に、
ランナーとクロスバーの組合わせを変えるだけで
長手使い、短手使い、どちらにも対応しています

20131102_elfa_ページ_7
20131102_elfa_ページ_4

20131102_elfa_ページ_8
クローゼット内にキャスター付きで設置した実例 2例ご紹介
022

046


elfa(エルファ)のキャスター付き実物は、
勇和建設株式会社の事務所内にもありますので
お気軽にお立ち寄り下さい
多用途な収納棚として活用しています

ところで・・・
勇和建設の齋藤は
本日、インフルエンザ予防接種を受けてきました・・・








 

replanblog012 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!インテリア 

2013年10月29日

断熱改修は、脱気圧縮グラスウールによる「気流止め」工事が最重要なのです。

外壁にグラスウールが使われている既存住宅の
断熱気密改修のポイントは
外壁内の上昇気流を止める「気流止め」が最も重要です。
断熱材の入替とか、付加とかは、「気流止め」の次の話です。


また、住宅外周部の外壁だけでなく
内部間仕切壁の「気流止め」は、もっと重要です。

間仕切壁からの壁内上昇気流に漏気は、
すきま風の大元なのです。
USER0022
気流止めグラスウールを詰込んでいる大工さん


動画1は、「脱気圧縮気グラスウール」を現場で作る大工Sさん
 
USER0021


動画2は、大工Sさんが作った「脱気圧縮グラスウールによる気流止め」を
間仕切壁頂部に挿入する作業をする大工Nさんです


USER0029

北海道札幌市内及び近郊において
このような気流止め断熱リフォームを施工しているのは
勇和建設株式会社と、数社のNPO法人 新木造住宅技術研究協議会会員だけです
ホントですよ

リフォームを手がけている工務店さんに聞いてみて下さい
『「気流止め」による断熱改修をしていますか?・・・と』 

2013年10月28日

「MEDAS(メダス)収納棚システム」 これ、使えると思いませんか?

medas_ページ_1

「メダス」壁付け収納棚システムのご紹介です

「名前が、イマイチ」の感が有りますが、お手頃価格の棚システムです

medas_ページ_2

いわゆる、スチール製網棚システムです

medas_ページ_3

網棚にハンガーパイプの選択が出来ます

medas_ページ_4
部材をどう組み合わせるかは、アイディア次第

近日中に、勇和建設株式会社の事務所内に新設してみるので
後日のレポートをご期待下さい


 

2013年10月22日

お客様の土地探しのお手伝いをしっかりサポートしています

勇和建設は、お客様の土地探しのお手伝いをしております

本年も、2件のお客様の土地購入のお手伝いをさせて頂きました
勇和建設は、宅地建物取引業者(不動産業者)ではありませんが 
関係業者さんの協力を頂き、お手伝いをさせて頂いております

本年の2件は、住友不動産販売さん、北欧興産サンのご協力のおかげでです

勇和建設では、弊社経由でご紹介する売り土地情報に関しては
出来るだけ、現地を直接確認するようにしています
建築のプロとして、もし、その土地に家を建てるとしたら、
何に注意すべきか、何を生かすべきか、現地に行かないと
判断つかないことも多いからです

事前の調査としては、google_mapが大変に役立っております
現地案内、近隣利便施設確認など、調査が簡単です
特に、ストリートビューでは、現地に行かなくても、概ねの状況が一目で判りますので
大助かりです

売り土地情報探しは、私自身のWeb検索の他
住友不動産販売に調査・紹介を依頼し協力して頂いております

以上、土地探しからのお客様も、お気軽にご相談下さい
 

replanblog012 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ | 業者選び

2013年10月20日

リフォーム現場見学会:事故なく、無事終了。十分な収穫がありました。

10/20 リフォーム現場公開 事故なく無事終了です
IMGP0847



断熱内窓プラマードUの模型をメーカーYKKapからお借りして展示もしていました
工事中の写真も展示していましたよ
IMGP0848

午前の部にご来場頂いたのが、南区からお越し頂いたKさんでした
50分かかった・・・とのこと

今回の公開現場は、昭和55年住宅ですが
Kサンは、昭和54年住宅を中古住宅として、今年購入して、今住んでいるそうです
一冬様子を見てからリフォームを検討しよう・・・ということをお考えののようでした

今回のご見学頂いたW邸のリフォームを是非参考にして頂き
「よし、リフォームだ」とお決めになった時には、勇和建設にご相談下さいますよう
お願いだけさせていただきます

午後の部には、中央区からTさん
Tサンは、住宅新築をご計画のお客様なので
W邸リフォームの説明を大幅省略して、個別面談に入りました

弊社の外壁200mm断熱に関心を持って頂いているご様子です
現在、住む土地探しでご協力してるところです
いい土地をご紹介出来るよう、頑張ります。

こんなわけで、1日2組のご来場でしたが
それぞれのお客様とじっくりお話をすることが出来て
十分成果のあった見学会でした

ちなみに、午後にはオーナーもご来館され
弊社の現場監督とゆっくり現場確認をされていたようです
IMGP0836

以上、報告でした
次週は、新築現場です
是非ご来館下さい












replanblog012 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

勇和建設は、これからの暖房給湯熱源に、何を推奨するのか?

昨日訪問したお客様は、17年前に、弊社で新築させて頂いたお客様Sさん宅。

札幌市の道路拡幅計画で、住宅の建て替えを余儀なくされたので、
勇和建設の齋藤にお呼びがかかりました。
ありがとうございます。

同業他社にも、お声ガケされている(=競合他社がいる)そうです。
まあ、そのような事は日常茶飯事なので気にしません。
勇和建設は、基本性能にこだわったご提案をしていきたいと考え
冒頭から、今度の家は『200mm断熱』にしませんか。
から、ご提案をはじめさせて頂きました。 

お客様Sさんと小一時間の面談の中で、お客様から質問がいくつかありましたが
その中で象徴的なのが『暖房熱源は、何がよいのでしょうか?』でした。

現状のSさん宅は、灯油熱源です。給湯用灯油ボイラーと暖房用灯油ボイラーの
2台のボイラーを設置して暖房給湯している二世帯住宅なんです。
(各室の暖房は、温水パネルヒーター)

私の答えは、明快です。
『3.11大震災以降、オール電化は推奨していません』
かといって
『灯油は高騰したままです』
『勇和建設のオススメは、LPGを使ったエコジョーズ・暖房給湯システムです』
(Sさん宅には、都市ガスは来ていない)
『住宅の外に、1m角の基礎を作って、150kgのLPGタンク(バルク貯槽)が必要ですが
燃焼機器のメンテンナンスもほとんど必要なく、灯油ボイラー2台よりずっとコンパクトで
ランニングコストは、灯油より1-2割安上がりになるはずです』
『各室での取り扱いは、今の温水パネルヒーターと同じで簡単』
さらに『200mm断熱にしたら、今より暖房費が大幅に減ります』
というような、話をしてきました。
IMGP7977
これが、バルク貯槽です、直径≒80cmくらいだったと思います

IMGP7978
この写真の方が、大きさが判りますねぇ
バルク貯槽はアンカーボルトで基礎に固定されているので
大地震でも倒れる心配はありません。

IMGP6963

室内に設置されるエコジョーズ(ノーリツ製)本体は、こんな大きさ
奥行き30cm、巾60cmに納まってしまいます。
これで、住宅の暖房給湯を賄うことが出来ます。

『ヒートポンプによる暖房給湯システム』も対応可能で、
オススメしないわけではありませんが
イニシャルコストでエコジョーズより不利なんです。
 『エコキュートの室内貯湯タンクもデカイし・・・』

といった、話をさせて頂きました。

なお
0/20の公開現場
10/27の公開現場も、2棟とも、エコジョーズをご採用頂いております。

10/20公開現場
大工さんの外壁下地工事が、ほぼ終わりました
IMGP0820

板金屋サンも、基礎断熱用土台水切に板金を巻いてくれました
屋根がまだ防水紙のままなんです
板金屋サン、よろしくお願いします
そろそろ外壁職人サンも乗り込んできそうな状態です

住宅の裏側は、写真が撮りにくいのですが
こんな写真アングルがありました
IMGP0791

住宅全面にタイベックが張り終わっているんですよ

 

2013年10月17日

「ヘキサプレートSD」「フラットプレートSD」耐震補強の必須部品です

昨日のアクセス数が400を超えています スゴイですねぇ
このブログをご覧頂き、ありがとうございます
体調不良で更新が出来なかった時期がありましたが
もう大丈夫です
これからも
いろんなネタでブログアップしていきます
と言っても、住宅関連情報に限定していくのも、変わりません

さて今日は・・・

IMGP0327



耐震改修の時にいつも必ず登場する補強金物について
ユーザーにも知っていただきたいので、説明します。

ポイントは、大地震で揺られた時に、
1,土台・桁と柱とが抜けない事
2,筋交が土台・桁取合い部から外れてしまわない事
この2点の為に、それぞれ専用の金物を使うのです

ヘキサプレートSD
筋交要の金物は、「ヘキサプレートSD」といいます
 ヘキサ=6角形金物です SDというのは、金属の材質で
腐食に強い「スーパーダイマ」という金属を使っているという記号です
土台にビス5本、柱にビス5本、筋交にビス7本を打たなくてはなりません

次に、柱の上下に取り付けする金物、フラットプレートSDです
フラットプレートSD
土台・柱に3本ずつのビスを打ちます
フラットプレートの厚さは、1.6mmです(ヘキサプレートSDも同じ)
これで、≒580kgの引き抜き力に対抗できる強度があるそうです
厚さが薄いので、柱に外側に金物を取り付けして
その上から耐震合板を重ねて張っても大丈夫・・・という事になっています

上記2製品と同等の金物が各社から数多くでておりますが
勇和建設では、いつもこれを使っています
リフォーム現場使う数量
筋交用ヘキサプレートは20枚程度
柱用フラットプレートは100枚を超えます
筋交が取り付いているか否かを問わず
外周部全ての柱に取り付けるからです

大工さんのビス打ちも、20x17+100x6=940 ヒト現場で1000本以上の
ビス留め作業をしているのです
この作業に、さらに耐震補強合板を使うので
耐震強度が、飛躍的に強化されます。

家自体も全体が固く結合されるので、
近くをダンプが通過した時の揺れなどが、変わると思います
揺れにくくなった・・・と言われます

以上、今日は、ヘキサプレートSD フラットプレートSD のお話でした

現場公開するWさん宅でも、たくさん使いましたよ 

replanblog012 at 06:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!構法・構造 

2013年10月16日

雪が降る前に、スノーダクトの点検をお願いします。

道東の方では、耐風崩れの温帯低気圧が大暴れして
平年より1ヶ月も早い初雪のニュースが届いてきました。
降っては消える、淡い初雪でなく
一気に、積雪20cmとかの初雪のようですね。
まだ冬タイヤ準備が十分では無いでしょうから
大きな事故など起きなければ良いのですが・・・

住宅も、この時期になると、気にしていただきたい部分があります。
スノーダクト式無落雪屋根の皆さん
屋根上、排水溝、排水口廻りの点検清掃をお願いします。
そして、何もカバーが掛かっていない方、
屋根に載っている木製スノコが痛んできた方
透明樹脂製のダクトカバーに交換しませんか?
従来から、透明でないタイプがありましたが
この透明タイプですと、点検時にも便利です。

取り付けした写真を紹介します。
IMGP2196

IMGP2193

「ポリの介」という商品名です
ポリの介_ページ_1
「ポリの介」のカットサンプルが事務所にありますので、
10/20 10/27の見学会に準備しておきます。

この写真のお客様は、スノーダクトの凍結がおきましたので
電熱線による排水路ヒーターを屋根排水管内に通しました

真冬、屋根上に雪が積もる前に、そろそろ、屋根の点検をお願いします。

さらに、この時期で話題になるのが、断熱タイプの樹脂内新設です。
外窓がアルミサッシ、内窓が木製窓、又は単板ガラス入り樹脂窓の皆さん
12mmアルゴン層を持った複層ガラス組込の断熱樹脂内窓に交換すると
窓の断熱効果が抜群に良くなります
IMGP1023_edited
ランマ窓付のリビングテラス窓にも対応できます
このサイズで、大窓が¥12.6万円、ランマ部が、¥6.5万円(税別)です

IMGP1026_edited

これも、ランマツキ窓です
このサイズ(巾1.6m、高さ1m)の窓ですと、¥6.8万円
一般の窓によくあるサイズ=巾1.7m、高さ1.2mのサイズですと
¥7.5万円ですね。

各メーカーから出されていますが
勇和建設のオススメは、YKKapのプラマードUです
メーカーWebサイトへリンクを掛けておきましたので
覗いてみて下さい

外窓アルミサッシに単板ガラス+樹脂内窓プラマードU断熱複層タイプの組み合わせにすると
新築住宅の高断熱樹脂サッシと同等の性能となりますので
雪が降る前に、窓廻りもご検討いただきたいと思います
 

replanblog012 at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!メンテナンス 

北関東のブログ読者から、質問が来ましたので・・・

北関東のブログ読者から質問が来ました

 「いつも興味深く読ませていただいております。 
ひとつお聞きしたいのですが、ネット上で古い住宅のグラスウールを 
撤去するときにかび臭いといわれるのは付着した埃から匂うのでしょうか? 
壁内に気流が発生しないように埃が入らないようきちんと施工できて 
いれば性質上、結露でグラスウールがカビることは「ない」とう認識で 
あっているでしょうか? 」

回答です
外壁内で結露を起こしていない状況で
外壁内のグラスウールが黒くなるのは、ホコリが原因です。
外壁内で結露を起こした場合、結露水にホコリが混じって
結露水にも色がつくのでしょうねぇ。
この場合は、カビもありえますね。

結論
カビ発生には
1,水分(水蒸気ではなく、水)
2,栄養分
3,空気(酸素)が必要です
壁内結露が無い(=水分が無い)グラスウールは、カビることはありません

相談者様へ
外壁内結露の心配のない住まい造りをしている工務店に出会えることを祈っております。

<続報、北関東読者より>
 
Posted by 北関東
email:

記事にしていただきありがとうございます。
GWを使用していない業者さんはすぐに腐るだのカビるだのと
素人を脅します(笑)
理論的かつ客観的に説明できる業者さんにお願いできる施主さんは
羨ましいですね。
私は既に5月に新築し(断熱材はGW)住んでいるのですがやはり見え
ないところはどうなっているかとても心配でしたので質問させてい
ただきました。勉強になりました。
これからも参考にさせていただきます。
お忙しい中ありがとうございました。

replanblog012 at 16:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!構法・構造 

2013年10月15日

外壁にグラスウール24kg品100mm充填されていのに、寒いのはなぜだろう?

下の写真は・・・
内装材をはがしたのは、2007年
この住宅が新築されたのは1987年
二世帯住宅の2階の台所部分です。
内装クロス下地の石膏ボード
その下には、ポリフィルム
などがあるのに、なぜ壁内グラスウールは
黒くなるのでしょうか・・・・?
黒ずんだ壁内グラスウール

このブログでも紹介したことがありますが
黒くなったグラスウールを見て
「グラスウールにカビがはえている」
「グラスウールが劣化している」
と、大きな間違い認識をしている住宅技術者が
少なくないことに、驚かされるのです。

彼らは、グラスウールの組成を知らないのだろう。

グラスウールは、硝子繊維なので、カビの原因となる栄養分はありません。
要は、ガラスなので、経年劣化もありません。百年耐久といえるでしょう。

グラスウールの黒くなった部分は、グラスウールの室内側の表面だけで
黒い部分は、「ホコリ」なのです。

居間から20数年前ですが、使われているグラスウールは
密度24kgのグラスウールで、現在の主流グラスウールである
高性能16kg品と同等の高断熱品であり
厚さ100mmがしっかり壁内に充填されたままになっています。
しかし・・・

20数年前の住宅なので、住宅の気密施工が不十分
そして
外壁の上下を密閉する気流止め施工が不十分であったので
1,床下の空気が外壁内の室内側に吸い上げられている
2,床と壁の取合い部や電気配線設備から室内空気が
  外壁内に吸い込まれている
3,吸い込まれた空気は、最終的には、天井裏に逃げていくのである
4,その気流の中で、空気中のほこりがグラスウールに付着しただけである

なぁぜ、そうなるの?

既存住宅断面図
 
答えは、意外と簡単。
室内を暖房すると、室内空気は、外気より比重が軽くなり、浮力が発生します。
浮力を動力にして、室内空気は、少しでも高いところに移動しようとします。
巾木の下の隙間、コンセントの隙間から、壁内に侵入し
外壁の室内側石膏ボードの直ぐ裏側を通り道にして
天井裏に出て、最後は外に出ようとするのです。

この壁内上昇気流により、床下の空気が、外壁内に吸い上げられるのです。

以上が、グラスウールが黒くなる「カラクリ」なのですが
この「カラクリ」が
「外壁にグラスウールをしっかり充填しても、住まいが暖かかい省エネ住宅にならなかった」
という30年前、25年前の住宅の現状だったのです。

断熱気密改修リフォームに取り組む技術者は、
グラスウールが充填されていても、住まいが寒かった原因をしっかり把握していないと
その改修工事が出来ないのです。
しっかりと理解している勇和建設では、既存のグラスウール・ロックウールを
撤去することなく、再活用した断熱リフォームが出来るのです。
 
【緊急告知:住宅リノベーション現場見学会開催に

是非ご来館ください】


既存の断熱材を再活用した性能向上リフォームについて
勇和建設の齋藤が、現場で解説いたします。

札幌市北区屯田で進行中のリフォーム現場において
断熱耐震同時改修現場見学会を10月20日(日)に開催します。

昭和55年の建て売り住宅だったW邸をリノベーション中です。
断熱気密性能、耐震性能、バリアフリー性能
3つの性能を飛躍的に改修する『性能向上リフォーム』進行中です。
我が家もそろそろ・・・とお考えの方、
この機会に、リフォーム工事現場というところを見てみませんか?

公開現場は・・・札幌市北区屯田10条1丁目10−2
公開日時は・・・10月20日10:30〜15:30

お客さま合同現場説明会を2回開催します  
      午前の部=11:00より45分程度
      午後の部=14:00より45分程度

ご来場のお客さまに、ご要望がない限り、営業行為は致しておりませんので
ご安心ください

現場の詳しい情報は、ブログ「現場レポート」で公開中

72

 私が勇和建設の齋藤です
 

2013年10月08日

『気流止めグラスウール』断熱気密リフォームに必須のアイテムです

IMGP9895

木造住宅の増改築・リフォームの時で
「その階の床組を残したまま、外壁断熱を改修する場合」
壁内のグラスウールを入れ替えるだけでは、断熱効果が半減します
結局、床板下の空気が壁内に流入し、外壁上部から抜けていく
「壁内上昇気流」が発生してしまうからです

基礎断熱と気流止め勇和建設でのリフォームは、壁内上昇気流をを防止して
外壁内のグラスウールが、本来持っている断熱性能を100%発揮させるため
グラスウールの上下に、
「気流止めグラスウール」を必ず施工します 
ポリ袋に入ったグラスウールですが
このポリ袋が、したから侵入しようとする壁内気流を減少させ
天井裏に逃げようとする壁内気流を減少させます。


「外壁断熱材を入れ替えただけでは、十分な断熱効果が発揮されない」
こんな、ウソみたいな話が、本当なのです。

在来木造住宅の高性能化のキーワードは、「気流止め」なんです
これは、新築もリフォームも共通です
新築場合の「気流止め」は、気密シートであったり、木材や構造合板だったり、
様々ですが、リフォームの場合は、「ポリ袋入りグラスウール」となります
 

2013年10月02日

ニッチ収納   アイディアいろいろ

先月完成お引き渡ししたQ1住宅において
あちらこちらに「ニッチ収納」を作りましたのでご紹介します

ニッチ収納とは、壁の厚さ10.5cmを利用して、造作した、奥行きの浅い収納です

s-IMG_0633

これは、玄関ホールのニッチです

玄関のキーとか、宅配便受領のシャチハタ印などを置いておく為のニッチ





これは、2階のホールに設けたニッチです
カラーモニター付コードレスインターフォン置き場

携帯電話の充電にも使えそうですね

s-IMG_0653

居間のニッチです

玄関のカラーモニター付インターフォン親機
暖房給湯システム「エコジョーズ」のメインリモコン
そして、スイッチ4口 を納めました

リモコンとかインターフォンが壁から出っ張らないので、好評です

トイレ内の収納ニッチ
ペーパーや生理用品などの買い置きを収納します

s-IMG_0721s-IMG_0722


















最後は、キッチンでニッチ収納です

s-IMG_0652

流し廻りの小物を片付けるニッチ

最近は、対面キッチンがほとんどですが
こんなキッチンも有るんですよ


ニッチ収納は、アイディア次第で、様々な事が出来ます
お気軽に、ご相談下さいね







replanblog012 at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!インテリア 

2013年10月01日

階段勾配の話 緩い階段は、小学生にも好評です

先日、入居済みOB施主のAさんから、下記のメールを頂きました

息子の友人(6歳男児)が我が家に遊びに来た時
「しょうまの家ってほんっといいよなー階段ゆるやかで」と絶賛していました。
小学生にそこを褒められるとは意外でした(^^)』

Aさん宅の階段は、1段の高さを (R)182,8mmに押さえて、16段階としました
1階から2階までの直線階段で、スペースも確保出来たので
16段を確保したのです

勇和建設の標準設計では、15段階段=1段の高さ(R)195mmです

階段の踏み板の寸法は、
踏み面寸法(T)227.5mm+蹴込み寸法30mmになるのですが
共通で、257.5mmで設計しています
これも、一般的設計(240mm)よりは、広めにしています
階段断面図


階段勾配=195mm/227.5mm=6/7 になるのですが、
これが、バリアフリー基準ギリギリ寸法なのです
これより、緩くする=段数を増やすのは
平面図設計で可能なら、取り組んでいきたいとおもいます

階段の段数が1段増えても、コストアップは、1万円以下ですから・・・」


最後に、階段の形状についても一言
バリアフリー設計では、90度曲がりの階段の踏み板を30度ずつの3等分することは
踏み面が小さくなるという理由で、不適合になっています
下記に、バリアフリー設計に使える階段の例を表示します
曲がり部分をヨークみて下さいね

階段形状V2






 


replanblog012 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!インテリア 

2013年09月30日

換気機能付きキッチン収納は、勇和建設オリジナル

s-IMGP1818

対面キッチン後方に収納棚造作をよくやります
キッチンメーカーのキッチンバック用収納の予算からみれば
けっこう、お安く作ることが出来ます(棚だけですから)

Y邸の収納は
s-IMGP3101

 s-IMGP3099


収納の全巾は、273cm 奥行きは、内部棚板で45cmを確保しています

全巾を、91cmずつ、3つのゾーンに分けました

最も左のゾーン
上半分に、外気導入型自然冷蔵庫を造作
内部に、排気ファンと給気口を付けてあります
s-IMGP3102


その下半分は、ゴミ箱置き場ではなく
愛犬の為のスペース(トイレの予定)
臭い対策で排気ファンを設置済み
s-IMGP3103


全巾273cmの中間ゾーンは、多目的収納部
とにかく、全て棚です
s-IMGP3100

全巾 273cmの右側は
高さの中央が、家電収納部(コンセントがいっぱい)
最下部が、ゴミ箱置き場 になっています(排気ファンを設置)
家電収納部にも排気ファンを設置・・・・しなくても良いように
水蒸気が出ない電気炊飯器をお使いのオーナーでした
 s-IMGP3099

以上が、愛犬家Yさん宅の、キッチン収納です
これが、勇和建設のオリジナル

設計図レベルこんな表現になります
ご理解頂けるでしょうか・・・
キッチン収納


以上
キッチン収納のアイディア(実例)は、まだまだ沢山ありますが
思い立ったら、ご紹介しますね 

replanblog012 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!インテリア 

2013年09月29日

『ガーデンパン』をご存じでしたか?

s-IMGP1801

ガーデン用散水栓とガーデンパンのセットです

散水栓は、多くの住宅に設置されていると思いますが
北海道の場合
ガーデンパン が、設置されることは、ほとんど無いと思います
(なぜだろう・・・)

ガーデンパンには、排水栓もついていて、水を溜めることも出来ます

愛犬家の方々は、ここで、愛犬の足を洗うこともあるのでしょう

一般の散水栓は、排水は、自然地下浸透ですが
ガーデンパンは、排水に接続されています

既存の散水栓の改修(交換)でも設置できますよ

お気軽にご相談下さい 

給水栓をちゃんと正面に向けて写真を撮れば良かったです
360度回転するんですよ、給水栓部分 

replanblog012 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エクステリア 

2013年09月28日

複層ガラスの選択で変わる暖房費、太陽熱有効利用の話

南面窓ガラスの選定で暖房費が大きく変わる・・・という話

冬の省エネを考えた時
「太陽の恵み」を有効に使うことが、とても重要です。

ここで、前回ブログでご登場頂いたAさん宅の図面を元に
ご説明します。
130829 1F平面図
130829 2F平面図
130829 立面図

太陽の恵み=日射熱を取り入れるのは、窓ガラス

最近の住宅は、複層ガラスが主流ですが
そのガラスの性能をオーダーできることを
オーナー様方はご存じない。
住宅屋さんの技術屋さんにも、ご存じない方がいるかもしれません。
いや、知っていても、その点を、オーナー様との打ち合わせ確認項目に入れると
資材発注と現場監理に手間が増えるので、知らん顔しているのかもしれません。

ここで、前回ブログでも使ったAさん宅の図面でご説明したいと思います

Aさん宅の断熱仕様は、次世代省エネ基準をクリアする Q値=1.597<1.6とします

Aさん宅の窓は、全て、PVC枠+16mmアルゴンガスのLOW-E複層ガラス

この複層ガラスを入れ替えることによって、暖房費も変わってくるのです

とりあえず、PVC枠のメーカーは、最大手のトステムとします
トステムでは、PGの選択として、ブロンズ、ブルー、シルバーの3組
PGから自由に選択することが出来ます

選択の1、として
トステム標準の「ブロンズPG」を家中に組み込んだ場合
年間暖房費シュミレーションで、灯油1119リットルとなります
これをベースとして

次に、選択の2として
南面窓だけを、トステム標準の「シルバーPG」に変えてみると
年間暖房費シュミレーションで、灯油1004リットルとなり
100リットル以上の減となります 現金1万円に相当しますよね

さらに、トステム社の標準選択ではないのですが
日本板硝子の「ペアマルチEA寒冷地用」という複層ガラスに
南面の窓を変えると
年間暖房費シュミレーションで、灯油962リットルとなり
選択1と比べたら、150リットル以上の減となります
(暖房費¥15000円減)
この窓ガラスに変更するのに、追加差額は請求されないようです

以上、南面窓ガラスだけを変えることにより
暖房費が大きく変わるのは
複層ガラスの太陽熱透過率の違いによるものなのです
専門用語では「日射侵入率」といいます

日射侵入率の高いガラスを南面以外に採用しても
暖房費削減にはさほど効果がありません
ということで
勇和建設では、南面に透明に近い複層ガラスを
南面以外には、はっきりとガラスに色がついているガラスを
オススメしています(室内が見られにくい)

以上、複層ガラスのお話でした 

勇和建設では、次世代省エネ基準ギリギリクリア・・・という住まいを
ほとんど作っておりませんので、実際の住宅では、もっと、灯油消費量が少なくなるはずです





2013年09月20日

Q1住宅をオススメしています。

北方型超省エネ住宅=「Q1住宅」の作り方と省エネ効果


灯油価格 1リットル=100円時代  これからも続くと思います
脱原発の指向を受けて、オール電化住宅は、維持費の高い住宅になってしまいました
だから・・・
やっぱり、北海道で暮らすには、「Q1住宅」をユーザーの皆様にオススメします

Q1住宅を設計する・・・ということは
断熱設計だけでは、実現できません

1,断熱設計
2,太陽熱有効活用設計
3,計画換気設計

以上の3点のベストミックスが必要なのです。

1,断熱設計
まず、平成11年省エネ基準適合仕様を確認しましょう
ここで、設計参考例の登場です
とりあえず、「Aさん宅」と命名しましょう

130829 1F平面図

Aさん宅の平成11年省エネ基準適合ギリギリ仕様は・・・

天井断熱 吹込みグラスウール断熱で300mm
外壁断熱 軸間(壁内)断熱:高性能グラスウール100mmに
     ポリスチレンボード1種で20mmを付加断熱します
IMGP4453
 
基礎断熱 ポリスチレンボード3種で120mm
サッシ  樹脂サッシ+16mmアルゴンのLOW-Eペアガラスを採用
玄関ドア 一般的な北海道用金属断熱ドアとする

この仕様で、Q値=1.59<1.6次世代基準となります

このとき、24時間換気は、熱回収無しの第三種換気で、
1時間に0.5回/hの換気中

サッシのガラスは、4面全てを、日射熱の通りにくい
(西日対策用のような)タイプを採用してみます
外部から室内が見えにくいので、人気があります

以上の条件を設定して、QPEXで計算すると
年間暖房用灯油消費量が推定できます

130829 2F平面図
 

Aさん宅の場合、暖房設定温度(24時間)を20度に設定して
年間暖房用灯油消費量は、1323リットルとなります。

暖房費、¥132,300円ですね、

さて、Q1住宅にグレードアップしていくことで
どれだけ暖房費を減らすことが出来るか・・・という話に進んでいきます

<手法1:追加工事費ほとんどゼロ円で暖房費が削減できる方法があります1>
「太陽熱を有効活用活用しましょう」
室内が見えにくいということで、人気のある、日射遮蔽型ペアガラスですが
冬は、太陽熱を一杯取り入れたい訳で、南面だけを
透明に近い、日射透過型の複層ガラスに変更します。
ガラスの変更だけなので、差額がほとんど発生しません。
これだけで、灯油消費量は、160リットルも減るのです。
太陽熱の力は、¥16000円相当、スゴイ。

透明の窓ガラスにすると
夏、暑くなると心配する方が多いのですが
夏の太陽は、高度が高くなって、
ガラスに対する日射入射角が鋭角になって
日射が反射されるので、心配することはないのです。

<手法2:追加工事費ほとんどゼロ円で暖房費が削減できる方法があります2>
「24時間計画換気を、適正な換気量に調整しましょう」
私が、よくブログで書いていますが、冬季において、
0.5回/h以上の機械換気(三種)は、多すぎる場合が多いのです。
今日は、仮想計算ですので、とりあえず、換気量を大きく減らしましょう。
0.3回/hの三種換気にすると、なんと、200リットルも灯油消費量が減ります。
灯油代¥20000円減。換気のムダは、暖房費のムダです。

ここまできて、年間暖房用灯油消費量=1323リットルは
合計360リットルも減って、     = 963リットルとなりました。

なんと、ここまでに、追加工事費はゼロ円ですよ。

130829 立面図
 

<手法3:外壁断熱を厚くして、暖房費を減らしましょう>(20万円UP)
外壁断熱 軸間(壁内)断熱:高性能グラスウール100mmは、共通ですので
付加断熱:ポリスチレンボード1種20mmを高性能グラスウール50mmに変更して
     外壁断熱を合計150mm相当にしましょう
そうすると、灯油消費量は、136リットル減ります。
断熱を厚くする=追加工事費が必要です。
追加資金出して、136リットルしか減らないんなら・・・
IMGP6124
 

<手法4:外壁断熱をもっと厚くして、暖房費を減らしましょう>(さらに35万円UP)
外壁断熱 軸間(壁内)断熱:高性能グラスウール100mmは、共通ですので
付加断熱:高性能グラスウール100mmとして
     外壁断熱を合計200mm相当にしましょう
こうすると、さらに、126リットル減ります。

手法3+4で、合計262リットル減って、
年間963リットルがなんと、701リットルになります。
かなり減りましたねえ。約半減ですね。
これが「Q1住宅グレード機廚任

IMGP3541
 

<手法5:熱回収換気システムの採用>(さらにさらに30万円UP)
0.3回/hの三種換気を、熱回収換気にグレードアップしましょう。
とりあえず、パナソニック電工 FY−12VBD1Aを選定してみます。
P_FY-12VBD1A
 
そうすると、暖房用灯油消費量は、さらに142リットル減って
ついに、559リットルになりました。
当初1323リットルからついに、半減以下を実現。
 

ここまできたら、もう一息頑張るか・・・
<手法6:外壁断熱を合計300mmにしたら・・・>(さらにさらにさらに35万円UP)
年間暖房用灯油消費量は、445リットルまで減ります。
これで、当初1323リットルから、約1/3に減りました。
これが「Q1住宅グレード供廚任后

平成11年省エネ基準適合仕様住宅の灯油消費量1323リットルが
上記のように減っていきます。
ご予算との兼ね合いですが
手法6までやると、合計¥120万円UPですが、
年間灯油消費量は、878リットル減=¥8.8万円の減
元金回収期間は、120万円/8.8万円=14年
さほど長期でもないので、メリットありありです。

みなさん、この説明を読んで、Q1住宅にしてみようとは、思いませんか?

話を延長し、太陽光発電まで、行きますか
「Q1住宅グレード機廚里茲Δ塀斬陲
太陽光発電を併設すると
年間暖房費以上に発電してくれるので、暖房費ゼロ円住宅が出来ますね

「Q1住宅グレード供廚紡斥杆発電を組み合わせると
光熱費ゼロ円住宅も可能な数字ですね


 



2013年09月18日

ローコスト熱交換換気システムのノウハウ公開

延床面積が30坪を超える住宅の場合で
省エネの為に、第1種熱交換換気システムを導入しようとすると
真正面から設計すると、材工で60万円とかの費用となる場合が多い。
基準法換気基準、0.5回/h以上の換気量全量を熱交換しようとするからです。

50坪の住宅で、お住まいになっているご家族数が、
 二〜三世帯で、総勢10名を超える・・・場合は、そのような設備も必要ですが
お住まいになっているご家族数が3〜5人家族くらいの場合
ご家族に必要な換気量から、最適換気設計をすると
答えは、全く異なってきます

ここで実例でご紹介します

住宅延床面積50坪 165m2(天井高さ2.4m、全気積400m3)
入居者 オーナー夫妻+お子さん2名+祖母1名の5人

お母さん同居住宅なら、50坪級も、良くありますね

さて、 基準法換気基準、0.5回/h以上の換気量全量を熱交換しようとすると
400m3の全気積の半分、200m3を1時間で換気出来る
熱交換換気装置となると

パナソニックや三菱や日本電興の製品で考えると、各階に換気システムを
1台ずつ設置して、2台運転という設計になるでしょう。

北米や北欧からの輸入品の場合
200V機器で容量が大きく、1台で対応できる機種があります。
しかし、これが、いいお値段をするのです。
ご予算に余力のある方には、輸入品 でいきましょう。
スティーベル社、ライフブレス社などの機器を
弊社でもご紹介しております。

問題は、コストを、ぎゅっと抑えたい時にどうするか・・・です。

このとき、住宅規模からではなく、家族数から換気量設計をします。
5人家族全員が在宅しているとき、
一人当たりの必要新鮮空気量は、30m3/hとして
合計150m3の新鮮空気が必要です

真冬で締め切っている高性能住宅でも
生活による換気(ドアの開閉、台所の調理時など)と
建物の僅かな隙間からの換気(住宅は、潜水艦ではありません))の合計で
1時間に0.1回/h程度の自然換気が有ります。
この自然換気分が、50坪住宅の場合、40m3/hくらいあることになります。

そうすると、必要機械換気量は、100m3/h程度でよいことになります。
この量を、熱交換換気装置に任せます。

「建築基準法換気基準、0.5回/h以上の機械換気量確保」は
必要換気量200m3/h
このうち、
第1種熱交換換気で、100m3/h
壁付けパイプファンなどの別装置で、さらに100m3/hの換気量を確保できると
法律的にはOKなので、このような設計とします。

家族5人が全員在宅の時は、換気システムの目盛りは「通常運転」でお願いします。
しかし、家族全員が在宅している時間以外の方が、長いと思いませんか?
そんなときは、換気システムの目盛りは「弱」でも良い場合があります。
在宅人数2人以下の場合、「弱」目盛りでOKですね。

ここから、具体的に機器をご紹介します。
採用する本体は
パナソニック電工の FY−12VBD1A という本体
P_FY-12VBD1A

これ1台で、MAX120m3/hくらいの換気能力です(給気側換気能力)
このときの消費電力が、33Wと小さいのも、注目すべきで
排気と給気を1台のDC(直流)モーターでまかなっているからです。
もっとアリガタイのは、換気量を「弱」にすると
換気量は6割減の72m3/h(滞在家族数3人程度対応)で
このときの消費電力は、なんと9Wです=1日に2円の電気代
だから、勇和建設・斎藤がオススメします

現場写真をアップします
本体取付画像01

まず、下地から、吊りボルトで本体を吊ります

本体取付画像02

本体は、天井下地と一体化していきます

本体取付画像03

天井の石膏ボードを張ると、本体直下の吸い込み口のみが残ります

本体取付画像05

天井にクロスを張る+グリルを取り付ける   とこうなります
この中にフィルターも設置されているので、重要な点検口でもあります。


本体直下の大型吸気口が、室内の排気口となりますので
家中の空気は、この本体に返ってくることになるのです。

このシステムは、
本体と外気側は、口径100mmの配管を
本体と室内側は、口径50mmの配管をすることになっていますが
標準施工より配管系を太くして
勇和建設では、本体と外気側は、口径125mmの配管
本体と室内側は、口径75mmの配管をすることに指定しています。
P_FY-KXH405

配管材の価格差は大きくありませんが
太い配管材を使う方が、換気風量が多くなる=風量を下げれば、電気代が安くなる
・・・のです。
見えないところに資金を惜しまない勇和建設・斎藤のコダワリです。

1階の各所には、天井から熱交換した新鮮空気を送り出します
そのグリルが
P_FY-GPP023-W


2階の場合、床からの給気となります
2階の温水暖房パネルの下に設置するのですが
グリルは、三菱製のこれを使います

p-05gls_三菱
このグリルは、吹き出し方向を
90度ずつ変えることが出来るので、2階の温水パネルに
送風が当たるように設置します。


さて、熱交換換気システムで法的に不足する分はどうするか。
ここで、パナソニックの
人感センサー付きパイプファンの登場です。
FY-08PTR8D です
P_FY-08PTR8D

本来は、人感センサーで、人がいる時のみ運転し
1台で50m3/h程度の換気をしてくれます
最近の設計では、住宅のトイレは、2カ所がほとんどですので
このファンが2個つきます、
そうすると、2台合計で100m3/hの換気量確保です

人感センサー機能は、ONーOFFが出来るので
申請用には、センサー機能OFFで24時間運転と明記すれば良いことになります。

実際には、センサー自動運転ですので、トイレ使用時以外は、止まっています。
電気式高気密シャッターがついているのです、すきま風も少ないです。
1日24時間の中では、ほとんどの時間が止まっているので
換気ロスは、小さくなります。


以上で、50坪住宅でも、ローコスト30万円程度で、熱交換換気が導入できます。
こんなことしている工務店も多くないはずです。
工務店自身で換気設計が出来ないと、このような発想がありません。

勇和建設株式会社のお客さまの換気基本設計は、私がやっています。

 

2013年09月08日

2020年 東京オリンピック開催決定 おめでとうございます。

2020年

オリンピック

&パラリンピック

東京開催決定 

おめでとうございます。

2013090899055956

IOC総会で2020年五輪の開催都市を東京と発表するロゲ会長
=7日午後5時20分、ブエノスアイレス(AP=共同)

勇和建設株式会社 社員 一同

 

replanblog012 at 05:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2013年09月07日

これは、オトリ広告ではありません。特価LED照明器具ご紹介です

札幌市内及び近郊の方に直接お届けできます

お手頃価格のLED照明器具を

ご紹介します


メーカーと代理店のご協力により
この価格が実現しました

お支払いは、商品が届き次第、ATMからお振り込み下さい
(新規のお客さまでも、お客さまを信用することから
おつきあいが始まるものと考えております)
 
電気工事屋さんによる、取付をご希望の方、ご相談下さい
取付費 1台4000円(市内)〜6000円(近郊都市)
既存器具処分費は、別途1台¥1000円

LEDシーリンク゛チラシ 20130905〜_ページ_1


LEDシーリンク゛チラシ 20130905〜_ページ_2
 
勇和建設株式会社は、2020年東京オリンピックの実現を応援しております 

replanblog012 at 02:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!インテリア 

『便器交換特価¥85800円』広告に、思う・・・

新聞を開くと、最下段の広告区画で
『便器交換・大特価キャンペーン:(税込み)¥85,800円』
『ボイラー交換・大特価キャンペーン:(税込み)¥115,000円 』

こんな広告見かけますよねぇ。
目立ちますよね。
お客さま集め広告で、
訪問したら「赤水出てます、配管錆びてます、・・・云々」になるんでは
ないでしょうか(予想ですけど)

弊社のOBのお客さま方は、
トイレ・ボイラー不調に限らず、
ほとんどのことを
勇和建設に電話をくれます。

「もう15年も使ったから便器取り替えたい」
「給湯ボイラーを使って12年目、突然お湯が出なくなったけど・・・」

勇和建設なら、お客さま宅の図面・仕様・住宅設備機器などが
全て記録に残っています。
お電話頂いたら、必ず下見確認して、
現状に合わせた最新機器をオススメして、工事の段取りをします。
それでいて金額は?
便器交換やボイラー交換の場合、
前述の新聞広告金額の1.6倍程度になります。(同程度の機種だとしても)
勇和建設の社員(監理者)、水道業者の工事管理者、職人さん、
便器交換やボイラー交換でも、何人もの人間が
その工事に携わります。でも、これが、工事後の安心感だと思います。

先日も、便器交換をしましたが、14万円程度の費用を頂きました。
そのオーナーとのつきあいは40年以上
勇和建設、先代社長からのつきあいなんです。


近々、社長・齋藤の自宅便器も交換予定です。
部材は、すでに調達済み。
水道屋さんに、「手の空いた時で良いから」と頼んであるのだが
もう、1ヶ月になるなぁ・・・そとそろ催促するか。

社長の自宅便器交換工事、これも会社としての売り上げ工事なので
一般ユーザーの工事金額より、少しはお安い金額ですが
請求書をもらって、現金で払っているんですよ。

 

replanblog012 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!