October 2004

October 02, 2004

祝!中日ドラゴンズ優勝!そこから感じた事

今日、『中日ドラゴンズ』が5年振りのセ・リーグ制覇を成し遂げた。

前回のコラムでワタクシは『大のプロ野球ファン』と鬼畜ぶりを公言したんですが、それにプラスし『大の中日ドラゴンズファン』なのであります!

前回の優勝の時には、星野監督の胴上げシーンをテレビでみて涙しました。
いゃ、マジで。
ファン心理とはそーゆーもんなのです。
ファンは皆、鬼畜。

今年、中日はシーズン前の優勝予想では全くと言っていいほど名前はあがっていなかったんですよ‥。

それは、戦力的なものがあったと。監督が、今シーズン前にイイ選手を取ったりという補強をせず、前年のままの戦力で戦う方針であったからです。
あの○人みたいに金にものを言わせた補強をせずに。

現在の中日の監督は、奥さんがサッチーに負けないくらいの鬼畜ぶりを発揮し、本人は現役時代に数々のタイトルを獲得した名プレーヤーだが監督経験の無い『落合博満』氏。

その落合氏が、シーズン前に補強をしなかった理由について、こう述べていました。

「補強をしなくても今のままの戦力で十分優勝できる。若く経験少ない選手の未知の可能性はオレが引き出してやればイイし、実績のある選手はさらに上を目指す。そうすればチームとして完成するし、優勝できる。」

言ってくれました♪

でも、マスコミはこの発言に対して『自信過剰』だとか、『監督経験が無いから』だと取り上げていました。

結果は、優勝。
有言実行な訳です。

この事から、ワタクシが興味をひかれたのは『有言実行が凄い』とかやなくて、『どうやって選手の力を引き出したのか』という点。

それはきっと相手の心をどう掴むかという『人心掌握術』にあるんでゎないかなぁ〜と。

人を自分に共感させ、一つの目標に到達する事は簡単な事でゎない。

それは今の自分がいるチーム『Repoll:FX』においても常に感じている事。
個々に考えは違う事は当たり前だし、実力はまだまだかもしれない。
けれども、それを一つにまとめ上げる事ができた時は強い。
そう信じてやっているし、これからもやっていこーかなって。

今のダンスシーンは自分のチーム以外のユニットが多かったり、まとまっていないチームが多いような気が‥。
だけど、ユニット等が悪いと言うつもりは無く、得るものも多いだろうとは思う。

現状のチームで頭と体をフルに使う事でも何か見えてくるものはあるんやないかと。

『人心掌握』=リーダー
『共感力』=チーム力

皆さんはどう感じますか?

今日のコラムでした♪

repoll_kichiku_hase at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!